ウワサの高級コンパクト機の実力は? 「Caplio GX100」短期集中リポート 第3回(日経DIGITAL ARENA)2007年07月24日 00時00分00秒

サツマイモ2:GR DIGITAL、28mm相当、1/79sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

ニコンF100をどうしようかについて書こうかとも思ったが、気分が後ろ向きになるので、今日はリコーGX100に関する記事を紹介することにした。
ウワサの高級コンパクト機の実力は? 「Caplio GX100」短期集中リポート 第3回(日経DIGITAL ARENA)

リコーのGX100、ずっと気になっているのだが、ちょっと色調がGR DIGITALと違って好みじゃない感じだったので静観していた。しかし、この記事によるとオートホワイトバランス(AWB)を使わずに「晴天」や「曇り」でかなり改善するらしい。値段もこなれてきたので…。

GR DIGITALの場合、少しマゼンタがかった感じで彩度も抑え目なところが、コニカのネガフィルムに似ていたので気に入ったのであった。しかし、同じリコーのコンパクトカメラなのに、GR DIGITALとGX100ではAWBの傾向が随分と違うものだなぁ。試行錯誤中なのだろうか。まあ、私の好みが万人受けするとは思わないのだが(笑)。

ああでも本当は、35mmフルサイズのファインダーのよいデジタル一眼レフ(ニコンFマウント)が欲しいんだよぉ(笑)。


写真は記事とは関係ない。
サツマイモ2:GR DIGITAL、28mm相当、1/79sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

写真は独Carl ZeissのZFレンズサイトにフォーカシングスクリーンの情報が追加された(追記あり) ― 2007年05月28日の記事につけていたサツマイモの現在の姿。余っていたプランターに植えたら、なんだか成長している。秋には食べられるのだろうか?

キヤノンEOS 1D MarkIIIで優木まおみを撮る――たまらなく軽快なシャッターに感動(日経DIGITAL ARENA)2007年07月25日 00時00分00秒

大豆:GR DIGITAL、28mm相当、1/52sec、F2.4開放、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

あれっ?Haniwaはキヤノンに縁がないんじゃなかったのか?と思われた方も多いと思う(笑)。いえ、モデルのおねえさんがなんか色っぽかったのでつい取り上げてみた(笑)。
【動画付き】キヤノンEOS 1D MarkIIIで優木まおみを撮る――たまらなく軽快なシャッターに感動(日経DIGITAL ARENA)

いや、なんか、きれいなおねえさんが、雑然としたところに力抜いて佇んでるっていうシチュエーションがなんかよかっただけなんですぅ(笑)。あえてカメラの話題を振っておくと、なんか全体に前ピン気味のような気がする。がっ、しかしっ、そんなことはどうでもいいのだ(笑)。

ニコンF100の件で落ち込んでるんじゃないんだからねっ(笑)。


写真は記事とは関係ない。
大豆:GR DIGITAL、28mm相当、1/52sec、F2.4開放、ISO64、-0.3EV、プログラムAE
大豆の種をまいて、枝豆にしようというもくろみ(笑)。

ニッコール千夜一夜物語第三十二夜:~ボケ味を追求した中望遠レンズ~「Ai AF DC Nikkor 135mm F2S」2007年07月26日 00時00分00秒

「立川中華街」:GR DIGITAL、28mm相当(正方形にトリミング)、1/42sec、F2.4開放、ISO400、-0.3EV、プログラムAE

おお、今日もタイトルが長いなぁ(笑)。ニッコール千夜一夜物語が約半年ぶりに更新された。ニッコールクラブ会報に連載されているものをあとでWeb上に発表しているようなのだが、私はニッコールクラブに入っていないので、連載がどうなったかわからず心配していたところであった。続いていてよかった。

ニッコール千夜一夜物語第三十二夜 Ai AF DC Nikkor 135mm F2S~ボケ味を追求した中望遠レンズ~(2009年6月11日リンク先修正)

Ai AF DC Nikkor 135mm F2S、現行品は距離エンコーダ内蔵のDタイプになり、Ai AF DC Nikkor 135mm F2Dだ。このレンズもズームマイクロニッコールのようにニコンでしか味わえないものだ。そのうち買い揃えたいレンズのひとつだ。「写真機家」のサンダー平山氏が以前雑誌で、「ノーマル時のシャープさはDC機構のないMFのAi Nikkor 135mm F2Sの方が上」なんて書かれていたので、どちらを買うべきか悩むところだ(笑)。結局長い目で見て両方買うことになるのか(笑)。ただし、Ai Nikkor 135mm F2Sは既に生産終了だが。

