RS-500MIという極悪Wi-Fiルーター2021年09月14日 00時00分00秒

Haniwa家のアシナガバチの巣(トリミング)Nikon D300S、AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED、260mm(35mm判換算450mm相当)、F5.6、1/500秒、ISO 200、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、中央1点AF(周囲9点加味) 、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影

ADSLから光回線に変えた話はした。以前からうちのWi-Fi環境は悪く、5GHz帯でW52は同じ周波数の親機(AP)が被りまくっている。そこでより空いているチャンネルに変更すると、気づくとまた同じチャンネルに被ってくるAPがいる。それがRS-500MIという機種だった(SSIDにRS500Mが入っている)。

調べてみると、このRS-500MIは、NTTのフレッツ光用のONU兼Wi-Fiルーターのようだ。

このRS-500MIのよくないところは、送信出力が大きい※1(たぶん隣家のうちのひとつで2階に設置しているっぽい)、自動無線チャネル再設定機能が常に働いていて数分以内にチャンネルを変えてくることと※2、使用チャンネル数が多い(多いときには3つか4つぐらいチャンネルを使っている)ことだ。
【追記】※1:RS-500MIはデフォルトで100%送信出力固定、※2:RS-500MIはデフォルトで自動無線チャネル再設定機能が有効、になっている。これらがRS-500MIが極悪だと思う理由。【追記ここまで】

特に自動無線チャネル再設定機能は、頻繁にチャンネルを変えてくるので、ほかの家のWi-Fi親機(AP)もこのRS-500MIのチャンネル変更の影響を受けて常にチャンネルが変わりまくるのだ。

我が家の2階で5GHz帯を使っていると1階にあるうちの親機(AP)と、隣家のどこかのRS-500MIとチャンネルが被るので、ほかのチャンネルに変える(たとえば36chから44chに)。そうするとどこか別のAPが36chに逃げていくらしく、その逃げ先の36chにいたRS-500MIが44chに逃げてくる。ここ数年ずっとそうだった。

そこで、WAN側が光回線になったのを契機に、2階にもAPを置いて、RS-500MIにそのチャンネルを使っていることを知らしめることにした。

1階のアクセスポイントはNECのWG1800HP(ブリッジ接続)だったので、2階にもその後継機のWG1800HP4を置くことにした。

最初、2階に来ている有線LANにWG1800HP4を繋げて、1階のWG1800HPとは別のAPにしようかと思っていたのだが、中継器/子機機能があるみたいなので、それを使ってみたら、1階のAPと同じSSIDとパスワード、同じチャンネルで送信するみたいなので、中継器/子機機能にしてみた。別のAPにすると、RS-500MIに2階のAPのチャンネルを使っていることは伝わっても、RS-500MIは1階のAPのチャンネルに被せてくるだろうからだ。

結局2階にWG1800HP4を中継器/子機機能で設置して、1階のWG1800HPと同じチャンネルとSSIDで電波を出したら、RS-500MIは同じチャンネルに被せてこなくなった。

ここで積年の恨みを晴らすために(違)、空いている5GHz帯の他のチャンネルも使うことにした。モバイルルーターのMR04LNには楽天モバイルのSIMを入れてクレードルで有線LANにも繋がるようにして、しばらくADSLの代わりにならないかをテストしていた。これは1階に置いていた。うちのLANケーブルは1階の電話付近に全部集まるようになっていたからだ。

しかし、そこに光回線が来てLANは全部光回線の下に繋がるようになったので、楽天モバイルSIMの入ったMR04LNは単独でWi-Fiでのみ繋がるようになっている。これを2階に持っていくことにした。

1階のWG1800HPも2階の中継器/子機機能のWG1800HP4も2階のMR04LNもチャンネル固定に設定して、それぞれ別の5GHzのチャンネルに設定した。5GHzのW52は36、40、44,48の4チャンネルしかなく、帯域幅40MHzに設定すると事実上36(+40)と44(+48)の2チャンネルしか使えないことになる。WG1800HPとWG1800HPのグループとMR04LNでその5GHz帯W52の2チャンネルを独占させた。

そうしたら、数分のうちに5GHz帯からRS-500MIの電波が消えた。やった!追い出しに成功!

RS-500MIが頻繁にチャンネルを変えたりする仕様でなければこのようなことにはならずに5GHz帯で共存できたのに、馬鹿な仕様だ。RS-500MIは三菱電機製らしい。
【追記】近隣のRS-500MIは、現在では5GHzの電波を諦めたらしく、2.4GHzで2チャンネル出している。RS-500MIが、デフォルトで100%送信出力固定と自動無線チャネル再設定機能が有効になっていなければ、RS-500MI自身も5Ghz帯と2.4GHz帯の両方を使ってHaniwa家と共存して快適に使えたはずなのに、馬鹿な仕様なために、混雑して電子レンジなどとの混信のリスクもある2.4GHz帯に撤退しなければならなくなっている。一言でいうと、設計した奴仕様決めた奴アホやろ。【追記ここまで】

もしお近くにRS-500MIの迷惑Wi-Fiアクセスポイントがある場合にはご参考になれば幸いだ。

なお、これとは別に、有線LANケーブルが配線されていない全部の部屋にカテゴリ6Aでケーブルを自分で配線することにした。各部屋にはすでにPF管が1箇所以上(部屋によっては2箇所)配管されているので、自分でLANケーブルを買って通して端っこの処理をするだけだ。これは追って記事化したい。まだカテゴリ6Aケーブル100mや工具を注文しただけの状態だ。

スマホやタブレットなどは無線LAN(Wi-Fi)でつなぐのが実用的だが、ノートPCなどは自宅では有線LANにした方が安定して高速で繋がる。せっかくWAN側が300~650Mbpsで繋がるのに、混信して遅くなるWi-Fiを使うのはもったいない。あと、うちにある古いノートPCは有線は1000BASE-Tに対応しているが、Wi-FiはIEEE 802.11n やIEEE 802.11a までしか使えないWi-Fi 4だったりするので(IEEE 802.11ac Wi-Fi 5が使えない)、有線の方がよかったりする。ちなみにスマホやタブレットはIEEE 802.11ac Wi-Fi 5に対応していて、WG1800HPもIEEE 802.11ac Wi-Fi 5に対応しているので、200Mbps以上は出ているようだ。

【関連追記】
ADSLから光回線に移行した ― 2021年08月24日
AsahiNet 光(ファミリーコース)は下り600Mbps越え ― 2021年09月05日


写真は記事とは関係ない。
Haniwa家のアシナガバチの巣(トリミング)Nikon D300S、AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-ED、260mm(35mm判換算450mm相当)、F5.6、1/500秒、ISO 200、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、中央1点AF(周囲9点加味) 、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影

虫が苦手な人にはすまんです。今年は雨が多かったし忙しかったので、8月下旬に気づいたらアシナガバチの巣が作られていた。3~4年ぐらい前にも別の場所にアシナガバチの巣を作られて、これも気づいたのが8月下旬だったので、涼しくなるのを待って自分で駆除した。今回も10月ぐらいまで放置するつもり。

10月まで待って駆除すると、涼しいし、働き蜂は減っていて駆除しやすいのだが、それまでの間に女王蜂がたくさん巣立って、次の年にまたうちのどこかに巣を作り始める。最初にアシナガバチに巣を作られた次の年は4月頃に5箇所くらいまだ房が2~3個しかない巣が作られていて、これは早いうちに駆除できた。来年の春は要注意だ。

アシナガバチの巣は、特に攻撃してくるわけでもなく置いておいても特に問題はないのだが、スズメバチがアシナガバチの巣を攻撃することがあるらしいので、そうなったら厄介なので、駆除することにしている。

AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G IF-EDは、なんかもうひとつピリッとしないなぁ。300mm側は、Ai AF Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4-5.6Dとあまり変わらない解像感だ。これだったら AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>でトリミングした方が解像感は高いと思う。まあ70-300mmの300mm側がF5.6のズームってこんなもんだよね。機会があったらAI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>やAi Nikkor ED 180mm F2.8Sでも撮ってみる。

SoftEther VPN Clientから「d Wi-Fi」利用に発展2021年08月25日 00時00分00秒

総合美容室ヴォーグ(茨城県水戸市):Ricoh GR、13.7mm(35mm版20mm相当)、ワイドコンバージョンレンズGW-3、F4.5、1/90秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF中央1点

今まで公衆無線LANはセキュリティが危険でアブナイので使わないようにしていたが、常磐特急ひたち・ときわの車内無料Wi-FiとSoftEther VPN Client ― 2021年08月21日で、暗号化なしの「JR-EAST FREE Wi-Fi」をSoftEther VPN Client使うようになって、もっと公衆無線LANを利用しようと思った。

というのも、今月に入って2回もスマホを家に忘れてきたのだ(泣)。まあスマホなくても困らないんだけど、スマホがないと私物のPCなどがネットに繋がらないので困るなぁとは思っていた。そこでSoftEther VPN Client入れて、駅などのの公衆無線LAN使えばいいじゃないかと思った次第。えっ、そもそもスマホ忘れていくなよって?

そこで、ケータイWatchで紹介されていた「d Wi-Fi」を利用することにしてみた。去年からはdocomo利用者でなくてもdポイントクラブ会員であれば無料で使用できるらしい。しかも認証方式はIEEE802.1X、暗号はWPA2だ。無料なのにIEEE802.1Xの認証を使っているのはかなり珍しい。これは安心だ。VPN不要の安心だと思う。

そこで、まず「dポイントクラブ会員」になろうとしたら、まずは「dアカウント発行」をしなければならない。次に「dポイントクラブ入会」でそこからこんどは「dポイントカード利用登録」をしてやっと「d Wi-Fi」が使える。これ、結構ややこしかった。簡単には使わせないぞというdocomoの意思を感じる。

それで、IEEE802.1X認証だが、これはandroidでは「dアカウント設定」というアプリをGooglePlayからインストールしてアカウント情報を入力すると簡単にできる(※)。「dアカウント設定」アプリで「d Wi-Fi接続設定」を「設定する」にすると、androidスマホのWi-Fi設定に"0001docomo"のアクセスポイントが登録されて、自動認証・自動接続されるようになる。
※もちろん、先に「dアカウント発行」「dポイントクラブ入会」「dポイントカード利用登録」をしておく必要がある。

「dアカウント設定」アプリで「d Wi-Fi接続設定」を「設定する」のままコンビニに入ったら、いつのまにか"0001docomo"に繋がっていて、paypayなどの支払いも「d Wi-Fi」回線経由で行われていた。

駅などでも"0001docomo"のアクセスポイントの電波が強いときはそちらに繋がるが、自分が行き来する範囲では駅の"0001docomo"の電波はあまり強くなく、検出はするけれども接続せずにモバイル回線のままのことも多い(android端末の設定による)。"0001docomo"よりも、IEEE802.1X認証のない"0000docomo"の方がよく見つかるが、そちらの設定はしていない。

駅では人が多いせいか、アクセスポイントが離れているせいか、繋がらないことも多い"0001docomo"だが、コンビニだと確実に"0001docomo"に繋がっている。

私物のWindows PCの方にも「d Wi-Fi」のIEEE802.1X認証を設定しておく。こちらは便利なアプリはなく、Windowsの設定に入力していく。詳細はWindows® 10 d Wi-Fi自動ログイン機能設定(NTTドコモ、PDF)に書いてある。

これで私物PCのみでもネットに繋がるぞ。スマホを忘れても大丈夫(忘れんなよ)。なお、1アカウントで同時に5台までは接続可能だそうだ。

NTTドコモにアクセス先などを知られたくない人は、VPNを使えばよい(通信内容はSSLならばVPN使わなくてもドコモには知られない)。

「d Wi-Fi」はドコモ利用者以外が使えるようになるまでは設定等が面倒くさいが、IEEE802.1X認証のある安全な無料Wi-Fiなので、利用価値はあると思う。


写真は記事とは関係ない。
総合美容室ヴォーグ(茨城県水戸市):Ricoh GR、13.7mm(35mm版20mm相当)、ワイドコンバージョンレンズGW-3、F4.5、1/90秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF中央1点

宮下銀座商店街通りの南西側の入口に立つ美容室。これもなかなかデザインに優れた建築物である。これも前玉に雨粒が付いてゴーストが出ている。すまん。

今回、新型コロナウィルス感染拡大中に仕事で水戸に行ったが、特急電車で行って混んだところに寄らなければ、都内で通勤電車に乗って仕事に行くよりはよほど安全だと思った。特急ひたちの車内は空いていたし、誰も喋ってないし。【追記】現地に行かないで済むのならそれに越したことはないが。【追記ここまで】

今回はリニューアルされたえきねっとで切符を取ったが、色々と改悪されていて非常に使にくくなっていた。一番駄目なのは、切符を取るのにまず経路検索を強要される点だ。しかも、経路によっては私鉄のみの結果が返ってきたりする。今回の水戸行きでも、自分は品川から乗りたいのだが、品川・東京間を横須賀線に乗って東京から特急ひたちに乗れとかの経路が出たりする。あのなぁ東京駅の横須賀線ホームって地下4階にあって、特急ひたちの通る東海道線ホームは地上2階なんだぞ。ほかにも上野まで行って上野から特急ひたちで行けとか。特急料金は品川からでも上野からでも同じだし、もちろん運賃も同じなので、始発の品川から乗らせてくれよ。アホやろ。

えきねっとのリニューアルで唯一よかった点は、事前申し込みでも座席の割り当てが発券前に分かって、座席の変更ができることだ。「お先にトクだ値」を使って座席を「車両端以外」に指定すると、予約が早い場合には必ず3番になる。要するに両端とは1番2番など端から2列までということなんだろう。両端は小さなお子さんを連れている人が使うことが多く、たいていは埋まっている。

座席の変更でシートマップが見られるが、見ると1番2番の座席が埋まっているのに自分の座席が3番で密集している。真ん中辺りはずいぶんと空きがあるのになんでこんなに端っこなんだよ。真ん中辺の周囲にも空きがあるところに座席を変更した。これが発券前にできるのがよくなったところだ。発券後だと変更は窓口でないとできないのに、発券前には座席が分からなかった以前のはよくなかった。

ちなみに発券しないのは、帰りの時間がやや不確定だからだ。発券すると窓口に行かないと列車の変更ができないが、発券前だとえきねっと上から変更できる。だから行きの切符は何日か前に発券しておくが、帰りの切符は現地で帰る前に発券するようにしている。注意点は帰りの駅がJR東日本のきっぷが発券できる駅に限るということだ。たとえば大阪に行くのにえきねっとで切符を取ったら帰りの分は新大阪では受け取れないので、事前にJR東日本管内で発券しておく必要がある。
きっぷのお受取りができるエリア・駅(えきねっと)

あともう一つ注意点は、「チケットレス」である。常磐特急ひたち・ときわだとチケットレスが使えるが、スマホがモバイルSuicaに対応していない人は特急券のみをチケットレスにしないといけない。今回「お先にトクだ値」で取った帰りの切符をもっと早い時間の特急に変更してチケットレスにしたが、その際に特に詳しい注意書きもなく特急券のみか乗車券も買うかと聞かれて一旦乗車券も買いそうになった。しかし、チケットレスで買うと、モバイルSuicaではない場合、駅の改札口を通れるのかが分からない。スマホの購入画面(QRコードなどはない)で有人改札を通してくれるのか分からないので慌ててキャンセルして前の画面に戻って※もう一回特急券のみ買って、Suicaで入場した。特急に乗ったらちゃんと自分の席のランプは予約済みの緑色になっていた。
※キャンセル(払戻・取消)するとキャンセル料(払戻手数料)が掛かるので購入確定後は「変更」を使わないと損をする。

