第11回世界の中古カメラフェアに行ってみた2008年06月02日 00時00分00秒

ゆずの「からっぽ」の木:Konica 現場監督28HG、Konica 28mm F3.5レンズ、プログラムAE、Konicaminolta New Centuria 400、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED

タイトルからご想像の通り、第11回世界の中古カメラフェアに行ってはみたが、収穫はなかった。ニコン関係のアクセサリーをいくつか探して回ったのだが、見つからなかった。4月にAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>を買ったところなので、あまり高いものやレンズは買わないというか買えないというか(笑)、そういう感じで行ったのだった。

小物のアクセサリー類のところは黒山の人だかりなのだが、LeicaのM型のショーケース前には誰もいなかったりとか、そんな感じ。若い女の人が(フィルム)カメラを購入して熱心に店員さんに使い方の説明を受けている姿をいくつか目撃した。

アクセサリーしか買わないぞ(買えない)と誓って行ったのだが、探していたアクセサリー以外でちょっと気になり迷ったものがある(笑)。

  • Ai Nikkor 85mm F2S
  • Ai Micro Nikkor 105mm F4
  • Ai Nikkor 50mm F2
  • Nikkor-HC Auto 50mm F2
  • CONTAX G1 + Biogon T* 28mm F2.8
  • Konica Hexar
  • Ricoh GR1s
  • Nikon Semi-Soft Camera Case CF-21(for Nikon F3)

それぞれ様々な理由で見送ったのだが、見送った後もやっぱり買えばよかったかなぁ、と思ったりした(笑)。

買いたくても買えないようなAi AF Nikkor 28mm F1.4DとかAi Noct Nikkor 58mm F1.2Sといったレンズは見あたらなかった。「世界の中古カメラフェア」のメインは「舶来カメラ」であり「舶来レンズ」である、という感じなので、ちょっと私の期待とズレがあったように思う。もちろん国産カメラ・レンズの在庫もそこそこあったのだが。また、来場者の大半の方も「舶来カメラ・レンズ」よりも、国産実用機やアクセサリー類に興味がおありなような印象を受けた。

まあ、欲しいアクセサリー類や、必要というわけではないが安いのなら見つけ次第買っておきたいようなものは、別の機会にまた出会いがあるだろう。

日曜日月曜日には「10,900円セール」があるらしいのだが、それとは別に「\110,000均一」というのがあった。すごく紛らわしい。1万1千円かと思ったら11万円だった(笑)。だったら「10,900円セール」はしなければいいのに。

しかもその11万円均一みたいな企画は、私が行ったときには11万円の品がガラスケースの中ではなく、売り場のガラスケースに囲まれたカウンターのさらに中に立てられたラックに載っていて、お客からは遠くてよく見えないのはイマイチだと思った。ガラスケースに入れて近くから見られるようにしてもらわないと、買う気にならないと思う。ああいうのは、ガラス越しにいろいろな角度から覗いて(笑)、その値段とモノとが釣り合っているのかいないのか判断してから「見せてください」となるのだと思う。いきなり何でもかんでも見せてくださいという人は少数派だと思う。

ガラス越しにいろいろな角度から覗いてというのは、もちろんモノの状態が美品かどうかというのもあるのだが、ニッコールレンズだと私は必ず絞りリング付近を見てAiなのかAi-Sなのか改造Aiなのか非Aiなのか爪はついているのかは確認することにしている。値札のそれらの表記はたまに間違っていることがある。AiなのかAi-SなのかNewニッコールなのかによって値段が違ってくるし。まあガラスケースから出してもらってから確かめればいいような気もするが(笑)。

また11万円均一というのは単品で11万円というのもあれば、セットで11万円というのもあって、そのセット内容も離れたところからはわかりにくかった。アレとコレとコレとでいくらかぁ、うーん、お得かも、というのがあって初めて「見せてください」となるのだ。あれでは全然売れないと思う。

ともかく、こういうのは一種のお祭りなのだから、捜し物のある方もない方も、お時間があれば一度会場へ足を運ばれるのがいいと思う。皆様、いい出会いがありますように。

【関連追記】
第11回世界の中古カメラフェア(東急百貨店東横店) ― 2008年05月30日
【関連追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。
ゆずの「からっぽ」の木:Konica 現場監督28HG、Konica 28mm F3.5レンズ、プログラムAE、Konicaminolta New Centuria 400、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED

ゆずの「からっぽ」という曲のプロモーションビデオ(PV)(リンク先は音が出ます、注意)に出てくる木。今にも雨が降り出しそうで、防水防塵カメラの「現場監督」の出番となった。写真の右側の縁の線が途中で切れているのにお気づきだろうか。現場監督のフィルムアパーチャには新品の時からなぜか一箇所くさび形の切れ込みが入っていて、ネガやポジにくさび形の>の分だけ外に画像が写っている。だから、現場監督で撮った撮影済みフィルムはすぐに分かる。

コメント

_ りー ― 2008年06月02日 09時22分23秒

中古カメラ市、最近はちょっと熱が冷めてるので見送り~。

Haniwaさまが気になったモノの中で、私が持っていたor持っているモノについてコメント。

Ai Nikkor 85mm F2S
生産中止後の中古相場の高騰(随分前の話ですが)もおさまり、だいぶ安くなって来てます。私が買った10年前は、40k以上しました。安くて状態がよければ買い。私はAF85/1.8Dが転がり込んできたので手放しました。

Ai Nikkor 50mm F2
名レンズです。この辺は昔は8k前後でゴロゴロしてましたが最近急速に減ってきました。相場も徐々に上がってきてます。欲しけりゃ早めに買うこと。

Nikkor-HC Auto 50mm F2
同じく名レンズ。これはまだ玉数がありますね。でもいつまでもあるとは限りません。買い。

Konica Hexar
初代ですか?相場は下がってきたけど結構故障も多いカメラなので要注意ですよ。名機だけど。私はだいぶ使いましたが数年前に手放しました。当時はまだ査定が結構高くてビックリしました。

_ りー ― 2008年06月02日 09時30分07秒

コメント追加~

ヘキサーにも確かくさび形の切れ込みがあったと思います。

_ Haniwa ― 2008年06月02日 09時59分54秒

Ai Nikkor 85mm F2S、安かったのでかなり迷いました~。
>安くて状態がよければ買い
あう~、買えばよかったかなぁ。
「買わずに後悔するよりも、買って後悔すべし」でしたねぇ。

Ai Nikkor 50mm F2、高かったですぅ。こんな値段だったっけ?みたいな。Nikkor-HC Auto 50mm F2は「別にここで買わなくても」みたいな値段でした(笑)。そういっているうちにモノがなくなるんですよねぇ。

Konica Hexar、初期型が安かったのでちょっと欲しくなりましたが、相当使用感のある個体でした。ヘキサーにもくさび形の切れ込みありましたか。コニカは自分ところのカメラで撮ったフィルムが分かるようにしていたんですかねぇ。こういうのはなんかシートフィルムっぽくって好きです。

_ zachary ― 2008年06月02日 23時12分39秒

私も行きました。
Flexaretのフードとフィルタを探したのですが、どうにも見つからなかったのです。

_ Haniwa ― 2008年06月03日 08時25分29秒

zachary様
Flexaretとは、これはすごいですねぇ。東欧系だとどこのカメラ屋さんが得意分野なのでしょうか。

アクセサリー類って、カメラ・レンズに比べて探しにくいですね。変なところにぽつんとあったり。私は何周もしてしまいました(笑)。途中で上記カメラ・レンズに気をとられたりしながら(笑)。

はやく見つかるといいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)