記事中で注目の箇所は、

 「どうです、美しいでしょう ? この接合レンズがいいんですよ。」と、先輩はレンズ断面図をみせながら解説してくれた。ニコンの光学設計者はレンズ断面図の美しさを重視している。それは、レンズの形状が理にかなっており、光がレンズの各面をすなおに通過する光学系が、収差のまとまりがよく、製造誤差に強いことを感覚的に知っているからだ。ボケ味だけでなくレンズ形状の美しさも追求していたのである。

おお、そんな拘りがあったのか。それならば、ニコンには是非レンズ断面図の大きな画像を公開してもらいたい。個人的にレンズ断面図で好きなのは、Nikkor 105mm F2.5の第2群の分厚いレンズだ。初期の3枚張り合わせのものもその後の2枚張り合わせものも、分厚いレンズがそそる。
Additional Information on Nikkor 105mm f/2.5s Telephoto Lens(Photography in Malaysia)参照

105mm F2.5ほどではないが、135mm F3.5も初期のNikkor-Q Auto 13.5cm F3.5の第2群の分厚いレンズがそそる。これもその後のAi nikkor 135mm F3.5では普通っぽくなってしまった。

ニッコール千夜一夜物語、今後も楽しみだ。


写真は記事とは関係ない。
「立川中華街」:GR DIGITAL、28mm相当(正方形にトリミング)、1/42sec、F2.4開放、ISO400、-0.3EV、プログラムAE

「立川中華街」というのが東京都立川市にできたと聞いていたのだが、何回か立川に行く用事があったのだが何処にあるのかわからなかった。検索すると「グランデュオ立川」のワンフロアらしいのだが、グランデュオ立川のホームページにはグランデュオ立川がどこにあるのか地図がない。サイトを探し回って書かれていた住所で地図検索をした。ありました、駅ビルでした(爆)。南口に駅に隣接して建つビルだった(笑)。しかも直通改札までできてるし(笑)。いつも北口にしか行かないのでまったく気付かなかった。地元の人だけじゃないんだからホームページには「立川駅南口」と書くとか、地図載せるとかして欲しいなぁ。立川によく行くほかの人にも聞いてみたが「そうそう、立川中華街ができたって聞くんだけどどこにあるのかわからない」って言っていた。こういうのって重要だと思う。

Googleの無料画像管理編集ソフト、Picasa22007年07月27日 00時00分00秒

アサガオ:GR DIGITAL、28mm相当、1/90sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

Googleの無料画像管理編集ソフト、Picasa2が、日経DIGITAL ARENAで紹介されている。
強力な画像管理機能と画像編集機能が融合した無料ソフト「Picasa2」

Picasaは、以前インストールしていたが結局使わずにアンインストールした。というのは、このソフトは常駐して新たな画像が追加されないか監視しているからである。その常駐の意義もわかるのだが、関係ないときにリソースを消費しているのがなんか嫌で使わなくなったのだった。インストール後にHDD内の画像をサーチして登録していくのもなんか嫌(笑)。要するにフォルダの所在に関わらず画像を様々に関連付けるために一つ一つの画像の所在をPicasaが把握しておかなければならないということなのだが、そんなのは私の場合余計なお世話(笑)。

こういうソフトに頼っていい加減なフォルダ管理をしていると、このソフトがなくなってしまった場合に画像管理が目茶苦茶になってしまう。Picasaを使っていてもフォルダはきちんと自分なりの基準で管理しておく必要がある。現にPicasa2の対応OSはMicrosoft Windows 2000/XPのみであり、Vistaに移行すると現状ではPicasaは使えないことになる。結局自分できちんと画像を管理するならば、Picasaの常駐はリソースの無駄ということになる。

Picasaには画像編集機能もあるので、それを期待してインストールすると言う考え方もある。しかし、Photoshop Elementsが様々な形であまり価格上昇せずに製品に添付されていることが多いので、それらを持っている人は別にPicasaの画像編集機能は必要ないということになる。

わたしは以上の理由でPicasaを使わなくなったのだが、別に常駐しててもいいし画像編集ソフトも別に持っていないという人は使ってみてもいいのではないだろうか。

ちなみに画像の閲覧はいまだにニコンのNikon View 6を使っている。


写真は記事とは関係ない。
アサガオ:GR DIGITAL、28mm相当、1/90sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

安倍首相はただちに退陣せよ!2007年07月30日 00時00分00秒

今回の参議院選挙の退廃じゃなかった大敗の結果がでてもなお安倍首相は続投するつもりらしい。いい加減にしろ。選挙の結果は、安倍首相が首相の器でないことや構造改革路線の弊害、経済や日常生活よりも復古イデオロギー優先の政治姿勢に否!と言っているのだ。それすらもわからぬとは、鈍感にもほどがある。もう一度次の衆議院選挙で大敗させなければ分からないらしい。

安倍首相は、参議院選挙の期日を当初の予定から1週間遅らせた。様々な形式的な理由付けがなされているが、実際には政権にあることを利用して自己に有利なように期日を動かしたのだ。結果は裏目に出たが、安倍氏周辺は以下のようなことに思い至ったか?

