オフロードバイク雑誌GoRIDE2019年12月号をヨドバシドットコムで買う2019年12月05日 00時00分00秒

オフロードバイク雑誌GoRIDE(ゴーライド)2019年12月号(ヤングマシン増刊)

今日は天文ガイド2020年1月号の発売日だ。紀伊国屋書店から昨日「明日発売日だよ」メールが来ていて、実店舗に買いに行けるか怪しかったのでネットで買おうかと思った。もちろん紀伊国屋書店ウェブストアで、だ。

しかし、天文ガイド2020年1月号は税込1,089円なので、送料が掛かってしまう。ほかに何か買うものは…と思ったら、そうだ、オフロードバイク雑誌GoRIDEの次号が12月6日に発売だということを思い出した。紀伊国屋書店からもメールが来ていたが、「ヤングマシン増刊2019年12月号」とか書いてあったので、スルーしてしまった。GoRIDE(ゴーライド)はまだ発刊して間もないのでヤングマシンの増刊の形をとっているのだ。

ところが、紀伊国屋のGoRIDE(ゴーライド)の発売サイトをみると、昨日の4日の段階で「ウェブストアでは予約受け付けを終了しました。」なんて書かれている。ヤングマシン増刊 (2019年12月号)(紀伊国屋書店ウェブストア)参照。えーまだ発売にもなってないのになんで?
【追記:2019年12月6日7:42】発売日の今朝確認したら「ウェブストアに8冊在庫がございます。(2019年12月06日 07時42分現在)」になっている。一足違いでしたな。売り切れならわかるが、注文に空白期間が出るのは如何なものか。【追記ここまで】

Amazonは配達がデリバリープロバイダ※とかいう配送業未満の業者が持ってくる(あえて配達とは呼ばない)ので嫌だなぁと思っていたら、なんと我らがヨドバシドットコムでヤングマシン増刊 (2019年12月号)ことGoRIDE2019年12月号が買えるやん。送料無料なのでまとめて買う必要はないが天文ガイド2020年1月号もヨドバシで買おう。ポイントも紀伊国屋書店の10倍付くしね。
※Amazonのデリバリープロバイダは、時間を守らないし、指定時間に配達できなかったときに連絡もないし、業者の拠点に連絡しても荷物が今どこにあるのかも分からないし(配達員という名の個人に連絡もできないらしい)、私はプライム会員でないので日時指定の場合は送料を払うのでとても納得のいくものではない。そこでしか買えなくてどうしようもないとき以外はアマゾンでは買わないようにしている。こういう業者は淘汰されてほしい。

ということで、天文ガイドとGoRIDE(ゴーライド)をヨドバシドットコムで注文した。そうしたら、GoRIDE(ゴーライド)はまだ発売日じゃないので別々に発送ということになった。いや、天文ガイドもGoRIDE(ゴーライド)と一緒でいいんだがなぁ。無駄に配送料を使わないでいいのに。

しかし、書店はこんなことでいいのかね。本や雑誌はなるべく書店で買うようにしてるんだけど、買えないんじゃあねぇ。実店舗でもかつてのGARRRRや今のGoRIDEを置いていない紀伊国屋の支店が結構ある(あった)。さすがに新宿本店にはあることが多いが。紀伊国屋書店、もう少し頑張ってくれ。

話は変わるが、GoRIDE(ゴーライド)は12月6日発売なのに、どうして2019年12月号なんだろう。業界の慣習だと2020年1月号なんじゃないの。天文ガイドもそうしてるし。増刊号のかたちをとっているから2020年1月号にできない理由でもあるのかしら(ほかの雑誌がヤングマシン増刊2020年1月号になっているとか)。GoRIDE(ゴーライド)は隔月刊だから、2か月も店頭に並ぶことを考えると2019年12月号って損していると思うぞ。

あと、ネットの書籍販売では"Go Ride"(スペースあり)ではなく"GoRIDE"(スペースなし)で登録されているところが多いようだ。しかし、公式Facebookや公式Twitterでは"Go Ride"(スペースあり)になっている。検索するときに困るんだよね。Googleだと良きに計らってくれるんだが、各ネットショップでの検索では"GoRide"(紀伊国屋書店ウェブショップとヨドバシドットコム)とか"ゴーライド"とか""Go Ride"とか工夫しないといけないんだよね。なんとかならんのか。
【追記:2019年12月6日】公式FacebookもTwitterも「オフロードバイク雑誌GoRIDE 12月6日今日発売です!」みたいな拡散しやすい投稿がないな(というか忙しいのか数日間投稿がない)。拡散しやすい形の発売日を知らせる投稿って大事よ。あと、Facebookってログインしていない人には画面の真ん中にログインするかアカウント作れとダイアログが被さってくる嫌がらせする仕様なのでブログなどの代わりにはならない。字数が少ないけれどもTwitterの方が誰にでも開かれている(はず)。一度、ログインしないでFacebookを見てみるといい(キャッシュ削除とか必要かも)。【追記ここまで】

