ニコンマウント28mm単焦点(どっちのレンズショー:月刊カメラマン2008年9月号)2008年08月26日 00時00分00秒

Nikon F3 + MD-4 + Ai Nikkor 28mm F2.8S + L37c + HN-2

MANA様に今月号(2008年9月)の月刊カメラマンに、ニコンFマウント28mmレンズの対決が載っていると教えて戴いて、月刊カメラマン誌を買ってみた。MANA様情報ありがとうございました。

比較されているレンズは、以下の4本(ニコンFマウント)。ボディはニコンD700。撮影:解説は諏訪光二氏。

  • Ai AF Nikkor 28mm F2.8D
  • Ai Nikkor 28mm F2.8S
  • SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
  • Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF

逆光ポートレートでは、Distagon T* 2/28 ZFが色再現と階調再現で勝っていて、以下Ai Nikkor 28mm F2.8S、SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACROの順で、Ai AF Nikkor 28mm F2.8Dはシアンがかって柔らかく眠い階調再現なのだそうだ。

中距離での風景では、F2.8での解像力がSIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACROが一番で、ほぼ差がなくAi Nikkor 28mm F2.8Sで 3番目にCarl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF。Ai AF Nikkor 28mm F2.8Dはかなり甘いらしい。周辺光量低下は、SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACROが一番少なく、次いでAi AF Nikkor 28mm F2.8D。Ai Nikkor 28mm F2.8Sは中央からなだらかに光量が低下、Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZFは周辺部で急激に周辺光量が低下するんだそうだ。

あとは、APS-C機での人物撮影と最短撮影距離の比較がある。以下はカメラマン誌をご覧ください(笑)。

この記事で不満なのは、作例が小さ過ぎて、作例からは自分で比較して確認することがほとんど不可能なこと。名刺大の作例しかない。周辺光量の比較以外は作例では違いが明確ではなく、根拠の不明な諏訪氏の記述を頼りにするしかないのが残念。主観的なものか客観的なものか読み手は検証のしようがない。

あと些細なことだが、表記で「Ai-D」というのも気になった。「AF-D」の方がわかりやすくないだろうか。あと明らかな誤植もあった。103ページの最短撮影距離のところで、一番寄れるのがシグマという記述のあとに、「次いでAi-S、カールツァイス、Ai-Sの順。」とあってAi-Sが重複している。というか、そういうのは撮らなくてもスペックをみれば分かることなので、こういうので字数を費やすのはなんか不満(笑)。

月刊カメラマンは初めて買ったのだが、読んでいてなんか違和感があった。漠然とした違和感だったのだが、後でよく考えて気づいた。それは、載っている写真はきれいで上手なのだが、それ以上でも以下でもないということ。何か深く考えさせられたり、琴線に触れるような写真はない。読み手によって解釈が分かれるような多義性もない。社会性もない。きれいなおねえさんときれいな景色や花だけなのだ。このあたりがアサヒカメラや日本カメラとの大きな違いなのだろう。佐々木希ちゃんはきれいで不満はないのだが(笑)。じゃ、お前の写真は社会性があるのかと言われると返事できないのだが(笑)。批判するのは簡単、実践するのは難しい。それを承知であえて書いてみた。だからといって、アサヒカメラや日本カメラが上で月刊カメラマンが下などというつもりはない。こういう雑誌があってもいいと思う。しかし、わたしは物足りなさを感じた。おねえさんはきれいで満足なのだが(←しつこい)。

コメント

_ りー ― 2008年08月26日 15時21分05秒

私は10代で写真を始めましたが、その頃読んでいたのは「月刊カメラマン」でした。その後「CAPA」が創刊されて、この2誌を購読してました。「アサヒカメラ」「日本カメラ」「カメラ毎日」はたまに背伸びして買いましたが、値段も高かったのでそうそう買えなかった。

「月刊カメラマン」はもう何年も手に取ってないですが、まあ若年層向けなので、この歳になって読んでも物足りないでしょう。対極にあるのがこの前の記事にもあった「写真工業」でしょうか。「CAPA」は機材情報に特化してうまく生き延びてますね。

_ Haniwa ― 2008年08月26日 21時03分27秒

おお、りー様若かりし頃の愛読紙が「カメラマン」だったのですかっ。これは月刊カメラマンも熟読しなければ(←態度豹変)。

私は小学生の頃図書館でカメラ雑誌を読んでいたのでアサヒカメラとカメラ毎日をよく見ていました。月刊カメラマンは置いていなかったように思います。写真工業も置いてありましたが、今みたいに素人向けの記事は少なくて読んでもよく分からなかった記憶があります。

