中国製Cマウント魚眼レンズ8mm F3.8が気になる2019年08月26日 00時00分00秒

崎陽軒「夏のかながわ味わい弁当」:HUAWEI P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm判26mm相当)、F2.2開放、1/60秒、ISO100、プログラムAE、AWB

うちにはNikon 1 V1が2台もあるのに、便利な高倍率ズームの1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6の絞りが故障してからすっかり出番がない。
こんどは1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6の絞りが故障 ― 2017年09月05日参照

某巨大掲示板のNikon 1関係スレッドを見ていたら、1NIKKORの絞り故障に関連して、中国のAliExpressで1 NIKKORの修理部品がかなり販売されているという情報を得た。ちなみに私はそこの某巨大掲示板には一切書き込んではいない(いわゆるROM専)。

AliExpressは見たことがなかったので、見に行ったら、ニコンの修理部品がたくさん売られていて凄いなぁと思った。故障箇所によってはここで部品買って自分で修理するという方法もありかなぁ。ただ、そういう素人修理品が中古品として売られたらちょっと嫌だなぁ。

それでAliExpresでNikon1関連で商品を見ていたら、Cマウントレンズで8mm F3.8のフィッシュアイレンズが売られているのに気づいた。ほとんどはマイクロフォーサーズ用としてマウントアダプター同梱で売られているのだが、なかにはNikon 1用のマウントアダプター同梱のものもある。値段も70ドルぐらいなのでかなりそそる。
AliExpressで"8mm F3.8 Fisheye"を検索

写り具合はどうなのか他で検索してみたが、そんなに悪くなさそう。絞りがF3.8からF16まで使えるので、F8やF11まで絞れば結構実用的なんじゃないかな。

しかし、Nikon 1でこのレンズを使ったというインプレはあまりない。Nikon 1のレンズラインナップには魚眼レンズがないので買う人は居てもいいのになぁ。まあNikon 1にCマウントレンズを使うというブーム時にはこのレンズは発売されていなかったのかもしれない。

そう思って澤村徹氏の2011年の記事デジカメドレスアップ主義:覚醒する広角Cマウントレンズ Nikon 1 V1 + Bell & Howell-Angenieux 15mm F1.3を読んでみた。

一般的なミラーレス機は絞り優先AEでオールドレンズ撮影が可能だが、Nikon 1は社外製マウントアダプターを装着した際、絞り優先AEが使えない。絞りとシャッタースピードを手動で操作することになる。いわゆるマニュアルモードの状態だ。さらに残念なことに、内蔵露出計が動作しないため、撮影者自らが外光と絞りの状態から適切なシャッタースピードを判断しなければならない。露出計なしの撮影は、カメラビギナーにはかなりハードルの高い操作だ。

ああ、それか。ニコンの嫌がらせ仕様。自分はニコンFマウントとNikon1マウントとのアダプターは「タンポポチップ」付きのロシア製マウントを使っていて、非CPUレンズでもAE(自動露出)は効くしフォーカスエイドも効くのですっかり忘れていた(eBayでロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター購入(追記あり) ― 2015年07月08日参照)。Nikon 1 V1のEVFで魚眼レンズのマニュアルフォーカスは辛すぎる。しかもNikon 1 V1はチップのないレンズでも動画撮影だとAEは効くのだから、明らかにわざとやっている嫌がらせだろうね。

そういうのもあって8mm f3.8の中国製Cマウント魚眼レンズのインプレが少ないのかなぁ。Nikon 1では使いにくそうだなぁ。

ちょっと待てよ。例のロシア製マウントアダプターでタンポポチップ付きのCマウントアダプターがあるんじゃないか?

ありました。C-mount lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip GfotoUS $52.00だそうだ。

AliExpressの魚眼レンズと併せると1万円超えるが、この二つの組み合わせだとカメラの内蔵露出計も使えるし絞り優先AEやプログラムAEも使えるし、フォーカスエイドも効く。そそるなぁ←イマココ

ちなみにヨドバシドットコムで検索すると、Nikon 1マウントでMeike MK611F35N1 [Meike 6-11mm/F3.5 フィッシュアイレンズ MF ニコン1マウント]Meike MK08F35N1 [Meike フィッシュアイレンズ 8mm/F3.5 Nikon 1マウント]というのがあるようだ。たぶんこっちの方がちゃんと写るんだと思う。よさげだが、もう終わったマウントのレンズというところが残念だ。つぶしが効かない。Cマウントならほかにも使えるもの。


写真は記事とは関係ない。
崎陽軒「夏のかながわ味わい弁当」:HUAWEI P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm判26mm相当)、F2.2開放、1/60秒、ISO100、プログラムAE、AWB

崎陽軒お弁当シリーズと化しているなぁ(笑)。これも「ナイスフード」モードではなく、ノーマルモードのJpeg撮って出しを縮小したもの。P20 liteのノーマルモードとナイスフードモードの撮り比べは別記事でやってみたい。

