ニコンDfには絞り環つきレンズを!(赤城耕一写真日録)2013年12月17日 00時00分00秒

無題:GR DIGITAL、5.9mm(28mm相当)、F3.5、1/570秒、ISO64、-0.3EV、プログラムAE、AWB

戴いているコメントのお返事が進まずすまん。少しずつお返事して参ります。

さて、我らが赤城先生がニコンDfには絞り環つきレンズを!(赤城耕一写真日録)を書いておられる。

ニコンDfは供給が間に合わないほどの売れ行きだそうで、たいへん結構なことだ。 デジタル時代になってからも、機能だけではない何かを人はカメラに求めていたと いうことの証明になったわけで、これは評価すべきであろう。

ひとつだけいえるのはやはりDfには絞り環つきのレンズが似合うということである。しかもCPU内蔵じゃないほうがいい。それはなぜか、AFニッコールのS、D、PなどのレンズはDfに使う場合は絞り環を最小絞りに設定せねばならないから。
つまり、Dfの基本はダイヤル方式だから、カメラ上部から、シャッターダイヤルや露光補正、絞り値までを一度にさっと眺めたいからだ。絞り値だけ上部の液晶ディスプレーで確認するって、けっこう長時間使ったけど、いまだ違和感が拭えない。

手もとにある ディスタゴンT*35ミリF1.4ZF2レンズをDfに装着してみたところ、これもCPU内蔵レンズだから絞り環は最小絞り値にセットせねばエラー表示が出てしまう。ああ絞り環使って絞りを設定したいぜ(笑)。ってわがままな人はMFのAiニッコールレンズ使うしかないのかなー。ツァイスのZFレンズもいいですねえ。この際、ニコンFマウントのMFレンズならば、種類は選ばず片っ端から装着してみたい衝動にかられている。

そうだそうだ、まったくだ。赤城耕一先生、一生付いていきます(迷惑)。

と、書いたら、「絞り設定」さんから記事の間違いのご指摘があり感謝。「説明書p262の、 メニューf7「コマンドダイヤルの設定」の「絞り値の設定方法」でOffの状態(「絞りリング」 OK)にすると、AまたはMモード時に、CPUレンズでも絞りリングで絞りの設定が出来ます。」 とのこと。

がくっ(笑)。まあF100やD300でも設定でできたんだから、Dfもできておかしくないよねぇ。Dfはライブビューなどに制限はないのかな。取扱説明書は、PDFをダウンロードして、スマホやタブレットに入れて持ち歩くのが便利かも知れない。Zaurusだとファイルの大きなPDFは処理能力の関係で閲覧が不安定なのでこういうときはNexus7か。ノートPCを持って行くようなときはノートPCにも説明書PDFを入れておくといいかも。取り扱い説明書のPDFってファイルサイズが結構大きいので、出先でダウンロードするのは色々ともったいないし。
使用説明書 PDF ダウンロード(ニコン)


写真は記事とは関係ない。
無題:GR DIGITAL、5.9mm(28mm相当)、F3.5、1/570秒、ISO64、-0.3EV、プログラムAE、AWB

都内某所の古風な建物。いつぐらいに建てたものだろうか。大きな地震に耐えられるのか心配。

コメント

_ みっち ― 2013年12月17日 10時41分56秒

>こういうときはNexus7か
えーっと、みっちはD800Eの取説、約26MBをNexus7(2013)に入れて、Adobe Readerで見ています。便利ですね。
なかなか速いし、目次や索引からタッチ一発でその頁へ飛べるし、拡大縮小自由自在だし。老眼鏡は不要!(笑)
こういう閲覧性の良さはタブレットが、ノートパソコンより圧倒的に優れてます。
あっ、ファイルはもちろんローカルに置いてます。(笑)

