NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)(その2)2022年11月02日 00時00分00秒

西武ホールディングス本社(東京都豊島区):Nikon Z6、NIKKOR ZNIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)、絞り優先AE(F5.6)、1/320秒、ISO-AUTO(ISO 100)、ピクチャーコントロール:AUTO、AWB(5250K)、マルチパターン測光、 ワイドエリアAF(L)、手ぶれ補正ON、自動ゆがみ補正ON(強制ON)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、Nikon HN-35フード(Ai Nikkor 45mm F2.8P専用フジツボ形フード)、Jpeg画像からリサイズのみ

NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)の作例だ。

西武ホールディングス本社(東京都豊島区):Nikon Z6、NIKKOR ZNIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)、絞り優先AE(F5.6)、1/320秒、ISO-AUTO(ISO 100)、ピクチャーコントロール:AUTO、AWB(5250K)、マルチパターン測光、 ワイドエリアAF(L)、手ぶれ補正ON、自動ゆがみ補正ON(強制ON)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、Nikon HN-35フード(Ai Nikkor 45mm F2.8P専用フジツボ形フード)、Jpeg画像からリサイズのみ

NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)を買ったのは、リコーGRのピント合わせ機構が壊れてピントが合わないことが頻発するからだ(ガガガと滑っている音がする)。NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sの写りに不満はないのだが、重すぎる。NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sは500gもあるのだ。長さも沈胴時でも88.5mmある。そして使うのは大抵ワイド端。

リコーGRが約245g(電池、SDメモリーカード含む)なのに対して、ニコンZ6が約675g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)で、NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sが500gなので合計1175gになる。これをNIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)にするとレンズが160gなので、合計835gになる。あんまり変わらんか。いや245gと比べると大して変わらないが、持ってみてZ6 + NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)の方が軽快だ。

NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)は、パープルフリンジの目立つ作例をよく見かけるので、それであまり買いたい気にならなかった。しかし、軽くてコンパクトな単焦点レンズはあった方がいい。それに、自分のAI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>を使った経験では、良いフードを使うとパープルフリンジが出なくなるので(Fotodiox 花型フードAi AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>用(HB-7互換) ― 2012年01月16日)、NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)にもいいフードを付けるとパープルフリンジが軽減されるかもしれない。

世間では、Ai Nikkor 28mm F2.8Sなど用のHN-2フードを付けることが多いようだが、もっと全長が短くて効果的なものがいいな。NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)は前玉が極端に小さいので、HN-2だとまだ足りないような感じだ。50mm用のHR-2でもケラレないという話だ。

そこで、以前Ai Nikkor 45mm F2.8Pを購入したときに、フジツボ形フードのHN-35シルバーの予備を買ったことを思いだした。無くしそうなので販売終了になる前に駆け込みで購入したものだ。
Ai Nikkor 45mm F2.8P用フード、フィルター入手 ― 2006年01月10日

【追記】NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)にHN-35を付けた写真を追加した。↓

NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition) + Nikon HN-35 Hood:Nikon Z6、Ai Nikkor 55mm f/2.8S、絞り優先AE(F2.8開放)、1/20秒、ISO-AUTO(ISO 160)、ピクチャーコントロール:AUTO、AWB(4630K)、マルチパターン測光、手ぶれ補正ON、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Jpeg画像からリサイズのみ

このAi Nikkor 45mm F2.8P専用フジツボ形フードHN-35は、52mm径でNIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)にぴったりだし、ケラレないし、必要十分な遮光効果がありそうだ。それでこの予備のHN-35はNIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)に付けっぱなしにすることにした。ブラックだったらよかったのだが、あいにくAi Nikkor 45mm F2.8Pの投げ売り時にはもうHN-35ブラックは販売終了になっていた。

このHN-35と似たフジツボ形フードが、UNX-5289 NIKKOR Zマウントレンズ用ドームフード52㎜(黒)としてUNから発売されている。このUNX-5289でもよいのだが、HN-35は外側にもフィルター溝が付いていて52mmのニコン旧タイプキャップやAi Nikkor 45mm F2.8P用キャップが付けられるのだが、このユーエヌのUNX-5289はそれがなく、真ん中の穴の径にあった34mmの別売キャップを付ける必要がある。34mmのキャップって小さくて扱いにくいし無くしそうなんだよなぁ。とはいえHN-35は手に入りにくいので、このユーエヌUNX-5289の存在はありがたい。