ニコンダイレクトストアの全店(御殿場、三田、木更津)が閉店2019年08月22日 00時00分00秒

崎陽軒「おべんとう夏」::HUAWEI P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm判26mm相当)、F2.2開放、1/60秒、ISO100、プログラムAE、AWB

なんと、ニコンダイレクトストアの実店舗全店が閉店することになったようだ。
ニコンダイレクトストアの全店が閉店(デジカメWatch)

ニコンは、アウトレットモールへ実店舗として出店していたニコンダイレクトストアを順次閉店する。

閉店となる店舗は、ニコン御殿場プレミアムアウトレット店、ニコン神戸三田プレミアムアウトレット店、ニコン木更津アウトレット店。

閉店時期は以下のとおり。

ニコン御殿場プレミアムアウトレット店
2019年8月25日(日)

ニコン神戸三田プレミアムアウトレット店
2019年9月16日(月・祝)

ニコン木更津アウトレット店
2019年10月14日(月・祝)

御殿場なんか今日入れて閉店まで4日しかないやん。どの店舗も一回も行ったことがないや。アウトレットモールって自分はなんかそそらないんだよねぇ。うちの親戚はなぜか誰もバーゲンで争奪戦とかしない人ばかりだし、アウトレットって聞いても「なんか人多そうで嫌」とか言う人ばかりなので、自分も行ったことがない。木更津のアウトレットモールなんか東京湾アクアラインの渋滞の原因になってたりして避けていた。

とはいえ、Haniwa一族以外の人たちはアウトレットモール大好きの人が多いはずで、急に撤退って、ニコンは大丈夫なのかと心配になる。

各実店舗のオープン時期は、神戸三田プレミアムアウトレット店が2007年7月にオープン。御殿場プレミアムアウトレット店は2008年3月、ニコン木更津アウトレット店が2014年10月13日に、それぞれオープンしていた。

(中略) いずれもオープンから半年または1年の期間限定出店の予定だった。

あら、そうなんだ。随分長いこと営業してたよね。

ニコンダイレクトストア 閉店のお知らせ

ニコンがお客様のご意見や感想を直接お聞きできるお店として出店しておりましたニコンダイレクトストアを この度閉店させていただくこととなりました。 長い間のご愛顧、誠にありがとうございました。

https://shop.nikon-image.com/store/

お客様のご意見や感想を直接お聞きする気はなくなったということか(笑)。まあ、あれだけ1 NIKKORレンズの絞り故障が発生していれば、たくさんの「ご意見」はあったろうね。いや、むしろ意見も言わずに黙って去る方がダメージが大きいんだよね。ニコンダイレクトストアでは随分Nikon 1を売っていたと聞くから。


戴いたコメントのお返事は少しずつして参ります。もう少しお待ちください。m(_ _)m


写真は記事とは関係ない。あえてスマホの作例を…。
崎陽軒「おべんとう夏」::HUAWEI P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm判26mm相当)、F2.2開放、1/60秒、ISO100、プログラムAE、AWB

なんかどこかのワンイシュー政党が、ある番組でのタレントの発言に反発してその番組のスポンサーの不買運動を呼びかけているとか(その後あまりの反発に撤回したそうな)。自分の周囲には思った以上に崎陽軒ファンが多くて、皆が「○○(政党名)許せん、シウマイ買って帰ろう」とか言っていた。横浜市民だけじゃなくて東京や埼玉にも崎陽軒ファンは居る模様。投票にはプラス票とマイナス票の2票投票できるようにしたら議席状況は変わるかもね。

ニコンの新ミラーレスZ6とZ7…2018年08月28日 00時00分00秒

2018年 ピカチュウ大量発生チュウ!(JR桜木町駅前):Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、18mm(35mm版27mm相当)、F9、1/320秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO 200、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、AF中央1点

さて、ようやくニコンの新しいミラーレスカメラについて書こうと思う。

そもそもどうして一眼レフじゃなくてミラーレスにしなければならないのか?

わからん。

ライカのレンジファインダー用レンズなどを使いたい場合には、レンジファインダー用レンズはフランジバックが短いから、一眼レフには装着出来ない場合がほとんどだ。これがミラーボックスのないミラーレスなら色々とレンズ遊びが出来る。しかもライカのような超高価なカメラを買わなくても済む、と。

レンジファインダー・ライカ用レンズを持っていない私には関係のない話だな。所有のCONTAX G用のレンズが使えるかもしれないが、持っているのはBiogon T* 21mm F2.8とBiogon T* 28mm F2.8という対称型の広角レンズなので、端っこの方までちゃんと写るか分からない。それにまだフィルムが買えるから、無理にデジタルカメラで使いたいとも思わない。