キャッシュレス消費者還元事業でOrigami Payを使ってみた2019年10月31日 00時00分00秒

JR新宿駅LUMINEの広告:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/25秒、ISO320、プログラムAE、AWB

10月1日から消費税が10%になって「キャッシュレス消費者還元事業」というものが始まったらしい。
消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業

なんとかPayというのは興味がなくて、各種カードやSuicaぐらいしか使っていなかった。

キャッシュレス還元、筆者は「Origami Pay」と「FeliCa対応デビット」で乗り切る(石野純也)という記事を読んで、Origami Payというものをスマホ(HUAWEI P20 Lite)に入れてみた。

このOrigami Payの特長は、キャッシュレス還元がポイントではなくお金そのもので、しかも即時に値引きされるという点にある。たとえば私が最初に使ったときは、ローソンで税込287円商品を購入した際に、割引5円と割引2円が適用されて7円引かれて280円が即時に指定の銀行口座から引き落とされた。なぜ5円と2円なのかは明細を見てもよく分からない(笑)。7/287=0.02439…なので、2.4%還元になってしまう。なんでこんな半端な割引なんだろう。
【追記】なお、Origami Payのアプリ内にレシートがあり、指定したメールアドレスにもレシートが送られるが、お店の名前・所在地と税込の購入額と割引額と差し引きの最終引き落とし金額しか書いていなくて、なにをいくら買ったのかは記載されていない。プライバシーの面からはこれでよいとは思うが、家計簿に付けるときに困るので紙のレシートももらっておいた方がよいと思う。【追記ここまで】

お金で即時に還元されるので、ポイントがいつ付与されるとかポイントの消費期限がどうのとか、このポイントはどこで使えるとか悩む必要がない。なお、決済口座としてクレジットカードやVISAデビットも登録できるが、銀行口座を直接登録した方が値引率が高いので、銀行口座を登録している。銀行口座登録もスマホの端末上で完結した(既にインターネット取引にしている口座なので)。

Origami Payのもうひとつの特長は、バーコードまたはQRコードによる決済(表示して読み取ってもらうか、逆にこちらがお店のコードを読み取るの両方が可能)なので、スマホにNFCや「おサイフケータイ」が搭載されていなくても使えることだ。HUAWEI P20 liteは廉価版のスマホなのでNFCが搭載されていない。しかもおサイフケータイ機能は日本独自の機能なので、こういうSIMフリーの外国製スマホではNFCは載っていてもおサイフケータイに対応している機種は少ない。OPPO Reno Aが人気なのは、SIMフリースマホなのにおサイフケータイ機能が載っているからでもある(ほかにDSDVなども人気)。

おサイフケータイって日本独自のガラパゴスな規格なので、P20 lite買うときは要らないと思ったが、SuicaのJREポイントでおサイフケータイの一機能であるモバイルSuicaとそうでないSuicaとでポイントの付き方に差が付けられているのでしまったと思ったが…。2台持ちで使っているガラケーCasio G'zOne TYPE-Xの方は実はおサイフケータイのモバイルSuicaに対応しているのだが、モバイルSuicaは使っていなかった。

Origami Payの短所は、対応しているお店が少ないということだ。コンビニだとローソンとミニストップとセイコーマートなどのみで、セブンイレブンやファミリーマートには対応していない。
【追記】どのお店に対応しているのかはOrigami Payのサイトでは分からなくて、スマホにアプリを入れたらそこから見られるようになっている。アプリをインストールしても、決済手段を登録しなければお金が勝手になくなる危険はないので、どこで使えるかだけを確認するためにインストールしてみるのもありだ。しかし。本来はサイトでどこで使えるかを検索できるようにすべきだと思う。どこで使えるか分からないのにアプリをインストールさせるというのもこのアプリが流行らない理由のひとつかもしれない。【追記ここまで】

まあそういうわけで、ローソンでたまに買うときにはOrigami Payを使うことにした。PayPayも入れたが、いつどこで使うと何が何%割引なのかが分かりにくいというかキャンペーンを追うのは面倒くさいので使っていない(重要な違いとしてPayPayはチャージしないと使えない)。Origami Payの即時値引いて引き落としというのは分かりやすいしNFC非搭載機種でも使えるので、こっちの方が普及して欲しいな。なお、決済のときにバーコードやQRコードを表示する画面にするには指紋認証などを要求できるようになっている。

