ロモグラフィー「DigitaLIZA+」がそそる2022年04月12日 00時00分00秒

ハニワニワのカラスノエンドウ:Nikon Z6、Ai Nikkor ED 180mm F2.8S、180mm、絞り優先AE(F2.8開放、1/200秒オート)、ISO-AUTO(ISO 320)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、マニュアルフォーカス、手ぶれ補正ON、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、組み込み式フード、Nikon FTZマウントアダプター、PK-13リング

デジカメWatchにミニレポート ロモグラフィー「DigitaLIZA+」(2022年4月12日)という記事が挙がっている。

このたび発売となったロモグラフィーの「DigitaLIZA+」は、機能はシンプル、カメラバッグの隅に入れても持ち運べるくらい、コンパクトなフィルムスキャナーです。スキャン自体にはスマートフォンのカメラ、もしくはデジタルカメラを使用します。

パッケージングには「DigitaLIZA MAX」と「DigitaLIZA+」の2種類があり、「DigitaLIZA MAX」の方にはスマートフォンスタンドが付属し、三脚なしでも、フィルム面と水平にスマートフォンのカメラを固定できます。スマートフォンのカメラでスキャンを考えている人には「DigitaLIZA MAX」がおすすめです。

「DigitaLIZA+」は大きく分けて、バックライト部分と、水準器付きのフィルムホルダーの、2つの部品から構成されています。あと、135フィルムの24×36mmエリアのみをスキャンするための標準フィルムマスクと、127フィルムマスクも同梱されています。

バックライトも付いているのがよいですな。フィルム写真愛好家ならライトボックスぐらい持ってそうなものだが、ライトボックス出してきてこのDigitaLIZA+置いて、スマホやカメラをセットして…と結構面倒くさい。光源の色温度とか演色性能とか気になるが、まあそんな細かいことは…という場合にバックライト付きのこの製品は最適だと思う。

この手のフィルムを何かしらのデジタル撮影機器でデジタルデータ化するときに問題になるのは、ネガカラーフィルムの反転である。ソフトウェアでやることになるのだが、この手のデュープ機材にはソフトウェアは付属していないことがほとんどだ。

記事では、

DigitaLIZA+はあくまで簡易スキャナーのため、ネガのスキャン後には、自分で色を反転しなければなりません。本格的にやろうとすれば画像編集ソフトを扱う必要がありますが、お手軽な方法としては、iOS/Android用の「NEGAVIEW PRO」アプリで好みの色調に反転し、カメラロールに保存してから、iOSであれば「写真」アプリで台形補正やトリミングを行うのが簡単そうです。

とあって、スマホだと「NEGAVIEW PRO」アプリを勧めている。自分の使っているHUAWEI P20 liteはカメラの性能が気に入っているものの、SIMフリー版はROMが32GBしかないので、もうあんまりアプリケーションをインストールできないのだ。次に買い換えるときは128GBぐらいのにはしたい。

話をネガカラーフィルムの反転に戻すと、SilkypixがSILKYPIX Developer Studio Pro10やSILKYPIX Developer Studio 11(プロ・スタンダード版ともに)が「ネガカラー反転ツール」機能を持っているようだ。
https://silkypix.isl.co.jp/product/dsp11/
SILKYPIX Developer Studio Pro11は定価22,000円(税込)、SILKYPIX Developer Studio 11が定価13,200円(税込)(いずれもダウンロード版)なので、買ってもいいかなとも思う。

フリーのGIMPにも反転機能はあるのだが、フィルムベースを読み込んでそれを加味して反転する機能まではない。同じくフリーだとRawTherapeeがネガベース読み取り機能があるようなので、RawTherapeeは試しに使ってみたい。

ほかにはスキャナドライバのVuescanのお蔭でWindows10でNikon Super COOLSCAN 5000EDが動いているので、Vuescanにお布施して、VuescanをRAW現像ソフトとして使ってネガカラー反転をするのもよさそうだ。

こういうときに、Kadokとかニコンは、フィルムスキャンのソフトウェア技術の蓄積があったのだから、ネガカラー反転ソフトウェアの決定版みたいなのを出してもいいと思うんだよね。Kodakは企業相手で消費者向けにそういうのは扱ってなかったかもしれないし、ニコンはソフトウェアがあまり得意な感じはしないので、ちょっと期待薄かもしれないが、あえてこの2企業がやらなくてどうするといいたい。COOLSCAN用に大量のネガフィルムをスキャンして試したという記事が以前ニコンのサイトに載っていたので、いまこそその遺産を再び活かすときではないか。

ということで、「DigitaLIZA+」が価格も7,980円、「DigitaLIZA MAX」が9,980円で、構造からするとちょっと値段が高い気もするがそこはいつものロモグラフィーなので…。発想とそれを実現するところにお金を出すということで応援したい。

【関連追記】ロモグラフィー、35mm/120フィルム対応のスマホ用スキャンツール「DigitaLIZA Max」。9,980円(デジカメWatch 2022年3月10日)