私がNikon 1 V1というアドバンストカメラあたらめミラーレスカメラを買ったのは、GR DIGITALの代わりになるかなと思ったのがきっかけだった。しかし、ポケットには入らないのでGR DIGITALの代わりにはならなかった。だが、Nikon 1 V1はオートフォーカス(AF)が優れていて、その爆速AFと連写機能(AF追従時10コマ/秒、AF固定時60コマ/秒)に使い道があると思った。1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6を買ってからは、望遠側で連写をよく使った。ただ、バッファがあまり大きくないので60コマ/秒にすると30コマしか撮れないので0.5秒で終わる。だからV1の場合には10コマ/秒が実用性があった。

さて、ニコンZ7は…9コマ/秒…えっD5の12コマ/秒よりも劣るの?まあZ7は4575万画素と画素数が多いからね。

AF/AE追従で約5.5コマ/秒
http://www.nikon-image.com/products/mirrorless/lineup/z_7/features02.html

まじですか…。

Z6(2450万画素)は、12コマ/秒…D5と同じ…

AF/AE追従で約5.5コマ/秒
http://www.nikon-image.com/products/mirrorless/lineup/z_6/features02.html

まじですか…。

AF/AE追従で5.5コマ/秒ってF100と同等ですか…。というかD3400でも5コマ/秒なんだけど。

これでZ7ボディ単体がヨドバシで ¥437,400(税込)、Z6ボディ単体がヨドバシで¥272,700(税込)なのだそうだ。

解散、解散(泣)。

うーん、これって誰が得するんだろう。

ニコンとしてはこのまま一眼レフのみで行くといずれ行き詰まるからいまのうちにフルサイズのミラーレスに着手したいんだろうなぁ。一眼レフってミラーも駆動しなければいけないし、光学ファインダーもコストが掛かる。コストの掛かるものははやく辞めたいんだろう。

ユーザーにはどういうメリットがあるんだろう。

画面の端っこの方までAFが利くって?

でもねぇ、スポーツ撮影で端っこまでAF利いても、AFターゲットをカメラお任せにすると全然違う人にピント行ったりするんだよね。同じユニフォーム着てるともうお手上げ。だから中央1点親指AFがいまでも生きているわけだ。スナップだったら端っこまでAFターゲットあるのは悪くないだろうけど。あと、ここにピント合わせたい!というのは、タッチパネルが一番使いやすくて、EVFだとうまく行かない。ところが望遠レンズでスポーツ撮影だと背面液晶は使いにくい。うまくいかないんだよね。この辺のインターフェースはもう少しこなれていく必要があると思う。

それに、このZマウントってNIKKOR Z 24-70mm f/4 SとNIKKOR Z 35mm f/1.8 SとNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sの3本だけで、望遠レンズがまだない。しかも単焦点は開放F値がF1.8っすか。

これって売れるの?

ほかにもマウントアダプターFTZの仕様とかいろいろ言いたいことはあるけど、アダプターの前にカメラが…。

あと、Nikon 1は終了で確定のようですね。ニコン社長が明言したそうな。
ニコンのフルサイズミラーレス「Z7」「Z6」を解説、記録メディアはXQDのみ(engadget日本版)

ニコンのミラーレスカメラといえば、1型センサーを備えたレンズ交換式ミラーレス「Nikon 1」シリーズが知られていますが、発表会に登壇した牛田社長によれば、Nikon 1についてはすでに生産を終了しており、今後も新製品の開発計画はないそうで、今後はZシステムにリソースを集中して「フルサイズレンズ交換式カメラ市場のシェアナンバーワンを目指す」意向を示していました。

Nikon 1は、1 NIKKORレンズの絞り固着の持病がなければもっと買ってもいいなと思っていただけに残念。

で、Fマウントはどうするつもりなんだろう。少しずつフェードアウトするんだろうね。

【追記】

デジカメは、1歩進んで、2歩さがる。 詠み人知らず

【追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。

2018年 ピカチュウ大量発生チュウ!(JR桜木町駅前):Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、18mm(35mm版27mm相当)、F9、1/320秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO 200、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、AF中央1点

お盆の頃に横浜のみなとみらいに行ったらこんな状況だった。いい大人がピカチュウの被り物被ったりしてぞろぞろ歩いていた。「ピ○×ュウ撲滅委員会」でも作って戦おうかと思ってしまった(笑)。ちょっとやり過ぎ。

台風が…2018年08月07日 00時00分00秒

巨大な巨大な筒香嘉智選手(横浜市西区・ビブレ):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F2.8開放、1/250秒、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、マルチAF

更新が滞ってすまんです。ハニワ界の自称福山雅治なので色々と忙しかったです(何が?)。

さて、今週はどこか平日を休みにしてオートバイでどこかに出かけて写真を撮ってこようと思っていた。しかし、台風13号がそれを打ち砕いてくれた(泣)。関東地方直撃コースですか。これだともう天気悪いのがしばらく続いてしまう。今週末はもう帰省ラッシュなので出かけるのには不向きだ。

【追記】台風の情報は気象庁などのサイトで最新の情報をご確認ください。
台風情報(気象庁)【追記ここまで】

2018年台風13号(2018年8月7日(火)12:00現在)