ニコンは、NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)にフードを設定していない上に、HN-2やHN-3やHN-35を販売終了にしているので、ちゃんとNIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)用のフードを発売して欲しい。HN-35ブラックみたいなのを発売すればよい。どうしてそんなところを手を抜くのかな。

【関連追記:2022年11月24日】
・NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition) + Nikon Z6
NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)(その5) ― 2022年11月24日
NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)(その4) ― 2022年11月15日
NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)(その3) ― 2022年11月11日
NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)(その2) ― 2022年11月02日
NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition) ― 2022年10月29日

・Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8(CONTAX G用) + Nikon Z6
Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8(CONTAX G用)とNikon Z6作例その1 ― 2022年05月25日
Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8(CONTAX G用)とNikon Z6作例その2 ― 2022年05月28日
Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8(CONTAX G用)とNikon Z6作例その3 ― 2022年05月31日
赤城耕一氏のデジカメWatchのBiogon作例が非常に参考になる ― 2022年06月07日
http://haniwa.asablo.jp/blog/2022/06/23/9502596

・Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8(CONTAX G用) + Nikon Z6
Nikon Z6作例1(CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8) ― 2021年11月13日
Nikon Z6作例3(CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8) ― 2021年11月22日
Nikon Z6作例4(CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8) ― 2021年11月24日

コメント

_ タロウカジャ ― 2022年11月02日 13時03分09秒

古くからFマウントとお付き合いしていますと金属フードHN-1から3まで持っているので適当に使いまわしております。
廉価版のズームレンズもほとんどが別売りで結構な値段がするので最短焦点距離のフードでごまかして使用しています。
28mmf/2.8と40mmf/2は、どうも販売戦略の隙間商品の様な感じです。せっかくレンズとしての性能が優れているのにマウント部分はプラスチック、フードの提供が無いと少し不満です。
ここまでやるならシリーズとして20mmf/4と105mmf/2.5を発売して欲しいですね。

_ Haniwa ― 2022年11月02日 14時50分35秒

タロウカジャ様
>古くからFマウントとお付き合いしていますと金属フードHN-1から3まで持っているので適当に使いまわしております。
>廉価版のズームレンズもほとんどが別売りで結構な値段がするので最短焦点距離のフードでごまかして使用しています。

そうですね、Fマウントのレンズを持っていますとたいていのフードは持っていたりしますね。私もHN-2は2つか3つぐらいあると思うのですが、レンズには基本的にフードとフィルターは付けっぱなしにするようにしていますので、今回HN-2を探してちょっとびっくりしました。あんなの500円も出せばきれいなのがあったのに、いま剥げたのが1500円とかします。ニコンはどうしてこういう転売ヤーとかを喜ばせる一方で真面目な撮影者が困るようなことをするんでしょうね。

プラスチック製のバヨネットフードもいいねだんがしますね。ただ、花型フードなど、そのレンズ用に設計されたものは仕方なく買っています。

>28mmf/2.8と40mmf/2は、どうも販売戦略の隙間商品の様な感じです。せっかくレンズとしての性能が優れているのにマウント部分はプラスチック、フードの提供が無いと少し不満です。

私はニコンが若い女性をモデルにして宣伝している機種はユーザーや女性を馬鹿にしているのではないかと疑っています。雰囲気がレトロだったら売れるだろうとフードも用意していないのではないかと思っています。安いんだからフードに金掛けてどうする、みたいな感覚もあるんだと思います。

しかし、もし初心者にアピールするなら(女性だから初心者だろうというのも偏見ですが)なおのことフードは用意しないといけないと思います。それも別売ではなく付属品で。こういうところ、ニコンはユーザーをなめていると思います。HN-35に似たドームフードを出せばよいのに。パンケーキ45mmユーザーも買い増すと思いますよ。

マウント部分のプラスチックは赤城耕一氏も怒っていましたね。有料でいいから金属マウントに交換サービスやってくれ、と。私自身はDX VR 18-55mmとおもしろレンズ工房3本がプラスチックマウントなのでこれで5本目のプラマウントですが、あまりよい気持ちはしませんね。

ただ、このNIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)の光学系は頑張っていると思います。もう少し色々な条件で試してみたいと思います。

