ポンペイ展(東京国立博物館)に行ってきた2022年03月17日 00時00分00秒

【作例1】ポリュクレイトス『槍を持つ人』 前1~後1世紀(オリジナルは前450~前440年)ナポリ国立考古学博物館蔵:Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、24mm、絞り優先AE(F4開放、1/25秒電子シャッター)、ISO-AUTO(ISO 1250)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、AF-S、手ぶれ補正ON(ノーマル)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

前から行きたいなと思っていた「ポンペイ展」(東京国立博物館)に行ってきた。
特別展「ポンペイ」 / 平成館 特別展示室 2022年1月14日(金) ~ 2022年4月3日(日) (東京国立博物館)
厳密には東京国立博物館のは「特別展『ポンペイ』」で、2022年4月21日-2022年7月3日に京都市京セラ美術館で開催されるのが「ポンペイ展」であるようだ。どうでもいいことだが、京都市京セラ美術館のサイトは「京都市京セラ美術館」と書いてあるところのほとんどが画像でコピペできないのでちょっと腹立つ。

【作例1】ポリュクレイトス『槍を持つ人』 前1~後1世紀(オリジナルは前450~前440年)ナポリ国立考古学博物館蔵:Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、24mm、絞り優先AE(F4開放、1/25秒電子シャッター)、ISO-AUTO(ISO 1250)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、AF-S、手ぶれ補正ON(ノーマル)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

特別展「ポンペイ」では撮影が可能だったのでありがたい。ただし、フラッシュは禁止。

特別展「ポンペイ」は、個人利用にかぎり展示室内で写真撮影ができます。

撮影はご自身で行ってください。

画像をご使用の場合は利用者の責任においてお願いします。

展覧会主催者は一切の責任を負いません。

混雑状況など、主催者の判断により展示室内での写真撮影を中止する場合もあります。予めご了承ください。

Z6だとD300やD300Sとは違って高感度性能がよいのでこういう暗い博物館でも安心して撮れる。

【作例2】ヘルマ柱型肖像(通称「ルキウス・カエキリウス・ユクンドゥスのヘルマ柱」)前1~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵:Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、24mm、絞り優先AE(F4開放、1/25秒電子シャッター)、ISO-AUTO(ISO 1600)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、AF-S、手ぶれ補正ON(ノーマル)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

【作例2】ヘルマ柱型肖像(通称「ルキウス・カエキリウス・ユクンドゥスのヘルマ柱」)前1~後1世紀 ナポリ国立考古学博物館蔵:Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、24mm、絞り優先AE(F4開放、1/25秒電子シャッター)、ISO-AUTO(ISO 1600)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、AF-S、手ぶれ補正ON(ノーマル)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

ヘルマって首から上と生殖器だけを付けているところが気になるので載せてみた。知らないと蛇口か何かだと思ってしまう。ハニワニワの水道蛇口もハニワヘルマにして近所の顰蹙を買ってみたい(違)

【作例3】パシェリエンプタハのミイラ エジプト、テーベ出土 第22王朝・前945~前730年頃 エジプト考古庁寄贈東京国立博物館蔵(東洋館):Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、24mm、絞り優先AE(F4開放、1/25秒電子シャッター)、ISO-AUTO(ISO 51200)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、AF-S、手ぶれ補正ON(ノーマル)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

【作例3】パシェリエンプタハのミイラ エジプト、テーベ出土 第22王朝・前945~前730年頃 エジプト考古庁寄贈東京国立博物館蔵(東洋館):Nikon Z6、NIKKOR Z 24-70mm f/4 S、24mm、絞り優先AE(F4開放、1/25秒電子シャッター)、ISO-AUTO(ISO 51200)、AWB、ピクチャーコントロール:AUTO、マルチパターン測光、ワイドアエリアAF、AF-S、手ぶれ補正ON(ノーマル)、高感度ノイズ低減:標準、手持ち撮影、Nikon NCフィルター、バヨネットフード HB-85

これは平成館で行われている特別展「ポンペイ」の展示品ではなく、東洋館に展示されているエジプトのミイラだ。展示品の保護のためかここだけ特に暗くなっていて、Z6のISO 51200の威力を発揮した。ただ、どこにピントが来ているのか分からないぐらいのディティールだ。これもJPEG画像をリサイズしただけのものだ。なお、東洋館は東京国立博物館所蔵以外の展示品は撮影禁止なので要注意だ。

パシェリエンプタハのミイラ(ぱしぇりえんぷたはのみいら)(東京国立博物館)によると、「2022/03/08から2022/07/31まで東洋館 3室で展示」とのことだ。古代エジプトのミイラ / 平成館 企画展示室 2010年7月13日(火) ~ 2010年9月20日(月) (東京国立博物館)も参照。