去年、メッシュのバイク用ジャケットやパンツを買って、スースーし過ぎてこりゃ駄目だと思っていたが、今年の酷暑なら活躍するんじゃないかと夏用のバイク用長袖アンダーウェア・アンダータイツなども買ってみたのだが、長距離で試すことなく秋が来そうな気がする(泣)。今週が都合よかったんだけどなぁ。

メッシュジャケット・パンツや夏用オートバイ向け長袖アンダーウェア・アンダータイツは、近所にちょっと用があるときに着てみたが、今年の酷暑なら丁度よい感じであった。問題は長時間高速道路に乗っても寒くないのか、スースーし過ぎて疲れないのか、だ。機会があったら報告したい。

ということで、ニコンのミラーレス機の話をまたせずに終わってしまうのだが、よく考えたら、なんでニコンが35mmフルサイズのミラーレス機を出すのを期待するんだろう?α9とかα7シリーズでいいんじゃないのか。αはあんまり規制も掛かっていないようだし。

というのも、ニコンはこのところDSLRにしてもNikon1にしてもなんだかんだで必要以上に制限を掛けているからだ。Nikon1なんか結局1本もサードパーティ製レンズは発売されなかったし、同じニコン製品でさえも使えないものが多かった。そんなニコンにいまさらなにを期待するんだろう?その辺の情報収集も含めてもう少し色々と検討してからニコンのミラーレスについて書いてみたいと思う。


巨大な巨大な筒香嘉智選手(横浜市西区・ビブレ):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F2.8開放、1/250秒、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、マルチAF

「巨人な巨人な」じゃないぞ。

前日の飲み会で絞り優先モードで開放に設定したまま撮ったので、F2.8開放・1/1000秒になってしまったが、特に破綻なく写っていてよかった。ビブレ(微ブレ)だがさすがに1/1000秒だとぶれないぜ。看板とか電線とか色々邪魔だったが、構図を決めてさっと撮ってさっと去れるので、やはりGRはよいなぁと思う。液晶保護シールを貼り替えてから少しマシにはなったが、やはり炎天下では背面液晶を見ながら細かなフレーミングはきついなぁ。ボディから出っ張らないEVFが欲しい。

ベイスターズはこの時期になると先発投手が立ち上がりで失点するようになり、他方で打線が湿っぽくなるのでどんどん後退していく。なんとか3位以内になって、首位と目茶苦茶ゲーム差があるのになぜか日本シリーズに進出するという野望を果たして欲しい。「レギュラーシーズンはなんだったんだ」と思わせるのがベイスターズの役割だ(違)。

ユーエヌ、ライカIWKOOタイプのレンズフード(デジカメWatch)2018年07月19日 00時00分00秒

立川駅北口:Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8 + Ricoh GW-1(35mm判21mm相当)、F4、プログラムAE(1/1000秒)、ISO100(オート)、ピクチャーコントロール:ポートレート、AWB、マルチAF

暑いですねぇ。今朝ハニワニワのネコ避け超音波発生器の電池が切れていたので交換したら蚊に刺されてなんだかむずむずイライラします(泣)。

さて、ユーエヌ、ライカIWKOOタイプのレンズフード スーパーアンギュロン21mm F4用が発売なんだそうだ。

ライカはよいですなぁ。こういうサードパーティのフードとかが供給されて。スーパーアンギュロン21mm F4が何本出荷されたのかは知らないが、税別1万5千円もしても売れると見込まれるんだから、たいしたもんだ。

サードパーティのフードといえば、Fotodiox 花型フードAi AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>用(HB-7互換) ― 2012年01月16日を愛用している。

このFotodiox 花型フードを使う前は、Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>でD300でパープルフリンジがよく出ていたのだが、この花型フードにしてからはほとんど出なくなった。

ライカの場合は純正がレアものになったのをサードパーティが供給するかたちだが、Fotodiox 花型フードの場合は純正が十分な役割を果たさない場合にサードパーティ製フードがレンズの性能を引き出す役割を果たしている。Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>を使っている人は是非この花型フードを試してみて欲しい。<NEW>のレンズだとフードに少し加工が必要だが。


写真は記事とは関係ない。
立川駅北口:Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8 + Ricoh GW-1(35mm判21mm相当)、F4、プログラムAE(1/1000秒)、ISO100(オート)、ピクチャーコントロール:ポートレート、AWB、マルチAF、(写真上下とも同じ)

立川定点観測シリーズだったのだが、去年はアップしてなかった。

立川駅北口:Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8 + Ricoh GW-1(35mm判21mm相当)、F4、プログラムAE(1/1000秒)、ISO100(オート)、ピクチャーコントロール:ポートレート、AWB、マルチAF

