昼間から中波の遠距離局が聴こえる2019年10月22日 17時02分05秒

SONY ICF-SW7600GR、横浜スタジアムのナイトゲームにてRCC中国放送1350KHzを受信しているところ(2015年撮影)

ここ数日、遠距離にある中波の放送局が昼間でもよく聴こえるようだ。

中波というのは普段は伝播の特徴として、電離層D層があらわれる昼間は、D層に吸収されるという性質がある。そして電離層D層がなくなる夜間になるとD層が消滅しE層で反射するので、電離層反射波により遠距離まで到達するようになる。

2019年10月22日(火)17:22JSTの宇宙天気予報センターHPのスクリーンショット

この数日スポラディックE層がLevel3(活発)になっているので、その関係かもしれない。
宇宙天気予報センター(NICT)
現況・トレンド>スポラディックE層(NICT)

スポラディックE層(Eスポ)というのは普通はVHFの電波を反射するので、遠方のFMやかつての地上波アナログTVの1-3chあたりが受信できたり混信したりした。

今回の遠距離中波の受信状況はEスポがもっと低い周波数も反射するようになっているのかもしれないね。でもD層はどうなっているんだろう。D層消滅のEスポなのか。

感度のいいラジオを持っている人は色々試して欲しい。感度の低いラジオも普段入らない放送局が入るかもね。

【追記】そういえば、一昨日のラグビー日本対南アフリカ戦を風呂場のあまり感度のよくないツインバードの防水ラジオで聴いたときに、地元のNHK第一東京594kHz 300kWと間違えてNHK第一大阪666kHz 100kWにチューニングしていたのを思いだした。普段はお風呂場ラジオで大阪のAM放送局は入らないわけではないが、このラジオでは地元局と間違うぐらいに明瞭には入らないからだ。そのときからこの現象はあったんだな。【追記ここまで】

【参考】AMラジオ局周波数一覧表(oyakudachi.net)


写真は2015年のもの。SONY ICF-SW7600GRで横浜スタジアムのナイトゲームにてRCC中国放送1350KHzを受信しているところ(2015年撮影)。Nikon 1 V1、1 NIKKOR 10mm f/2.8、RICOH ワイドコンバージョンレンズ GW-1(21mm相当)


戴いたコメントのお返事はもう少しお待ちください。

自分で組み立てる中判カメラ「LomoMod No.1」 液体式レンズを採用2019年10月28日 00時00分00秒

JR東日本アプリandroid用Ver.3.1.2のスクリーンショット:HUAWEI P20 lite 2019年10月26日の8時47分なのにランダムに10月25日15:13のキャッシュが表示される

このブログは趣味のブログなのであまり災害のことには触れないでいるのだが、2つの台風(15号・19号)が関東地方を直撃して、そのあと台風21号からの雨雲でまたまた大雨で水害とは…。被災された方の一日も早い復興をお祈りします。

さて、ロモジャパンが自分で組み立てる中判カメラ「LomoMod No.1」 液体式レンズを採用を発売するそうだ。

株式会社ロモジャパンは、120フィルム対応の中判フィルムカメラのDIYキット「LomoMod No.1」を発売する。直販サイトで予約を受け付けている。

本製品は、折り紙や指物にヒントを得たという中判フィルムカメラのDIYキット。型抜き加工された段ボールを用いて、プラモデルのように中判フィルムカメラが作成できる。ネジや接着剤は使用しない。

根幹部位となる「レンズユニット」と「絞り&シャッターユニット」は個別に用意され、作成したボディにセットする形で使用する。

なお、レンズユニットは、付属の注射器で液体を注入して使用。注入する液体の種類や量によってさまざまな変化が楽しめるのも本製品の特徴となる。

シャッターユニットは、多重露光やバルブモードに対応する。

また、フィルターとのセットのほか、35mm一眼レフカメラ「Konstruktor F」を同梱した「DIY カメラ キット」(税込1万650円)も用意する。

直販価格が税込6,480円 ということなので、ちょっとそそりますな。液体式レンズというのがどのくらい写るのかによっては欲しいかも。ただ、「焦点 固定焦点」とあるので、もしかしたらどこにピントが合ってるのか分からないぽやっとした写りのものなのかもしれない。しかし、焦点距離80mmという記載以外に、固定焦点の次の項に「焦点距離 2.5 m to Infinity, with 1 Adjustment Ring: 1.5 - 5 m 」とあるので、目測でピント合わせできるのかな。

https://shop.lomography.com/jp/lomomod-no1?country=jpの作例のうち、窓越しの作例(と勝手に呼ばせてもらう)は、きちんとピントが来てシャープな感じだ。いつもこう写るのなら欲しいかも。


写真は記事とは関係ない。
JR東日本アプリandroid用Ver.3.1.2のスクリーンショット:HUAWEI P20 lite 2019年10月26日の8時47分なのにランダムに10月25日15:13のキャッシュが表示される

このスクリーンショットは2019年10月26日の8時47分に撮ったものなのだが、JR東日本アプリでは、最新情報と前日の10月25日15時13分現在の情報が表示するたびに入れ替わって出てきて困った。以前はこんなことはなかった。どうして前日の15:13のキャッシュが出るのか分からないが、紛らわしいのでやめて欲しい。

特に運休路線が多いときに最新の情報ではなく前日の情報が表示されるのはかなりまずい。いちいち画面上部の「○○現在」のところを確認する必要がある。この画面に戻るたびに最新だったり15:13のキャッシュだったりする上に、運休路線が多くてかなり下までスクロールしないといけないので、間違った情報に基づいて行動するところだった。他の鉄道会社のアプリよりもJR以外の運休や遅れの情報もはやくて重宝しているだけに、なんとかしてほしい。余計な機能の充実よりも運行情報表示に注力して欲しい。