写真は記事とは関係ない。ハニワニワのカラスノエンドウ:Nikon Z6、Ai Nikkor ED 180mm F2.8S、180mm、絞り優先AE(F2.8開放、1/200秒オート)、ISO-AUTO(ISO 320)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、マニュアルフォーカス、手ぶれ補正ON、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、組み込み式フード、Nikon FTZマウントアダプター、PK-13リング

PK-13リングを使うとAi Nikkor ED 180mm F2.8Sでも30cmぐらいまで寄れるが、ピントリングでピント合わせは難しいので、最大に繰り出して身体を前後させてピントが合ったと思ったときにシャッターを切る感じ。

5群5枚のレンズ構成でヌケがよく、非常にすっきりとした写りが魅力のAi Nikkor ED 180mm F2.8Sだ。
ニッコール千夜一夜物語 第十夜 AI Nikkor ED 180mm F2.8S

ああはやくハニワニワの草抜きをしなければ(泣)。

富士フイルム、写真フィルムを20〜60%値上げ。4月1日から(デジカメWatch)2022年04月03日 00時00分00秒

桜(神奈川県足柄上合同庁舎:神奈川県足柄上郡開成町):Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、70mm、プログラムAE(F6.3、1/640秒)、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、AF-S、手ぶれ補正ON(ノーマル)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

少し遅れてしまったが、富士フイルム、写真フィルムを20〜60%値上げ。4月1日から(デジカメWatch)とのことだ。めがねのパイロット様情報ありがとうございます。
富士フイルム写真関連製品 一部価格改定のお知らせ(富士フイルム イメージングシステムズ)

2022年3月25日

富士フイルム写真関連製品 一部価格改定のお知らせ

日ごろより富士フイルム製品をご愛用賜り、誠にありがとうございます。

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:松本 考司)は、写真関連製品につきまして、昨今の原材料の高騰、輸送コストなどが上昇していることに加え、需要の減少に対する生産効率の向上や経費節減などで、懸命なコスト吸収に努めて参りましたが、企業努力のみで吸収することが困難なため、下記内容で価格改定を実施いたします。

誠に勝手ではございますが、事情をご賢察の上、何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

今後とも、富士フイルム製品に変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いし申し上げます。

価格改定日と改定内容(値上げ率)
・2022年4月1日:写真フィルム……20~60%
・2022年5月1日:カラー写真印画紙……10~20%
・2022年5月1日:カラー写真用処理薬品……約10%
・2022年6月1日:プロラボ製品、プリント製品・サービス……8~94%
*1 弊社出荷価格に対する改定率(値上げ率)です。

富士フイルム→製品情報→フィルム/写ルンです→フィルム

ここまでフィルムが高くなるともう言うことはないなぁ。ただ、節目節目には少しでもフィルムでも記録していきたいとは思う。昔の使い方みたいに正月からクリスマスまで1本のフィルムに記録することになるかもしれないが。


写真は記事とは関係ない。桜(神奈川県足柄上合同庁舎:神奈川県足柄上郡開成町):Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、70mm、プログラムAE(F6.3、1/640秒電子シャッター)、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、AF-S、手ぶれ補正ON(ノーマル)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

富士フイルムの南足柄の工場などから近い場所の桜。

KODAK PROFESSIONAL GOLD 200フィルム 120が25年ぶりに復活2022年03月26日 00時00分00秒

Kodak Professional Gold 200 120

タロウカジャ 様から戴いた情報で、KODAK PROFESSIONAL GOLD 200フィルムの120タイプが25年ぶりに復活したということだ。タロウカジャ 様情報ありがとうございます。
https://imaging.kodakalaris.com/photographers/film/color
Kodak Moments Announces New 120 Format Gold 200 Film
KODAK GOLD 200 Film TECHNICAL DATA
Kodak Professional Gold 120 FAQs

日本の販売会社の情報を探してみたのだが見つからなかった。
コダックアラリス プレスリリース

Kodak Professional Gold 200 120は、ヨドバシカメラなどの日本の販社を通した販売はまだなされていないようだが、アメリカなどから輸入した販売ルートでもう日本国内で手に入るようだ。Kodak Alaris Japanしっかりしてくれ。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 S 作例その2(Z6のゴミ取りとAF)2022年03月03日 00時00分00秒

【作例】大桟橋から瑞穂埠頭・大黒埠頭方面を望む:Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、24mm、プログラムAE(F9、1/320秒)、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、手ぶれ補正ON、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

Nikon Z6でのNIKKOR Z 24-70mm f/4 S 作例その2だ。

【作例】大桟橋から瑞穂埠頭・大黒埠頭方面を望む:Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、24mm、プログラムAE(F9、1/320秒)、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、手ぶれ補正ON、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

空の部分にゴミが写ってますな(泣)。一旦電源オフして撮った次のコマでは上部の大きなゴミだけが写っていて、さらに電源オフ後の次の次のコマでは写っていないので、一応ゴミ取り機能「イメージセンサークリーニング」は働いているようだ。「イメージセンサークリーニング」は電源オンオフ時にするように設定している。

