Let's note SX2 JEQDRにDDR3Lメモリを増設した2013年10月24日 00時00分00秒

Windowsエクスペリエンスインデックス Let's note SX2 JEQDR Windows7 Professional 64bit DDR3L 8GB

今日はカメラネタでなくてすまん。なんか買い物したい気分だったが、買いたいものがなかったので、ノートPC(Panasonic Let's note SX2 JEQDR)に4GBのメモリを増設してみた。
Panasonic Let's note CF-SX2JEQDR購入 ― 2012年11月26日参照

Let's note SX2の2012年夏モデルだ。購入時には4GBのDDR3Lメモリが刺さっていて、空きスロットは1。デュアルチャネルで動作させたいのならば、同じスペックのメモリを両方に刺した方がいいのだが、最初から入っているメモリは、分解しないと交換できない仕様になっている(空きスロットはねじ1本で蓋がしてあるだけなので簡単に交換できる)。

それでマザーボードの仕様上は16GBまで認識可能らしいのだが、16GBにするには、Let's noteを分解して、8GBのメモリを2枚刺さないといけない。検索すると、4GBの通常モデル(8GBはプレミアムモデルのみ)の人は、空きスロットに8GBのメモリを刺して合計12GBにしている人が多いようだ。

でも思いつきで買ったメモリなので、4GBにした。BUFFALOのD3N1600-LというDDR3Lの12800の204Pin S.O.DIMMだ。

BUFFALO D3N1600-L(PC3L-12800 204Pin S.O.DIMM) 4GB(レッツノートSX2の空きスロットに装着状態)

これで合計8GBになる。問題はちゃんとデュアルチャンネルで動作してくれるか、とちゃんと低電圧で動作してくれるかだ。後者は低電圧版(1.35V)のDDR3Lを謳っているのでたぶん大丈夫。前者は相性の問題があって、同種のメモリだと認識されないと、シングルチャンネルで動作することもあるらしい。だから普通は同じロットの2枚セットで売っている。

買ったBUFFALOのD3N1600-Lを開けてみると、載っているチップに「ELPIDA」と書いてある。これはラッキーだった。というのは、レッツノートSX2 JEQDRに最初から載っているメモリはELPIDA製のメモリなのだ。CPU-Zというソフトウェアで確認した。

BUFFALOのD3N1600-LをレッツノートSX2に装着すると、ちゃんと合計8GBで認識し、CPU-Zで確認するとデュアルチャンネルで動作していた。ただし、CPU-Zでメーカーを確認するとELPIDAではなくMELCOと書かれている。電圧も1.28Vと表示されてちゃんと低電圧で動作しているようだ。

Windowsエクスペリエンスインデックスの評価を再実行してみると、一番評価の低かったグラフィックスの項目が4.6から5.9になっている。

それだけではない。Firefoxでのサイトの表示も明らかに速くなった。windows Liveメールの起動も早くなった。もっと早くにメモリ増設すればよかったなぁ。

そうなると今度はHDDをSSDに換装したくなってくるなぁ。今現在100GB以下しか使っていないので、SSDは128GBのを買えば良さそうだが、余裕を見て256GBのを買いたいなぁ。欲が出てきますな。

ということで6千円ぐらいで体感が良くなったメモリ増設の話でした。

富士フイルムプロフェッショナルインスタントフィルム一部販売終了のお知らせ2013年10月24日 00時00分01秒

ちょっと情報が遅れてすまないのだが、プロラボのナショナル・フォートのサイトに富士フイルムプロフェッショナルインスタントフィルム一部販売終了のお知らせ 2013.10.9という記事が載っている。

富士フイルムプロフェッショナルインスタントフィルム一部販売終了のお知らせ 2013.10.9

富士フイルムよりプロフェッショナルインスタントフィルムの一部販売終了が発表されましたのでお知らせいたします。

【フィルム製造販売終了製品】 払底予想時期:2014年9月(製品により早めに払底となる場合がございます)。

品名 最終出荷予定 最終出荷品有効期限 代替品
インスタントフィルムFP-3000B 2014年9月 2015年3月 FP-100C、デジタル出力
インスタントフィルムFP-3000B(20) 2014年9月 2015年3月 FP-100C、デジタル出力
インスタントフィルムFP-100C 4×5 2014年9月 2016年7月 FP-100C*、デジタル出力
インスタントフィルムFP-100C 4×5(20) 終了済み FP-100C*、デジタル出力

*インスタントフィルムホルダーPA145が必要です。撮像範囲は、約73×95mmとなります。

富士フイルムインスタントフィルムホルダーPA145 標準価格(税込)\15,540 NP特価(税込)\13,986
富士フイルムインスタントフィルムホルダーPA145用交換ローラー 標準価格(税込)\2,415 NP特価(税込)\2,300

いずれもピールアパートタイプフィルムのインスタントフィルムだ。FP-3000Bは露光指数:EI 3200、1パック10枚撮の仕上がり時間15秒のハイスピード・高感度汎用タイプの白黒フィルムのようだ。ピールアパートタイプフィルム(富士フイルム)参照。代替品がFP-100Cというのだが、FP-100Cって写真感度:ISO100、1パック10枚撮・高画質デイライトのカラーフィルムだから、これって代替品になるのかね。T-MAX3200が無くなるからPORTRA160使ってねみたいなすごいことをさらっと言ってのけているような…。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)