_ kazu ― 2013年12月17日 12時09分58秒

Haniwa 様

iPhone等のアプリが有りますよ。(もちろんご存知でしょうけど)
ttp://www.nikon-image.com/support/manual/m_app.htm
アプリでダウンロードしたPDFは目次ジャンプ等ができます。

PCで落とした取説PDFの扱いはVer.1の方が優しかった(本棚で表紙がちゃんと表示できた。Ver.2ではファイル名表示に変わった)

_ ゆりこ ― 2013年12月17日 12時19分55秒

PDF閲覧はiOSが有利ですね。iBooksアプリがPDF対応で、複数デバイスでの同期も対応しています。
F3とかの古いマニュアルはニコンUSAが英語版を配布してるのでこれを入れてます。

絞りリングは、インプレスがニコンのインタビューで質問してる件を取り上げられるのかと思ったのですが、赤城先生ときましたか…。
HTTP://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20131216_627805.html

_ Roberto ― 2013年12月17日 13時44分54秒

僕もガクッと来ました。D600でもDタイプで絞りリング操作は普通に出来ますからね。
それはそうと年明けにフルサイズの35mmF/1.8が出そうです。絞りリング付きのF2Dを愛用してきましたが、これは買い替え決定です。開放での性能は確実に向上しているでしょうし、最近のF1.8シリーズはボケ味が綺麗、そして何より、フルタイムマニュアルフォーカスはイイですよねえ。ナノクリはなくていいから安く!軽く!小さく!

_ めがねのパイロット ― 2013年12月17日 18時18分44秒

 Dfの売れ行きが良いのは、いいことですね。
 もっと、生産については売れないかもしれないからラインを割いていなかっただけ、ということもあり得ますが・・・

 絞りリングについては、動画等で一定の需要あるのを評価しながらも、まだ目をつむる方向なんでしょうね。
 カメラに機械感を求めると、やはりレンズの絞り環の動きは必要です。

_ ほたて ― 2013年12月17日 18時30分53秒

 わたしもデジカメWatchの件を取り上げるのかと思っていました。そのうち、F1.4など大口径シリーズと、F1.8などお手軽シリーズに続いて、「動画対応で手ぶれ補正と絞り環をつけました」シリーズが出てこないかと妄想しておりますが、出たところでお値段がC社の手ぶれ補正単焦点みたいにぶっ飛びそうだと思うと目が覚めますが。(涙)

 行きつけの店に(予約キャンセル?の)Dfの在庫があったので、1つ所望して週末試し撮りしてきました。Ai28mmF2SやAF50mmF1.8S(絞りは絞り環で設定)をつけると、電源オフでもシャッター速度と絞りがぱっと見えて撮影が楽しくなります。画面表示ではなく、ものを目で見て確認するのってこんなに楽しかったんだ、撮影する楽しみってこれのこと言っていたのかな、と。ファインダーは、ゆがみとか細かいこと言わない私はDK-17M追加でピントはっきり見えるようになり満足ですが、カメラをホールドしたままでは電源スイッチが操作しにくいのが残念な点です。
 最近は電源入れないとシャッター速度も絞り値も見られない、言い換えると電源入れてから液晶画面でシャッター絞りを一括して見るのが当たり前になってしまったせいか、私のまわりは絞り環は防水への不安や邪魔者扱い(最小絞りからいつの間にか外れてしまうのがうっとうしいのだそうで)、果ては古いレンズの目印扱いする人がほとんどになりました。レンズ逆付けするとマクロ撮影ができる話をしたときは、そんなのモニタで拡大すれば十分と言われる始末…かくゆう私も最近フィルムはご無沙汰でD700やD800などの操作に慣れてしまい、Df持つまでは絞り環をほとんど使わなくなっていました。デジタル一眼全体からしたらDfなんて微々たる数でしょうが、後藤氏が仕組んだギミックで絞り環復権へ流れが変わっていくかな?と思ってます。