CAPAは一時期買っていましたが、誤字、誤用、技術的な間違いが多くて嫌になり、最近は書店で手に取ることもしません(笑)。Canon Advertisement and Public relations Agencyの略という噂もありますし(違)。

_ せいじん ― 2008年08月26日 21時44分26秒

私も自分のカメラを持ち始めた高校生位の時には「カメラマン」や「CAPA」は
よく買ってきて読んでました。
そして気になるカメラやレンズの特集があった時だけ
「アサヒカメラ」「日本カメラ」や今は無き「カメラ毎日」を
古本屋でよく探してました(笑)

当時はどちらかというと機材の購入予定というか、お金があれば「これを買ってみたい!」
みたいな願望が入り交じった気分で読んでましたね(^^;
上記三誌と違い、機材同士の直接比較みたいな記事が多かった様な記憶があります
今にして思えば「カメラマン」の発売元がモーターマガジン社なので
自動車雑誌みたいなノリでハードウェアの比較記事がメインの編集方針だったのかもしれませんね。
高校生当時の心理としては、中古カメラ屋の広告よりも
新製品の特集が読みたかっただけだったかも?

モーターマガジン社で思い出したけど、その当時の「月刊オートバイ」は
広告だらけで分厚かったですなー

_ やまろ ― 2008年08月26日 23時49分16秒

わたしもCAPAから入りましたね。友人が月刊カメラマン派だったので、交換して読んだりしてました。
アサヒカメラはたまに面白そうなときだけ買ってました。
最近はほとんど見なくなってしまいました。


話は変わりますが、今日「航空ファン」を立ち読みしていたら、なぜかフィルムの話題。ビネガーシンドロームについて書かれていました。
http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2008/05/post_786.html

こんな記事もあるようで、フィルムは長期保存が利いて安泰と思っていたら、ちょっと穏やかじゃない状況です。
50~80年代のフィルムが危ないそうで。

_ Haniwa ― 2008年08月27日 09時20分23秒

■ せいじん様
カメラマンやCAPAは高校生に人気があるのですね。きれいなおねえさん写真の重要性がわかりました(笑)。私は高校の頃は写真を撮ってなかったので、このあたりの雑誌にあまり縁がなかったようです。

アサヒカメラや日本カメラって意外と読まれてないのでしょうかねぇ。図書館需要が大半だったりして(笑)。

「月刊オートバイ」に限らず「CQ Ham Radio」なんか電話帳みたいでした。って今は電話帳も薄くなって見かけなくなっていますが。


■ やまろ様
やはりアサカメは若年層に人気ないんですねぇ。小学生の時、図書館でアサカメのバックナンバーを読むふけっていた私は若年寄?(違)。

ビネガーシンドロームの情報ありがとうございます。これはひどいですねぇ。写真工業の2008年6月号を図書館で探してみます。

私の手元にある古いネガは、親父のもので、古くても1959年ぐらいの135です。それより前にブローニーとかあるはずなのですが、祖父の家にある(あった?)のでしょう。その1959年ぐらいからのネガで、反ってきたりしているものは見あたらないです。富士か小西六(さくら・コニカ)のモノクロ、ネガカラーで、コダックは1970年代以降の110しかないです。保管はお菓子のブリキ缶にいれて天袋に数十年という感じです。最近は段ボールに入れたりプラケースに入れていますが、プラケースは通気性がないのでよくないみたいです。

Webの記事にはどこのメーカー製のネガがやばかったのか書かれていないですが、気になりますね。

50~80年代ということですが、時間が経つと90年代のものもなるんでしょうかねぇ。コダクロームと乾板のみが生き残ったりして。フィルムも最後は自家製乾板に行き着く、と(笑)。

_ りー ― 2008年08月27日 11時53分35秒

昔の月刊カメラマンは編集部の人達と読者との距離が近くて、皆でワイワイやってる感じでしたね。そういえば、バイク雑誌の方から異動になった人が「カメラの事全然知りません皆さんヨロシク」なんて挨拶してました。

宝田久人というカメラマンが、「カメラマン体操」というのをやっていたのを懐かしく思い出します。その後、私も仕事で写真を撮るようになって、宝田さん本人と会う機会がありました。その時「中学生の頃、読んでましたよ」と話しかけると、「そうですか。僕も歳を取るはずだよなあ」と仰ってました。

