Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF とNikkorとのデータ比較2006年11月21日 00時00分01秒

Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZFの試用速報等が、20日発売のカメラ雑誌に載っていた。実写は各誌をご覧戴くとして、スペック上の比較をしてみたい。 比較対象は、Ai Nikkor 35mm F2SAi AF Nikkor 35mm F2DAi Nikkor 35mm F1.4S

項目Distagon T* 2/35 ZFAi Nikkor 35mm F2SAi AF Nikkor 35mm F2DAi Nikkor 35mm F1.4S
レンズ構成7群9枚6群8枚5群6枚7群9枚
絞り羽根枚数9枚7枚7枚9枚
最小絞り22222216
最短撮影距離0.3m0.3m0.25m0.3m
質量510g280g205g400g
最大径*長さ65*73mm63*51.5mm64.5*43.5mm67.5*62mm
フィルター径58mm52mm52mm52mm
価格(税込)93,975円48,300円(生産終了)43,050円90,300円

データはそれぞれ、コシナ、ニコンの製品ページから引用。

こうして見ると、Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZFは、径はほとんど変わらないが、長くて重いレンズだということがわかる。 510gというのは、Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZFの570gに匹敵する重さである。

さて、性能の方は使ってみないと分からないし、できれば来月以降のカメラ雑誌で特集を組んで欲しいのだが、公表されているデータを少し見ておこう。

まずは簡単な歪曲収差から。Nikkor 35mm F2の方はアサヒカメラ1991年1月号のニューフェース診断室(※1)でAi Nikkor 35mm F2(S?)とAi AF Nikkor 35mm F2Sのデータがある。 また、Ai Nikkor 35mm F1.4(非S)のデータは、アサヒカメラ1980年5月号ニューフェース診断室(※2)に載っている。 それと、コシナのサイトで公表されている図表から読み取れる数値とを比較してみる。
※1「ニューフェース診断室ニコンの黄金時代2」 2000年朝日新聞社に再録
※2「ニューフェース診断室ニコンの黄金時代1」 2000年朝日新聞社に再録

Ai Nikkor 35mm F2(S?)の方は最大で-1.8%で樽型の歪曲、Ai AF Nikkor 35mm F2Sは最大で-2.0%の樽型。またAi Nikkor 35mm F1.4は最大で-2.1%の樽型の歪曲。 これに対して、コシナのサイトの図表上ではCarl Zeiss Distagon T* 2/35 ZFは、-2%台前半(-2.3%ぐらいか?)の樽型の歪曲である。悪くはないが、優れているわけではない。

しかし、開放時のMTFデータは、Ai AF Nikkor 35mm F2SよりもCarl Zeiss Distagon T* 2/35 ZFの方が全体が上になっていて周辺まで落ち込みが少ない。絞り開放から周辺までかなりコントラストが高いことが分かる。 Ai Nikkor 35mm F1.4は、絞り開放時はふわふわなので比較するまでもないが、急に締まってくる絞りF2のデータがないので比較できない。

とかなんとかグラフを見て言ってても仕方ないので、早く誰か作例をみせてくだされ(笑)。

【追記】
現行のAi Nikkor 35mm F1.4も比較の対象に入れて加筆した。これを見ると値段的にもAi Nikkor 35mm F1.4を先に買うべきだ(って結局両方買うつもりなのか>自分)という気がしてきた(爆)。

【関連】
Nikkor 35mm地獄(Haniwaのページ:2004年5月26日)

コメント

_ えふすき ― 2006年11月21日 18時42分46秒

こんにちは。Carl ZeissのDistagon T* 2/35 ZFは値段が高すぎ、重すぎで購入候補から外れてしまいました。
AF 35mm F2はF100に付けっぱなしで、頑張っておりますが、昔Ai 35mm F2Sを手放したことを、今更ながら後悔しております。しかし、Nikon の3本の35mmの歪曲は数値上はあまり変わらないんですね。勉強になりました。

_ Haniwa ― 2006年11月22日 08時42分58秒

えふすき様、コメントありがとうございます。

3本のニッコール35mmは数値上はあまりかわらないのですが、ニューフェース診断室や35mmフリークの赤城耕一氏によれば、35mm F1.4の方は少し歪曲が気になるそうです。このあたり、0.1%でも微妙なのでしょう。

Ai Nikkor 35mm F2SとAi AF Nikkor 35mm F2Dは、両方必要なレンズなんですよ(笑)。描写傾向が違うみたいですよね。私もニコンのデジタル一眼レフを買ったらAF 35/2Dは買うと思います。

_ りー ― 2006年11月22日 09時01分50秒

両方持ってるーーーー!
35mmF2大好きーーーー!