>ここまでやるならシリーズとして20mmf/4と105mmf/2.5を発売して欲しいですね。

そうですね。NIKKOR Z 20mm F1.8はその光学性能が魅力で、いずれお迎えしたいと思っていますが、いかんせんあの大きさ重さが…。日常ユースにはちょっと。

そうしますと、仰るように20mm f/4と105mm f/2.5があると面白いですね。

あと、このクラッシックスタイルのレンズは、コントロールリングが1つしかないだけでなく、AF/MF切り替えスイッチもないんですよね。ボディ側から切り替えるらしいです。ただ、ピントが変更できないのは困るので、このピントリング風のリングにほかの機能を割り当てるのは勇気が要りますね。
あとは、絞り環に見える根元のギザギザのところにコントロールリングを入れたら面白かったのに。

20mm f/4(SE)と105mm f/2.5(SE)にはコントロールリング2つを!
宣伝はガチムチ半裸中年男性で(違)。

_ みっち ― 2022年11月03日 07時53分50秒

>NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)の作例だ…

おーっ、購入おめでとうございます!

>リコーGRが約245g(電池、SDメモリーカード含む)なのに対して、…持ってみてZ6 + NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)の方が軽快…

えーっ、カメラ好きと云うのは、新しい機材を買うとき、たいていこのような屁理屈を並べるものです。(笑)たぶん、しばらくするとHaniwa氏がリコーGRの後継機を購入している可能性に100カノッサ賭けます。(爆)

>NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)は、パープルフリンジの目立つ作例をよく見かける…

へぇー、パープルフリンジって、軸上色収差のアレですか。広角レンズで経験したことはあまりないような。どんな条件で出るんですかねぇ。

_ ノーネームしたん ― 2022年11月03日 14時16分31秒

>NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)は、パープルフリンジの目立つ作例をよく見かけるので、それであまり買いたい気にならなかった。

出ないようにできなかったのでしょうね、
まぁ大きさとかが絶望的になるよりはある程度しょうがない、
ならばHaniwa氏の言うようにフードで対応できるなら標準装備とは言わなくても別売で何とか対応しておけなかったのかなぁ?、
このレンズ買う人なら買うでしょうし…、
それともフード有でも場面によっては遺憾でしょうかねぇ?。

>HN-35は外側にもフィルター溝が付いていて52mmのニコン旧タイプキャップやAi Nikkor 45mm F2.8P用キャップが付けられるのだが、

良いですよねHN-35、
再販は…されないだろうなぁ絶対、
Zレンズに似合うデザインの現代版HN-35とか発売されたらと思いますよねぇ、
今出さないなら将来も出さないのか?、将来余裕が出来れば出すのか?、
どうなんでしょうねぇ?。

>西武ホールディングス本社(東京都豊島区)

外側があみだくじになっていまs

_ Haniwa ― 2022年11月08日 22時04分28秒

■ みっち様
お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

>おーっ、購入おめでとうございます!

>>リコーGRが約245g(電池、SDメモリーカード含む)なのに対して、…持ってみてZ6 + NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)の方が軽快…

>えーっ、カメラ好きと云うのは、新しい機材を買うとき、たいていこのような屁理屈を並べるものです。(笑)たぶん、しばらくするとHaniwa氏がリコーGRの後継機を購入している可能性に100カノッサ賭けます。(爆)

ありがとうございます。NIKKOR Z 28mm f/2.8(SE)軽くて嵩張らなくてよいです。

ただ、リコーGRの代わりになるかというと…。ご推察の通り危険がアブナイです(笑)。
このあいだGR3が83Kほどで出ていてちょっと危なかったです。
GRの代わりはGRしかないのですが、ちょっと高いので我慢します(泣)。

>>NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)は、パープルフリンジの目立つ作例をよく見かける…

>へぇー、パープルフリンジって、軸上色収差のアレですか。広角レンズで経験したことはあまりないような。どんな条件で出るんですかねぇ。

絞り開放付近で高輝度部分に出ているようです。
拡大しなくても高輝度部分がなんかワサワサした感じに写っている作例をよく見かけたので気に入らなかったのですが、それがパープルフリンジだったようです。

ただ、私はまだあまりそういうシーンで使っていないのと、Z6は高感度でも破綻しませんので、絞り開放で使う必要がないので、自分ではまだパープリフリンジは遭遇していません。HN-35も装着していますし。時間があったら逆行で枝とか撮ってみます。