最初の選挙予定日であった7月22日は、夏休み最初の日曜日である地方が多く、都市部では地域の夏まつり(盆踊り)などのイベントが毎年開かれる時期でもあった。イベントを主催する地元の町内会や自治会の役員は、投票所の事務の手伝いも兼ねていることが多いし、イベントを後援する地元自治体も職員が投開票事務に動員される。そこで今年は選挙があるから、夏まつりや盆踊りは7/28~7/29にあらかじめずらして設定した団体が多かった。そこへ安倍氏が自己都合で選挙をぶつけてきたのだ。町内会や自治会役員は保守的な人が多く、自民党の支持者であったはずだ。町内会で地元の神社の寄付を取り次いでも、様々な思想信条の人が加入する地域団体においてそれがふさわしいかどうかすら気にならない人たちである(笑)。そういう人たちにも、安倍首相の、下々に思い至らない馬鹿殿ぶりが伝わっただろうと思う。

年金の問題だけで大敗したことにしたいマスコミが多いだろうが、自民党公明党大敗の理由はそれだけではない。企業への減税は継続して個人の減税は打ち切ったことや、小規模農家への補助金を廃止して大規模農業のみに補助金出すことにしたなど、不公平な政策への不満だ。経済政策はほとんど手付かずなのに、防衛庁を防衛省にしたりすることだけには熱心であった。そうだ、改憲も今回の自民党の公約であった。ホワイトカラー・イグゼンプションの動きも私はまだ忘れていないぞ。

安倍首相はただちに退陣せよ。9月に内閣改造だと?ふざけるな。8月をのうのうと夏休み取るつもりでいるのか。こんな内閣に国政を任せてはいけない。

寿命ゼロのメディアが存在するワケ DVDは百年もつか?(3)(日経PC online)2007年07月30日 00時00分01秒

寿命ゼロのメディアが存在するワケ DVDは百年もつか?(3)(日経PC online)

なかなか興味深い記事である。私は、デジカメの画像データはHDDとDVD-RAMに保存しているのだが、この試験結果は不安だ。DVD-RAMは太陽誘電のOEMだといわれているPanasonicのDVD-RAMにしているのだが(一部日立マクセルも使っている)。CD-Rも太陽誘電のものを使っているが、CD-Rは保存用とは思っていない。

しかし、コダクロームも国内販売中止になったいま、撮った写真を長期に保存するのは何が一番いいんだろう。オマエの撮った写真なんかそんなに長く残らなくて結構、というツッコミはなしで(笑)。どんなに下手糞な写真でも、当事者にとっては大事な写真というものはある。

富士フイルムが135の新ネガカラーフィルム発売!SUPERIA X-TRA400とFUJICOLOR1002007年07月30日 00時00分02秒

デジカメ一色になって先細り感のある銀塩フィルムに喝!(笑)、富士フイルムが135サイズのネガカラーの新フィルムを発売する。SUPERIA X-TRA400とFUJICOLOR100だ。
フジカラー 135カラーネガフィルム「SUPERIA X-TRA400」「FUJICOLOR100」新発売

富士フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、ご好評をいただいております135カラーネガフィルムの新しいラインアップとして「SUPERIA X-TRA400」ならびに「FUJICOLOR100」を富士フイルムイメージング株式会社(社長:杉原 和朗)を通じて10月初旬より発売してまいります。

デジタルカメラの急激な普及によりカラーネガフィルムの需要は減少傾向にありますが、その一方で「階調が豊かでプリントがキレイ」「雰囲気のある写真が撮れる」といった理由からカラーネガフィルムにはまだまだ底堅い需要があります。また、遊び感覚で写真を楽しむトイカメラなどのブームにより、今までフィルムカメラになじみがなかった若い人たちにもカラーネガフィルムを見直す人があらわれ始めています。

今回発売する「SUPERIA X-TRA400」ならびに「FUJICOLOR100」は、昨年10月に世界各国で発売しすでに高い評価と実績がある製品を、「世界統一ブランド」にて国内向けに新発売するものです。

「SUPERIA X-TRA400」は、新スーパーユニフォームファイングレイン技術を採用。感光効率を高めることで高感度でありながら優れた粒状性を実現しています。また白飛びの少ない滑らかな階調と自然な色再現を実現、肌色再現に適したフィルムとなっています。従来の「SUPER400FT」に比べ有効期限が3か月延長となりますので、多本数パックでも期限切れの心配をせずに安心してご利用いただけます。

「FUJICOLOR100」は、優れた粒状性と肌色再現を兼ね備えた、主に明るい屋外での撮影に適したフィルムです。こちらも従来の「SUPERIA100」に比べて有効期限が9か月延長となります。