常磐特急ひたち・ときわの車内無料Wi-FiとSoftEther VPN Client2021年08月21日 00時00分00秒

特急ひたち(E657系:JR品川駅):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/30秒、ISO200、プログラムAE、AWB

今回水戸に行った際にはJR常磐線の特急ひたちを使った。特急ひたちとときわのE657系車両には車内のWi-Fi設備がある。以前は特定のサービス契約者でないと使えなかった(UQ Wi-Fi プレミアムやBBモバイルポイント契約者)。

ところが、これらのUQ Wi-Fi プレミアムやBBモバイルポイントの常磐特急ひたち・ときわ車内でのサービスが2020年3月末に終了し、その代わりにJR東日本の無料WiFiサービス「JR-EAST FREE Wi-Fi」が利用可能になった。まだ無料開放されて1年ぐらいなので、検索すると古い情報が上位にあったりする。

今回その常磐特急ひたち・ときわ車内での「JR-EAST FREE Wi-Fi」を利用してみたので、インプレと注意点を書きたい。

まず、「JR-EAST FREE Wi-Fi」は既にJR東日本の多くの駅で提供されているのでご存じの方も多いと思うが、セキュリティがまったく掛かっていない。要するに通信がまったく暗号化されていないのだ。 JR-EAST FREE Wi-Fi - JR東日本(PDF)

本サービスは皆様に簡単にご利用いただけるよう、無線LAN端末への事前設定が必要となるWEP等のセキュリティは使用しておりません。 セキュリティを必要とする通信をされる場合には、セキュリティの高いVPN(バーチャルプライベートネットワーク)や有料公衆無線LANサービスをご利用になる事をお勧めいたします。

WEPはいまでは簡単に解読されてしまう無線LANの暗号方式でいまではその後のWPAを経てWPA2(またはWPA3)が推奨されているなか、WEPすらもないという恐ろしい状況だ。これはどういうことかというと、その無線LANアクセスポイント(AP)につないだ端末の全ての平文の通信が読まれてしまう可能性があるということだ。さらに駅や車内でJR-EAST FREE Wi-Fiと同じアクセスポイント名のアクセスポイントを設置して間違えて接続してくる人の端末から情報抜き放題になる。

従って、「暗号化って何?」みたいなレベルの人は絶対に「JR-EAST FREE Wi-Fi」に接続してはいけない。ただ、暗号化が全くなされていなくても、個々の通信が暗号化されている場合には解読されない可能性は高い。たとえばhttpではなくhttpsの方のサイトにアクセスしている場合ならそこでの通信内容は暗号化されているので大丈夫だ。ただ、メールの設定で暗号化ではない設定で読み書きしている場合は、そのメールアドレスのアカウントのIDとパスワードを抜き出される可能性がある。

たとえばASAHIネットのメールの設定では、

送信サーバーは認証が必要:チェックします
メールの送信に同じユーザー名とパスワードを使う:チェックします
受信メールにSSLを使う:チェックします
送信サーバーにSSLを使う:チェックします
https://asahi-net.jp/support/guide/mail/0038.html

のような設定をしていればとりあえずは大丈夫だ。GmailはもともとSSL設定のみなのでこれも大丈夫だろう。古くから使っているアカウントのメールは非SSL設定のままで使っている可能性があるので、要確認だ。

それでも、自分の端末のあらゆる通信が暗号化されているとは限らないから、こういうまったく暗号化していない無線LANは使わない方がよい。

では、どうしても使いたい人はどうすればいいのか。そこで利用案内に書かれているいVPN(バーチャルプライベートネットワーク)を利用することになる。

ところがVPNなんて分からないし、個人でVPNなんて契約できないよ、というのが普通だと思う。

そこでお勧めなのが、SoftEther VPN プロジェクトだ。これは筑波大学の研究プロジェクトとして運営されているものだ。ソフトイーサ株式会社は、小学生の頃からプログラマーとして有名だった登大遊氏が筑波大学の学生の時に立ち上げたベンチャーだ。

【関連追記:2021年10月10日】
天才プログラマーの「けしからん」革命(NHK 2021.10.06)
【関連追記ここまで】

そのSoftEtherというアプリケーションと筑波大学が無料で開放しているVPNサーバーを使えば、無料で安全なVPNが使えるというわけだ。

いままでSoftEtherは知っていたが、個人的に使う機会がなかったのでインストールして使ってみたことはなかった。それで、SoftEther VPN のダウンロードセンターからSoftEther VPN Clientをダウンロードして使ってみた。インストールも設定もほとんど迷うところはない。プラットフォームはWindowsとLinuxとMac OS Xがある。

私はWindows10用のSoftEther VPN Clientをインストールしてみた。自宅環境でテストしてみたが、PCに負荷も掛かることもなく(64bit機で常駐メモリ使用量30数MBぐらいでCPU負荷も少ない)、通信スループットもあまり損なわれない感じだ。使わないときはもちろんCPUは0%で30数MBのメモリを食っているだけだった。

それで特急ひたちに乗り込んでさっそく、車内で「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」にアクセスしてみる。ブラウザの上の方にログインする必要があるとでるのでそこをクリック(これはブラウザやOSによって挙動が違うかもしれない)。画面の指示に従ってメールアドレスを入力して送信する。この時点でSoftEther VPN Clientを起動しているとうまくいかないかもしれない。

最初にgmailのアドレスを入力したのだが、gmailに「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」からのメールが届かない。2回やったが、2回とも届かなかった。持っていったスマホはIIJmioのau回線でつないでいるので、PCの方のWi-Fi接続がうまくいかなくてもスマホには届くはずなのだが、届かなかった。もちろん迷惑メールにも入っていない。

しかし、「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」の方は使えるので、それでいいのかと思って使っていたら、最初のアクセスから丁度30分でWAN側に出られなくなった。SoftEther VPN Clientもエラーを出す。どうやらちゃんと登録しないと30分でWAN側にでられなくなるようだ。

仕方ないので一旦WiFiを切って再度「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」にアクセスしてASAHIネットのメールアドレスを入力した。こんどはメールがすぐに来た。すぐに来たがそこにはなにかパスワードが書いてあるわけでもなく、ただメールが届いただけだ(セキュリティ設定も何もないのだから当たり前か)。メールに「以下URLを押下いただくと、次回以降ご利用時にメールアドレス入力が不要となります。」とリンクの記載があってそこにアクセスしてみたが何も表示されなかった。ともかくもこれで3時間は使えるはず。水戸に着くまで3時間も掛からないので、電車を降りるまでずっと「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」は使えた。

まとめると、「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」では、登録メールにgmailは使えないっぽい。ただ、登録しなくても登録に失敗しても30分は使えるようだ。

そして、「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」のセキュリティだが、メールアドレスを入力してすぐにSoftEther VPN Clientを起動して以降はずっとVPNで通信していた。だから、最初のメールアドレス入力は誰かに盗み見られる可能性はある。gmailは使えないみたいだが、なるべく重要ではないアドレスで登録するのがよいと思う。このアドレス入力画面がSSLだったかどうかは確認し忘れた。

それで、この「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」は3時間しか使えないはずなのだが、帰りの特急ひたちに乗ってPCのWi-Fiを有効にしたらそのままネットが使えて終点までずっと登録なしで使えた。たまたまなのだが、行きに乗った列車と帰りに乗った列車の編成が全く同一車両(K16編成)だったので、再登録が不要だったのかもしれない。データ容量を気にせずにNHK+でニュースを見ながら帰った。はやいVPNサーバーにつなぐと20Mbps近く出たりしていた(車内は空いていたし)。