このミイラは、1904(明治37)年5月に、エジプト考古庁(G・マスペロ長官)から、東博の前身である帝室博物館へ寄贈されたものです。当時のエジプト考古庁長官は代々フランス人が勤めていました。

寄贈に至る経緯は知られていませんが、在京の英国公使館員がエジプト考古庁との仲介の労をとったようです。この年1904年は日露戦争が勃発した年で、 その2年前(1902年)に成立した日英同盟に基づき、日英両国は蜜月の関係にありました。因みに、当時のエジプトは、政治的には英国の支配下にありまし た。

ミイラはテーベの墓で出土したものですが、詳しい発見の経緯は知られていません。繭(まゆ)の中のサナギのように、亜麻布を貼り合わせた人形(ひとがた)のカルトナージュ棺に納められていましたが、到着後、棺は切り分けられ、「身」と「蓋」のような2つの部分になりました。やがてそれが展示公開される と、博物館には連日多くの人がそれを見に訪れたことが、当時の新聞記事などからわかります。その公開から100年余りが経ちました。わが国には数少ないミ イラの一つを見ながら、古代エジプトの生と死について、考える機会となれば幸いです。

なお、東京国立博物館は2022年3月31日(木)までは事前予約制になっていて、感染防止のためか入館者が制限されているようで、人が少なくてゆっくりと観覧できた。

博物館とは関係ないが、JR上野駅の公園口の前の道路(上野公園通り)が塞がれていて、改札を出たらそのまま公園内になるようになっていた。改札の位置も北側に移動していた。旧改札前の道路(上野公園通り)は分断されてそれぞれUターンするような道路になっていた。ここを通っていた車は両大師橋を通るしかないのかな。


【追記】
以前「ポンペイ展」に行ったことがあるなぁと検索したら、2010年に横浜美術館でやっていたポンペイ展に行っていたようだ(会期:2010年3月20日(土)~6月13日(日))。写真を探したが、少なくともデジタル化した画像はなかった。フィルムで撮ったとも思えないので撮影禁止だったのかな。
ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡(2010年横浜美術館)

【さらに追記】
うーん、もっと前だったような気がするし、横浜じゃなかったような気がする。とするとポンペイの輝き -古代ローマ都市 最後の日-(2006年4月28日(金)~6月25日(日)Bunkamuraザ・ミュージアム)かな。これも自分の撮った写真はなさそう。

【追記その3】
日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展(2015年4月29日)によると、「2006年(Bunkamuraザ・ミュージアムなど)、2001年(江戸東京博物館など)、1997年(横浜美術館など)と、過去に何度か開かれているポンペイ展ですが、まさに決定版といえる豪華展です。」とあるので、1997年横浜美術館、2001年江戸東京博物館の可能性もあるのか。図録も探してみよう。

【追記その4】

横浜美術館「ポンペイの壁画展 2000年の眠りから甦る古代ローマの美」(1997年4月12日~6月15日)

アルバム探したらチケットが保存してあった。1997年6月15日の会期最終日に横浜美術館の「ポンペイの壁画展 2000年の眠りから甦る古代ローマの美」に行ったようだ。展示の写真はなく、入口とその周囲の写真がコニカ現場監督28HG(1994年10月発売)で撮影されていた(まだデータバックに交換してもらう前)。25年前ですな。記憶があやふやなはずだ。ああ、すっきりした。いまはネット予約で紙のチケットがないから、あとから探すのに苦労しそう。いまは撮影が許可されているから探せるか。
【追記その5】この時期の膨大なネガカラーフィルムをデジタル化したいなぁ。老後の楽しみに取って置きたいが、そのころにはもうSuper COOLSCAN 5000EDは動かない可能性が高いし、かといってネガをうまく反転させてゴミ取りまでやってくれる何らかの装置があるとも思えないし。デジカメでのデュープはソフトウェアが問題だと思う。こちらの方はすっきりしない。

コメント

_ ノラ猫軍将軍山本ミケ六 ― 2022年03月17日 14時34分35秒

発掘した石造の色を落としても良いのなら塗ってもよいはず!、
Haniwaさん大理石にカラフルに塗っておきましょう。

>Z6だとD300やD300Sとは違って高感度性能がよいのでこういう暗い博物館でも安心して撮れる。

これが強みなのですよねぇ、
うちも何かフルサイズ検討しないと…。

>ハニワニワの水道蛇口もハニワヘルマにして近所の顰蹙を買ってみたい(違)

