ペンタックス、電子部品の調達が困難で中判カメラ「67II」「645NII」を生産終了2009年03月25日 00時00分00秒

デジカメWatchによれば、ペンタックス、中判カメラ「67II」「645NII」を生産終了なのだそうだ。

生産終了の理由は、「電子部品の調達が困難になったため」とのこと。短いので全文引用させていただく。

ペンタックスは24日、中判フィルムカメラの「67II」と「645NII」について、2009年9月をメドに生産を終了すると発表した。

理由を「電子部品の調達が困難になったため」としている。

67IIは1998年11月、645NIIは2001年10月にそれぞれ発売。デジタルカメラが主流となった現在も根強い支持を得ているものの、上記の理由により「やむを得ず生産を終了する」という。

2009年4月以降、生産終了までの生産数量は、67IIが約250台、645NIIが約450台の予定。

これをもってペンタックスの国内ラインナップから、フィルムカメラが消滅したことになる。ただし、今回の発表はフィルムカメラからの完全撤退を表明したものではないという。時期やエリアに応じて、生産および販売の可能性はあるとしている。

645用交換レンズの生産は今後も続ける。

なお24日、ペンタックスは「645 Digital」の開発継続を発表し、2010年における発売予定を告知。フォトイメージングエキスポ2009への参考出品を発表している。

やめたくてやめるわけではないけれども、電子部品の調達が困難で一旦やめるということのようだ。「今回の発表はフィルムカメラからの完全撤退を表明したものではないという。時期やエリアに応じて、生産および販売の可能性はある」というのが救いだが、この経済情勢でなかなか難しいかもしれない。調達困難な電子部品を代替品で設計し直して投入して欲しいものだ。いまの情勢ではそれすらも採算が採れないと判断して一旦生産終了にするのだろう。

似たような話がペンタックスLXやニコンF3の生産終了のときにもあった。これらは1980年発売開始で20年にわたって生産されていたものだったが、惜しかった。まあ、これらの機種が部品の調達を乗り越えたとしていまも新品で売られていたとしても安くはならないだろうから買う人は少ないだろうし、生産終了はそんなに変わらなかっただろう。

そう考えると、これからはやはり機械式のカメラなのだろうか。しかし、機械式といってもユニットで作られているようなものはそのユニットが作られなくなるとやはり修理困難になる。ただ、ユニットで構成するものであっても、機械式のカメラは、生産終了後に修理困難になることはあっても、メーカーが作り続ける意思を持つ限り生産困難にはなりにくいように思う。もう、かつてのニコンFやF2のように電子部品はボディには入れないという設計方針でながく作り続けられるフィルムカメラをつくるしかないのか。そう考えるとフォトミック系の外観は好きになれないのだけれども、ニコンいや日本光学工業の考え方は正しかったのだろう。いまの現行品のなかでは、フォトミックのようにファインダーが交換できるわけではないが、ニコンFM10が一番最後まで残るフィルムカメラなのかもしれない。フィルム撮影に直接関係するところに電子部品を使っていないから。

コメント

_ ゴン太σ)Д`)ぷに ― 2009年03月25日 11時07分00秒

事実上の撤退でしょうかねぇ。ペンタックスの645はファンも多いし、私も予算があれば欲しいシステムでした。しばらくは新品で購入できると思いますが、とても寂しいですね。もうフィルムカメラでは儲からないのですね。

_ WANI@またまたぎゃ~ ― 2009年03月25日 12時29分18秒

コメント: PENTAX67が・・・。
中版ならPENTAXがいいよなぁと思ってましたが・・・。
日頃高いものはあっさり諦める私ですが、このカメラは値段を見てはハァとため息が出て、いつかはこれを買って日本海を撮ってみたいなぁ・・・と思っていたんですけど残念・・・。
私が買える頃になったら再販して欲しいですなぁ。

_ Eddie ― 2009年03月25日 12時43分19秒

たしかにFM10なら電池が切れても露出計で測った値をカメラで設定すれば写真が撮れてしまうという事を改めて考えてみると、フィルムがある限りは使ってあげたいという気持ちになります。FM10とAE-1Pは出番が少ないけど、DSLRでバシャバシャ撮るより自分の気持ちを込めてじっくり「真実を写す」写真を楽しみたいと思いました。

