ニコンレンズキャップLC-55AってなんでAが付いてるの?2021年06月18日 00時00分00秒

(左)Nikon LC-52、(右)Nikon LC-55Aレンズキャップ

Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sのレンズ先端保護 ― 2021年06月17日ということで、Kenkoのステップアップリング52mm→55mmとステップダウンリング55mm→52mmにレンズ付属のLC-52キャップをする話はした。

ところが、ニコンにはLC-55Aというレンズキャップもあることに気づいたので、LC-55Aも買ってみた。これだとKenkoのステップアップリング52mm→55mmにLC-55Aを付けるので、ステップダウンリング55mm→52mmの分だけ厚みが減る。

それで、LC-55AはAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRでしか使っていないキャップなのに、どうして末尾にAが付いているのか気になった。55mm径というのは、1 NIKKORレンズにあるだけで(たとえば1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6はLC-N55キャップ)、FマウントのレンズにはAF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRしかないはずで、「LC-55」の改良型というわけではなく、最初からLC-55Aなのだ。

触ってみるとLC-55Aはつまむところのスプリングが強い感じだし、なんかLC-52よりも分厚い。どうなってるんだ?と裏返して初めて分かった。スプリング部分の構造が違うのだ。

(左)Nikon LC-52、(右)Nikon LC-55Aレンズキャップ

LC-55Aは最後かなり強くつままないと55mmのフィルター枠にははまらない感じ。触った感じも分厚くてほかのレンズキャップとは違和感がある。【さらに追記】どうしてLC-55Aは強くつままないとはまらないのか分かった。他のLC-52などのAの付かないレンズキャップは、つまむとその部分が52mm径用なら52mmよりも引っ込むのだが、LC-55Aは最大につまんだ状態で55mm径ギリギリまでしか縮まらないのだ。だから55mmのフィルター枠に付けようとすると一番縮んだ状態にまでぐっと力を入れなければならない。スプリングが強いというよりも、つまむ部分の引っ込み代が小さくて径ギリギリなのだ。これはアカン奴ですわ…。【さらに追記ここまで】

Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S + Kenkoステップアップリング52mm→55mm + LC-55A

LC-55AはLC-52よりも分厚いが、ステップダウンリング55mm→52mmの厚みほどLC-55AがLC-52よりも分厚いわけではないので、トータルではKenkoのステップアップリング52mm→55mmとLC-55Aの方が、Kenkoのステップアップリング52mm→55mmとステップダウンリング55mm→52mmにレンズ付属のLC-52よりもちょっとだけ薄い。しかし、その差はそんなにない。

わずかな薄さよりも、LC-55Aがレンズキャップ装着時にかなり強くつままないといけないことの方が使い勝手に影響しそうだ。せっかくLC-55A買ったのにな。分厚くてスプリングが強いとは思わなかった。今後他のサイズのレンズキャップもA付きのものに変わっていく可能性がある。これは嫌だな。【追記】考えてみたらZマウントのレンズには別のレンズキャップが用意されていて、LC-52、LC-58、LC-62…といったレンズキャップはFマウントレンズ専用だ。Fマウントレンズは全部終了の方向だから今後このAタイプレンズキャップに置き換わることはなさそう。【追記ここまで】

ということで、せっかく買ったLC-55Aだが、お蔵入りかも(泣)。

Nikon レンズキャップLC-55A、ソフトケースCL-0915、Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S with LC-52

ついでにAi Micro-Nikkor 55mm f/2.8S用のレンズソフトケース CL-0915も買ってみた。こちらは可もなく不可もなくという感じ。大昔の本革製のレンズポーチの方が好きだが、あれは黴びやすいかもしれないので、こういう化繊の通気性がありそうなポーチの方が味はないけれども実用にはよさそう。

【関連追記】
ニコンのレンズキャップは新しくなるほど気が利かないものになっている。いいのかこれで。Zレンズのキャップは触ったことがないけど。
Nikon LC-N55レンズキャップの代わりにSIGMA LCF-55III ― 2015年03月02日

