鉄道写真にも便利!「デジカメ用GPS」の使い勝手を検証:前編(日経トレンディ)2009年06月11日 00時00分00秒

SONY GPS-CS1Kによる寝台特急北陸号の軌跡

更新が遅れてすまん。こういうときニュースネタはありがたい(笑)。日経トレンディに鉄道写真にも便利!「デジカメ用GPS」の使い勝手を検証(前編)という記事が載っている。

なんで「鉄道写真にも便利」なんだかよくわからないが(笑)、記者が汽車を撮りたいだけちゃうんかと一応突っ込んでおく(笑)。

冗談はさておき、GPS-CS1Kユーザーの私としては後継のGPS-CS3Kがどんな性能なのか気になる。特にGPS-CS1Kは感度が今ひとつでなかなか捕捉しなかったり、位置がかなりずれていたりという不満があったので、その辺がどう向上しているのか気になる。感度は他の機種よりはいいみたいだが、GPS-CS1Kよりもどのくらい向上したのか旧機種との比較もして欲しかった。

また、一番気になるGPSの精度は後編でとのこと。楽しみに待とう。

写真は寝台特急北陸号に乗車したときのGPSの軌跡。ナハネフ24のB寝台下段で窓際に置いたせいか、発車前から捕捉できていたこともあって乗車中もちゃんと捕捉できたようだ。長岡でスイッチバックしている様子が軌跡から分かる。寝てたので方向が変わったのには全く気づかなかったのだが。帰りにB寝台上段で使ったときは窓がないせいか所々でしか捕捉していなかった。ちなみにサンライズ瀬戸に乗ったときは、瀬戸大橋の部分が捕捉できていなかった。瀬戸大橋は鉄道の上に自動車道が載っているからではないかと思う。

【関連追記】
ATP「フォトファインダーミニ」(デジカメアイテム丼:デジカメWatch)

コメント

_ Eddie ― 2009年06月11日 19時21分47秒

なるほどカーナビはこれから走る道路を色で表示してくれて、携帯型GPSは自分の軌跡を後で確認するために水色で見せてくれるんですね。飛行機に乗ったら電源OFFにしなくてはいけないんだろうけど、地球単位でマッピングしたら凄いなぁと思いました。

_ ノーネームしたん ― 2009年06月11日 21時00分27秒

寝台でもGPS信号受け取れるんですね、別に鉄道に限らず便利なんでしょうけど、日経に「貴社の記者は汽車が好きなのか?。」と、聞いてみるのも良いかも、「きじを書いた記者は帰社いたしましたので分かりません。」という・・・・・

_ Haniwa ― 2009年06月11日 21時19分39秒

■ Eddie様
軌跡を録ってどうするんだという気もしますが、あとでどこで撮った写真だっけ?とならないというのはすごいことだと思います。

飛行機の機内ではどうなのかちょっと確認していませんが、GPS-CS1Kの説明書には時速500kmまで捕捉OKとあったので、飛行機でもログ取れそうだなと思いました(必ず飛行機内で使用可能か確認してください)。

■ ノーネームしたん様
乗車前に位置を捕捉できていれば、走行中の寝台車でも窓際なら十分にログが取れるようです。サンライズのA寝台シングルDXは2階で窓も屋根の形にラウンドしていましたのでかなり正確にトレースできていました。

>日経に「貴社の記者は汽車が好きなのか?。
「貴社の記者は、汽車を撮りたかっただけちゃうんかと一応突っ込んでおく(笑)。まあ、もう帰社してしまっていると思うが。」にすればよかったですね(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索