NIKKOR Z 24-70mm f/4がシャープなのですがなんか線が太い感じなので、それよりは少し線が細い感じのNIKKOR Z 28mm f/2.8(SE)は悪くはないです。カリカリなのは24-70/4の方なんですけども。

_ Haniwa ― 2022年11月08日 22時12分52秒

■ ノーネームしたん様
お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

>>NIKKOR Z 28mm f/2.8(Special Edition)は、パープルフリンジの目立つ作例をよく見かけるので、それであまり買いたい気にならなかった。

>出ないようにできなかったのでしょうね、
>まぁ大きさとかが絶望的になるよりはある程度しょうがない、
>ならばHaniwa氏の言うようにフードで対応できるなら標準装備とは言わなくても別売で何とか対応しておけなかったのかなぁ?、
>このレンズ買う人なら買うでしょうし…、
>それともフード有でも場面によっては遺憾でしょうかねぇ?。

私が使っている分にはまだパープルフリンジは出ていません。あまり開放で撮っていませんし。
他の方の作例では明らかにパープルフリンジが出ているものがありますが、フードで改善するようなものなのかどうか。

NIKKOR Z 28mm f/2.8のフードに関しては今からでもしっかりしたものを出して欲しいですね。

>>HN-35は外側にもフィルター溝が付いていて52mmのニコン旧タイプキャップやAi Nikkor 45mm F2.8P用キャップが付けられるのだが、

>良いですよねHN-35、
>再販は…されないだろうなぁ絶対、
>Zレンズに似合うデザインの現代版HN-35とか発売されたらと思いますよねぇ、
>今出さないなら将来も出さないのか?、将来余裕が出来れば出すのか?、
>どうなんでしょうねぇ?。

HN-35もう一個手に入れておいてよかったです。もっとはやくにブラックも買っておけばよかったですね。

ユーエヌのドーム型フードで十分なんですが、キャップがもう一息ですよねぇ。HN-35を真似たら駄目なんですかねぇ。HN-35のように外側にキャップ用の溝を付けるとコスト掛かりすぎなんですかねぇ。

>>西武ホールディングス本社(東京都豊島区)

>外側があみだくじになっていまs

左から
カメラが故障する
レンズが故障する
カメラが故障する
レンズが故障する
家電が故障する
しょうもないカメラを買って後悔する

のようになっています(泣)。

_ タロウカジャ ― 2022年11月19日 12時16分43秒

ニコンFマウントレンズのフードの話おまけ
AF-S16-85mmf/3.5-5.6GEDのフードのクリックが緩くなり撮影中に時々外れて落ちるようになりバンドエイドで張り付けると良いのですが、ストレスの原因となるので購入することを検討したところ、
AF-S18-300mmf/3.5-6.3と共用となっているので販売中、ただしヨドバシカメラ価格でもいい値段です。
販売中止になると困るので購入しました。
金属フードHN-1~HN-3は安価でしたね。

_ Haniwa ― 2022年11月20日 11時42分04秒

タロウカジャ様

>ニコンFマウントレンズのフードの話おまけ
>AF-S16-85mmf/3.5-5.6GEDのフードのクリックが緩くなり撮影中に時々外れて落ちるようになりバンドエイドで張り付けると良いのですが、ストレスの原因となるので購入することを検討したところ、
>AF-S18-300mmf/3.5-6.3と共用となっているので販売中、ただしヨドバシカメラ価格でもいい値段です。
>販売中止になると困るので購入しました。

AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VRのフードはHB-39ですね。

希望小売価格税込3,300円って高いですね。
ttps://www.nikon-image.com/products/accessory/lenshood/hb-39/

バヨネットの花形フードですから他で代用も難しく、買うしかないですね。
しかも最近のニコンはすぐに販売終了にしますから後から探すのはかなり大変になります。

私もAi AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>用に買ったFotodiox 花型フード(HB-7互換) は、パーマセルで留めています。フードに短く切ったパーマセルを何枚か貼り付けてあります。これで何年かは貼ったり剥がしたりして使えます。粘着力が弱くなったり、固くなってきたらまた切って貼っておきます。

>金属フードHN-1~HN-3は安価でしたね。

無くなるって知っていたら最後に2~3個ずつ買っておいたのですが…。
HN-1~HN-3は汎用性があって安価でしっかりしていてよかったですよねぇ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)