「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」とSoftEther VPN Clientの組み合わせはよいですな。SoftEther VPN Clientは、海外からのアクセスを遮断している国内専用サービスを海外から利用したいときに使えるだろう。SoftEther VPN のページでもそのような使い方を書いている。たとえばradikoは海外のIPアドレスだと聴けないし、NHK+も同様だ。NHKラジオのらじるらじるも海外からは聴けない。こういうときにSoftEther VPN ClientでVPNをつないで、国内の筑波大学などが提供しているサーバー経由でアクセスすれば、アクセス先には国内からのアクセスとしか分からないので、サービスが利用できる。ほかにもいろんな利用方法があると思うが、くれぐれも悪いことには利用しないように。学校とか企業のLANでSNSを遮断しているような場合でも、SoftEther VPN Clientを使えば普通にSNSの利用ができるし、アクセスログを無効化できる。これを防ぎたければ、自由にアプリケーションをインストールできる端末がそのLANに接続できないようにすればいい。そうでなくてパスワードさえ知っていればどんな端末でもアクセスできるようにしているのであればそれは管理者が間抜けなのであってSoftEther VPN Clientが悪いわけではない。

【追記:2021年8月26日】
みっち様が、コメントでアメリカ国内からのアクセスに限定されているサービスを、VPN Gateのアメリカ所在サーバーを経由することで、日本国内から利用できることを報告してくださっています。ありがとうございます。
https://haniwa.asablo.jp/blog/2021/08/24/9414541#c9414770
https://haniwa.asablo.jp/blog/2021/08/24/9414541#c9415358
【追記ここまで】
【追記:2021年8月28日】
みっち様が以上の内容をブログにまとめておられます。そちらを参照ください。
iPadで映画Blu-rayを見たい!、の巻。 (If you must die, die well みっちのブログ)
【追記ここまで】

公衆無線LANを使うときは、SoftEther VPN Clientはお勧めである。また、特急ひたち・ときわの「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」はセキュリティに問題があるがVPNで使う分には安全で快適であった。

【関連追記】VPN Gate の概要


特急ひたち(E657系:JR品川駅):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/30秒、ISO200、プログラムAE、AWB

Ai Nikkor ED 180mm F2.8SのMF旧製品メンテナンスサービス完了通知が来た2021年07月19日 00時00分00秒

ノウゼンカズラ(当初ハイビスカス(たぶん)としていたが、MFニッコール様のご指摘でノウゼンカズラと判明しました。MFニッコール様ありがとうございました。):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/791.8秒、ISO50、プログラムAE、AWB

Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sを戴いた ― 2021年04月20日で、ブログ読者のA様から戴いたAi Nikkor ED 180mm F2.8Sをニコンの【期間限定】MF旧製品メンテナンスサービスに送っていたものが(Ai Nikkor ED 180mm F2.8SのMF旧製品メンテナンスサービス見積りが来た ― 2021年04月23日参照)、メンテナンス完了したとのことで、代金引換便で発送したという通知が来た。

その通知はなんと携帯電話にSMSで来た。なんか現代的なんだかそうでないのかよく分からない(笑)。【期間限定】MF旧製品メンテナンスサービスはネット上から申し込めなかった(メニューに該当レンズが出ないので先へ進めない)ので、申込用紙のPDFをダウンロードして書き込んでレンズと同梱で送ったのだった。その際に携帯電話番号を書く欄があったのでSMSで連絡が来たのだろう。文面は以下の通り。

修理完了しましたので本日発送いたしました。代引き料金¥22.440 ニコン修理センター

なんか思い当たる節がないとあやしいSMSだなぁ(笑)。

ともかく明日MF旧製品メンテナンスサービスを経たAi Nikkor ED 180mm F2.8Sが届く。楽しみ。やはり当初の案内通り3か月掛かった。代金も見積り通り。

【追記】ヤマト運輸からも「お荷物お届けのお知らせ」が来たので受取時間指定をした。【追記ここまで】

【追記:2021年7月21日】
Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sは光学系がきれいになって戻ってきた ― 2021年07月21日


写真は記事とは関係ない。
ノウゼンカズラ(当初ハイビスカス(たぶん)としていたが、MFニッコール様のご指摘でノウゼンカズラと判明しました。MFニッコール様ありがとうございました。):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/791.8秒、ISO50、プログラムAE、AWB

梅雨明けした関東地方。普通にスマホで撮ってもベルビア調になってしまうほどの暑さと快晴。こんなに暑いし、新型コロナも終息どころか感染拡大中なのにオリンピック本当にやるの?

花はたぶんハイビスカス※だと思う。通りすがりによそ様の庭木を撮影。 【追記:2021年7月20日】※ノウゼンカズラ(当初ハイビスカス(たぶん)としていましたが、MFニッコール様のご指摘でノウゼンカズラと判明しました。MFニッコール様ありがとうございました。)なお、画像のキャプションは画像を差し替えないと変更できないので、同じ画像をアップし直しました(画像のURLが当初と変更になっています)。

Nikon SUPER Coolscan 5000EDのドライバが当てられなくなる2021年07月14日 00時00分00秒

東京メトロ2000系電車(東京メトロ丸ノ内線池袋駅):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.3秒、ISO320、プログラムAE、AWB

最近あまりフィルム撮影をしていないので、使っていなかったフィルムスキャナNikon SUPER Coolscan 5000EDの電源を入れたら、「このコンピューターに最後に接続された USB デバイスが正しく機能していないため、Windows によって認識されていません。」というメッセージが表示されるようになっていた(Windows10 PRO 64bit バージョン2004)。

デバイスマネージャからみると、イメージングデバイスの下にNikon LS-5000というのがあり、三角の黄色いビックリマーク(!)が点いている。

プロパティを見るとドライバがないという。ドライバがないのでフィルムスキャナSUPER COOLSCAN 5000 EDが認識されていないようだ。

SUPER COOLSCAN 5000 EDは、Nikon COOLSCAN用Windows 7・Vista 64bit用非公式ドライバやまろ様バージョン ― 2010年02月23日でやまろ様が作って下さった非公式ドライバでWindows7の64bitで動いていた。それをWindows10(1909)にした際も、ドライバは引き継がれて使えていた。

それが今回ドライバがないということはきっと、2021年1月のWindows Updateで強制的にWindows10(2004)にアップデートされたときに無効化されたんだろうな。それ以降Nikon SUPER Coolscan 5000EDを起動させていなかったから。

それでもういちどドライバを当てようとしたら、署名のないドライバを読み込めないようになっていた。これは困ったな。

しかし、VueScanのドライバでNikon SUPER Coolscan 5000EDがWindows10に認識されるようになるらしいので、VueScanの最新版(64bit版バージョン9.7.59)をインストールしてみた。インストール後にアカウント等を要求されるが、試用版としてなら空欄のままenterでやり過ごせる。ただ、VueScanは試用版だとスキャン画像にウォーターマークが付くという制限がある。VueScanをCOOLSCAN 5000 EDで試してみる ― 2009年12月28日

しかし、VueScanをインストールしたときのドライバでNikon SUPER Coolscan 5000EDはWindows10に認識されているので、NikonScan4の方でスキャンできるようになる。VueScanのドライバを使いながらVueScanを使わないで済むのである。しかもVueScanは試用版のままでよい。

これで今まで通りWindows10(2004)でNikon SUPER Coolscan 5000EDをNikonScan4でスキャンできる。VueScanに感謝の意を示したい人は、5000円のStandard Editionか1万円のProfessional Editionを買ってあげるとよい。いまなら1500円引きのようだ。
Purchase VueScan for macOS Big Sur, Windows 10, and Linux