分かりにくいし値引き情報に長けた人だけ得をするこんな制度、やめてほしいというのが本音である。だいたい、たとえばこどもがお小遣いでコンビニで買い物するときに値引きされなくて不公平じゃないか。こどもにスマホ持たせている人もいるが、そこに銀行口座に紐付けた決済アプリをインストールするのは超危険だろう。そうなるとガラパゴスな規格ではあるがSuicaなどのICカードで買い物して還元されるのがよいということか。なんかすっきりしないな。


写真は記事とは関係ない。
JR新宿駅LUMINEの広告:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/25秒、ISO320、プログラムAE、AWB

JPEG撮って出しでリサイズのみ。シネマヤリ子じゃなくてシネマカリテの広告も滲まずちゃんと写っている。新年にランサムウェアの「ばらまき攻撃」が「顔文字メール」で復活 ― 2019年01月18日参照。

この広告の撮影者は蜷川実花氏のようだ。2019年冬広告「永遠の愛はなくとも、ずっと好き。」ルミネの1枚のポスターから生まれた短編小説「One piece of a woman」vol.8公開 

自分も毛無峠に行ってこんな写真撮ってみたい。毛無峠で撮ったのかどうかは知らないけど。

神奈川県・山北町・陸自駒門駐屯地の給水車問題は統制違反2019年10月16日 00時00分02秒

神奈川県山北町が陸上自衛隊駒門駐屯地に直接派遣要請をして到着した陸自の給水車が給水できずに帰ったことについて、神奈川県が批判されているようだ。
陸自の給水車支援がムダに 「ルールが違う」という神奈川県対応に疑問噴出

上記の記事は比較的冷静で客観的な方なのでリンクした。他の記事では山北町長にしか取材していないが、上記の記事では山北町と神奈川県と陸上自衛隊駒門駐屯地にコメントを求めて、前2者が回答している。

まず、自衛隊に派遣要請する仕組みを確認しておこう。
災害派遣の仕組みDisaster relief operation(陸上自衛隊)

災害派遣の仕組みDisaster relief operation(陸上自衛隊)

この図によると、いずれの場合でも防衛大臣または防衛大臣の指名する者の派遣命令で災害派遣活動に入ることになる。

今回の場合、山北町長は神奈川県知事に派遣要請をしたり、防衛大臣に通報するよりも前に知己の陸上自衛隊駒門駐屯地に直接連絡を取った。そして陸上自衛隊駒門駐屯地は大臣の命令もないままに現地に赴いた。

そして、陸上自衛隊駒門駐屯地が給水することなく帰ったのは、自衛隊側の判断であるということである。

山北町によると、台風による被災が予想されたことから、町のエリアを担当する約20キロ離れた陸上自衛隊駒門駐屯地(静岡県御殿場市)と断続的に情報交換していた。断水が発生した可能性が高いことを伝えると、陸自側は事前の準備を開始。13日午前6時前には出発準備が整ったことや、必要があれば県に災害派遣要請を求めるよう町に伝えた。これを受けて、町は電話やFAXで県に派遣要請を求めた。
駒門駐屯地では支援活動を急ぐため夜を徹して早めの準備をしていたが、結果的に到着時点では派遣要請は出ていなかった。手続き上、要請が出ないと支援活動を始められないため、陸自側の判断で13日午前8時過ぎには撤収したという。

これは、自衛隊の一駐屯地が大臣の命令を受けずに勝手に災害派遣行動したことを自衛隊上層部に咎められて帰隊したのではないのか。だとすれば組織的には重大な統制違反である。軍(に準じた組織)が、指揮命令系統を無視して懇意の部外者の要請に応じて勝手に部隊を動かして、軍(に準じた組織)のリソースを手続きを経ないで処分しようとしていたわけである。さらに大臣を抜きに勝手に行動しているわけだから文民統制違反でもある。組織内部的にも憲法上も重大な違反行為なのである。だから、この件について陸自駒門駐屯地の広報担当者はノーコメントなのだろう。マスコミは防衛省や防衛大臣の側にもコメントを求めるべきであった。

陸自駒門駐屯地の広報担当者は、給水車3台が活動できないまま撤収した事実関係は認めたが、「この件に関してはコメントを差し控えたい」している。

自衛隊の災害派遣については、文民統制(シビリアンコントロール)を守る観点や、市区町村でバラバラに求めて混乱するのを避けるため、都道府県知事が要請することになっている。現場の独断専行を許さないためにも、このルールは徹底されている。

阪神・淡路大震災などこれまでの災害でも、要請に時間がかかり初動が遅れたとの批判があった。近年では、自衛隊は正式な要請を待たずに準備を整え、都道府県もすみやかに要請するよう、改善が進んでいた。それだけに今回の神奈川県の対応には、ネット上などでも疑問が噴出している。