【関連追記2】
ニコンマニュアルフォーカスレンズすべてが「旧製品」に ― 2020年08月05日
さらば!MFニッコールレンズ(日本カメラ)、「哲朗の部屋」(CAPA) ― 2020年10月23日
AI Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sをニコンダイレクトアウトレットでポチッと ― 2021年05月30日
AI Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sが届いた、シリアルNo.は… ― 2021年06月01日
Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8S 作例 ― 2021年06月14日
Ai Micro-Nikkor 55mm f/2.8Sのレンズ先端保護 ― 2021年06月17日

コメント

_ めがねのパイロット ― 2021年06月18日 21時28分50秒

 Haniwa様

 あらら、まるでキャップ沼のような(違)

 そんなビミョーな違いがあるんですね。
 トリビアです(笑)

 Zレンズ、見てみました。
 つまみきると、可動部分とその周囲はキレイに円周になりますが、取り付けには苦労しない程度のアソビがあるので、取り外しに支障はないですね。

 案外、やりすぎた、と言って戻していたりして(笑)

_ Haniwa ― 2021年06月19日 11時54分36秒

めがねのパイロット様
いやまさにキャップ沼です(笑)。

なんでAが付いているのかなと思いつつ買ってみましたら、微妙に色々違ってました。
つまみの可動域が小さくて55mm径のフィルター枠にはめるのにぎゅっと強く握り続けないといけないのはちょっと設計ミスなんじゃないの?と思いました。

>Zレンズ、見てみました。
>つまみきると、可動部分とその周囲はキレイに円周になりますが、取り付けには苦労しない程度のアソビがあるので、取り外しに支障はないですね。

それはよかったです。Zレンズの方はBが末尾に付いているものが多いですね。Z用キャップはなんかSIGMAのキャップに似ているような(笑)。

>案外、やりすぎた、と言って戻していたりして(笑)

たぶんそうなんじゃないですかねぇ。もしAタイプの方がよかったら他の径もLC-52Aとかになっていたはずです。やろうと思っていたけど思いのほか早くFマウントが終了してしまったのかもしれませんが(泣)。

_ タロウカジャ ― 2021年06月19日 12時30分07秒

レンズ性能にあまり影響しない使いこごちの世界ですね。
手元のLC-52、LC-58、LC-67と掲出されているLC-55Aの表面を比較するとつまみの大きさの比率や形が異なりますね、裏面もばねの形状が全く異なります。
他に同じAタイプのキャップがないとするとなぜ55㎜だけ製造して製品化したのでしょうか。書かれておられる様にFマウントの終焉が早すぎた。
余談ですがD500の後継機が出るとの噂がありますが標準ズームが製造終了しているのでDXのボデーだけ発売しても所詮は線香花火になってしまうでしょう。それとも新しいDX用の標準ズームを一緒に発売する。そうなると販売戦略がおかしくなります。
むしろDXタイプのZでD500を上回る機種を発売すべきでしょう。
Z9のDX版Z500(仮称)なら売れます。

_ みっち ― 2021年06月19日 13時05分43秒

これはみっちだけの感想かもしれませんが、あの摘むタイプのレンズキャップは、ゴム鉄砲よろしく吹っ飛ばしたことが何度かあり(汗)、あまり良い印象を持っていないのです。(笑)特にスプリングが強くて、つまみのところが滑りやすい奴は、豪快に飛びます。(爆)そんなこともあって、みっちの場合、撮影に行く時は、キャップはあらかじめ外しておくことが多いです。カメラバッグの仕切りクッションは結構うまく保護してくれますので。

ところでレンズのシリアル番号の話が出ましたが、マイナンバーは秘匿しないといけないんでしょうか。マイナンバーカードを見ると、番号は電子的記録で、目では確認できません。なんと裏面の番号記載欄にはテープが貼ってあります。例えば、Haniwa氏が「への3番」(本当は12桁の数字ですー笑)だと分かったとすると、いったいどういうリスクがあるんでしょうか。