_ maple ― 2009年03月25日 12時54分30秒

こんにちは。

いったんやめてしまったら復帰がとても困難になる、ということはないんでしょうかね。
デジカメは使わない!フィルムはリバーサル!という人が多いのであれば、大丈夫かなという気はしますけど。

WANI様と同様僕も買える頃になったら再販してほしいですが、それっていつの話だろ^^;
中判用レンズって高いんですね。レンズが大きくなる分仕方ないんでしょうが。

もっとも今の135デジイチやコンデジだっていつどうなるか・・・
気づいたらビデオばっかりでスチールは絶滅していたり、いつのまにかカメラといえばケータイカメラになってしまったり。

_ やまろ@会社 ― 2009年03月25日 13時02分51秒

こうしてフィルムカメラは、トイカメラと高級機の二極化していくんでしょうね。

_ めだか猫 ― 2009年03月25日 17時56分44秒

デジの645か・・・
どういう位置づけなんだろう?
よくわからないです(笑
相当の金額だろうから買うことはないだろうけど。。。

_ ノーネームしたん ― 2009年03月25日 21時55分45秒

・・・・・・、ニコンのフィルムスキャナーやめるのもも外注部品なのではないかと考えたりしていたので(違うかもしれないけど)、ペンタも外注の電子部品が生産しなくなったんでしょうけど。・・・年度末なので倒産する様な外注先もあるかもしれないし、電子部品の等価回路も原理的には出来るのですが、基本的な部品で作るのでどうしても大きくなりカメラからはみ出る可能性大、専用品だと開発にコストがかかり×、少し本体を大きめに設計しておけば良いのでしょうが客からオオキィゾなどと言われ・・・・・。
Haniwaさん    
ニコンのAi付きレンズは開発何年ぐらい経ってますか・・・・・?、
F-6この先どうなりますか・・・・・?、
ニコンの後藤 哲ROW 氏が朝日カメラとかで、残念ですが・・・・・・。
とか言い出す日がくるのですか?。
Gタイプしかないニッコールのカタログを手に自分が血涙を流す日が来るのでしょうか。
そのときはHaNikonを作ってGタイプにAiを付けたレンズをハニコンから出してください。

_ やまろ ― 2009年03月25日 22時42分36秒

>ノーネームしたんさん

工業製品は外注部品の塊です。スキャナのように電子部品多用な機械だと、外注度合いも高いと思われます。
私のかかわっている機械(そこそこ有名で数の少ないものです)も、外装部品を作っていたメーカーが最近倒産してしまい、他のメーカーを探すにしても今後新規発注は難しいです。
それでも、外装品は材料と図面さえれば何とかなっても、電子部品だとそうは行きませんからね。
特に新たに作り直すとなると、電装品はULやらCEやらFCCやら電安法やら…各種規格パスのためテストしなければなりません。ってなるとほとんど新機種開発と変わらなくなってしまいます。

Gタイプしかなくなる日はやがて来るでしょうね。
それが5年後か30年後かは分かりませんが。

_ Haniwaσ)Д`)ぷに<3 ― 2009年03月26日 09時16分56秒

■ ゴン太様
このまま情況がよくならないとそのままかもしれませんねぇ。ただ、ペンタックスはやめたくてやめるわけではないし出来ればまたやりたいというメッセージを出してくれていますので、応援しましょう。

わたしもペンタックス67IIは気になる存在でした。でもちょっと今は買えないですねぇ…。

■ WANI様
わたしもバケペンは気になる存在でした。私もいつ買えるか分からないですが、再販して長く作り続けて欲しいです。1年に1回注文を取ってから作るとか。

■ Eddie様
なんか急に新品でFM10が欲しくなったりしました。ニコンが完全にフィルムカメラをやめたら、コシナはOEMの制約から解放されてニコンFマウントの安くて拘ったカメラを出して欲しいですね。