最後の段落は今回の場合と違って、事前に通常ルートの連絡(市町村長→都道府県知事→大臣)は取ってあって、手続きが済む前にもういつでも実施できるように準備していることを指しているのであって、今回のように、県知事や大臣に無断で自衛隊の一部門に勝手に話を付けてそれに自衛隊の一部門が勝手に応じているのとは違う話なのである。準備も大臣側からの指示があって準備している場合の話なのである。今回の場合、大臣に話が行く前に既に駐屯地が動いて現地に行ってしまっている。

自衛隊関係者や政治家やマスコミの方は、この重大な統制違反をきちんと追及して処分していただきたい。重要な問題である。こんなことがまかり通れば、一司令官と仲良くしている地域だけが優先的に自衛隊の支援を受けられることになってしまい、行政の公平性や自衛隊の文民統制も崩壊してしまう無法地帯、無政府状態になってしまう。

【追記:2019年10月20日】
防衛省・自衛隊(災害対策)の公式Twitterの表明があったようなので、引用しておきます。山北町長の言い分と矛盾するが、「うまく収めた」形になっている…。

防衛省・自衛隊(災害対策)@ModJapan_saigai

13日、神奈川県山北町から部隊に、給水支援要請の可能性が伝えられました。町役場到着後、県が対応するため支援は不要との説明を町から受け、部隊は帰投しました。なお、水を捨てた、陸自第1師団長が引き上げを指示したとの事実はありません。自治体と密に連携して災害対応を継続していきます。

8:25 PM - Oct 17, 2019

Twitterの時間表示は端末に依存するらしく、正確な時間が分かりにくくなっている(時間の後にUTCとか書けばいいのに)。使用場所を日本に設定したアカウントでログインすると20:25の表示になるので、それがこのツイートの日本時間なのだろう。さらにTwitterの引用表示の日時にポインタをあわせると「投稿時刻: 2019年10月17日 11:25:58 (UTC)」と出るのでJSTの20:25に投稿されたもので間違いないと思う。
【追記ここまで】

無事です2019年10月13日 07時07分38秒

台風19号(2019年) NHKニュース防災アプリより P20 lite

おはようございます。無事です。被災された方にはお見舞い申し上げます。

個人的には台風15号の方が風は強かった。台風19号は風速60m/秒といわれていたので風を警戒したが、実際には雨の方がすごかったようだ。

浸水被害などは台風通過後もあるので、みなさまどうぞご無事でありますように。

台風19号伊豆半島に上陸2019年10月12日 20時03分34秒

台風19号(2019年)19:50現在地、NHKニュース防災アプリから P20 lite

台風19号は19時前に伊豆半島に上陸とのこと。

Haniwa家ではこれからが大変なのだろう(泣)。

なんか窓の外が、新幹線でトンネルに入った時みたいな音がしている(泣)。

もう風呂に入って、お湯は溜めたままにしてある。パソコンもデスクトップは電源を落として、いつでも停電になってもいいようにノートパソコンにしている。

テレビはまだBSが映っている。あんまり雨が降るとBSが映らなくなることがあるのだが、まだそこまでではないのだろう。

戴いたコメントのお返事はまた落ち着いてから致します。m(_ _)m

現場からは以上です。

台風19号東日本接近ないし上陸のおそれ、十分に準備を2019年10月10日 00時00分00秒

https://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/wp2019.gif

大型で猛烈な台風19号が10月12日(土)~13日(日)にかけて東日本に接近ないし上陸の可能性がたかいとのこと。
台風19号 土曜から東日本に接近へ 甚大な被害のおそれ 2019年10月10日 8時21分(NHK NEWS WEB)
台風第19号に早めの備えを!(10月9日) (気象庁)

米軍の予想では、予報の中心線は伊豆半島の先石廊崎をかすめて相模湾岸から東京湾岸を通って東京・千葉・茨城方面に向かうことになっている。台風15号につづいてまた千葉県が台風の進路の右側になりそうだ。

十分な備えや予めの避難を。予め台風から遠い場所の親戚や知り合いの家に避難しておくというのもよいかも。

台風第19号に早めの備えを!(10月9日)[PDF形式:1.5MB] には、風が強まる前に家の対策の何をすればよいかが書かれているので、今日明日中に対策を。
台風19号 15号と同程度の暴風のおそれ いまからできる対策 2019年10月9日 19時05分(NHK NEWS WEB)も参照。

スマホは電池がなくなるのが早い上に近くの基地局がやられて繋がらないこともあるので、ラジオと電池もご用意を。ラジオ局も台風15号ではニッポン放送1242kHzが千葉県木更津市の送信所が停電して足立区の予備送信所から送信したり、その後自家発電で木更津から送信したりもした。それでも放送は続いていたので携帯電話よりは情報を受け取りやすいだろう。ニッポン放送が送信所の自家発電で横浜スタジアムからのプロ野球試合中継を放送しているのにはちょっと複雑な気分だったが。
AM1242kHzでお聴きのリスナーの皆様へ 2019/09/12 14:00(ニッポン放送)