_ ノラ猫軍将軍山本ミケ六 ― 2013年12月18日 16時55分39秒

>まあF100やD300でも設定でできたんだから、Dfもできておかしくないよねぇ。

赤城大明神(泣)、
知らない人はわかりにくいですからねぇ、絞りリング使いだと嫌がらせエラーの解除しておくと快適なので最初に解除してその後存在を忘れますからねぇ。

>都内某所の古風な建物。いつぐらいに建てたものだろうか。大きな地震に耐えられるのか心配。

長周期のは意外と耐えられるかもしれませんね、
直下だとアレなんでしょうけど補強しておくと大丈夫かも、でも補強詐欺とかの奴はかえって強度が偏るのでヤバイ事も有るので注意です、
さあそろそろHaniwa家に補強金物付ける工事しないと…、
ついでに交換レンズに絞りリング付ける工事したいですが…補強金物どこかに売ってないでしょうかねぇ(泣)。

_ せんだい人 ― 2013年12月21日 01時50分52秒

アサヒカメラにも似たことが書いてあった気がしました。
猫好きの息子はカレンダーに夢中で
女好きの父親はグラビアに夢中です(笑)

_ Haniwa ― 2013年12月28日 22時51分34秒

皆様、お返事が大変遅れてすみません。m(_ _)m

■ みっち様
>えーっと、みっちはD800Eの取説、約26MBをNexus7(2013)に入れて、Adobe Readerで見ています。便利ですね。
>なかなか速いし、目次や索引からタッチ一発でその頁へ飛べるし、拡大縮小自由自在だし。老眼鏡は不要!(笑)

タブレットのひとつの使い道ですね。処理も速いので向いていると思います。私もD300やF100やラジオの説明書PDFを入れました。

■ kazu様
ご教示ありがとうございます。
android用のアプリを入れてみました。

しかし、なんと比較的最近のCOOPIX S30の説明書すらないという状態。ニコンの説明書ダウンロードのページにあるPDFはすべて対応して欲しいですね。

PCで落としたPDFも読めるんですか。あとで試してみます。

■ ゆりこ様
>PDF閲覧はiOSが有利ですね。iBooksアプリがPDF対応で、複数デバイスでの同期も対応しています。

こういうところはアップルは進んでいますよね。バックアップもいまだにWindowsでは、メールはここにお気に入りはここにユーザー辞書はここにあるのをコピーとか全然進歩していないですし。

>絞りリングは、インプレスがニコンのインタビューで質問してる件を取り上げられるのかと思ったのですが、赤城先生ときましたか…。

忙しくてデジカメWatchの長文を扱えなかったんです(泣)。ゆっくり検討する暇もなかったので、短くてわかりやすい赤城先生の方を選びました。

■ Roberto様
赤城先生も筆の誤り、と。

>それはそうと年明けにフルサイズの35mmF/1.8が出そうです。絞りリング付きのF2Dを愛用してきましたが、これは買い替え決定です。開放での性能は確実に向上しているでしょうし、最近のF1.8シリーズはボケ味が綺麗、そして何より、フルタイムマニュアルフォーカスはイイですよねえ。ナノクリはなくていいから安く!軽く!小さく!

よりよく写るようになってフルタイムMFになるのは大賛成なのですが、絞り環が無くなるのが残念ですよね。単焦点レンズには絞り環付けておいて欲しいです。

■ めがねのパイロット様
>Dfの売れ行きが良いのは、いいことですね。
>もっと、生産については売れないかもしれないからラインを割いていなかっただけ、ということもあり得ますが・・・

まあ思っていたよりも売れてないよりははるかによいわけで。売れれば次もありますし。

>絞りリングについては、動画等で一定の需要あるのを評価しながらも、まだ目をつむる方向なんでしょうね。
>カメラに機械感を求めると、やはりレンズの絞り環の動きは必要です。