手巻きのカメラでじっくり撮るのもいいですよねぇ。

■ maple様
やめて何年も経つと作ったことのある人がいなくなって細かなノウハウが失われますよね。セイコーが90年代に機械式時計を復活させたのもそのときにやらないともう作れなくなってしまうからだとどこかに書いていました。ニコンの復刻Sシリーズも技術の承継という意図があったようですよ。数年以内に復活することを祈っています。

そうなんですよねぇ。ビデオの画質がスチルもカバーできるようになったら危ないですね。でも、動画は見るのに時間が掛かりますが、写真はじっくり見てもいいし飛ばしながら見てもいいし自分で見る時間を調節できるので、なくなることはないと思いますよ。自分が行かなかった旅行の未編集のビデオを数時間見せられて閉口したことがありますので(笑)。

■ やまろ様
あう、二極化はやめてぇ。安いのは性能に不満で、高いのは経済的に手を出せないということに…。

なるほど、代わりのものはそう簡単にはいかないのですか。あんまり期待してもいけなさそうな…。でもペンタックスが終わりじゃないといってくれているのを信じることにします。

>Gタイプしかなくなる日はやがて来るでしょうね。
絞りリングのないレンズは、カメラのアクセサリーのような地位に落ちてしまうので、なんだか納得がいきませんねぇ。レンズがあってのカメラだったはずなのですが、デジタルになって完全にカメラ側に主導権が移ってしまっていますねぇ。そんなのでいいのか、光学設計者の方々によく考えて欲しいと思います。

■ めだか猫様
何に使うのか素人には謎ですよねぇ。証明写真も35mmで十分でしょうし。中ぐらいの用途の製品写真とかでしょうか。でもあんまり絞り込むと画質が悪くなるのは中判デジタルでも同じでしょうから、フォーマットが大きくなるほど被写界深度の問題があるような気もします。

■ ノーネームしたん様
フィルムスキャナの心臓部のラインCCDが手に入らなくなったから、とかそんな理由だったら嫌ですねぇ。でもライン型の撮像素子はフラットベッドスキャナでも使っているから大丈夫なような気もしますが、大きさが違うのでそうはいかないのかもしれません。何とかならないものでしょうかねぇ。COOLSCAN 6 EDとか5,6万円で出してくれないかなぁ。

Aiは77年でしたっけ。もう30年以上になりますね。光学設計はもっと古いものあるでしょう。この手のレンズは汎用性があるので、前にも書きましたがたとえばNHKの超高速度高感度カラーカメラとかGタイプだと困ると思います。技術の発展を阻害するGタイプレンズ(←某ライターさんに対する嫌みです)。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080704/1016388/?SS=expand-digital&FD=-1604918628

_ ノーネームしたん ― 2009年03月26日 23時25分16秒

やまろ様の書かれるとうりだとおもいますが・・・。それにしても最近倒産したという部品メーカーとかの手形とかが不渡りになったりして4月以降もなにかが生産出来なく成りましたスパイラルとかが起きないことを祈るのみ。
何年か前に自分の友達の元SEが、出張で行ったりしていた工場で、環境対応で引っかかる洗浄液かなにかの代替品があるのに、儲けが少なくなるので設備が代替品に対応出来ないというような事にしてべつの工場に生産を移したのではないか?と、疑ってた事が有りましたが、(工場の人は他の工場に行ったらしい)そういうことでレンズとかが作れない事になったりすると嫌ですけど、まあペンタとかニコンはまじめなのでそんなこと無いと思いますが。
Aiなしで接写系でもも使えない用に発展したレンズ。と言うのはどうでしょう。

_ Haniwa ― 2009年03月27日 09時56分07秒

不況になるとそれまで細々と続けられていた微妙な製品がヤラれてしまい二度と日の目を見なくなってしまいそうで困りますねぇ。もちろん一番困るのは皆の生活なのですが。

そういえばRoHS絡みで、レンズがエコガラスになっているようですが、あれもなんだかちょっと納得がいかないです。なんていったら怒られるのかなぁ(笑)。

>Aiなしで接写系でもも使えない用に発展したレンズ
あう、なんかすごく的確な(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)