ニッコールレンズ キャンペーン2012年06月27日 00時00分00秒

ヨコハマ・ビオゴン・モノクロ計画その31(京浜急行仲木戸-神奈川間):CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、Kenko L37 Super PRO、F5.6AE、+2/3補正、Kodak 400TX(TRI-X)、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEなしGEMなし)

ニッコールレンズの累積生産本数7000万本達成記念で、ニッコールレンズ キャンペーンというのが始まった。

2012年6月30日(土)~9月30日(日)にNIKKORレンズ・1 NIKKORレンズ単品か、デジタル一眼レフカメラまたはNikon1のレンズキット、 ダブルズームキットを購入して応募すると以下のツアーに参加できるようだ。なお、「オーストラリアの大自然撮影体験コース」だけは製品を購入しないでも応募できるようだ。

【1】 『2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選 日本×イラク』撮影体験ツアー
【2】 いすみ鉄道・和歌山電鐵貸切の車両撮影の旅
【3】 日光・嵐山を彩る秋の宝石 紅葉撮影会
【4】 美しき世界遺産 『知床八景』撮影ツアー
【5】 撮影を楽しみながら空中散歩 東京空撮ツアー
【6】 パティシエ特製スイーツ とても甘い撮影体験
【7】 みちのくの世界遺産 『平泉』撮影ツアー
【8】 日本屈指の夜景を撮りに『ナイトクルーズ』撮影ツアー
【9】 フォトスタジオでのモデル撮影会
【10】 おめかしした愛犬を撮る貸切ドッグラン撮影会

うーん、どれがいいかなぁ。【5】 撮影を楽しみながら空中散歩 東京空撮ツアーなんかよさそうだ。「空撮ツアー」が「空爆ツアー」に見えたのは内緒だ。

【追記】【2】 いすみ鉄道・和歌山電鐵貸切の車両撮影の旅もいいねぇ。貸し切り列車で写真家・中井精也氏による撮影講義・指導がある。【追記ここまで】

このキャンペーンの偉いところは、マニュアルフォーカスニッコールレンズも対象に入っていることだ。この手のキャンペーンってニコンが売りたいズームレンズだけが対象になっていることが多いのだが、AFのDタイプ単焦点レンズも対象になっている。偉い。

問題は、応募するにはなにかレンズを買わないといけないということだなぁ。今なくて困っているのはDXフォーマットのD300用の広角レンズかねぇ。Ai Nikkor 20mm F2.8Sでも間に合っているのだが、ファインダーでピントが見えにくいのでシャッターチャンスを逃しやすいんだよねぇ。F100とかF3などのフィルムカメラでAi Nikkor 20mm F2.8Sを使うときはさっと合わせられるんだけれども。だから何かDXフォーマットで広角になるAFレンズが欲しいと思っている。

しかし、絞り環のあるDX専用レンズというのはないし、FX用や35mmフィルム用のレンズでDXフォーマットで広角になるような焦点距離の短いレンズは非常に高価である。

Ai AF Nikkor 20mm f/2.8Dがいいと思うのだが、Ai Nikkor 20mm F2.8Sと光学系が同じなので、Ai Nikkor 20mm F2.8Sと重複して買うのは嫌だし。Ai Nikkor 20mm F2.8S購入するときにわざわざ値段の高いAi Nikkor 20mm F2.8Sを新品で選んで買っているのでいまさらAi AF Nikkor 20mm f/2.8Dに置き換えたくもない。そもそもAFでないと困るのはDXフォーマットのカメラのファインダーがよくないからだ。などと考えているとなんか腹が立ってくるのでAi AF Nikkor 20mm f/2.8Dの新品購入はありえないなぁ。

Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDはよさそうだが、広角端が18mmというだけで、20mmレンズを持っている身として焦点距離の重なっている部分が多くてなんだかなぁという気がする。

こうなったらDX専用レンズを考えてみるか。AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-EDは18-36mm相当で使いやすそうだが、これ、値段が高いんだよねぇ。Tokina AT-X 124 PRO DX II 12-24mm F4の方が安くて評判がいい。AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDもよさそうだが、これも結構な値段だなぁ。あとF値が変動するのでスピードライトSB-28の外部調光時に使いにくそうだ(結局デジタル対応のストロボを買わなくてはいけなくなる…)。

そうそう、AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G EDⅡ (ブラック)も対象製品なんだよねぇ。こういう安価なレンズも対象製品に入れていて偉いねぇ。II型の前の型は借りて使ったことがあり、安価だが逆光にも強くてシャープなレンズだった。同じく借りたことのあるAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRは全然駄目だった。等倍でGR DIGITAL初代に負けていた(京急ファミリー鉄道フェスタ2008でニコンD60を借りてみた ― 2008年05月26日参照)。

うーん、AF-S DX Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G EDⅡ (ブラック)は元キットレンズなので、単品で買うと損な価格設定なんだよねぇ(笑)。

こんなキャンペーンに惑わされず、D700の中古買った方がいいような気もする(爆)。でもD300とD700両方持って歩くわけにはいかないので、やっぱりD300用の広角レンズもあった方がいいなぁ。D300は80-200mm F2.8のレンズの望遠端で300mm F2.8相当になるので某スポーツ撮りには欠かせないのだ。余裕があったらD4買ってトリミングしたり、純正テレコン使える70-200mm F2.8に買い直すんだろうなぁ。デジタルってなんだかどんどん金が掛かる方向だよねぇ。それで思い出したが、今後D800以上に高画素化した場合に、いまあるレンズのうち相性が悪いというかカメラの性能が発揮できないレンズがもっと出てきそうで、発売年の古いズームレンズはなんだかリスキーな気もするねぇ。やっぱりなんだかなぁの世界だ。


写真は記事とは関係ない。
ヨコハマ・ビオゴン・モノクロ計画その31(京浜急行仲木戸-神奈川間):CONTAX G1、Carl Zeiss Biogon T* 21mm F2.8、Kenko L37 Super PRO、F5.6AE、+2/3補正、Kodak 400TX(TRI-X)、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED(ICEなしGEMなし)

+2/3補正したのだが、雲の切れ目の明るい空に引っ張られてまだ少しアンダーだったような感じだ。アンダーなネガなので暗部の粒状性がよくない。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)