Haniwa「私のマイナンバーはへの3番で…」
すると見るからに好々爺の質屋主人の顔が見る見る変わり、傍の日本刀を抜くと
質屋主人「お前Haniwaだな!、覚悟せい!!」
Haniwa少しも騒がず、懐から取り出したLC-55A改を指でパチンと。(笑)
質屋主人もそれなりに手練れと見えて、飛んできたLC-55A改を見事真っ二つに。(爆)
さぁ如何がなりましょうか、続きは次回のコメントで。(違)

_ ノーネームしたん ― 2021年06月19日 16時22分51秒

そのうちH記号表記のキャップが出てHaniwa氏専用のデザインになります、
そのキャップを社員が見たら速警報が出され……

>ニコンのレンズキャップは新しくなるほど気が利かないものになっている。

使ってない人が作ってるのか?、それとも作ってる人にはこれが使いやすいのか…、
まあ使い心地は人によるのでアレなんですが…。

_ Haniwa ― 2021年06月27日 15時25分02秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ タロウカジャ様
>レンズ性能にあまり影響しない使いこごちの世界ですね。

そうなんですが、プロの方と違ってずっと撮っているわけではないので、撮らないときはキャップをします。特に水辺とか飲食時とかにはキャップします。ですから、キャップの脱着がスムーズでないのはちょっとストレスです。

>手元のLC-52、LC-58、LC-67と掲出されているLC-55Aの表面を比較するとつまみの大きさの比率や形が異なりますね、裏面もばねの形状が全く異なります。
>他に同じAタイプのキャップがないとするとなぜ55㎜だけ製造して製品化したのでしょうか。書かれておられる様にFマウントの終焉が早すぎた。

LC-55Aの方が低コストなんでしょうね。でもFマウント全部に拡がる前にFマウントは…。

>余談ですがD500の後継機が出るとの噂がありますが標準ズームが製造終了しているのでDXのボデーだけ発売しても所詮は線香花火になってしまうでしょう。それとも新しいDX用の標準ズームを一緒に発売する。そうなると販売戦略がおかしくなります。
>むしろDXタイプのZでD500を上回る機種を発売すべきでしょう。
>Z9のDX版Z500(仮称)なら売れます。

D500は連写性能に優れていて比較的安価です。またDXなりの望遠効果もあります。それでZシリーズはとみますと、あんまり連写性能がよろしくないような…。ニコンはNikon1では連写に優れましたが、Zシリーズではもう一息のところがあります。それでそういう噂があるのだと思います。

Z9のDX版Z500(仮称)が比較的安価で本当にAFが食いつく連写であれば売れると思いますが、果たしてどうなのか…。ニコンはミラーレスでのAFになにか抱えているんですかねぇ。やっぱりセンサーを自前で作っていないのが裏目に出ているのか、色々と勘ぐりたくなります。

_ Haniwa ― 2021年06月27日 15時40分10秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ みっち様
>これはみっちだけの感想かもしれませんが、あの摘むタイプのレンズキャップは、ゴム鉄砲よろしく吹っ飛ばしたことが何度かあり(汗)、あまり良い印象を持っていないのです。(笑)特にスプリングが強くて、つまみのところが滑りやすい奴は、豪快に飛びます。(爆)そんなこともあって、みっちの場合、撮影に行く時は、キャップはあらかじめ外しておくことが多いです。カメラバッグの仕切りクッションは結構うまく保護してくれますので。

実は私もキャップを飛ばしてレンズに当てたことがあります(泣)。
保護フィルターをしていましたので、前玉は大丈夫でした。フィルターも傷が入ったように見えましたが、帰宅してから無水アルコールで拭いたら何事もなかったかのようにきれいになりました。ただ、顕微鏡とかでみたらフィルターに傷が入っているのかもしれませんが、まあ撮影に影響なければ問題なしです。

