NIKKORレンズのFX・DX表記なくなる、Z6IIIスペースなくなる2024年06月27日 00時00分00秒

【画像1】製品情報 NIKKORレンズでFXがフルサイズに、DXがAPS-Cサイズに表記が変わった

ニコンZ6IIIに続いて、NIKKOR Z 35mm f/1.4まで発売されてしまったが、色々調べて書く時間がない(泣)。それで、小ネタ兼備忘録として、NIKKORレンズのFX・DXが表記なくなったことと、Z6IIIでZと6の間のスペースがなくなったことを記しておきたい。

ニコンは従来、35mmフィルムフルサイズ対応のカメラやレンズを「FXフォーマット」と呼び、APS-Cサイズ対応のカメラやレンズを「DXフォーマット」と呼んできた。
FXフォーマットとDXフォーマットの違い(ニコンイメージング)

しかし、ここ数日以内に、FXを「フルサイズ」、DXを「APS-Cサイズ」と表記するようになったようだ。【画像1】参照
製品情報>NIKKORレンズ(ニコンイメージング)

【画像2】Nikon Z6IIIでZと6の間にスペースがなくなった

また、いままでニコンのZシリーズは「Z 6」「Z 7」のように、Zの後ろにスペースが入っていたのだが、「Z6III」からは正式にZと6の間にスペースが入らなくなっている。【画像2】参照
製品情報>ミラーレスカメラ(ニコンイメージング)

あいだにスペースを入れると、検索の時に面倒だし(検索側が賢いから「Z 6」と「Z6」とを両方検索してくれているが)、ハッシュタグはスペースを入れるとそこで途切れるし、ずっとよくないと思っていた。「Nikon 1」「1 NIKKOR」のときからなんでスペース入れるんだよと思っていた。やっと改まってよい。

ということで、FX・DX表記がなくなったことと、Z6IIIであいだにスペースがなくなったことを記しておきたい。

【追記】

【画像3】FXフォーマットとDXフォーマットの見分け方
【画像4】ニコンZ6IIIにはFXマークがないように見える

上記のFXフォーマットとDXフォーマットの違い(ニコンイメージング)に、FXフォーマットのカメラには「カメラにFXフォーマットを表すマークがつきます。」、DXフォーマットのカメラには「カメラにDXフォーマットを表すマークはつきません。」とあるが、Z6IIIの画像にはFXマークがないみたいだ。これは混乱するよねぇ。(※)
【追記ここまで】

※【さらに追記:2024年6月29日】
kazu様のコメントで気づいたのだが、ニコンZシリーズって、最初のZ7やZ6のときから「FX」表記はなかったようだ。自分のZ6にも「FX」マークついていなかった(汗)。kazu様ありがとうございます。
【さらに追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)