_ Haniwa ― 2006年11月22日 09時52分50秒

35mm F2っていいですよね。いろんな意味でバランスがいい。
\(^o^)/

_ ぜんまいねずみ ― 2006年11月23日 21時20分17秒

D200にAi35mmF2Sを使ってますが,AFの方もぜひ使ってみたいですねえ。
きのうヨドバシ(千葉店)に寄ったら,やはり品切れでした。店員さんの話では,順調に入荷してたDX18-200まで品不足状態に戻ったそうで,「ニコンのアクセサリはなかなか入荷しなくて…」と困ってました。

で,これも品切れが多くて買いそびれていたMC-30(リモートコード)を見つけたので,つい買ってしまいました。店員の思うツボにはまったような気もしますが(笑)。

_ Haniwa ― 2006年11月24日 08時29分52秒

ぜんまいねずみ様、いつもコメントありがとうございます。

Ai Nikkor 35mm F2Sは、フィルムだと透明感があっていいですね。AFの方は使ったことがないのですが、もっとカリっとして色も濃い感じのようですね。Ai AF Nikkor 35mm F2Dはここ数年慢性的に品薄のようです。在庫持ちたくなくて少なめ少なめに生産してるんでしょうね。

アクセサリーはいずれ必要そうなものはあるうちに買うのが正解だと思います。最近はニコンといえどもすぐに生産終了してしまうので。それがアクセサリー地獄への第一歩なのですが(笑)。

_ りー ― 2006年11月25日 08時08分06秒

多忙を極める今週は、まだ休めません。
土曜朝イチから頑張ってます!

しかし売れ筋レンズの常時品不足状態もヒドイですが、デジタルで使用した時に合うフードを考えるのも面倒ですよね。35/2は約50mm相当になるからHS-9でいいんですが、85/2用のHS-10でもケラレないとの情報をネットで見つけたり。フィルター径が52mmならそういうことも可能ですが、20/2.8などは62mm径なので28-85用のフードを中古で探そうと思ったり。

デジタル専用の単焦点(20/2.8とか24/2とか35/1.4)を出すかフルサイズを出すかして欲しいというのは従来の写真ファンの当然の要望だと思います。それが出来ないのだから、Nikon離れが進むのは当然ですね。

_ Haniwa ― 2006年11月27日 07時51分46秒

りー様、お疲れ様です。

そうですね、20/2.8のフードは135でも困ります。62mm径でなければ、結構あるのですが。

ハクバの28mm用ラバーフードは要注意です。あれは28-105mm用に買ったことがありますが、ラバーフード部分はほとんど効果がなく、逆にフードの取り付け枠が厚いのでそこがケラレます。HOYAやHAMAのフードは、枠のキャップ側の径のほうが1サイズ大きいものになっているのに対して、ハクバのはそんな工夫もしていないので、フードの効果がないのに枠でケラれるというマヌケな構造になっています。28-105mm以外の、前玉がもう少し小さいものだとケラれないかもしれませんが、買ってあわせてみないと危険な商品です。普通は余裕をみて設計するものなんですけれども。

デジタル専用DX単焦点は出せないのでしょうね。DX単焦点出すと、フルサイズ待望派がニコンはフルサイズ出さないと判断してニコンから逃げます。また、DX単焦点出してから、あとでフルサイズ出すと、またフルサイズデジタル用の単焦点を出さなければいけなくなります。フルサイズの先行きが不透明なので、DX単焦点は出せないのでしょうね。通常ラインナップとは異なる、DXパンケーキレンズなどで出しておけば、あとからフルサイズ出してもそんなに文句は言われないと思うのですが、そうは行かない事情があるのでしょうか。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)