去年(2017年)から2枚目の写真のようになってしまい(2枚目の写真は2018年撮影)、いつ撮っても同じ写真になってしまうようになった。それで今年は駅前の蚊取り線香を持ったにゃんこ(?)写真にしてみた。【追記】このにゃんこは「くるりん」というそうだ。次から「くるりん定点観測」にするか。【追記ここまで】【さらに追記】くるりんはうさぎなんだそうだ。耳が長めのネコかと思ってた(笑)。くるりんの部屋(立川市)参照。【さらに追記ここまで】

過去の立川定点観測シリーズは、
ペンタックス初のAF対応1.4倍リアコンバーター(デジカメWatch) ― 2014年02月07日
Nikon1関連アクセサリーいろいろ ― 2015年01月29日
立川定点観測シリーズ3年目 ― 2016年01月26日
「あなたの街の熱中症予防」など急遽2016年7月28日(木)で終了 ― 2016年07月27日

ニコンのログインID統合「Nikon ID」2018年07月12日 00時00分00秒

横浜駅きた東口:Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/500秒、、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、マルチAF

ニコンのログインIDが「Nikon ID」に統合されるというメールが来ていた。
ログインID統合のご案内(ニコン)参照

ログインID統合対象サービスとして、
・ニコンイメージング会員
・カスタマー登録
・NIKON IMAGE SPACE
の3つがあるようだ。

私はこの3つともIDを持っていたので、統合作業をすることにした。

いままでニコンのログインIDって結局メールアドレスだったので、新しいNikon IDもメールアドレスだとなにがなんだか分からなくなってしまう。しかも、パスワードは大文字小文字を混ぜないといけないという。

統合作業をやってみたのだが、統合されたのかどこで確認するのか分からない。だいたい、統合後のログインするところってどこなのよ。

NIKON IMAGE SPACEでログインしてニコンイメージング会員の情報が参照できるようになったので、おそらくこの2つは統合できていると思う。【さらに追記】いまみたらNIKON IMAGE SPACEからニコンイメージング会員の情報が参照できないなぁ。どうなってるんだろう。【さらに追記ここまで】カスタマー登録がよく分からない。カスタマー登録にどこからログインするのか分からない。でも、自分はたしかにカスタマー登録はしている。以前に登録したときのメールも残っているし。

まあ、いいや。これ、統合したら、いままで匿名で使えていたNIKON IMAGE SPACEがニコンイメージング会員の情報と統合することによって、どこの誰か分かるようになったということですな。カスタマー登録まで一緒になると、どこの誰がなんの機種を持っていてどんな写真を撮っているかが分かるということになりますな。

【追記】Nikon IDはhttps://reg.cld.nikon.com/mypからログインするようですな。ここからログインすると、登録製品一覧(カスタマー登録に相当)とNIKON IMAGE SPACEがあるから、カスタマー登録も統合されているようだ。ただ、住所などがないのでニコンイメージング会員の情報はどうなっているんだろう。やっぱりNikon IDって分かりにくい。【追記ここまで】【追記その3】どうやら、ニコンイメージング会員はニコンイメージング会員からログインするようで(入口はどこだ?)、Nikon IDというのは、複数のメールアドレスで登録していたものを強制的に1つのメールアドレスにするもののようだ。なんだかポータルをうまく整理し切れていないんじゃないの。ニコンのカメラと同じだ。【追記その3ここまで】

簡単・便利になるポイントって書いてあるが、なんかユーザーにとってメリットってあるのかな。ないと思うなぁ。


写真は記事とは関係ない。
横浜駅きた東口:Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/500秒、、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、マルチAF

横浜駅って東口・西口以外に、きた東口・きた西口、みなみ東口・みなみ西口というのがあってなんだかよく分からない。後ろの工事中のビルは建設中の30階建て駅ビル(西口のCIALと横浜エクセル東急ホテルのあった場所)。横浜駅は少なくとも1980年代からずっと工事中でサグラダ・ファミリアとどちらが先に工事が終わるのかと言われている。

ニコン、「レンズ交換式アドバンストカメラ」がカテゴリごと旧製品に2018年07月10日 00時00分00秒

我が家のニコン「レンズ交換式アドバンストカメラ」Nikon 1シリーズ

ニコンの「Nikon 1」を表わす「レンズ交換式アドバンストカメラ」が、カテゴリごと旧製品に入っている。

製品情報の製品カテゴリには「レンズ交換式アドバンストカメラ」はなく、旧製品には「レンズ交換式アドバンストカメラ」がある。要するに「レンズ交換式アドバンストカメラ」は全部旧製品ということだ。

Nikon 1 V1を2台も持っている身としては、残念で仕方がない。

Nikon 1 V1のボディで中身がJ5のものが出ればよかったのになぁ。

ただ、Nikon 1は故障が多いという問題点があった。ボディの方の故障の話は聞かないが、1 NIKKORレンズが故障が多い。

1 NIKKOR レンズ「1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6」ご愛用のお客様へ 2015年02月03日というリコールになっているレンズ以外にも、同じような現象が起ることがユーザーから報告されている。