画像は、米軍の予報から。https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.htmlからhttps://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/wp2019.gif
なお、図の12/18Zというのは、12日協定世界時(UTC) 18時ということで、日本標準時(JST)は+9時間なので、13日の日本時間5時を示している。

念願の毛無峠に弾丸ツーリング(その8)CE・CE2プロテクター編2019年09月10日 00時00分00秒

【写真上】左:ラフアンドロード肘プロテクターRR10087(CEレベル1)、中央:コミネSK-810 肘・膝用プロテクター(CEレベル2)、右:コミネSK-635 CEプロテクター(CEレベル1)

台風15号の暴風凄かった(泣)。今回はテレビのアンテナは倒れなかった。しかし、台風が通過している夜中にアンテナを立てているベランダの方から、ピキーン、カーンという音がして、アンテナが倒れたかもしれないと気が気でなくあんまり眠れなかった。雨戸を開けるわけにも行かず朝まで悶々としていたのだ。ピキーンはステンレスのステーが外れた音、カーンはポールが倒れてどこかに当たった音だと思ったのだ。朝見て何ともなかったので、おそらくステーとポールに飛んできた何かが当たったのだと思う。
台風24号でテレビの受信アンテナが倒れた ― 2018年10月02日
テレビ受信アンテナ、1週間掛かって復旧 ― 2018年10月09日 【追記】なお、今回の台風15号で八木宇田アンテナの向きがずれたが、以前のように屋根の上ではなくベランダに設置したので、ベランダでポールの回転を抑止しているボルトを緩めてポールを回して調節して元通りボルトを締めて終わり。台風で回転したのはポールではなく、ポールに八木宇田アンテナを止めている部分だが、DXアンテナのこの部分はもともと強風でアンテナが破損しないように手締めで止めるようになっているようだ。その部分が緩んでいるわけではないので、ポールの方を回転させた。屋根上に設置していたら、自分では屋根上に上がれないのでまた業者を呼ばなければならなかったろう。【追記ここまで】

さて、毛無峠の帰りに林道湯沢線の苔(kgr2007様ご指摘ありがとうございます)で転倒した後始末はまだ続く(泣)。

プロテクターをしていたので、ほとんど怪我はしなくて済んだのだが、最初に打った膝は、押すと膝蓋骨(膝の皿)と皮膚の間が痛い状態が続いている。3日目ぐらいから押してもあんまり痛くなくなったのだが、次の週末にバイク店に「ドリームカード」の更新をするためにバイクに乗るときにプロテクター入りのメッシュパンツ(転倒時と同じもの)を履いていったら、また膝が痛くなった。

【写真中】左:ラフアンドロード肘プロテクターRR10087(CEレベル1)、中央:コミネSK-810 肘・膝用プロテクター(CEレベル2)、右:コミネSK-635 CEプロテクター(CEレベル1)

転倒時と同じプロテクターだから、膝に当たる部分も転倒時に押された部分とまったく同じ部分が当たるので、よく考えたら当たり前なのだが、ピンポイントで痛いところを押しながらバイクに乗るみたいになってしまった。ドリームカードの更新は購入月の8月末までなので、そこで行くしかなかったのだ(電車で行けばよかった)。8月はバイク屋の休みが多いので(たいていのバイク屋さんはお盆に1週間から10日ぐらい休む-おそらくメーカーが休みになってパーツが取寄せできなくなるからだと想像する)、8月にバイクを購入するとドリームカードの更新がなかなか面倒だ(泣)。思うに、治りかけの時に短時間ではあったが痛い部分を押すことになってしまったのがよくなかった。

3日目よりも押すと痛くなったので、1週間目に整形外科に行って見てもらった。骨には異常はなく、水も溜っていないようなので、湿布貼ってたら治ると言われた。あと、知覚過敏になるので、半年ぐらい痛みを感じる場合もあるかもと言われた。膝を突くようなことはするなとも言われた。歩いたり走ったりするのに問題はないけど、膝頭を押すと痛いんだよねぇ。椅子に座るときに机などにコツッと当てたりしても痛い(泣)。ピチピチズボンでひざを曲げると、患部が押されて痛い。肘の方は順調によくなっている(こっちはもう湿布は貼ってない)。

それで、あらためてプロテクターを見ると、膝と肘のプロテクターは規格がCEのレベル1(EN1621-1)だった(EN1621-1でLEVEL無表記の場合はレベル1、最近までLEVEL2はなかったため)。

膝は、コミネのオーバーパンツに付属品として入っていたものを流用、肘はラフアンドロードのオプションのもの。ラフアンドロードの付属品は、ペラペラのものでCEのプロテクション規格も通っていないものだったから、買い足したのだ。

