「福山雅治効果」2008年12月01日 00時00分00秒

雑木林:GR DIGITAL、28mm相当、F3.5、1/760sec、-0.3EV、プログラムAE

日経BPの記事によると、「福山雅治効果」で「東芝の液晶テレビ『REGZA(レグザ)』が量販店店頭で台風の目となっている」んだそうである。
「福山雅治効果」でシェアを上げる東芝「REGZA」――他社が悔しがるキャスティング(日経BP)

これまで3位、4位のポジションだった東芝の浮上は特筆に値する出来事だ。ゲームに例えれば逆転も可能な点差まで追い上げてきた。

(中略)

だが、今年は、こうした機能面の評価に加えて新たな要素が加わった。今年9月からREGZAのイメージキャラクターに起用した福山雅治さんによる認知度向上効果である。

家電量販店からも、それを裏付ける声があがっている。

 「いままで女性にはまったく認知度がなかったREGZAだが、来店され、気にいってもらえる」(広島)、「いままでにない女性のお客様(若年層から40代までの層)が格段に増え、関心を持っていただけている」(東京)、「お客様から福山雅治がCMに出演している液晶テレビを見せてほしいとの声がある」(北海道)というように、店頭からの評価も高い。

うう、福山雅治氏にそんな効果があったのか。だとすれば、富士フイルムは、写真フィルムの宣伝に力を入れて福山雅治氏をもっと起用してくれ。クラッセと富士のフィルムの組み合わせでがんがん宣伝してくれ。あるいは福山雅治氏愛用のライカM2で撮った作品をあちこちにポスターにして貼るとか。それでフィルムの需要を喚起して欲しい。

最近紅葉の季節や年賀状の季節でもあるのか、ヨドバシのDPEコーナーも賑わっていて嬉しい限りである。一時は閑散としていたし、フィルムのパトローネやネガシートをDPE窓口で出している人がほとんどいない感じだったのだが、このところかなり復調しているように思える。ここに「福山雅治効果」を!

【関連】
「PHOTO IS/福山」篇 TVCM放映のご案内(富士フイルム2006年)


写真は記事とは関係ない。
雑木林:GR DIGITAL、28mm相当、F3.5、1/760sec、-0.3EV、プログラムAE

写真フィルムの宣伝を!なんていいながらデジカメ画像ですまん。でも、ちゃんと富士のリバーサル(センシアIII)でも撮っているので。ああ、平地の紅葉も終わりそうだなぁ。またまた「フォルティアSP」を使う機会を逸しそうだ…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)