1 NIKKORは絞りが固着して開かなくなる故障も多い。
1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6の絞り故障 ― 2017年08月20日
1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6の絞りが故障 ― 2017年09月05日参照

1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6の故障は修理見積金額が高額だったので、修理しないままになっている。これでNikon 1の稼働率ががくんと減った。

Nikon 1シリーズは、もう何年も新しいボディもレンズも出ていないので、新しくレンズを買う気にもならなかった。新しく買っても、数年で絞りが固着するかもしれないからだ。1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6や1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6は買ってみたかったのだが。

Nikon 1シリーズは、モデルチェンジするたびに全く違うボディや電池や記録メディアになり、一貫性がなかったので、ボディも買いにくかった。Nikon 1 V3の使い勝手はよさそうだが、EVFが外付けなので、EVFを付けるとほかのアクセサリーが付けられないとか、何を考えているのか分からない仕様も多かった。EVFを別売りにしてボディの価格を下げたかったのかもしれないが、そうするとEVFが必要な人にとっては余計に割高になってしまう。というかEVF要らない人はJシリーズ買うでしょう。なんでEVF内蔵にしなかったんだよ。

まあ、Nikon 1の欠点は挙げだしたら一つのブログができるぐらいあるのでこれ以上は書かないが。

それでも、Nikon 1 V1は、EVFが付いていて、AF追従の連写性能が優れていて、ニコンFマウントのレンズも使える、コンパクトなよいシステムであった。残念だ。

さようなら、ニコンの「レンズ交換式アドバンストカメラ」Nikon 1シリーズよ。V1は壊れるまで使うよ。壊れたら、1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6とともにSCの入口のガラスに投げつけてやるよ(嘘:よいこはマネをしてはいけません)。銀色の日傘を持ってD300Sを提げた男が「問われて名乗るもおこがましいが…」(違)。


写真は我が家のニコン「レンズ交換式アドバンストカメラ」Nikon 1シリーズ。Ricoh GRで撮影。RAW(DNG)画像をSILKYPIX Developer Studio 6で現像。

Amazonプライム無料体験は即時退会できない2018年06月30日 00時00分00秒

横浜市役所移転建設現場(横浜市中区):Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、10mm(35mm版15mm相当)、F9.1、1/320秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、AF中央1点 、高感度ノイズ低減:標準

バイクのヘルメット用ピンロックシートを買い換えた話をピンロック120を交換 ― 2018年06月29日で書いた。

そのTXピンロック120を通販で買おうとして検索したらAmazonが一番安かった。税込2,663円で送料も無料。バイク用品通販のナップスだと税込2,812円で、私はナップス通販のポイントが溜まっているのでナップスでもよかったのだが、ここは「完売」になっている。もうひとつのバイク用品通販Webikeでは税込3,024円で、これ、定価そのままやん。しかし、Webikeは純正部品の取寄せができるのでここのポイントも溜まっていた。あとWebikeは送料380円が掛かる。

それで最安のAmazonで買おうといろいろ入力していたら、いつのまにかAmazonプライム無料体験に申し込んだことになっていたようだ。どんな送付オプションも全部無料になっていて気づいた。

慌ててAmazonプライム無料体験を退会しようとしたら、Amazonプライム無料体験からそのまま30日後にAmazonプライムに自動継続するのは阻止できても、Amazonプライム無料体験を今すぐ退会することはできないようだった。退会処理をしても30日の間に翻意すればAmazonプライムに自動継続するように復帰できる道を残しているようだ。

知らない間にAmazonプライム無料体験に申し込んだことになってしまうAmazonのやり口も汚いが、申し込んだら自動継続になってしまうのはもっと汚い。放っておくとカードからAmazonプライムの料金を引き落とされてしまうのだ。犯罪的だよね。さらに即時退会もできないってどれだけブラックなんだよ、アマゾン。

それで30日間無料を体験してそのまま自動継続しないという手もあるのだが、間違ってAmazonプライム自動継続になってしまっても困るし、自動継続後に解除する際にAmazonプライムを使っているから返金しませんとか言われかねないなと思った。

ということでむこう30日間はAmazonで買い物しないことにした。

Amazonプライム無料体験の罠にはまらないために、アマゾンにカード情報を登録しないというのもひとつの防止策かもしれない。

ナップスではTXピンロック120(クリア)は「完売」だし、Webikeは高いが、ないものは買えないのでWebikeで買うことにした。ポイントを使わないと消滅するし、まあこれはこれでよかった。

ちなみにTXピンロックシートを実店舗で買わないのは、店に置いていないことがあるからだ。ツアークロス3というヘルメットはオフロードというかデュパルパーパス・トレールバイクに乗っている人の中では使用者の多いヘルメットなのだが、オフロード・デュアルパーパス・トレール自体がいまやかなりの少数派なので、お店にオフロード用品の置いていないところが結構あるのだ。