あと、Z6入手時からAFはずっとピンポイント AFにしていたのだが、そうすると被写体がフォーカスポイントからはずれるとピンボケになるので構図が制約されてしまう。かといって構図に合わせて背面の十字セレクターで追いかけるのは無理。これはスナップ向きではない。

ワイドエリア AF(S)にしているが、これも枠の中に手前に被写体があるとそれに引っ張られやすい。

ダイナミック AFが良さそうだなと思ったがメニューに出ない。何でかなと思ったら、ダイナミック AFは「静止画モードで、フォーカスモードが「コンティニュアス AF」の場合のみ選べます。」とのことだ。
Z 7/Z 6/Z 5 のフォーカスモード /AF エリアモードについて教えてください

ということは、AF-Cにして親指AFでダイナミック AFというニコンD300やD300Sでスポーツ撮影していたときと同じ撮り方をしないといけないのか。ニコンZ6ではAF-SとAF-Cの切り替えにこれまでのDSLRのような独立ボタンがないので非常に使いにくい。F-501以来、マウント基部にAF-SとAF-Cの切り替えスイッチがあったのだ。なんでメニューとかから変えなきゃならんのよ。目茶苦茶使いにくいやん。

あと、マニュアルフォーカス時にピントを確認するために、マウント右手側基部にあるFn1 ボタンに「拡大画面との切り換え」を割り当てて便利だと思っていたら、家人が撮るときに「めっちゃ望遠なんだけど…」というので見たら、握ったときにFn1 ボタンに当たって拡大になってた。こういうところもなんかうまくいかないね。

あと、オートフォーカスはなんか反応がイマイチと思っていたら、反応も設定で変えられるというか、D300でも変えられたんだけど、Z6のデフォルトだとD300やD300Sよりもデフォルトの反応が遅い。AFロックオンの「横切りへの反応」を一番「俊敏」にした。「被写体の動き」は一番「ランダム」に。Z6では当面スポーツ撮影する予定はないので、しばらくこれで使ってみる。Nikon 1 V1ではこういう設定で悩むこともなかったのになぁ。デフォルト設定だとF-501を思い出すようなAFでちょっとびっくりした。いやF-501の方が合わせ終わるのは遅かったけど、合わせ始めは早かった。うーん、Z6はマニュアルフォーカスで使った方がサクサク撮れるカメラだなぁ。まあ当初の目的は、35mmフルサイズでMFレンズを快適に使うのが目的だからいいんだけど。

フジカラー 100 24枚撮、フジカラー SUPERIA PREMIUM 400 27枚撮 販売終了2021年11月18日 12時25分00秒

フジカラー 100 24枚撮、フジカラー SUPERIA PREMIUM 400 27枚撮 販売終了のご案内 同36枚撮の製品に一本化とのことだ。

日ごろより富士フイルム製品をご愛用賜り、誠にありがとうございます。

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:松本 考司)は、長年ご愛用いただきました撮影用カラーネガフィルム「フジカラー 100 24枚撮」、「フジカラー SUPERIA PREMIUM 400 27枚撮」につきまして、生産効率の向上や経費節減など懸命なコスト吸収につとめて生産してまいりましたが、カラーネガフィルムの継続的な安定供給の為、今回販売を終了することになりました。今後、「フジカラー 100」、「フジカラー SUPERIA PREMIUM 400」は36枚撮の製品に一本化し、販売を継続いたします。

誠に勝手ではございますが、事情をご賢察の上、ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

今後とも、富士フイルム製品に変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。
(以下略)

【追記訂正】
初出時かつて12、24、36枚撮りが基準であったと書いていたが、135フィルムの昔は、12枚、20枚、36枚撮りが基本だった。謹んで訂正いたします。その20枚撮りを小西六(コニカ、現コニカミノルタ)が萩本欽一氏をCMに起用して24枚撮りを「どっちが得かよーく考えてみよう」とCMを打ってから他社にも波及した枚数だ。私はその頃にコニカのネガフィルムを愛用し始めた。赤や人肌がよく出る印象があった。そのきっかけとなった24枚撮りがなくなっていくのは寂しいが、36枚撮りでそのフィルムが存続するのならば仕方のないことだろう。27枚撮りは写ルンですなどのレンズ付フィルムが発売されたときに、プレワインド方式(撮影していくに従ってパトローネに巻き戻されていく方式)で、最初からフィルムが装填されているので装填する際に露光する部分がないために3枚余分に撮れることから始まった規格だと記憶する。

ちなみに私は12枚撮りはテスト撮影などで使った。センシア100III 12枚撮りなど、早く撮りきって結果が見たいときなどに使っていた(レンズ購入直後とか修理直後など)。

映画『MINAMATA』鑑賞&写真集『MINAMATA』購入2021年10月09日 00時00分00秒

左:写真集『MINAMATA』(新版)、右:映画『MINAMATA』劇場プログラム(パンフレット)

上野動物園のパンダの赤ちゃんの名前が「リンリン」「ランラン」になったそうで(違)おめでとうございます。

今話題の、ジョニー・デップ主演の映画『MINAMATA』を鑑賞してきた。映画は史実に基づいているとはいえ、若干事実関係が違ったり、複数の人物を一人に演じさせたりしているが、エンターテインメントである以上この辺りは許容範囲だと思う。