VueScan、ありがたや、ありがたや(お金払ってないけど)。

ということで、梅雨が明けたらなにかフィルムで撮ってスキャンしてみたいな。


写真は記事とは関係ない。
東京メトロ2000系電車(東京メトロ丸ノ内線池袋駅):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.3秒、ISO320、プログラムAE、AWB

東京メトロ2000系電車は、2019年から東京メトロ(旧帝都高速度交通営団)の丸ノ内線を走っている電車だ。写真はちょっとブレている。すまん。

短時間に切断と再接続を繰り返す楽天モバイル2021年07月12日 00時00分00秒

R秋葉原駅スターバックス跡:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.3秒、ISO200、プログラムAE、AWB

1年間無料の楽天モバイルに申し込んで、家族名義も含めて楽天モバイルを2回線契約している話は以前にした。

また、楽天モバイルを3ヶ月ほど使ったインプレ ― 2021年06月10日で、走行中の電車だとデータが来なくなる現象も報告した。

これはその後の報告である。6月の半ばくらいから、楽天モバイルの回線が頻繁に切断して再接続したり、切断はしていないもののデータが全く来ないという現象が目立つようになった。自宅でSIMの入ったモバイルルーターを静止した状態でそうなるのである。楽天モバイルの電波は「非常に強い」である。

これが6月の下旬から酷くなり、数分間あるいは数十秒間の頻度で切断と再接続あるいはデータが来なくなるといった状況になった。

【追記】この現象は、1階リビングに置いているMR04LNと2階に置いているRakuten WiFi Pocketのどちらでも同じように起こった。なお、各SIMとも1日のデータ使用量は最大でも6GB/日で平均的には2GB/日を切っているので、なにかの制限が掛けられているわけではない。【追記ここまで】

これが実用上どういう状況になるかというと、楽天モバイル回線であるサイトを見ていてクリックしても反応がないのでもう一度クリックするはめになる。これが頻発していておかしいと思っていた。ゲームをたまにしていた家人はもっと早くに気づいていて、ログインしてその先に進もうとしたら回線が落ちていてまたログインしなければならないということが頻繁にあったようだ。しかも再ログインしてもまた切れているので3~4回ログインしてやっと先へ進める。もちろんゲーム途中で切断して負けて終わってしまう。

TwitterをPCのブラウザから楽天モバイル回線で使っていたら、切断されて「問題が発生しました。再読込してください」と出るのだが、再読込しても同じ。結局ログインし直さないとTwitterを続けられない。Web版Twitterで不具合か ツイート一覧やリストが表示されず 「再読み込みしてください」【解決済み】と同時期だったので、Twitter側の問題かと思っていたが、解決済みといわれた後にも頻繁に「問題が発生しました。再読込してください」が出ていた。ADSLに切り替えたらすんなり解消した。

Windowsのブラウザで楽天モバイル回線でradikoのラジオを聴取していたら、数分で「リロードしてください」とでて、まともに再生できない。これはPCにはGPSが内蔵されていないので、radikoは回線のIPアドレスから簡易的に位置を判断しているところ、頻繁に楽天モバイルのIPアドレスが変わるのでリロードを要求されるのだと思う。

一番酷いときは数十秒おきに切断と再接続を繰り返していたと思う。そうでないときもデータが来ない状態が頻発した。

この状況はTwitterや某巨大掲示板ではいくつか報告されていたが、楽天モバイルの公式の障害情報はいまだにない。
障害情報のお知らせ(楽天モバイル)
↑執筆時現在2021年4月18日の情報が最新である。

楽天モバイルのこの回線品質は、インターネットサービスプロバイダやMNO(移動体通信事業者)としてのレベルに達していない。

そりゃまだこういう事業を始めて年数もいってないから大目に見ることもありえるだろう。しかし、不具合に気づいているのか気づいていないのか、障害情報にはまったくそういう情報がないのである。

今現在は数分や数十秒で切断再接続を繰り返してはいないが、MR04LNの通信ログをみると、一日に4~5回は切断と再接続をしているようだ。

いまは無料期間だし、ほかにも回線があって、お試し期間中だから、これで済んでいるが、こんな回線に3278円/月も払えない。ADSL終了後は、楽天モバイルを家庭内LANのWAN側にしようかと思って、しばらく様子を見ていたが、はやいうちにこういう欠陥が明らかになってよかった。ADSL終了後は光ファイバーを引く決意ができた。

楽天モバイルは圏外が多いとかサービスエリアがどうのと色々評判はある。しかし、それは拡大中だから仕方のないことだと思っている。以前KWINSでウィルコムのPHS回線で外でネットしていたから、エリアがまだまだなのは納得がいく。しかし、エリア内で電波も十分に強いのに、パケットが全然来ない、切断と再接続を短時間に繰り返すといった回線品質は納得がいかない。なにか内部的な問題があるはずだ。それを障害告知もなく平然としている点で楽天モバイルは回線業者としては完全に失格だと思う。

心配なのは、この楽天モバイルを電話として使っている人達だ。私はデータ通信でしか使っていないから上に書いたような状況で済んでいるが、これを電話も使っている人だと電話がちゃんと掛かってきているのだろうか?電話を掛けた方の人には切断と再接続を繰り返しているときはどんな風になっているのだろうか。大事な電話が鳴らないなんて十分にあり得そうで怖い。

楽天モバイルには回線品質を自動的に収集する項目に承諾しているから、楽天モバイルはこの切断と再接続が短時間で繰り返されている現象を知っているはずだ。知らないとは言わせない。こんな業者がCMで契約者を募っているのはまずい。サブ回線としてもお金を取れるレベルではない。

【関連】
楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket 契約してみた ― 2021年03月05日
楽天モバイル、自宅では楽天回線44011がバリ5 ― 2021年03月06日
楽天モバイルSIMをMR04LNとクレードルで自宅固定回線にしてみた ― 2021年03月16日
MR04LNで楽天モバイルSIMを使っていたら「パートナー回線エリア(国内)のデータ残量のお知らせ」が ― 2021年03月17日
楽天モバイルを3ヶ月ほど使ったインプレ ― 2021年06月10日


写真は記事とは関係ない。
JR秋葉原駅スターバックス跡:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.3秒、ISO200、プログラムAE、AWB

なんと、JR秋葉原駅構内のスターバックスが閉店していた。いつも右側の蕎麦屋さん(新田毎)からスターバックスを背景に撮っていたのに…。まあJR秋葉原駅は新幹線も特急※も発着がないから、時間調整にスターバックスに入る必要もないしなぁ。
※【さらに追記】土・休のみ運転の臨時特急列車「新宿さざなみ」と「新宿わかしお」が秋葉原駅に停車するらしい。【さらに追記ここまで】

このスターバックス店舗は、JR東日本の駅改札内初のスターバックスだったようだ。2017年7月14日開業だそうだから、4年弱で撤退か。残念。
JR東日本の駅改札内初のスターバックス店舗が、JR秋葉原駅構内にオープン-ジェイアール東日本フードビジネス株式会社と両社間のライセンス契約を締結-
JR秋葉原駅構内のスタバ「スターバックス コーヒー JR秋葉原駅ラチ内店」が閉店

【JR秋葉原駅構内・新田毎とスターバックス コーヒー JR秋葉原駅ラチ内店の作例】
ニコン最後の現行品フィルムカメラF6が旧製品に ― 2020年11月06日
ソニー、Suica対応のスマートウォッチ「wena3」を11月27日に発売 ― 2020年10月05日
「ビデオカメラ市場」はどこへ行くのか ソニー、キヤノン退場で新製品なきまま消え去る?(ITmedia) ― 2020年09月26日