その購入の際に、ラフアンドロードのオプションプロテクターにはCEレベル1とレベル2のものがあって、レベル2の方は、通販の表示には書かれていないが店頭で実物を見ると「競技走行用」と書かれていた。こういう製品で「競技走行用」と書かれている場合は、耐久性がないとか何かすぐに分かる問題があることが多いので、レベル2の方ではなくレベル1の方を買って帰ったのだった。いまラフアンドロードのサイトを見るとレベル2の内蔵タイプのものは見あたらなくなっている。

それで、CE規格のレベル1とレベル2がどう違うのかというと、ちゃんと公式のサイトか何かで書かれているものはすぐには見つからない。検索で一番上に出るバイク用プロテクター CE規格? EN規格? level1,2?(暮標)というサイトが一番分かりやすい。

それによると、CEのレベル1の胸・脊椎以外のプロテクター用の正式基準名はEN-1621-1で、これは両プロテクターに書かれているとおりだ。

問題は基準の中身で、EN-1621-1(胸部・脊椎以外のプロテクター)のLEVEL 1の許容透過力は35kN以下で、LEVEL 2の許容透過力は20kN以下とのこと。これは、プロテクターに50Jのエネルギーを与えた時に、何kNの力がプロテクターの下まで届くかという基準だそうだ。

35KNと20KN、随分と違うじゃないか。レベル1だとレベル2の最大1.75倍も力が加わってしまう。これを知っていたら、ラフアンドロードの競技走行用と書かれていたレベル2の方を買っていたなぁ。レベル2の方を付けていたら、いまごろは膝頭を押しても痛くなかったかもしれない。なお、ウェアの購入時には、コミネの方にはまだレベル2のオプションのものはラインナップになかった。

【写真下】左:コミネSK-812 プロテクターS(肩用)(CEレベル2)、右2つ:コミネSK-810 肘・膝用プロテクター(CEレベル2)

コミネはその後にレベル2のオプションプロテクターを発売し始めたようだ。それは触った感触はかなり柔らかいらしい。これだ。これに入れ替えればプロテクター装着時に膝頭を押されても痛くないはず。

ということで、肘膝兼用タイプなので2組のコミネSK-810(と肩用SK-812)を買った。

日常生活時に膝頭をコツッとやらないように、この柔らかいCE2プロテクターをマジックテープか何かで固定してバイク乗らないときも使おうかな。まだこのコミネの黄色いCE2プロテクターを装着してバイクに乗ってはいないが、膝に当てた感じでは痛くなくてよい感じ。もう少し膝頭を押しても痛くなくなるまで我慢。

ということで、コミネのオプションのCEレベル2のプロテクターは安いのにレベル2のプロテクション効果があるので入れ替えた方がいいぞという話でした。【追記】コミネの公式サイトは昔からサーバーが弱いので、「サーバーが見つかりません」とかざらにある。コミネが繋がらないときは、コミネ系といわれている車楽という通販サイトで商品情報を調べるのがよい。【追記ここまで】

【写真上】左:ラフアンドロード肘プロテクターRR10087(CEレベル1)、中央:コミネSK-810 肘・膝用プロテクター(CEレベル2)、右:コミネSK-635 CEプロテクター(CEレベル1)

【写真中】左:ラフアンドロード肘プロテクターRR10087(CEレベル1)、中央:コミネSK-810 肘・膝用プロテクター(CEレベル2)、右:コミネSK-635 CEプロテクター(CEレベル1)

【写真下】左:コミネSK-812 プロテクターS(肩用)(CEレベル2)、右2つ:コミネSK-810 肘・膝用プロテクター(CEレベル2)

念願の毛無峠に弾丸ツーリング(その7)CRF250L可倒式シフトペダル到着編2019年09月08日 00時00分00秒

Honda CRF250L(MD44)用可倒式ギアシフトペダル24700-KZZ-J00と固定フランジボルト95701-06020-00 Made in Thailand

9月2日のお昼前にeBayで注文した、Honda CRF250L用の可倒式シフトペダル24700-KZZ-J00が到着した。初日算入で7日で届いた。

日本だと6,700円ほどするものが、送料込みで2,712円でタイから届いた(関税もなし)。見たところちゃんとした純正部品のようでビニル袋も封がされたままだ。

Honda CRF250L(MD44)用可倒式ギアシフトペダル24700-KZZ-J00と固定フランジボルト95701-06020-00 Made in Thailand

しかも、可倒式ペダルだけだと思っていたら、固定ボルト95701-06020-00も同梱されていた。ボルトは今使っている非可倒式のボルトをそのまま使おうと思っていた。もしネジが合わなかったらボルトだけ日本で買うかと思っていただけにありがたい。95701-06020-00は日本では送料別で税込35~175円ぐらいする。