キャッシュレス消費者還元事業でOrigami Payを使ってみた2019年10月31日 00時00分00秒

JR新宿駅LUMINEの広告:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/25秒、ISO320、プログラムAE、AWB

10月1日から消費税が10%になって「キャッシュレス消費者還元事業」というものが始まったらしい。
消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業

なんとかPayというのは興味がなくて、各種カードやSuicaぐらいしか使っていなかった。

キャッシュレス還元、筆者は「Origami Pay」と「FeliCa対応デビット」で乗り切る(石野純也)という記事を読んで、Origami Payというものをスマホ(HUAWEI P20 Lite)に入れてみた。

このOrigami Payの特長は、キャッシュレス還元がポイントではなくお金そのもので、しかも即時に値引きされるという点にある。たとえば私が最初に使ったときは、ローソンで税込287円商品を購入した際に、割引5円と割引2円が適用されて7円引かれて280円が即時に指定の銀行口座から引き落とされた。なぜ5円と2円なのかは明細を見てもよく分からない(笑)。7/287=0.02439…なので、2.4%還元になってしまう。なんでこんな半端な割引なんだろう。
【追記】なお、Origami Payのアプリ内にレシートがあり、指定したメールアドレスにもレシートが送られるが、お店の名前・所在地と税込の購入額と割引額と差し引きの最終引き落とし金額しか書いていなくて、なにをいくら買ったのかは記載されていない。プライバシーの面からはこれでよいとは思うが、家計簿に付けるときに困るので紙のレシートももらっておいた方がよいと思う。【追記ここまで】

お金で即時に還元されるので、ポイントがいつ付与されるとかポイントの消費期限がどうのとか、このポイントはどこで使えるとか悩む必要がない。なお、決済口座としてクレジットカードやVISAデビットも登録できるが、銀行口座を直接登録した方が値引率が高いので、銀行口座を登録している。銀行口座登録もスマホの端末上で完結した(既にインターネット取引にしている口座なので)。

Origami Payのもうひとつの特長は、バーコードまたはQRコードによる決済(表示して読み取ってもらうか、逆にこちらがお店のコードを読み取るの両方が可能)なので、スマホにNFCや「おサイフケータイ」が搭載されていなくても使えることだ。HUAWEI P20 liteは廉価版のスマホなのでNFCが搭載されていない。しかもおサイフケータイ機能は日本独自の機能なので、こういうSIMフリーの外国製スマホではNFCは載っていてもおサイフケータイに対応している機種は少ない。OPPO Reno Aが人気なのは、SIMフリースマホなのにおサイフケータイ機能が載っているからでもある(ほかにDSDVなども人気)。

おサイフケータイって日本独自のガラパゴスな規格なので、P20 lite買うときは要らないと思ったが、SuicaのJREポイントでおサイフケータイの一機能であるモバイルSuicaとそうでないSuicaとでポイントの付き方に差が付けられているのでしまったと思ったが…。2台持ちで使っているガラケーCasio G'zOne TYPE-Xの方は実はおサイフケータイのモバイルSuicaに対応しているのだが、モバイルSuicaは使っていなかった。

Origami Payの短所は、対応しているお店が少ないということだ。コンビニだとローソンとミニストップとセイコーマートなどのみで、セブンイレブンやファミリーマートには対応していない。
【追記】どのお店に対応しているのかはOrigami Payのサイトでは分からなくて、スマホにアプリを入れたらそこから見られるようになっている。アプリをインストールしても、決済手段を登録しなければお金が勝手になくなる危険はないので、どこで使えるかだけを確認するためにインストールしてみるのもありだ。しかし。本来はサイトでどこで使えるかを検索できるようにすべきだと思う。どこで使えるか分からないのにアプリをインストールさせるというのもこのアプリが流行らない理由のひとつかもしれない。【追記ここまで】

まあそういうわけで、ローソンでたまに買うときにはOrigami Payを使うことにした。PayPayも入れたが、いつどこで使うと何が何%割引なのかが分かりにくいというかキャンペーンを追うのは面倒くさいので使っていない(重要な違いとしてPayPayはチャージしないと使えない)。Origami Payの即時値引いて引き落としというのは分かりやすいしNFC非搭載機種でも使えるので、こっちの方が普及して欲しいな。なお、決済のときにバーコードやQRコードを表示する画面にするには指紋認証などを要求できるようになっている。

分かりにくいし値引き情報に長けた人だけ得をするこんな制度、やめてほしいというのが本音である。だいたい、たとえばこどもがお小遣いでコンビニで買い物するときに値引きされなくて不公平じゃないか。こどもにスマホ持たせている人もいるが、そこに銀行口座に紐付けた決済アプリをインストールするのは超危険だろう。そうなるとガラパゴスな規格ではあるがSuicaなどのICカードで買い物して還元されるのがよいということか。なんかすっきりしないな。

【追記:2020年3月2日】Origami Payサービス終了 ― 2020年03月02日【追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。
JR新宿駅LUMINEの広告:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/25秒、ISO320、プログラムAE、AWB

JPEG撮って出しでリサイズのみ。シネマヤリ子じゃなくてシネマカリテの広告も滲まずちゃんと写っている。新年にランサムウェアの「ばらまき攻撃」が「顔文字メール」で復活 ― 2019年01月18日参照。

この広告の撮影者は蜷川実花氏のようだ。2019年冬広告「永遠の愛はなくとも、ずっと好き。」ルミネの1枚のポスターから生まれた短編小説「One piece of a woman」vol.8公開 

自分も毛無峠に行ってこんな写真撮ってみたい。毛無峠で撮ったのかどうかは知らないけど。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)