富士フイルム「ベルビア100」が米国で廃止に、有害物質規制法のため2021年07月08日 00時00分00秒

「進撃の巨人×横浜ランドマークタワー」(2021年6月):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.1秒、ISO320、プログラムAE、AWB

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者は増加傾向だし、集中豪雨で被害続出なのに、オリンピックを強行するという狂気の中、なかなか更新できずすまんです。

ちょっと遅いが、富士フイルム「ベルビア100」が米国で廃止に。有害物質規制法のため(デジカメWatch)を備忘録的に扱っておきたい。

富士フイルムは7月6日、リバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」(RVP100)を米国で廃止すると発表した。同社の米国Webサイトに掲載された情報で、日本のWebサイトにはまだ関連情報の掲載がない。

米国環境保護庁(Environmental Protection Agency:EPA)による有害物質規制法(Toxic Substances Control Act:TSCA)を受けた決定。指定物質を含む製品の処理や販売を禁止する内容で、ベルビア100には規制対象となるPIP(3:1)(イソプロピル化フェノール=ホスファート)が含まれているという。

含有量は0.0003%未満と微量で、同社はこれが環境へのリスクをもたらすことはないと考えているものの、持続可能性と全ての地域の規制を守ることに取り組んでいる一環として、米国でベルビア100をただちに廃止するとしている。

On March 8, 2021, the Environmental Protection Agency (EPA) finalized a rule regarding the chemical phenol, isopropylated phosphate (3:1) (PIP (3:1)) (CASRN 68937-41-7) under the Toxic Substances Control Act (TSCA), which prohibited the processing and distribution in commerce, including sales, of the chemical and products containing the chemical. EPA also issued an enforcement policy on the same day stating that it will not enforce the ban on processing and distribution until September 5, 2021.

A miniscule amount (less than 0.0003%) of PIP (3:1) is present within the layers of FUJICHROME Velvia 100 Professional films. Fujifilm believes that the trace amount of PIP (3:1) in the FUJICHROME Velvia 100 Professional films pose no risk to the environment.

As a global leader in imaging, Fujifilm is committed to acting sustainably, and complying with all country regulations. As such, Fujifilm will discontinue FUJICHROME Velvia 100 Professional film in the U.S. effective immediately (July 6, 2021).

If you’ve purchased FUJICHROME Velvia 100 Professional films please read the accompanying Safety Data Sheet carefully.

FUJICHROME Velvia 100

個人的には、富士のリバーサルは忠実系のアスティアやセンシアが好みだったので、こってり系のベルビアには興味はない。しかし、それを使っていた人にとっては看過できない問題だし、自分がベルビア100愛用していたらがっかりだよなぁ。日本での動向が気になる。

日本の富士フイルムのサイトには、この記事執筆時点でも特に記載はないようだ。


写真は記事とは関係ない。
「進撃の巨人×横浜ランドマークタワー」(2021年6月):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.1秒、ISO320、プログラムAE、AWB

防水・耐衝撃カメラRICOH WG-7がそそる2021年06月30日 00時00分00秒

「進撃の巨人×横浜ランドマークタワー」:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.1秒、ISO320、プログラムAE、AWB

世間ではNikon Z fc(※)で盛り上がっているようだが、意表を突いてリコーのWG-7について語りたい。
リコーイメージング、UVCに対応した防水・耐衝撃カメラWGシリーズの新機種「RICOH WG-7」
※余談だが「Z fc」みたいに間にスペースの入った機種名はやめてほしい。「Nikon 1」とか「1 NIKKOR」とかすごく表記しにくいし検索もしにくい。""で括って検索すればいいんだろうけど。

こういう防水・防塵・耐衝撃のカメラって好きなんだよねぇ。最近は出番がないがコニカ現場監督28HGは愛用していた。

それで以前リコーのG600とかG700(現行品だとG900)を検討したことがあるのだが、このリコーのGシリーズって値段が高いんだよね。希望小売価格が10万8千9百円でヨドバシだと¥83,300(税込)。ちょっと高すぎる。

そうしたら、このリコーWG-7ってヨドバシだと¥49,800(税込)なんだよね。これは買う気になる値段だ。

水深20mの防水性能と高さ2.1mからの耐落下衝撃性能、−10度の耐寒性能などが特徴のデジタルカメラ「WG」シリーズの新機種。有効約2,000万画素の1/2.3型CMOSセンサーや感度性能(ISO 125~6400)は、2019年3月発売の前機種RICOH WG-6と同スペック。4K動画記録への対応などの基本的な撮影性能を踏襲しながらも、新たにUVC接続に対応。Webカメラとしての利用にも対応できるようになった。

UVCモードはFull HD(1,920×1,080ピクセル、30fps)の映像配信に対応。付属のUSBケーブルでPCに接続するだけでWebカメラとして利用できるとしている。また、最短撮影距離1cmの近接撮影や、カメラに備えたリングライトを組み合わせることで、ビジネスなどを含む多用途に活用できると訴求している。動作確認済みのソフトはZoom、Skype、Microsoft Teams、Google Meet、Cisco WebEX、Facebook Messenger。対応OSはWindows 8.1/10、MacOS 10.15/11。

これはレジャーにいい感じでしょう。

焦点距離は35mm判換算で約28~140mm相当。ワイドコンバージョンレンズ「DW-5」(別売)を装着した場合、広角端で35mm判換算約22mm相当の画角を得られる。

このワイコンDW-5が0.8倍で合成焦点距離が35mm判22mm相当とやや物足りないが、37mm径のねじ込み式らしく、ということはGW-7にフィルター枠があるということになる。これはいろいろと汎用性がありそう。

登山とかツーリングとかキャンプに良さそうじゃない。飲み会で酒掛けられても大丈夫だし。と思ったんだが、新型コロナウィルスの流行でアウトドアレジャーも行かないし、飲み会もないよなぁ。収束したら購入候補に入れよう。

カラーは個人的には前機種のWG-6のオレンジがよいと思う。WG-6とWG-7とであまり変化がないので同じ色は使いたくなかったのだろうが、WG-7のレッドよりはWG-6のオレンジ方がそそる。アウトドアではオレンジがいいと思う。WG-7のオレンジを発売してほしい。


写真は記事とは関係ない
「進撃の巨人×横浜ランドマークタワー」:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.1秒、ISO320、プログラムAE、AWB

横浜市西区のみなとみらい地区にある横浜ランドマークタワーに「進撃の巨人」のあれこれが展示されていた。2021年4月29日~6月20日なので、もう終わっている。こういうイベントがあるとは知らずに訪れたが、開催末期のせいか感染症蔓延のためかそんなに人だかりはなかった。主催側も残念だろうなぁ。

修理したエアコンは2シーズンでまたガス抜けに2021年06月27日 00時00分00秒

新宿区荒木町:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/194.5秒、ISO50、プログラムAE、AWB

荒野の故障ブログへようこそ(泣)。

誰ですか、待ってましたとか言っているのは(泣)。

エアコンが故障した ― 2019年07月04日でガス抜けを修理したエアコンだが、2年後の今年6月にまた同じ症状で冷えなくなった(泣)。2019年と2020年の2年しか持たなかった。

もう15年目なので、こんどは諦めて買い換えすることにした。症状は前回の2019年と同じで、かなり温度設定を低くしないと(たとえば22℃)冷えないが、外気が下がって20近くになると俄然冷え出すという感じ。また。外気温が30℃以上あると冷えなくてかつ室外機のファンも止まってしまうといった症状だ。

前回修理の時のおじさんも言っていたが、エアコンは古くなるとどこからガスが抜けているか特定できなくなるし、直してもまた他のところからガス抜けするというのは本当だった。まあ前回の修理費は2万8千円だったのでよしとしよう。