今日は台風15号が接近しているので取付けはしない。

安くて早い。よい時代ですなぁ。というか、日本国内での部品の価格設定はなんであんなに高いんだろう。タイだけではなくアメリカでも安いのに。

なお、Honda CRF250LはMD38もMD44も製造国はタイ王国なので、部品はタイ製だったり日本製だったりする。今回買った24700-KZZ-J00と95701-06020-00 はいずれもMade in Thailandと書かれている。

念願の毛無峠に弾丸ツーリング(その6)CRF250L可倒式シフトペダル経過編2019年09月06日 00時00分00秒

毛無峠(小串鉱山方向):Nikon F3、Ai Nikkor 20mm F2.8S(2001年12月新品購入、2018年12月に光学系全交換)、F8AE、中央重点測光、L37Cフィルター、Fujifilm ASTIA100F(2012年5月期限)、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED、ICEありROCなしGEMなしDidital DEEなし、Nikon Scan 4 Ver.4.0.3、Windows 7 Professional SP1(64bit)

CRF250L(MD38)に、CRF250L(MD44)の可倒式ギアシフトペダルを付けようと、ebayでタイの業者に注文した話は念願の毛無峠に弾丸ツーリング(その4)CRF250L可倒式シフトペダル注文編 ― 2019年09月04日でした。

9月2日のお昼前に注文したのだが、もう日本に着いているようだ。送料無料で2,712円なのに、航空便で送ったようだ。これ、儲かるのか?届いたらタイの石が入っていたりして(笑)。まあそんなことをしたらebayから怒られるのでちゃんと商品は入っていると思うが。というか、可倒式ギアシフトペダル24700-KZZ-J00の日本国内での6,700円という価格設定がおかしいんだろうなぁ。

状態発生日(海外で発生した場合は現地時間) 配送履歴 詳細 取扱局・郵便番号 県名・国名
2019/09/02 12:42 引受 THAILAND
2019/09/03 13:36 国際交換局に到着 SUVARNABHUMI THAILAND
2019/09/03 15:03 国際交換局から発送 SUVARNABHUMI THAILAND
2019/09/05 15:34 国際交換局に到着 川崎東郵便局219-8799 神奈川県
2019/09/06 09:00 通関手続中 川崎東郵便局219-8799 神奈川県

このあと通関があって、週末を挟むので届くのは来週になるかもしれない。【追記】記事をアップした後に配達状況詳細を確認したら、「通関手続き中」が追加されていたので表も更新した。【追記ここまで】

【さらに追記】面白い記事を見つけた。国際郵便の届く裏側 ~ 日本郵政グループ労働組合(JP労組) ~(連合ダイジェスト)【さらに追記ここまで】


写真は記事とは直接関係ない。
毛無峠(小串鉱山跡方向):Nikon F3、Ai Nikkor 20mm F2.8S(2001年12月新品購入、2018年12月に光学系全交換)、F8AE、中央重点測光、L37Cフィルター、Fujifilm ASTIA100F(2012年5月期限)、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED、ICEありROCなしGEMなしDidital DEEなし、Nikon Scan 4 Ver.4.0.3、Windows 7 Professional SP1(64bit)

どこが道か分かりにくいが、人が二人立っているところが群馬県道112号線で小串硫黄鉱山跡まで繋がっている(小串鉱山跡で行き止まりでかつ毛無峠から先は通行止め)。

都道府県道って県境で繋がる道は県が違っても同じ番号を使うことになってるんだね。自分は大阪で育って学生時代は東京だったので、府道何号線とか都道何号線とか数字で呼ぶ習慣がなかった。今さらながら新鮮だ。

念願の毛無峠に弾丸ツーリング(その4)CRF250L可倒式シフトペダル注文編2019年09月04日 00時00分00秒

Honda CRF250L(MD38)のギアシフトペダル(24710-KZZ-900)修正後 P20 liteで撮影

荒野の故障ブログへようこそ(泣)。

今回もバイク転倒の後始末の話しだ。すまん。
念願の毛無峠に弾丸ツーリング(その1) ― 2019年08月27日
念願の毛無峠に弾丸ツーリング(その2)林道湯沢線 ― 2019年09月02日
念願の毛無峠に弾丸ツーリング(その3)ゴアテックス補修編 ― 2019年09月03日

CRF250Lの2012~2016年版(MD38)は、シフトペダル(チェンジペダル)が可倒式ではなかった。2017年版(MD44)以降は、可倒式に変更になっている。

CRF250Lはデュアルパーパスというオンもオフも走れるバイクということなので、転倒した場合でも接触する部分が少なく、ほとんど破損しない。その中でも転倒したときに一番地面に当たって曲がる可能性のあるギアシフトペダルとリアブレーキペダルが可倒式でないのがMD38の不満点であった。転倒したときにペダルが曲がるだけでなく、他の部分にもダメージを与えるので、ここはコストダウンしないでちゃんと可倒式にすべきだ。

