Nikon F-501、ニコンサービスセンターでなぜか自然治癒というニコン伝説2009年06月08日 00時00分00秒

レトロ横濱号:GR DIGITAL、28mm相当、1/217sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

ニコンサービスセンターに直接持ち込み

Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>のM-A切り替えリングが故障したので、ニコンのサービスセンターに持ち込み修理依頼をした。ただ、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>のM-A切り替えリングは現行品のレンズなのでweb上から申し込んで修理品の引き取りを依頼するニコンピックアップサービスや修理センターに郵便や宅配便で送る方法もとれる。web上で修理の申し込みをしておいて、直接サービスセンターに持って行ったのは、F-501の露出計不良もあったからだ。F-501はニコンの補修用部品が払底しており、ニコンでは基本的に修理不能なので送っても修理不能といわれるだけなので、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>の修理のついでに無料点検かあわよくば調整でなおれば…という気持ちで持って行った。

Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>の修理の件

まずはAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>のM-A切り替えリングの修理の報告から。しみきん様が同じレンズを同じ故障で修理中とのことで、その場合見積りは工料9800円、部品代1100円とのことだった。しみきん様情報ありがとうございました。私の場合はM-Aリング以外にマニュアルフォーカス時にピントリングを無限遠から近距離方向に回したときにカツッと引っかかるところが1箇所あったのでその点も修理依頼した。それで見積もりは工料9900円部品代10400円だった。このピントリングの引っかかりは買ったときはなくて、去年の秋に酷使したら出だした現象だ。しかししばらく使わないでおくと直ってしまったり、また酷使するとカツッとなったりした。ちょっと部品代が高そうだがこの際直してもらった方が気持ちいい。

F-501露出計故障の件

さて、本題のF-501自然治癒の件だ。これは内蔵露出計が2/3~1段オーバーになるという故障だった。スクリーンはFM3AのK3スクリーンに換えて使っていたのだが、もちろん修理に出す前にノーマルのF-501用B型に換えて露出計を他のカメラの指示値と比べて確認している。色んなレンズに付け替えて同じ場所を同じような構図で露出計の指示値を比べてみたがやはり1段近く指示値が違っていた。失敗したときのポジフィルムもDX設定でISO50とISO100のフィルムを使って全部同じようにオーバーにあがっているので撮影当時のISO設定の間違いではないし、レンズも複数を使って同じようにオーバーだったのでレンズの絞り羽根の問題でもない。

しかし、ニコンのサービスセンターの人が「ああ、これは部品がないのでもう修理できないんですよ」と言い、私が「ああ、そうですか。調整だけで直る故障かと思ったんですが、じゃ点検だけでもお願いします。」と言って裏側に消えていったF-501であったが、30分後には「これはどこも壊れていませんね」と戻って来たのだった。そして私が「複数のレンズ使って他のカメラと露出計の指示値を比べましたし、リバーサルが何本もオーバーだったんですが…」と言うとなぜかうつむいて黙ってしまったのでそれ以上詮索しないことにした(笑)。ああ、これが世に聞くニコンサービスセンターに持って行って裏側に行って戻ってくるとなぜか直っているというニコン伝説なのか(笑)。おそるべしニコン。20年以上も経った電気カメラが、壊れてもなぜか直ってしまうという。ありがたや、ありがたや。ニコンに敬意を表して、株主総会会場前で「ニコンは絞りリングなくすな」という横断幕を広げるのはやめておこう(笑)。

BR-5リングとL37cが外れない件

さて、さらにもう1点。これははずれなくなったBR-5リングとL37cフィルターなのだが、レンズを分解できるサービスセンターならフィルターを外す道具もあるんじゃないかと、「外してくれませんか」とお願いしてみた。裏側に持って行ってものの1分ぐらいで簡単に外して来てくれた。無料であった。ありがとう、ニコン。

ということでサービスセンターに持って行ったらなんだか懸案がすべて解決してしまった。あとはAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>がどのくらいの値段で修理されてくるかだけだ。

ニコンの方角に足を向けて寝られませんな。

【関連追記:2009年6月12日】
Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>のM-A切り替えリング故障 ― 2009年06月04日
Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>修理完了 ― 2009年06月12日
【関連追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。
レトロ横濱号:GR DIGITAL、28mm相当、1/217sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

小田原駅に着いたら人だかりがあって覗くとEF64 1001というこげ茶色の 電気機関車に同じくこげ茶色の旧型客車4両がつながって停まっていた。どうりで途中の沿線にカメラや三脚持ったひとがわんさかいたわけだ。この写真を撮ったときには気がつかなかったのだが、EF64の反対側にEF65 501という機関車が連結されていたらしい。往復するときに機関車を付け替えなくて済むようにということか。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索