写真工業2006年8月号「コダクロームに寄せる思い」2006年07月21日 00時00分01秒

Kodachrome 200 (KL) films

うっかり見落としていたのだが、今月の「写真工業」2006年8月号は、コダクロームを特集していた。題して、「コダクロームに寄せる思い」。注目は、「堀内カラーに聞くコダクローム処理」。もちろん、写真家・赤城耕一氏の薀蓄も楽しみだ。

まだ買っていないのだが、これは買わなきゃ。写真は、Kodachrome 64 PRO (PKR)も入れたかったのだが、前にアップしたKodachrome 200 (KL)の写真の使いまわしですまん。

【関連追記:2007年11月22日】
コダック コダクローム200フィルムが国内販売中止 ― 2005年12月21日
コダクローム64・コダクローム64プロ、ついに国内販売終了 ― 2006年12月13日
コダック、再度コダクロームフィルムの国内処理終了を告知 ― 2007年11月01日
コダクローム、現像受付明日11月5日から再開 ― 2007年11月04日
Kodachrome 海外現像は3507円で納期2~3週間 ― 2007年11月22日

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索