映画を見ていて、出てくる家屋がちょと垢抜けた西洋風だったりするのは何でだろうと思っていたら、水俣病を象徴する「あの写真」を撮った写真家の物語『MINAMATA─ミナマタ─』(ニューズウィーク日本版)20100930によると、「水俣での撮影はごく一部で、主なロケ地はセルビアとモンテネグロ。日本の海岸の風景とはどこか異なると感じるものの、大きな違和感はない」とのことだ。

どうりでエンドロールで出てくる名前のSの上にチェックが付いた文字が多いなと思った。ガイ式ラテン・アルファベットのŠ(エシュ)というШに相当する文字表示だ。ほかにもCの上にチェックの付いたČ(チェ)というЧに相当する文字も目立った。なるほど、セルビアやモンテネグロのスタッフの名前なんだな。

【追記】映画の冒頭で、アイリーンが富士フイルムのCM撮影の通訳としてユージン・スミスのアトリエ兼自宅を訪れたシーンは面白かった。富士フイルムのCMでユージン・スミスに”今まで使ったどのフィルムよりも色鮮やか”という内容を言わせようとして、ユージンが”俺がそれを言うのか?おれはカラーで撮ったことなんかないんだぜ。みんなもそれを知っているはずだ”といったことを言うのだが、”それも契約内容に入っているので言ってもらいます”とアイリーンに通訳されるシーンだ。私が映画館で見たときはこのシーンで誰も笑っていなかったが、写真趣味の人が多ければ笑い声が上がったはずだ。(台詞はうろ覚えなので悪しからず)【追記ここまで】

圧巻は、例の入浴のシーン『入浴する智子と母』だろう。これはすごい。是非映画でそのシーンを見て欲しい。

写真集の『MINAMATA』も買った。これは英語版が1975年、日本語版が1980年に発行されて、その後いずれも絶版となっていた。『入浴する智子と母』は、「1998年以来、遺族の意向で公開が控えられてきた」らしい(公害の悲惨さと人間の美しさと 写真家ユージン・スミスの妻、アイリーンさんが水俣で共に感じた鼓動(BuzzFeed News 2021年8月17日))。

智子さんの写真を大切にしたい 再版の写真集で復活

――その智子さんの写真が、智子さん亡き後、ご両親の願いで1998年に公開を封印されたのは残念なことです。著作権を持つアイリーンさんも苦渋の決断だったと思いますが。この写真の決定権を両親に渡したのですよね?

渡してはいないのです。公開を止めることができるという著作権の権利を使っているという認識です。

封印というよりも、あの写真を大切にしていくことが大事だと思っています。

1998年の結論は、「もう休ませてあげる」という結論でした。そこまでの数年間は、いつもあの写真だけ使用を依頼されて、「あれを出したら自分たちは仕事を終えた。自分たちは公害の戦いをちゃんとやりました」とこの写真が扱われているように感じることがあり、気になっていました。

智子ちゃんに仕事をさせ、利用している感じです。自分が行動する代わりに、あの写真が利用されている。

――それはアイリーンさんにとっては不本意だった。

そうですね。だからあの写真を大切にしたいという思いでした。だけどあの写真を閉じ込めてしまうつもりはなかった。これまでの20年間も「あの写真を大切にする」という気持ちは生き続けていました。

――被写体の思いを汲み取ることはとても大事だと思いますが、あの写真で伝わるものが大きいのも事実です。今回の映画でもオリジナルプリントが使われていますが、今後、公開するようなことはあり得ますか?

葛藤するテーマですよね。ユージンも「被写体に対する責任」と「見る側に対する責任」「伝えていく責任」について語っていました。私は場面、場面で誠実に考えていくのが一番大切だと思っています。

完成した映画を見て、この写真を大切にするなら今何をするべきかと考えた時、「本物の写真を見せることだ」という結論が出ました。

だから再版する写真集では、親御さんにもお願いして1975年に出したものと同じ内容を出します。智子さんの写真も全て入ります。

今回の写真集『MINAMATA』は、印刷もかなり凝っているようだ。札幌発 伝説の写真集再生 ユージン・スミス 「MINAMATA」新版 元妻自ら確認「感じたもの」再現に力(北海道新聞電子版2021年10月7日)によると、以下のようだ。

■質感、地道に修正

道のりは難航した。旧版で使用したオリジナルプリントはカビや変色があり、一部は現存していなかった。アイワードはオリジナルの他に旧版でボツにしたセカンドプリントや過去にオリジナルをスキャンしたデータも使ったが、セカンドはオリジナルより見劣りし、スキャンデータはさらに質が落ちるものもある。状態が異なる素材を一つ一つ画像編集ソフトで修正する地道な作業が続いた。

「自分が感じたもの」の再現を目指したユージンは現像にも力を入れた。中心に光を集めて周辺を暗く焼き込むなど明暗の対比を強めて劇的に演出する写真が多い。同社は最大5台のカメラを搭載し、複数のカメラで撮影した画像を合成する独自の「デジタイズ・システム」で、旧版では出せなかったオリジナルの階調や質感を再現した。