それで、季節が暑くなってくると急にエアコンが品薄になるのでその週末に慌ててエアコンを見に行った。次に買うメーカーはだいたい決めていて、一度ダイキンのエアコンを買ってみようと思っていたのだ。そうすると部屋の大きさも決まっているのでほぼ数機種に絞られる。

ダイキンのエアコンは、Eシリーズ・Cシリーズ・Vシリーズ…とランク分けがあるようで、Eシリーズにはフィルター自動お掃除機能がなく、Cシリーズにはあるので、CシリーズのAN56YCP-Wにした。この上のランクだと無線LANがついていてスマホから何かができるとかあるようだが、当日店頭で6万円ぐらい違っていたので、無線LANのないCシリーズにした。当日のヨドバシ某店では、いまヨドバシドットコムに表示されているAN56YCP-Wの価格よりも1万円ぐらい値引いていた(週末店頭特価と称していた)。それも標準取付け工事価格込みで、だ。

それで取付け工事は最短で2日後から可能というので、その日に頼んだ。

工事の時間は朝8時に工事業者が電話してきて確定するという方式なので、その日は一日空けておくことにした。

朝8時に、「13~15時の間に伺います」と電話があった。

しかし、13時を過ぎても来ない。いままで色んな業者が電話してきて「13時から15時」といったら大抵は13時過ぎには来ていて、13時30分を過ぎる場合には必ずそれまでに電話がもう一回あった。

14時を過ぎても来ない。電話もない。まあ「13時から15時の間に伺います」には反してないよなぁ。

14時40分頃「前のお宅の工事が長引いてまして16時半頃になりますがよろしいですか」という。まあ1日空けているのでよいのだが、13時が16時半ってちょっと遅れすぎだろ。それに当日は雷雨が予報されていて、実際に集中豪雨が移動してきていたので、そっちが心配だった。この雨では工事できませんとか言ってまた別の日とか言われると困る。

16時半ではなく16時42分頃到着した。

古い富士通ゼネラルのエアコンを外して、撤去し、ダイキンのエアコンを取り付けていく。1階の設置で、室外機も室内機の真裏に置くので、標準工事費の範囲内で済んだ。追加の料金は4千円の取り外し料と900円の処分料と、エアコンダクトのカバーの再利用工事費2200円だけだった。

1階の標準工事で済むような工事で約2時間掛かった。もう18時半過ぎている。

当日支払いの2200円を払って書類等をもらうときに、「まだ工事で回るところがあるのですか?」と聞いてみた。「いえ、今日はこれで終わりです」

ほう、ということはうちは午後一の仕事ではないんだな。13時に来て2時間で設置が終わったら15時だもの。終わるのが早すぎる。だったら最初から訪問時間は15時~と言うべきだよなぁ。あるいは14時から16時の間に訪問してそこから工事に数時間掛かります、というべきだろうなぁ。いままでこんな時間告知の業者にあたったことはなかった。大抵は「A時からB時までの間」といえばA時から10数分以内に来ていた。若い職人さんで腕は確かなようだったが、時間の感覚はちょっと今までと違う感じだ。まあ当人には文句は言わなかったし、ヨドバシにも文句は言っていないが、待ってる間は他のことをしていてもなかなか集中できないからこういう時間の告知はやめてほしいなぁ。

あっ、ダイキンのエアコンはよいです。何がよいって、冷え始めが早い。スイッチを入れてすぐに風が出てきてそれがすぐに冷たくなる。

あと、エアコンの「ストリーマ内部クリーン」というのはちょっと考え物だ。これは”冷房・除湿運転の停止後、自動的にストリーマ照射と送風・暖房で乾燥を行います”というものだが、運転停止後に部屋の湿度が目茶苦茶高くなる。せっかく除湿したのに、エアコン内部に残っている水分をご丁寧に室内にまき散らして乾かしてくれる。そりゃないでしょ。目茶苦茶もわっとした空気が最大で2時間ぐらい出ている。除湿器と併用しているからいいものの、エアコン単体だともうずっと運転し続けるしかないのかも。

なお、ぴちょんくんなどのグッズなどはなかった(泣)。ぴちょんくん好きなのに。
ブログ開設満2周年(ぴちょんくん画像追加) ― 2007年05月16日
アサヒカメラ2007年6月号予告から ― 2007年05月14日

Cシリーズ 製品情報(ダイキン)


写真は記事とは関係ない。
新宿区荒木町:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/194.5秒、ISO50、プログラムAE、AWB

四谷三丁目というか新宿区荒木町のアローカメラ・我楽多屋の近くまで行くことがあったので、Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8SのフードHN-3を探そうと寄ってみた。しかし、定休日で閉まっていた(泣)。私が近づいたので慌ててシャッター閉めたのではなさそう(笑)。新型コロナ感染対策で6月上旬まで店を閉めていて再開後だったのだが、参照したのが中古カメラアクセサリーとジャンクカメラ 我楽多屋の方ではなく、我楽多屋二代目のブログの方だったので、トップに書いてある「6月7日(月)から通常営業を再開します。」だけを見て行ってしまったのであった。まあ近くまで行ったついでなのでダメージはなかったが(笑)。我楽多屋さんに行けばHN-3の一つや二つぐらい必ずあるはずなのでちょっと残念だった。また機会があれば寄ってみたい。

我楽多屋さんは、最後に行ったのがまだ1階で営業していた頃なので、相当長いこと寄ってなかったと思う。【追記】調べると「2012年3月14日、我楽多屋は1階から2階に移転しました。」とある(https://camera-kaukau.lekumo.biz/arrow/2014/03/500-ffb1.html)。少なくとも9年は行ってなかったのか。

楽天モバイルを3ヶ月ほど使ったインプレ2021年06月10日 00時00分00秒

Rakuten WiFi Pocket(通称パンダルーター):Nikon D300S、、Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S(Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S) (35mm判換算82.5mm相当)、F5.6、1/60秒、ISO-AUTO(200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、マニュアルフォーカス 、高感度ノイズ低減:標準、Adobe Photoshop Elements 2021(試用版)でスマート補正とリサイズ

楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket 契約してみた ― 2021年03月05日でいわゆるパンダルーター(Rakuten WiFi Pocket)とSIMを導入した話はした。そうしたら、自分の自宅近辺では楽天モバイルの電波はかなりよかったので(楽天モバイル、自宅では楽天回線44011がバリ5 ― 2021年03月06日)、MR04LNにSIMを入れて自宅の固定回線代わりにしてみたりした。
楽天モバイルSIMをMR04LNとクレードルで自宅固定回線にしてみた ― 2021年03月16日
MR04LNで楽天モバイルSIMを使っていたら「パートナー回線エリア(国内)のデータ残量のお知らせ」が ― 2021年03月17日参照

その後、家族名義で楽天モバイルをもう1回線契約したので、合計2回線ある。現在はパンダルーター(Rakuten WiFi Pocket)とMR04LNそれぞれにSIMを入れて主に自宅で使っている。

当初楽天モバイルは、外で動画などの大容量のコンテンツを使うのに利用しようと思っていたが、結局2回線とも自宅固定で使うことになってしまっている。その理由を説明したい。

当初パンダルーター(Rakuten WiFi Pocket)に楽天モバイルSIMを入れて家人が外出時に使ってみたのだが、電車に乗って動画を視聴しているとしょっちゅう動画が止まってくるくるマークが出るという。走行中は動画の視聴に使えるレベルではないのだという。東京23区内の地上や高架を走る通勤電車の中での話だ。

疑り深いので、私がパンダルーター(Rakuten WiFi Pocket)を持って出てみた。また、パンダルーター(Rakuten WiFi Pocket)は2.4MHz帯のWiFiしかないので、WiFiの混信がないかも確認しながら試してみた。

