GR DIGITALプレミアムリングキャッププレゼント2006年06月05日 00時00分00秒

新横浜 蛇幸都神社(蛇骨神社)

ちょっと情報が遅れたのだが、6月1日から、GR DIGITAL、カメラグランプリ2006カメラ記者クラブ特別賞受賞記念プレミアムリングキャッププレゼントキャンペーンが始まっていて、当初のプレスリリースでは、リングが3色のうち応募者が色を選べなかったのが、選べるようになった。(どんなリングキャップかは上記リンク先の写真を参照)

まだ応募していないのだが、この3色、どれにしようか迷うところだ。赤なんかはニコンF3以来のニコンボディのアクセントと似ていて良いような気もするが、TokinaやEFのLレンズみたいな感じでもある。金色は、ニコンのEDレンズみたいだが、派手すぎるような。青は地味だが、他に青色のものがないのでコーディネート(笑)に困る。GR DIGITALは、電源ボタンとフルオートモードのマークが緑色なので、緑色があってもよかったと思うのだが。いまのところ、私は赤に傾きつつある。

「ご意見・ご要望や感想などのコメント(50文字以上100文字以下)」という制限がすごい(笑)。試験の解答用紙じゃないんだから、最低字数まで決めなくていいんじゃないか(笑)。私はとても書ききれないので(笑)、なにかひとつに絞って、後の要望はぼちぼちBolgに書いて、リコー公式ブログGR BLOGにトラックバックを送ることで伝わるだろうと思っている。やはり要望書くなら防水ケースかな。

写真は上の記事とは関係ありません。(GR DIGITAL、28mm相当、フルオート)

写真は、新横浜のリコーデジタルカメラサービスセンターへ行く途中にある小さな神社。しかし、歴史はあるらしい。掲示板に「お札有ります。一体千円 事務所へどうぞ」と張り紙がしてあるのだが、どこに事務所があるのかあたりを見回しても見つからない。もしかしてこの小さな祠の中に宮司さんが御座すのか、と思ってしまった(笑)。しかし小人さんでないと無理(笑)。

「橘樹郡神奈川領岸根村 蛇骨神社 北の田間村境にあり。相伝う、篠原村の内、小名蛇袋といえる所にて蛇を殺し持ち来たりてここへ埋め、その跡へ此の祠を建てたりと、又の伝えに当村開闢のおり、弓を射て矢の落ちたる処を村境とせんと射たりけるに、此の処へ矢の落ちたれば、ここへこの祠を造れりとも云う。是もうけがたきことなり」と、

「巳の守り 巳の厄除け『はずれ竹』縁起
新横浜 蛇幸都神社(蛇骨神社)
今は昔、戦いに赴くおり、『はずれ』の屋号を持つ家の『竹』をお守りとして身に付けていると矢玉にあたらないと言われたそうです。『はずれ』て『吉』のものは矢玉ばかりでなく難事や事故事件、病気などの疫病や心配事なども当たる事無くはずれてほしいものです。
また、一心に希望の道に進もうと思う人にとってこの巳の厄除け『はずれ竹』は悪霊とは知ることなくはずれ、更にどんな身に余る困難もよけて当たらずきっと良いお守りになることでしょう。」という紙とが貼ってある。

【追記】
こんなサイトを見つけた。掲載されている再建直後と思われる蛇幸都神社の写真と現在の写真とでは石碑の位置が違っているが、同じ神社と思われる。
蛇幸都(じゃこつ)神社メニュー

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索