用紙も難問だった。旧版は漂白技術が途上で黄色がかっており、白い用紙に印刷すると写真の印象が大きく異なる。同社は黄色のインクを独自に調整。極小の点を用紙に印刷した上から写真を印刷した。完成まで約4カ月と通常の倍以上を費やしたが、浦有輝執行役員は「水俣病のように忘れてはいけないことを後世に伝えるには、デジタル配信ではなく書籍という形で残す責任がわれわれにもある」と強調した。

モノクロ写真のコントラストも写真集の方ではカッチリくっきりでべったりとインクが載った感じ。上記で引用した記事にも同じ写真が載っているが、モニターで見たものと写真集の写真とは全然印象が違う。これは写真集のこのプリントを是非に見て欲しい。

ということで、映画『MINAMATA』と写真集『MINAMATA』(新版)はお勧めだ。


左:写真集『MINAMATA』(新版)、右:映画『MINAMATA』劇場プログラム(パンフレット)


【追記】

THE BIG ISSUE JAPAN415号 2021-09-15 発売

映画『MINAMATA』でアイリーン・スミス役を演じた美波さんが、THE BIG ISSUE JAPAN 415号(2021-09-15 発売)のスペシャルインタビューに掲載されている。
【追記ここまで】


戴いたコメントのお返事はお待ちください。m(_ _)m

ニッコール千夜一夜物語Ⅰ(ホビージャパン刊)購入2021年10月02日 00時00分00秒

(左)「ニッコール千夜一夜物語 I 」(ホビージャパン刊、2021年)、(右上)ヨドバシカメラのチラシ、(右下))「ニッコール千夜一夜物語」(朝日ソノラマ刊、2005年)

2021年9月29日新発売の「ニッコール千夜一夜物語 I 」(ホビージャパン刊)をヨドバシドットコムで予約して買った。発売日には届いていた。

内容はニコンのサイトで公開されているニッコール千夜一夜物語の第一夜NIKKOR-O 2.1cm F4から第四十夜Nikkor-S Auto 5.8cm F1.4までを収録したもので、大下孝一氏と佐藤治夫氏の対談なども新規に掲載されている。

ニッコール千夜一夜物語は以前朝日ソノラマからクラシックカメラ選書35として2005年9月30日に発行されていたが朝日ソノラマが朝日新聞出版に改組された際に絶版になっていたし、第二十八夜Ai AF Nikkor 28mm F1.4Dまでしか掲載されていなかった。

今回は「Ⅰ」ということなので、「Ⅱ」以降に第四十一夜Ai AF Nikkor 85mm F1.4D (IF)から、最新の第七十九夜W-NIKKOR・C 2.8cmF3.5までの掲載が期待できる。楽しみ。

なお、ホビージャパンからニッコール千夜一夜物語を出版するにあたっては、写真家の赤城耕一氏の働きかけが大きかった模様だ。

朝日ソノラマ版との違いは掲載範囲だけではない。朝日ソノラマ版は作例がモノクロだったのだ。今回のホビージャパン版は作例がカラーで、しかも判型がA5からA4のムックサイズに大きくなっているから、作例もより迫力あるものとなっている。

【関連追記】
編集部が解散したからトランクルームを借りた 猪狩友則氏 2020年8月18日(Impress Watch)
安珠写真展 『Just Daydreaming』(坂本直樹氏、2020-11-09)
【関連追記ここまで】

注目すべきは、佐藤治夫さんの作例の被写体である娘さんが赤ちゃんからどんどん成長されて、最新の第七十九夜W-NIKKOR・C 2.8cmF3.5では、大人になっていることである。俺ら歳取るはずだよなぁ。ニコ兄と思っていたらいつの間にかニコ爺の末席に(泣)。ずっと被写体になることを承諾し続けてくれた娘さんにも読者として感謝ですな。

ということで、「ニッコール千夜一夜物語 I 」(ホビージャパン刊)はお勧めだ。いつまでもWEBで見られるとは限らないから、こういう紙の出版はありがたいのだ。

写真は(左)「ニッコール千夜一夜物語 I 」(ホビージャパン刊、2021年)、(右上)ヨドバシカメラのチラシ、(右下))「ニッコール千夜一夜物語」(朝日ソノラマ刊、2005年)

ヨドバシドットコムで「ニッコール千夜一夜物語 I 」を買ったら、SONYのデジタルカメラの広告チラシが一緒に入っていた。これはニコンFマウントやSマウントのレンズをソニーαで撮れということかと思って、急にSONYαがほしくなってしまった(笑)。ミラーレスでフランジバックが短くてマウント口径が大きいとなんでもありだよね。ただ、対称型の広角レンズはニコンZの方が相性がいいらしいが。

Nikon HN-13フード到着2021年08月14日 00時00分00秒

Ai Nikkor ED 180mm F2.8S + KenkoのステップアップリングN 72-82 + Marumiのステップアップリング 82-86mm

集中豪雨、また新型コロナ感染拡大が過去最高を毎日更新する状況ですが、皆様大丈夫でしょうか。

さて、Ai Nikkor ED 180mm F2.8S用に買った、新品のHN-13フードが昨日アメリカから到着した。箱はちょっと古そう(長期在庫っぽい感じ)だったが、中身はちゃんとビニル袋に包まれたままの新品在庫であった。