近隣の住民はハニワヘルマの蛇口に気が付かないので平気です。

_ Haniwa ― 2022年03月17日 14時49分44秒

ノラ猫軍将軍山本ミケ六閣下

>発掘した石造の色を落としても良いのなら塗ってもよいはず!、
>Haniwaさん大理石にカラフルに塗っておきましょう。

京大の折田先生像のような目に…(泣)。

>>Z6だとD300やD300Sとは違って高感度性能がよいのでこういう暗い博物館でも安心して撮れる。

>これが強みなのですよねぇ、
>うちも何かフルサイズ検討しないと…。

そうなんです、35mmフルサイズで画素を欲張っていないので高感度がよい感じです。
D300などではISO 3200とか使いたくなかったですもの。

ただ、Z fcの高感度がAPS-Cにしてはかなり良いという評判ですので、Z fcの選択肢もありうると思います。

>ハニワニワの水道蛇口もハニワヘルマにして近所の顰蹙を買ってみたい(違)

>近隣の住民はハニワヘルマの蛇口に気が付かないので平気です。

消防隊が消火栓と間違えるぐらいのはずなんですが(泣)。

_ 仙台人 ― 2022年03月27日 10時17分45秒

Haniwa様か最新式のZを使われるようになるのですから、フィルムと絞り環の時代も一区切りついたのですね。合掌。
フィルム一本がとんでもない値段になったりモノクロを現像をラボに出そうものならえげつない事になったり、ヤフオクで「未使用 Tri X」のフィルム缶が「中身を出して」ヤフオクに出されるような世の中のようですので…
自分は鉄道や山など寒い、遠いところに行くことが(コロナ禍の前は)多かったので電池の持ちが心配なのですが如何でしょうか。
D850とZで迷ってますが、マウント遊びが魅力的です。

_ Haniwa ― 2022年04月03日 13時08分04秒

■ 仙台人様
お返事が遅くなってすみません。

>Haniwa様か最新式のZを使われるようになるのですから、フィルムと絞り環の時代も一区切りついたのですね。合掌。

ずっと35mmフルサイズを横目で見ていましたが、もう一気にミラーレスにしようと思いました。ずっとフィルムで撮り続けたかったのですが、途中でスポーツ写真を撮るはめになり、フィルムと両立が難しくなりました。機材が重くてDSLRとフィルム一眼レフを同時に持って行けなくなったからです。高級フィルムコンパクトカメラはその時点で高騰しており手が出せませんでした。でもフィルムでも細々とは撮り続けたいとは思っています。

>フィルム一本がとんでもない値段になったりモノクロを現像をラボに出そうものならえげつない事になったり、ヤフオクで「未使用 Tri X」のフィルム缶が「中身を出して」ヤフオクに出されるような世の中のようですので…

フィルムの高騰だけではなく、一部のカメラ屋さんではフィルムカメラがものすごい値段で販売されていたりします。そういうお店はもう巡回ルートから外しました。

>自分は鉄道や山など寒い、遠いところに行くことが(コロナ禍の前は)多かったので電池の持ちが心配なのですが如何でしょうか。

Nikon Z6に関しては、電池の持ちは気にならないレベルだと思います。Jpeg+RAWで600枚×2ぐらい撮って(レンズはZ 24-70/4)で10数%の減りという感じです。予備にNikon 1 V1で使っていたEN-EL15を持って行っていますが、一度も交換したことがありません。GRとは違って寒くて電池の減りが早いという傾向も気が付かない程度だと思います。冬山ですと予備にEN-EL15cを持って行けば大丈夫ではないでしょうか。

>D850とZで迷ってますが、マウント遊びが魅力的です。

どちらも一長一短ではあります。
ZはAFがDSLRに比べてちょっとアレなところがあります。望遠でスポーツを撮るならZはよく考えた方がよいと思います。鉄道なら大丈夫だと思います。Z6のデフォルト設定ですとAFがF-501みたいになるので、検索して一番反応がはやい設定にしてあります。

マウント遊びは楽しいです(笑)。それにショートフランジバックのレンズをつけるとコンパクトでよいです。FTZ経由でFマウントレンズをつけますと、Fマウントボディよりも長くなってしまいます。Zボディは撮像素子面よりも後ろが長いのでFTZを付けたら後ろの出っ張り分長くなってしまうのです。Fマウントのパンケーキ付けてもちっともパンケーキではありません。

Zでのマウント遊びのメリットは、ボディ内手ぶれ補正が効くことです。おもしろレンズ工房どどっと400はF8と暗いので手ぶれも誘発しやすくなかなか使うのが難しかったのですが、Z6ですと手ぶれ補正もあり高感度もISO 51200までいけるので、400mm F8が手持ちで室内で使えてしまいます。

マウント遊びで問題になるのは撮像素子前面のカバーガラスの存在による広角レンズでの像面湾曲です。私は広角レンズ好きなので、これにはちょっと困りました。大好きなBiogon T* 21mm F2.8の本領が発揮できません。

LAOWAのZero-DレンズのZマウント用だとBiogonの代わりになりそうな気がします(←あたらな物欲)。

ZはライカM互換レンズでZマウントであればかなり楽しめるとは思います。山では軽さとコンパクトさが生きると思います。自分もライカM互換レンズに移行したいなとは思っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)