カメラバッグはそういうときにやはり専用カバンだけはありますね。カメラバッグではないときはかならずキャップをしています。ですからLC-55Aはちょっと常用したくないキャプですね。

>ところでレンズのシリアル番号の話が出ましたが、マイナンバーは秘匿しないといけないんでしょうか。マイナンバーカードを見ると、番号は電子的記録で、目では確認できません。なんと裏面の番号記載欄にはテープが貼ってあります。

行政の公式アナウンスでは、番号だけではどうにもならないので番号隠さなくても大丈夫ということです。しかし、私の持っているマイナンバーカードに付いてきた透明カバーは番号のところが見えないようになっています。

>例えば、Haniwa氏が「への3番」(本当は12桁の数字ですー笑)だと分かったとすると、いったいどういうリスクがあるんでしょうか。

マイナンバーの情報に職務上アクセスできる人が勝手に情報を見ることができるでしょね。ただ、昔よりはそういうアクセス権の設定は厳しくなっているはずです。大昔は自動車税の登録情報を都道府県税務事務所で職員なら誰でも閲覧できたり、社会保険事務所の職員なら誰でも年金情報を見られたりしました。一時期有名人の年金未納がバレたのもそういうところからでした。

マイナンバーの番号だけでサラ金からお金を借りたりはできないと思いますので、番号が知られても問題はないのだと思います。ただ、むやみやたらと知らせる必要はないのでやっぱりかくしておいた方がいいんですかねぇ。ブログのトップに私のマイナンバーは「への3番」とか書く必要もなさそうですし(笑)。

>Haniwa「私のマイナンバーはへの3番で…」
>すると見るからに好々爺の質屋主人の顔が見る見る変わり、傍の日本刀を抜くと
>質屋主人「お前Haniwaだな!、覚悟せい!!」
>Haniwa少しも騒がず、懐から取り出したLC-55A改を指でパチンと。(笑)
>質屋主人もそれなりに手練れと見えて、飛んできたLC-55A改を見事真っ二つに。(爆)
>さぁ如何がなりましょうか、続きは次回のコメントで。(違)

LC-55Aはそういう使い道が…。ここはチタン製の特性LC-55A改を用意して日本刀に刃こぼれを起こさせます。

質屋主人「ああ、伝家の宝刀が…」
Haniwa「ふっふっふ、シャッター泣きのF-301で1万円貸してもらうぜ」
質屋主人「そりゃあんまりだ」

_ Haniwa ― 2021年06月27日 15時50分11秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ ノーネームしたん様
>そのうちH記号表記のキャップが出てHaniwa氏専用のデザインになります、
>そのキャップを社員が見たら速警報が出され……

ニコンSC職員「LC-55H…(机の下の緊急ボタンを押す)」
裏から屈強の半裸の男達が現れなぜかボディビルダーのポーズを取る(謎)。

>>ニコンのレンズキャップは新しくなるほど気が利かないものになっている。

>使ってない人が作ってるのか?、それとも作ってる人にはこれが使いやすいのか…、
>まあ使い心地は人によるのでアレなんですが…。

LC-55Aはなんで使い心地が悪いのか改めて見てみましたが、最後までぎゅっと握らないと55mmのフィルターの入るほどには突起が引っ込まないだけでなく、最後の一息が重いのです。それは裏面のプラスチックのバネが、最初は曲がっているところの曲りがきつくなるだけなのに、最後まで縮めようとするとプラスチックのバネの起点が動くぐらいにしないといけなくなる構造だからのようです。要は縮み代が短くてそれに合せたバネサイズなのが駄目なんですけど。

やっぱり使ってみないで設計している感じがします。
55mmフィルターの内径はネジ山も含めて決まっているので(そうでないとフィルターねじ込めませんから)、実際に作ったものを試してみてから製品化していないような気がします。

撮影だけが目的でないときは頻繁にキャップを付け外ししているので、このLC-55Aは使いにくいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)