Ai Nikkor ED 180mm F2.8S用に装着してみたが、深いフードで遮光効果も高そうでよい。

DHLのトラッキングは以下のとおり。

Jul 30, 2021
10:46AM EDT
UNITED STATES(FLORENCE, NJ)
ELECTRONIC NOTIFICATION RECEIVED: YOUR ORDER HAS BEEN PROCESSED AND TRACKING WILL BE UPDATED SOON

10:49AM EDT
UNITED STATES(FLORENCE, NJ)
EN ROUTE TO DHL ECOMMERCE DISTRIBUTION CENTER

Aug 2, 2021
5:21PM ET
Avenel, NJ, US
PACKAGE RECEIVED AT DHL ECOMMERCE DISTRIBUTION CENTER

Aug 3, 2021
9:18AM ET
Avenel, NJ, US
PROCESSED

Aug 5, 2021
8:47AM ET
Avenel, NJ, US
MANIFESTED FOR OUTBOUND TRANSPORTATION

8:47AM ET
Avenel, NJ, US
PROCESSING COMPLETED AT ORIGIN

4:47PM LT
NEW YORK, US
PROCESSED AT EXPORT FACILITY

Aug 7, 2021
12:55PM LT
NEW YORK, US
DEPARTED FROM EXPORT FACILITY

Aug 10, 2021
8:01PM LT
NARITA
ARRIVAL AT DESTINATION COUNTRY

Aug 11, 2021
6:06PM LT
NARITA CLEARED CUSTOMS

Aug 12, 2021
6:12PM LT
NARITA
OUT FOR DELIVERY

Aug 13, 2021
12:25PM LT
DELIVERED

なお、国内の配送は佐川急便であった。関税等の徴収はなし。DHLのトラッキングページに途中からSagawa Global Trackingへのリンクが出てくるようになるので、そこをクリックすると以下のような空港関係の詳しい追跡状況が出る(追跡番号はDHLとは別の番号)。

DATE TIME STATUS COUNTRY
20210805 1647 Preparing for dispatch NEW YORK,U.S.A
20210807 1255 On Board Aircraft NEW YORK,U.S.A
20210810 2001 Arrived At Destination NARITA, JAPAN
20210811 1806 CLEARANCE RELEASE NARITA, JAPAN
20210812 1812 Out For Delivery NARITA, JAPAN
20210813 1225 Delivered [STAMP] NARITA, JAPAN

さらに最下部に国内の佐川急便の追跡番号へのリンクがある(DHLの追跡番号ともSagawa Global Trackingの番号とも違う別の国内佐川急便の追跡番号)。そうすると国内の普通の「荷物お問い合せ詳細情報」などが見られるので、メールでの通知等ふだんの佐川急便のようなサービスが受けられる。

【関連】
Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sを戴いた ― 2021年04月20日
Ai Nikkor ED 180mm F2.8SのMF旧製品メンテナンスサービス見積りが来た ― 2021年04月23日
Ai Nikkor ED 180mm F2.8SのMF旧製品メンテナンスサービス完了通知が来た ― 2021年07月19日
Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sは光学系がきれいになって戻ってきた ― 2021年07月21日
Nikon HN-13フードを米B&Hで購入 ― 2021年07月30日
B&Hの新品ニコンHN-13はまだニュージャージーに ― 2021年08月06日

【追記:2021年9月6日】記事タイトルが「NH-13」になってるのに気づいた。他の記事中のリンクも直すのか・・・orz

オーバーヘッドスキャナ富士通PFU ScanSnap SV600購入2021年08月10日 00時00分00秒

富士通PFUオーバーヘッドスキャナScanSnap SV600/FI-SV600Aのヘッドを下から見たところ

富士通PFUのオーバーヘッドスキャナScanSnap SV600/FI-SV600Aを買ってしまった。ほとんど衝動買いというか1時間ぐらいで買うのを決断した。

iPad Air(第4世代)とApple Pencil(第2世代)を購入 ― 2021年05月13日で、家人がPDFにタブレット(iPad Air)とペンで書き込みして活用している話はした。そのうち最初からPDFになっているものだけではなく、あらゆる書類をPDFないし画像ファイルにして持ち歩いて書き込むところまでエスカレートしてきた。荷物も減るし、いつでもどこでも作業ができるので捗るらしい。

その、書類をPDFにすることなのだが、うちのフラットベッドスキャナEPSON GT-X770でスキャンしてPhotoshop Elements 6.0とかGIMPで画像処理して、Windowsの「印刷」にあるMicrosoft Print to PDFでPDF化していた。クオリティ的にはこれで非常に満足のいくものとなる(OCRで文字埋め込みとかはしない)。