ということでAmazonプライム無料体験は危険だ。なるべくアマゾンは使わないようにしたい。


写真は記事とは関係ない。
横浜市役所移転建設現場(横浜市中区):Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、10mm(35mm版15mm相当)、F9.1、1/320秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、AF中央1点 、高感度ノイズ低減:標準

なんとなくピリッとしない画像である。クレーンの輪郭がもう一息なのでよく分かる(作例では分かりにくいかも)。F9.1というのは絞り込みすぎなのかもしれない。AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDってどうもピリッとしないことがあるんだよねぇ。画角は違うがNikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8 + Ricoh GW-1(35mm判21mm相当)の方がはるかにピシッと解像している(もちろん21mm画角ならGR + GW-3もよく解像している)。本当は1 NIKKOR VR 6.7-13mm f/3.5-5.6を買いたかったのだが、Nikon 1シリーズは終焉に向かっていたし、1 NIKKORは絞りが固着する持病とフレキシブルプリント基板が駄目になる持病があるので、手を出さないことにしたのだった。

AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-EDかSIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMあたりに買い換えた方がよいのかなぁ。

HUAWEI P20 Pro は1/1.7インチセンサーのスマホ2018年06月13日 00時00分00秒

馬形埴輪(神奈川県立歴史博物館):Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、16mm(35mm版24mm相当)、F4開放、1/30秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 2200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、AF中央1点 、高感度ノイズ低減:標準

カメラ関係の「おおっ」と来るネタもないので、スマホのカメラの「おおっ」と来た話題をしてみる。

デジカメWatchiの新製品レビュー、HUAWEI P20 Pro 1/1.7インチ4,000万画素の実力を見る トリプルカメラスマホ、ついに日本発売へによると、HUAWEI P20 Pro 1は1/1.7インチセンサーなんだそうだ。

かつて愛用していた初代GR DIGITALが有効約813画素の1/1.8型CCDセンサーだったし、GR DIGITAL II が有効画素1001万画素(総画素数1030万画素)、1/1.75型原色CCDで、GR DIGITAL III が1/1.7型CCD(総画素数約1040万画素)だった。

HUAWEI P20 Proは、GR DIGITAL III と同じ大きさのセンサーなのだ。画素数は約4倍近くある(そんなに画素数要らないのに)。

しかも、

この端末は約4,000画素の標準カメラ(35mm判換算約27mm相当F1.8)、約800万画素の望遠カメラ(同約80mm相当F2.4)、そして約2,000万画素のモノクロカメラ(同約27mm F1.6)と3つのカメラを搭載しているのだ。

という。

約4,000画素の標準カメラ(35mm判換算約27mm相当F1.8)って、1/1.7インチCCDで6.0mm(28mm相当)F1.9のGR DIGITAL III に匹敵するスペックじゃん。

写りの方は、はっきりパキパキこってりのようで、好みの問題はあるが、一般の人には受ける設定だろう。ニコンの黄色い画像よりは絶対に「きれい」と思われるだろうな。詳しくはデジカメWatchの記事の作例をご覧くだされ。

作例の原サイズ画像を等倍で見てみると、スマホ画像特有のギザギザべっとり処理で細かい所がつぶれがちだが、ある程度までのトリミングには耐えるぐらいの細かい解像はしている。1インチセンサーのNikon 1 V1と同等ぐらいには解像してるんじゃないか(ニコワンの方が細部のつぶれ具合が少ないが)。

これじゃあもうコンパクトデジカメの出番はほとんどなくなりますな。

iPhone以降、様々なスマートフォンが登場してきた。カメラ機能もドンドンと進化し、新端末発表会でも通信機能には触れずに、カメラ機能が大きく取り上げられる時代になって久しい。

そんな中ようやく日本市場に投入されたHUAWEI P20 Proだが本当にスゴい製品だと感じた。光学3倍の望遠レンズも使い甲斐があるし、夜間モードでのナイトショットは驚くほどの描写なのである。使っていて楽しいし写りもいい。

これからスマートフォンを買おうとしているデジカメ Watchの読者は、HUAWEI P20 Proを一度試すことをオススメしたい。

自分はまだガラケーのG'zOne TYPE-Xを愛用しているのだが、これも3G回線がなくなると使えなくなるし、買って7年経っているのでいつ壊れるか分からない。以前からZaurusやNexus7やノートPCをWi-Fiルーターで使っているので、外出時もガラケーで何も不自由はしていないのだが、次に携帯電話を買い換えるときにHUAWEI P20 Proは候補の筆頭にしておこう。ただ、SIMフリー版HUAWEI P20 Proの実売価格は約10万円のようだ。SIMフリー版HUAWEI P20 Proはau回線でうまく使えるのか調べておかないと。※

カメラ業界も大変ですなぁ。

※【追記】au回線ではHUAWEI P20 Proは完全には使えないらしい。Huawei P20 Pro、カメラ以外のレビュー!!FOMA、au、Wi-Fi、同時待受など実際どうなの?という話・・・(Skyblue 2018年4月25日)これは意外、Huawei P20 Proでau VoLTE SIMを改めて検証した結果・・・(Skyblue 2018年5月4日)参照。うーん、携帯電話やキャリアメールはau、データ通信はdocomo系MVNOとしていて、Softbankは絶対に使わない主義なので、これは困ったなぁ。残念過ぎる。【追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。馬形埴輪(神奈川県立歴史博物館):Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、16mm(35mm版24mm相当)、F4開放、1/30秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 2200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、AF中央1点 、高感度ノイズ低減:標準

「Haniwaのページ」なので、神奈川県立歴史博物館の作例はやっぱり埴輪ですな。はにゃ!

