Ricoh GR Digital その6 外部フラッシュ2006年04月28日 00時00分01秒

Ricoh GR Digital and Nikon Speedlight SB-30

Ricoh GR Digitalリポート第6弾。今回は外部フラッシュについて。GR Digitalにはホットシューがついていて、指定のTTLフラッシュでTTL調光ができる。指定の推奨フラッシュは、シグマのEF-500 DG SUPERとEF-500 DG STのSA-STTLだ。SA-STTLはシグマのSAシリーズ用のものだが、SAシリーズは持っていないのでちょっと買う気がしない(笑)。手持ちのニコンのスピードライト(ストロボ)で使えないか試してみた。

一番確実に使うには、カメラのX接点とフラッシュのX接点をコードでつなぐことだが、GR DigitalにはISOのシンクロ接点がない。あるのはアクセサリシューのX接点だ。そこで問題となるのはX接点の周囲にあるリコー(シグマ)独自仕様のTTL調光用接点が、ニコンのスピードライト(ストロボ)側のニコン独自のTTL調光用接点と干渉してしまわないかということだ。干渉する場合にはテープで塞ぐなどの処置が必要になる。

そこで、アクセサリシュー(ホットシュー)にニコンSB-30を装着してみた。すると、真ん中のX接点以外の独自接点は互いに微妙に位置がずれているようで、接触しないみたいだ。ためしに外部自動調光で発光させてみたがうまく発光する。SB-30の自動調光もばっちりだ。もちろん、主要被写体が小さい場合などはアンダー目に発光するように自分で調節する必要はあるが、主要被写体が画面内を大きく占める場合はそのままで問題なく調光されていた。こういうメーカー推奨外のアクセサリ使用はもちろん自己責任で。心配な方は独自接点部分をテープで絶縁するなどされた方がいい。

GR Digitalには内蔵フラッシュがあるのに、わざわざ外部フラッシュを使うのは、ワイドコンバージョンレンズを使用した時に、フードで内蔵フラッシュがケラレて影ができてしまうからだ。SB-30をつけた場合にはワイドコンバージョンレンズ + フードでも影ができない(マクロは試していない、というかマクロ時はコードでカメラから離してシンクロさせるだろう)。

推奨品以外の外部フラッシュ使用時は、説明書にもあるように、ISO感度は手動設定、AまたはMモードで絞り値を手動設定、フラッシュ側も基本はカメラ側と同じISO感度絞り値に設定して、外部自動調光を選択する。また内蔵フラッシュは発光禁止に。なお、スレーブで発光させる場合には、GR Digitalの内蔵フラッシュは2回発光なので、2回発光に対応した外部フラッシュでないと、1回目の発光だけにスレーブ発光して終わってしまうので、失敗してしまう。外部フラッシュでスレーブ発光するときは注意。Nikon SB-30は2回発光のスレーブにも対応している。

コメント

_ 祥風堂 ― 2007年11月23日 17時37分42秒

超遅レスすいません。
SB-30はクールピックスを除くモニター発光には対応していないようです。取説の21ページに記述があります。
鏡に向かってGRDで確認しました。

_ Haniwa ― 2007年11月23日 22時25分24秒

祥風堂様
情報ありがとうございます。そうですか。GR DIGITALでは普段強制発光と発光禁止しか使っていないのでく気付きませんでした。COOLPIX2500ではテストしたのですが。

やってみましたが、たしかにGR DIGITALの赤目発光やAUTOの2回発光では駄目ですね。2回目は光りませんね。ありがとうございます。

違う話題ですが、GR DIGITAL II のフラッシュスイッチいいですね。初代のフラッシュは強制発光なのか発光禁止なのか一目でわかりにくく、また発光させたくない時に手でスイッチを触ってしまってフラッシュがポップアップしたときに即座に発光禁止にできなくてシャッターチャンスを逃したことが何度ももあります。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索