しかし、フラットベッドスキャナは非常にクオリティの高いスキャンができるものの(フィルムスキャン機能が付いているぐらいだから非常に緻密に正確にスキャンしている)、いちいちページをめくってフタなどで押さえてスキャンボタンを押すというのが面倒だ。画像も分厚い閉じた書類や本だと傾くことがあり、それを画像処理で直すのも面倒だった。かといって傾いたPDFとかなんかストレスが溜まる。

他の家族も手が空いたらスキャンを手伝うみたいな体制になり、丁度仕事が忙しかった私は「あ"ー」と切れて、富士通PFUのオーバーヘッドスキャナScanSnap SV600/FI-SV600Aを思い出して検索して、ポチッとしてしまった。反省はしていない。

富士通PFUのオーバーヘッドスキャナScanSnap SV600/FI-SV600Aって2013年の発売で今でも現行機種で、ソフトウェアだけがアップデートしている状態のようだ。SV600とSV600Aは附属ソフトウェアの違いのようで、いまはすべてSV600Aになっているはずだ。

このScanSnap SV600/FI-SV600Aは、随分前から気になっていたもので、何度か買おうかと迷っていたのだが、値段が高いのと、レビューで「像が曲がる」という貶しコメントが多くてずっと躊躇していた。

しかし、これは今回買ってよかった。昨晩届いて3時間ぐらいスキャンしただけだが、3冊ぐらいスキャンが終わってしまった。見開きの本が曲面になっていても、自動で補正してちゃんと真っ直ぐになっている。字も嘘のようにちゃんとした字になっている。ただ、見出しの四角の囲みなどはちょっとうねうねすることがある。ちゃんとしたスキャン画像がほしければ、透明の押さえ板を買うか、書類をバラして平らにしてスキャンないしマクロ撮影するしかない。

このScanSnap SV600/FI-SV600Aは、本をばらさないで内容がきちんと読める状態に手軽にできる点に意義がある。しかもばらさないでも透明の板で押さえてスキャンすればほとんど歪みの無い状態にスキャンできる。歪むとか文句を言っている人は、スキャンの工夫をしていないのに完璧な結果を求めている人だ。そういう人は、マイクロニッコールと複写台で死ぬまでスキャンし続ければよい(暴論)。

富士通PFUのオーバーヘッドスキャナScanSnap SV600/FI-SV600Aは、ともかくもA3までの書類をがんがんスキャンできる優れものなのだ。これはたとえば出張の前の晩などに持って行く書類をさっとスキャンして荷物を減らしたりできる。タブレットを配られる学校が増えているようだが、小学生なんか重たい教科書を昔よりも大型化したランドセルに詰めて行かないで、このScanSnap SV600/FI-SV600Aで教科書をスキャンしてタブレットに入れていけばいいんじゃないか。そのうち教科書もPDFで配られたりするようになるだろうけど、それまではこのScanSnap SV600/FI-SV600Aでガンガンスキャンすればいい。問題は学校側がそれを許してくれるかだが。

いままでフラットベッドスキャナでA4までしかスキャンできなかったから、A3の表なんかは、A4でスキャンして画像処理でつないでいたりした。A3なんかの紙配るなよと思っていた。ScanSnap SV600/FI-SV600Aだと、A3の紙を広げて、スキャンボタンを押すだけでPDFになるから、すごく楽。買ってよかった。

オプションのScanSnap SV600専用 ブックプレッサーはまだ買っていないのだが、すぐに買おうと思う。なぜなら、スキャン結果の歪みを少なくしようと思うと、スキャン時にできるだけ原稿を平らにした方がよいからだ。自動認識の原稿の端っこ認識も、自動歪み補正も優秀だが、文句ないスキャン結果を得るには、押さえ板は必須だ。指で押さえてあとから指だけ消せるが、それも面倒くさい。試しに家にあったガラスで押さえてみたら、スキャン結果がものすごくよくなった。しかし、でかいガラス板なので扱いに気を使うし、なによりも反射がちょっとあって気になる。ここは高価な反射処理をしているというScanSnap SV600専用 ブックプレッサーを買うべきだと思った。1万6千5百円もするんだけどね。

このScanSnap SV600/FI-SV600Aよりも安いオーバーヘッドスキャナはいくつかあるのだが、そこそこ値段のするこのScanSnap SV600/FI-SV600Aにしたのは、ITmediaのスタパ齋藤氏によるインタビュー記事(PFU SV600開発秘話・ここだけの話・そしてこれから(ITmedia))で、以下のように書かれていたからだ。

宮内 そうですね、ここですね。ここにレンズが付いていて、その奥のところにCCDが付いていて。デジカメのように面で読み込むのではなく、フラットベッドタイプのコピー機の読取りヘッドが移動しながらスキャンするように、ラインで読み取っています。ただ、この場合、スキャンし始め(操作者の奥側)と終わり(手前側)とでは距離が違います。それでもピントが合って鮮明な画像が出るような技術を投入しています。単焦点なんだけども、焦点の合う距離が深い――被写界深度っていいますけど、それが深い。この短い距離ではこれだけ被写界深度を深くして、上下左右、余す所なく鮮明にする、というのは難しかったですね。あとは、ソフトウェアですかね。

スタパ その、レンズ部分は、非球面レンズみたいな。その辺りは秘密の技術なんでしょうか?