なおこの新製品導入にあわせ、感度400の一部の写ルンですにつきましても、順次上記の感材に切り替えてまいります。

富士フイルムはイメージング分野のリーディングカンパニーとして今後も写真文化の維持拡大を図っていくとともに、写真のすばらしさ、写真の楽しさを伝え続けてまいります。

DNPのセンチュリアも安くて悪くないのだが、DNPセンチュリアは蛍光灯下で緑色がかるのが欠点であった。コニカのセンチュリアはそんなことなかったので愛用していたのだが。富士のSUPERIA X-TRA400はおそらく緑色がかることはないと思うが、問題は色の傾向だろう。忠実系で東洋人の肌の色再現がよくて空は青いというのが同時プリントでも可能なネガフィルムであることを期待したい(欲張りすぎ)。派手なのはデジカメに任せておけばよいのだ。アスティアのようなネガカラーをお願いしたい。

京セラ、「ヤシカ」商標権を香港企業に売却2007年07月31日 00時00分00秒

りー様から戴いた情報
京セラ、「ヤシカ」商標権を香港企業に売却(日経:2007年7月30日)

京セラは1983年に吸収合併したカメラの名門企業「ヤシカ」の商標権を香港企業に売却した。京セラは2005年にカメラ事業を大幅縮小したが、「ヤシカ」の知名度はアジアや中南米で高く、香港企業は家電などのブランドとして存続させるという。京セラは商標権売却でカメラ事業からの撤退を完了する。

商標権の売却先は、香港を拠点にアジアで京セラのカメラ事業の販売代理業務を手掛けていた企業グループの「JNCデイタム・テック・インターナショナル」。売買条件などは明らかにしていない。(07:00)

京セラに吸収合併される前のヤシカは独カールツァイスと提携してCONTAXの商標使用権を持っていた。京セラはヤシカを吸収合併してCONTAXの商標使用権を得た。しかし、カメラ事業から撤退して今回ヤシカブランドまで売却することになった。ところがCONTAXの商標使用権は保持したままのようである。Carl Zeissのサイトにも、京セラがあと数年CONTAXの使用権を持っていると書かれていた。

しかし、京セラはCONTAXの使用権はすぐに手放すつもりはないようだ。京セラのサイトを見に行くと、コンタックスクラブ九州撮影会と撮影ツアーのご案内という企画があって、今年の9月11月に撮影会を実施するらしい。カメラ事業をやめたのなら、Carl ZeissにCONTAXの商標使用権を返したらどうか。Carl Zeissは、フィルムカメラやマニュアルフォーカスレンズを新規に発売していてやる気満々なんだから、大名跡のCONTAXを返すべきだ。そして私は、Carl ZeissからCONTAXブランドのカメラが出ることを期待している。CONTAXでニコンFマウントで機械式カメラなんていいかもしれない。それでこそZFレンズが活きてくる。あと、Contaxブランドのレンジファインダー機も。ZMレンズがあるから、Mマウントかな。

りー様情報ありがとうございました。

ニコン一眼レフカメラ用交換レンズ「NIKKOR」、累積生産本数4,000万本を達成2007年07月31日 00時00分01秒

ニッコールレンズ3000万本突破記念オリジナルデスクルーペ(2001年)

ニコンの一眼レフ用交換レンズNikkorの累積生産本数が4000万本を達成したようだ。
ニコン一眼レフカメラ用交換レンズ「NIKKOR」、累積生産本数4,000万本を達成(株式会社ニコン)
ニコン、ニッコールレンズ累計生産4,000万本を達成(デジカメWATCH)

たしか2001年の後半に3000万本を達成していたので、約6年で1000万本生産したことになる。

ニッコールレンズ3000万本突破記念オリジナルデスクルーペ外箱(2001年)ニッコールレンズ3000万本突破記念オリジナルデスクルーペ内箱(2001年)

写真は2001年の暮れにAi Nikkor 20mm F2.8Sを購入した際にもらった「ニッコールレンズ3000万本突破記念オリジナルデスクルーペ」。当時新品レンズを購入すると先着順でもらえた。かなりずっしりとしたガラスの塊である。重さは単体で205gぐらいある。直径は約65mm、高さは円柱部分が15mmで全体で約35mm。ルーペの倍率は1.2倍。ペーパーウェイトとしても使えると説明書に書かれている。ルーペの底の部分の水色のものは説明書で、ルーペの底に文字が書かれているわけではない。説明書は表紙が、Ai AF Nikkor 50mm F1.4Dのレンズ名の入った押さえ環のデザインになっている。

ニッコールレンズ3000万本突破記念オリジナルデスクルーペ箱内部(2001年)

ニッコールレンズ4000万本達成記念でなにか大口径単焦点レンズを出してもらえないだろうか。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)