なぜかLEICA ELMARIT-TL F2.8/18mm ASPH.がそそる2018年05月22日 00時00分00秒

代々木会館(東京都渋谷区):Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8 + Ricoh GW-1(35mm判21mm相当)、F4、プログラムAE(1/1000秒)、ISO100(オート)、ピクチャーコントロール:ポートレート、AWB、マルチAF

デジカメWatchのライカレンズの美学 LEICA ELMARIT-TL F2.8/18mm ASPH. 抜群の携帯性が魅力のパンケーキレンズを読んでいて、なぜかELMARIT-TL F2.8/18mm ASPH. が気になるなぁと思った。

鏡筒の断面の割に前玉が小さくてちっともカッコイイ訳ではないのに、なんで気になるんだろう?

Nikon 1 V1 + 1 NIKKOR 10mm f/2.8 (後ろにRicoh GW-1)

よく考えてみたら、Nikon 1用の1 NIKKOR 10mm f/2.8と似ているからだな。ニコンもライカに真似されるぐらいになったんだな。Nikon 1すごいじゃないか。しかし、いま、1 NIKKOR 10mm f/2.8のニコンの製品情報を見たら「旧製品」と書かれているなぁ(泣)。

Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8

ELMARIT-TL F2.8/18mm ASPH.に話を戻そう。このレンズはパンケーキレンズということになっている。しかし、ミラーレスカメラの場合、フランジバックが短いので、レンズの全長はそんなに短いわけではない。パンケーキ(≒ホットケーキ)というよりは、普通のホールケーキではないか。

これが、ミラーの分だけフランジバックが長くてボディが厚い一眼レフなら、レンズはパンケーキになる。Ai Nikkor 45mm F2.8Pとか28mmの画角ならRICOH XR RIKENON 28mm F3.5 ASPHERICなどがパンケーキという感じだ。

それにしても、Leica CLっていい写りですなぁ。色も派手でなく忠実系の感じ。記事中の最後の写真(https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1118/983/html/282.jpg.html)は、弘明寺駅ですな。

しかし、Leica CLってヨドバシでボディだけで¥367,200(税込)、ELMARIT-TL F2.8/18mm ASPH.が¥156,600(税込)、Leica CLとELMARIT-TL F2.8/18mm ASPH.のプライムキットで¥507,600(税込)だそうな。見なかったことにしよう(泣)。


代々木会館(東京都渋谷区):Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8 + Ricoh GW-1(35mm判21mm相当)、F4、プログラムAE(1/1000秒)、ISO100(オート)、ピクチャーコントロール:ポートレート、AWB、マルチAF

1 NIKKOR 10mm f/2.8 にGR DIGITAL用のワイコンGW-1をアダプターで装着して21mm相当にしたもの。このワイコンは写りもよくてなかなかよい。なによりEVFがあるのでフレーミングしやすい。
1 NIKKOR 10mm f/2.8にRicoh ワイコンGW-1 ― 2014年12月31日参照。

代々木会館はJR代々木駅の近くにある古いビル。上の方の階はほとんど使われていないようだ。3階に中国語の古書店が入っていたはずなのだが、1階の入口がベニヤ板で塞がれているように見えた。このビルは大昔のTVドラマ「傷だらけの天使」で主演の萩原健一が屋上のペントハウスに住んでいるという設定だったのでよく覚えている人も多い。このように廃墟すれすれになっているのはいろいろと地上げなどが絡んでいるらしい。再開発することになったというニュースを前に見たのだが、全然進んでいないような…。
【追記】検索したら2016年12月にこの建物の大部分をある不動産会社が取得したという記事を見つけた。その会社の概要を見ると、「取引銀行」のところに都銀がいっさいなく、例の「新銀行東京」とか信用組合が並んでいる。そしてなぜか代々木会館の土地の登記簿の写しがネット上にあって、どこまで信用していいのか分からないが、その不動産会社のメインバンクはあ○か信用組合らしくその信用組合の極度額十数億円の根抵当権が設定されている。その信用組合はどんな組合なのかと調べたら…。なんか外から写真撮るだけにした方がよさそうだ。【さらに追記】もし写真撮ってて咎められたら「傷だらけの天使のショーケンがペントハウスでソーセージ丸かじりがカッコイイよね、ホーンユキの…」とか早口で言うとすぐに解放されるかもしれない(笑)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索