宮内 企業秘密というか、見ても分からないと思いますので。レンズだけ、というわけではないですから。

松本 まあ、カメラでも短い距離で深い被写界深度というのはできなくはないですが、奥から手前までこれだけ綺麗な画質が得られる、というのは難しいですよね。それから光の強さ、ヘッドの動くスピードなどを微妙に調整しているんですよ。

スタパ スピードもですか!

宮内 はい、距離が変わってきますからね。距離が離れればその分ヘッドの動くスピードも遅くしないと、画像が乱れてしまいます。

この記事とスキャナの読み取り部分の写真を見て「これはここに金が掛かっている」と判断して、5万5千円以上するこのオーバーヘッドスキャナは買う価値がありそうだと判断した。この記事で買うのを決断したと言ってもいい。実際に購入後にスキャンしてみると、細長い光線が書類の上を走査していく。ヘッドの中にある大きな変わった曲面(非球面レンズ?)のレンズ(左右2枚ある)が動いている。ここのギミックとソフトウェア処理がこの製品のキモですな。このレンズは片側だけで5cm×3cmぐらいあるし厚みのありそうなものである。もうレンズマニアならこれだけで「買い」でしょう(違)。
原稿全体を均一に読み取る「VIテクノロジー※」(富士通)

手軽に大量の書類を非破壊でスキャンしたいという人には、この富士通PFUのオーバーヘッドスキャナScanSnap SV600/FI-SV600Aはおすすめ。なお、ヨドバシドットコムでは、67,980円(税込)もするので、安く売っているところの中で信頼の置けそうなNTT-Xで55,100円(税込)で買った。ヨドバシドットコムをみると、附属ソフトウェアが古い時代のSV600が47,150円(税込)で売っていた時代があったみたいなので、そのときに買っておけばよかったな。

あと、オプションの一体型原稿台FI-V60BDは、必要性を感じなかった。附属の背景マットFI-V60BPで十分だと思った。日常的にずっとスキャンする人は一体型原稿台FI-V60BDがあった方がいいかもしれないが、スキャン後片付けたりする人は、附属の背景マットFI-V60BPは丸めてしまえるので、場所を取らず便利だと思う。

私にとっては安い買い物ではなかったが、これは楽にスキャンできてよい。フラットベッドスキャナと使い分けたい。

【追記】
ちょっとした配慮なのだが、附属のUSBケーブルが195cmもあって便利。自分がスキャンする場合、デスクトップPCから、別のテーブル上にセットしたScanSnap SV600/FI-SV600Aでスキャンするのだが、USB延長ケーブルとか長いUSBケーブルを買いに行かなくて済んだ。実際に使う状況をよく分かって附属品も検討しているのが分かる。

B&Hの新品ニコンHN-13はまだニュージャージーに2021年08月06日 00時00分00秒

DHL eCommerce Tracking(B&HでNikon HN-13を買ったの巻)

8月に入ってから更新できていなかった。すまんです。まだちょっと時間がないので、HN-13ネタで引っ張ります。

日本時間の7月30日にアメリカのB&Hの通販で買った、ニコンのHN-13フードだが、まだニュージャージー州にあるらしい。

Aug 5, 2021 8:47AM ET Avenel, NJ, US PROCESSING COMPLETED AT ORIGIN

8:47AM ET Avenel, NJ, US MANIFESTED FOR OUTBOUND TRANSPORTATION

Aug 3, 2021 9:18AM ET Avenel, NJ, US PROCESSED

Aug 2, 2021 5:21PM ET Avenel, NJ, US PACKAGE RECEIVED AT DHL ECOMMERCE DISTRIBUTION CENTER

Jul 30, 2021 10:49AM EDT UNITED STATES EN ROUTE TO DHL ECOMMERCE DISTRIBUTION CENTER

10:46AM EDT UNITED STATES ELECTRONIC NOTIFICATION RECEIVED: YOUR ORDER HAS BEEN PROCESSED AND TRACKING WILL BE UPDATED SOON

ちなみに、Jul 30, 2021のところは、いまはUNITED STATESとあるが、当初FLORENCE, NJとあった。

B&Hはアメリカのニューヨーク州ニューヨーク市にあるカメラ店だが(https://goo.gl/maps/HW3CAMnh58VZCu8s6)、倉庫はニュージャージー州フローレンスにあるらしい。ちなみにGoogleストリートビューではNYCの店内の写真もあるようだ。https://goo.gl/maps/BPhfM29MK7GWYPnQ9

ニューヨークに行って、日本では廃番のニコン製品を買い占めたいなぁ。

【関連】
Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sを戴いた ― 2021年04月20日
Ai Nikkor ED 180mm F2.8SのMF旧製品メンテナンスサービス見積りが来た ― 2021年04月23日
Ai Nikkor ED 180mm F2.8SのMF旧製品メンテナンスサービス完了通知が来た ― 2021年07月19日
Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sは光学系がきれいになって戻ってきた ― 2021年07月21日
Nikon HN-13フードを米B&Hで購入 ― 2021年07月30日

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)