CAPAがその後創刊されて、創刊号には確かホットシューに付けるスポーツファインダーなるものが、付録で付いてました。

カメラ雑誌とは言えませんが、「写楽」が創刊されたのもこの頃。

少ないおこずかいの中から、カメラ雑誌1~2冊とトライX数本とD76などの薬品と印画紙(自宅用)を購入する中学高校時代でした。

_ Haniwa ― 2008年08月27日 13時14分27秒

「カメラマン体操」っていうのは、腰に効くんでしょうか。右手にヨンニッパ左手にF2+MD-2+MB-1+80-200/2.8持ってする体操とか(笑)。

なんか楽しそうな中高時代ですねぇ。写真部に入ればよかったかなぁ。

_ りー ― 2008年08月27日 14時19分09秒

宝田氏の名誉のために言っておくと、「カメラマン体操」ってのは足腰を丈夫にするための真面目な体操でした。カメラマンに憧れる中高生のための雑誌でしたね。

写真部ねえ。昔は今と違って写真なんて暗い趣味でしたから。

_ Haniwa ― 2008年08月27日 14時36分53秒

りー様
すみません。はしゃぎすぎましたね。m(_ _)m
カメラマンに憧れる中高生のための雑誌!それだ!目から鱗です。私が月刊カメラマンを手に取らなかったのは「俺、カメラマンじゃねーし」でした(笑)。中高生の時はカメラに興味無かったですし。タイトルの意味も分かりすっきりです。ありがとうございました。

写真部って暗かったんですか。TRI-Xでシリアスに社会に切り込むと暗くなるかもしれませんが、月刊カメラマンの世界なら明るく楽しそうです。おねえさんきれいだし(←しつこい)。

_ WANI ― 2008年08月27日 20時38分03秒

出遅れましたがw、私も中学生で写真部で始めた時はCAPAとカメラマンでしたね。
カメラマンの方でちょくちょく登場する航空写真家の青木勝氏の写真が好きでした。

その頃に特集記事とかを見て始めたカメラの持ち方が今でもそのままだったりします(w。あとその頃はそんな名称は知りませんでしたがストラップの通し方のニコン巻きとかプロ巻きとか呼ばれるやり方も特集記事で仕入れました。

_ Haniwa ― 2008年08月28日 08時45分46秒

皆様、月刊カメラマンで始められているのですね。

カメラの持ち方やストラップの通し方とか、さすがにアサカメには載っていないので、中高時代に月刊カメラマンを通過しなかったのは悔やまれます。

_ 印南 雄士 ― 2008年09月03日 21時33分09秒

 ニコン28/2.8MFは良いレンズです。ただ、25年前に購入したタムロン28/2.5MFは安く性能も良く、天体写真で雑誌に入選しました。後のニコンカメラ事業部長になられた方にも見せましたが、思わずこれはいいと言いました。(実名は避けさせて頂きます。)

_ Haniwa ― 2008年09月04日 09時22分59秒

印南 雄士様
Ai Nikkor 28mm F2.8Sはレンズをたくさん使ってよい写りを追求したレンズですよね。これ1本というときには、明るさに負けてDistagon 2/28 ZFやSIGMA 28mm F1.8の方を持って行ってしまいますが(汗)、いいレンズだと思います。末永くラインナップして欲しいレンズです。

>後のニコンカメラ事業部長になられた方にも見せましたが、思わずこれはいいと言いました。
他社のレンズであってもいいものはいいと素直に言える社風がいいところですねぇ。あんな安物とか先入観でみないところが偉いです。安くてコストダウンしているところはあるとしても、見習うべきところも見いだす。いいですねぇ。

_ 印南 雄士 ― 2008年09月06日 12時50分10秒

Haniwa様

 後のカメラ事業部長との出会いは、入社2年目、ニコン(当時は日本光学)から技術部長として出向した方で
同じ室で仕事をしてました。単身赴任寮は、アバラヤで私の家から歩いても2分のとこでした。そして、順当に工場長になり、社長になりました。その時、私は結婚したので、勿論最初の挨拶を社長にして頂きました。
 その時、もう一つニコンのカメラ製造部ゼメラルマネジャーから祝電が届きました。この方は、入社したときの製造部長兼直属の技術課長で、2人とも同じ寮で生活しました。その後、祝電を頂いたゼネラルマネージャーが後任の社長になり、会長時代も含め10年以上栃木ニコンの業績向上に貢献されました。
 ちなみに後のカメラ授業部長は工学博士です。後の社長はお酒が大好きです。(よく誘われました。)

_ Haniwa ― 2008年09月08日 10時21分42秒

印南 雄士様
いいですねぇ。

私もニコンのデジタル一眼レフを買ったあかつきには、ゼネラルマネージャーから祝電を戴きたいものです(笑)。

_ 印南 雄士 ― 2008年09月08日 11時48分05秒

Haniwa様

 ゼネラルマネジャーも今は退職しました。当時でも、肩書きを取れば、どこにでもいる普通のおじさんです。 
 祝電はちょっと難しいでしょう。私の書き込みでいよくれば、10分でできますので。(元マネジャーです。)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)