御意に。実用的にもあった方がいいと思うんですが。これはもうニコンの中の絞り環廃止派を粛正して、Gタイプレンズはなかったことにするしか(笑)。カタログからもGタイプはすべて消えて、モデルチェンジのDタイプしか最初から無かったかのように…。

_ Haniwa ― 2013年12月28日 23時15分15秒

皆様、お返事が大変遅れてすみません。m(_ _)m

■ ほたて様
>そのうち、F1.4など大口径シリーズと、F1.8などお手軽シリーズに続いて、「動画対応で手ぶれ補正と絞り環をつけました」シリーズが出てこないかと妄想しておりますが、出たところでお値段がC社の手ぶれ補正単焦点みたいにぶっ飛びそうだと思うと目が覚めますが。(涙)

最近、新しいレンズの値段がかなり高くなってきていますよね。絞り環付けたらこんなにコストアップとか言われたら嫌ですねぇ。

Nikon Dfご購入おめでとうございます!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

>電源オフでもシャッター速度と絞りがぱっと見えて撮影が楽しくなります。

一旦撮影中断して次に撮影するときに便利かもしれませんね。そういう意味でスナップ向きかもしれません。DK-17Mは糸巻きの歪曲が目立ちますが、ピントが見えないよりはよいと思います。ガラスレンズのせいかクリアに見えますし。

>最近は電源入れないとシャッター速度も絞り値も見られない、言い換えると電源入れてから液晶画面でシャッター絞りを一括して見るのが当たり前になってしまったせいか、私のまわりは絞り環は防水への不安や邪魔者扱い(最小絞りからいつの間にか外れてしまうのがうっとうしいのだそうで)、果ては古いレンズの目印扱いする人がほとんどになりました。

電源切っても以前の絞り値が維持されているので、ボディ側から絞りを操作するのでもそんなに問題はないと個人的には思っています。レンズに絞り環ないと困るのは、レンズ単体で絞り値を設定できない点にあると思っています。

私もF100やD300でDタイプレンズ使うときは、ボディ側で操作しています。F100にMFレンズを付けたときは当然絞り環を操作するのですが、なぜか間違うことはないですね。

>デジタル一眼全体からしたらDfなんて微々たる数でしょうが、後藤氏が仕組んだギミックで絞り環復権へ流れが変わっていくかな?と思ってます。

わたしもそうあって欲しいと思います。

■ ノラ猫軍将軍山本ミケ六閣下
>知らない人はわかりにくいですからねぇ、絞りリング使いだと嫌がらせエラーの解除しておくと快適なので最初に解除してその後存在を忘れますからねぇ。

一回設定したらそのままですよね。あれ、F5では絞りリングで最小絞りにしたらボディ側で設定したF値になるという失敗が続発したのでF100から導入されたメニューなんですよね。

この写真と反対側から撮った写真だともっと古いのが分かるんですが、ちょうど逆光でどうやってもゴーストが出るので(近寄って日陰に入ると画角が足りない)、反対側からのこの写真なんです。おそらく耐震性診断では危ない結果が出ていると想像できるような建物です。心配しながらも味があって好きな建物ですね。

>さあそろそろHaniwa家に補強金物付ける工事しないと…、

匈奴もとい強度を偏らせてアレするつもりですね(泣)。

>ついでに交換レンズに絞りリング付ける工事したいですが…補強金物どこかに売ってないでしょうかねぇ(泣)。

70-200mm f/2.8 VR IIがDタイプなら買い換えを考えたいところなんですが。どうして意地でも絞り環付けないんですかねぇ。

■ せんだい人様
>アサヒカメラにも似たことが書いてあった気がしました。

もしかして刊行後に気づいたとか…。

>猫好きの息子はカレンダーに夢中で
>女好きの父親はグラビアに夢中です(笑)

家に転がしておきにくいので、ああいう特集は別のところでやって戴きたいような(嫌いではないです-笑)。そういえばアサカメを久々に買ったのに全然目を通していないです(泣)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)