家人が動画が止まったという路線と、もう一つ別のやはり地上や高架を走る東京23区内で試してみた。たしかに本当に走行中は動画の視聴どころかテキスト主体のホームペーシですら引っかかってスムーズに閲覧できない。このHaniwaのページ作者のBlogですら。まるでウィルコムのPHSを思い出すような感じ、いやPHSの方が遅くはあったが安定していたような。

それで回線速度を測ってみた。駅に止まっているときは最高で30Mbps、だいたいは10Mbpsぐらいでている。これは自宅と変わらない。ところが電車が走り出すと、1Mbpsを切って400Kbpsとかひどいときには100Kbps以下になる。これはウィルコムのPHS以下だ。

そして速度が落ちて駅に近づくとまた10Mbpsぐらい出る。

線路近くに建物が密集しているところでも、高架になっていて何Kmも先まで見通せるようなところでも、電車が走り出すと1Mbps切るのだ。これは使えない。むしろ見通しのよいところの方が速度が出ないような気さえする。

新幹線の中でもなんとか使えたウィルコムのPHSの方がマシかもしれないと思えるレベル。PHSは遅かったがコンスタントに遅かったし、時速280kmとかでもなんとか使えていたもの。
ZaurusとKWINSは新幹線のぞみでもなんとか使える ― 2007年04月05日

おそらく楽天モバイルの基地局配置が最適化されておらず、エリア図が広く見えるのを優先して配置しているのではないか。電波が「薄い」というかエリアが「薄い」のではないか。

ということで、家人はいまIIJmioのギガプラン(Aタイプ)20GB/月を謳歌している。楽天モバイルを外で使うのを諦めてIIJmiuoでau回線のMVNOで動画を視聴しているが、全く引っかからずに視聴できるそうだ。

少し前に楽天モバイルから利用者アンケートが来ていて、やたらと無料の1年が終わったら解約するのかどうかをしつこく訊いてきたが、いまのままのエリア展開でかつエリア内でも走行中の通勤電車でPHS並みの速度しか出ないのならば、無料期間が終わったらさよならかもしれないね。アンケートでは無料期間が終わっても使い続けるって答えたけど(笑)。

さて、あとは9月に終わるADSLの代わりを楽天モバイルに務まるかという問題がある。

こちらの方もなかなか難しい。ひとつは楽天モバイル回線は、自宅で静止状態で使っていても、ときどき切断されるのだ。これはゲームをしていた家人がそう言っていた。ちょっとホームページを見ていただけでは分からないが、ゲームだと切断されてどうにもならなくなることがあるそうだ。これはADSLでは雷が鳴っているとき以外にはなかったことなので、楽天モバイルの欠点だと思う。ネット上でも同じように楽天モバイルの切断を報告している人が結構いる。切断は見かけ上ルーターと楽天基地局のあいだは電波が「強い」となっているのにパケットが流れない場合と、基地局との接続が切断されている場合がある。前者の方が多いので、どうしてサイトが表示されないのかわからず困ってしまうことがある。

【追記:2021年6月13日】昨晩も家人が楽天モバイルSIMを入れたMR04LNに有線LANでつないで動画を視聴していたところ、動画が止まってクルクルのまま何分経っても先へ進まないとヘルプ要請があった。スピードテストも、どのサイトも「サイトが見つかりません」状態なので、MR04LNの管理画面にログインしてみたが、WAN側の電波は「非常に強い」になっているのに、まったく外側に出られない状態のようであった。MR04LNを再起動してみたが「サイトが見つかりません」状態のままで、結局3回ぐらいMR04LNを再起動したらようやくつながった。こういうことが何日かに一回ある。ちなみにその日のMR04LNのSIMのデータ使用量は5.8GBで(翌日に楽天モバイルにログインして確認した)、何か制限が掛かっているわけではなさそうだ。

その前(6/12未明)にも楽天SIMを入れたパンダルーター(Rakuten Wifi Pocket)を再起動したら同じ現象になった。楽天モバイルの電波は掴んでいることになっているが、どこのサイトも一切見られず「サイトが見つかりません」状態になった。これはパンダルーター(Rakuten Wifi Pocket)の電源を一回落としてSIMを抜き差ししてから起動したら直った。こういうことがルーターを問わず頻繁にあるのだ。再起動やSIMの抜き差しが功を奏しているというよりは、そういうことをやっているうちに楽天モバイル側の何かが復帰して繋がるようになっているだけのように思う。【追記ここまで】

もうひとつは、楽天モバイルの接続は、ずっと接続しているとかならず24時間で再接続になることだ。この24時間というのがくせ者で、使っていて調子が悪いのでWiFiルーターを再起動すると、次の日も丁度同じ時間に再接続になる。再接続になるとルーターにもよるが1分ぐらいネットに繋がらない。これって24時間なので、いつも同じ時間それもよく使っている時間に限って再接続されてしまう。何かのスクリプトで毎日午前3時にルーターを再起動とかできないかなぁと思う。

あともうひとつは、パンダルーター(Rakuten WiFi Pocket)の方が頻度が高いが、MR04LNでも何回かなった現象だ。ずっと接続していると、回線速度が1Mbps以下になってしまう現象だ。これもWiFiルーターを再起動すると直る。それで再起動すると24時間後にまた勝手に再接続のため1分ぐらい使えなくなる。ちょうど使ってる時間だ。腹立つ。

ということで、自宅の固定回線代わりに使ってはいるが、3000円/月(正確には税込3278円/月)も払うような回線品質かというとちょっと違うと思う。こんなのはタダで他に回線持ってるからこれで済むんであって、そうでなければこんな回線だけに頼るわけにはいかない。Zoomで会議してたら自分だけ1分繋がらないとかありうる。現状だと楽天モバイルが2回線にADSLがあってそれぞれにWiFiのアクセスポイントがあるから、あれ?と思ったら即座に他のアクセスポイントに切り替えているからなんとかなるが、ADSLが終了して楽天モバイルだけになると、ちょっと困る。

ということで9月までに光回線引くしかないのかなぁ。ADSLのように安くて安定した回線で十分なんだけどなぁ。戸建て用の光回線をもっと安くしてくれ。このままだと日本はますます後進国になっていくぞ。

【関連追記:2021年7月12日】
短時間に切断と再接続を繰り返す楽天モバイル ― 2021年07月12日


Rakuten WiFi Pocket(通称パンダルーター):Nikon D300S、、Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S(Ai Micro-Nikkor 55mm F2.8S) (35mm判換算82.5mm相当)、F5.6、1/60秒、ISO-AUTO(200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、マニュアルフォーカス 、高感度ノイズ低減:標準、Adobe Photoshop Elements 2021(試用版)でスマート補正とリサイズ

Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sの初作例がこんなんですまん。

Adobe Photoshop Elements 6.0をWindows10で使っていていろいろと不具合があるので(マルチディスプレイに対応していないとか不正終了の確率が高い)、新しいAdobe Photoshop Elementsの買い切り版があるというのでとりあえず試用版をインストールしてみた。

これ、試用版を入れてよかった。Adobe Photoshop Elements 2021はTWAINに対応していないので、Adobe Photoshop Elements 2021からスキャナを呼び出してスキャンはできないのだ。これは困る。TWAINの64ビット版がないからというのが理由なのだが、他方で最新のGIMPは普通にTWAINに対応している。あれは32bitなのか?わからん。ということで、Adobe Photoshop Elements 6.0をだましだまし使いながらGIMPに移行しようと思う。GIMPの今のところの問題点は、TWAINで連続でスキャンしようと思っても1枚スキャンするとTWAINで呼び出した画面が終わってしまうことだ。どこかに連続でTWAINを使う設定があればいいのだが。Adobe Photoshop Elements 2021を間違えて買ってしまわないでよかった。試用版は大切だ。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)