そういう声が大きかったのか、マイナーチェンジの2017年モデル(MD44)からは、シフトペダルだけ可倒式になった。可倒式シフトペダルの部品番号は24700-KZZ-J00だ。

ところが、これが6,700円もする。他方、非可倒式のシフトペダル(24710-KZZ-305)はWebikeだと注文できなくなっている。手元のCRF250LDのパーツカタログ第2版によると非可倒式24710-KZZ-305 24710-KZZ-900は5,100円。非可倒式24710-KZZ-305が注文できないのは、可倒式の24700-KZZ-J00に一本化するためだろうか。【訂正】24710-KZZ-305はアメリカでのCRF250L(MD38)の非可倒式シフトペダルの品番で、日本でのCRF250L(MD38)の非可倒式シフトペダルの品番は24710-KZZ-900でした。Webikeでも注文できて定価(税込)6,534円でした。訂正します。【訂正ここまで】

日本では6,700円もする可倒式ギアシフトペダル24700-KZZ-J00だが、アメリカのパーツカタログを見ると$23.91だ。1ドル=107円として、2,558円だ。日本での6,700円とすごく違う。非可倒式の24710-KZZ-305はアメリカでは$12.40だ。1ドル=107円で計算しても1,326円だ。日本のパーツカタログ上の非可倒式24710-KZZ-900の5,100円(現在の定価6,534円)との価格差が大きい。

自分の非可倒式24710-KZZ-900は、帰宅してから柄の長いレンチでうにょーと修正したので実用的には問題ないが、できれば可倒式24700-KZZ-J00に交換したいなぁ。

それで、アメリカで可倒式24700-KZZ-J00が$23.91なのだったら、アメリカで買えばいいのではないかと思った。ebayで24700-KZZ-J00を検索するとたしかに$23ぐらいで売っている。

しかし、送料に2,500円とか4,500円とか書いてあるところもある。4,500円も送料が掛かったら部品代の2,500円と併せて7,000円になり、日本で買うのと変わらない。

ところが、ebayでShipping Freeと書いてあるタイの業者(nuadthaiderm)が可倒式24700-KZZ-J00をGBP 19.99(19.99イギリスポンド) で出品していてFree Shipと書いてある。日本もFreeの送付対象のようだ。GBP 19.99は日本円換算で2,584円とある。ついポチッとボタンを押してしまった。

結局Paypalの決済で2,712円となった。ポチッとしたのはお昼前だったのだが、Hi *****, your order is being shipped! というメールが 午後3時過ぎには来て、ebayにログインするとTracking numberが表示された。その番号をThai Postのトラッキングページに入力すると、

DATETIME Scan Location Description
September 2, 2019 12:42:11 YAN NAWA Accept
September 2, 2019 13:30:07 YAN NAWA Items Into Container
September 2, 2019 16:42:58 YAN NAWA Dispatch

となっている。早いな。ヨドバシエクストリームサービスよりも発送手続きが早いじゃないか。

送料無料なので船便で届くはず。ゆっくり待ってみよう。

と思って今ステータスを見たら、

DATETIME Scan Location Description
September 2, 2019 12:42:11 YAN NAWA Accept
September 2, 2019 13:30:07 YAN NAWA Items Into Container
September 2, 2019 16:42:58 YAN NAWA Dispatch
September 3, 2019 09:27:41 SUVARNABHUMI MAIL CENTRE Container Received
September 3, 2019 15:03:52 SUVARNABHUMI MAIL CENTRE Departure From Outward OE

となっている。SUVARNABHUMI MAIL CENTREは、タイのスワンナプーム国際空港にある郵便局のようだ。もしかして航空便で届くのか?送料無料なのに。

まあ船便で3週間ぐらい掛かると思っていた方が精神的によさそうなので、期待はしないで待とう。

【追記】可倒式ギアシフトペダル24700-KZZ-J00については、Honda Crf250l 2012 - Форум Джебел-клуба.htmが詳しい。ロシア語なのでGoogleによる日本語訳はhttps://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=auto&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fdjebel-club.ru%2Fforum%2Findex.php%3Fshowtopic%3D4545%26st%3D575%26p%3D587530%26%23entry587530。【追記ここまで】


写真は、Honda CRF250L(MD38)のギアシフトペダル(24710-KZZ-900)修正後 HUAWEI P20 liteで撮影。CRF250L整備いろいろ ― 2018年06月19日で整備してから1年3ヶ月弱でさらに3000km走行したが、カウンターシャフトも錆も浮かず大丈夫なようだ。こういう整備状況記録写真は、APS-CサイズセンサーのGRで撮るよりも、小さいセンサーのHUAWEI P20 liteの方が細部までピントが来ていてよい。これについてはまた別記事で書きたい。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索