Kodak Ultra Color 400UC(135-36ex-5)を買った2006年11月02日 00時00分00秒

Kodak Ultra Color Films 400UC

120サイズが生産終了になるというので、急にコダックウルトラカラーフィルムが気になり、生産終了ではない方の135サイズを買って帰った。

KODAK PROFESSIONAL ULTRA COLOR Filmsには100UCと400UCとがあって、両方買うかどっちを買うか迷ったのだが、結局ISO400の方を買った。

買っただけでまだ使ってないので、何のレポートも出来なくてすまん。紅葉なんかこれで撮ったらどうなんだろう、と思っている。しかし、紅葉を撮る機会はあるのか(笑)。パッケージには、「写真を極めたい方へ」なんて書いてある。ちょっと楽しみ。一応コダックのサイトからフィルムの能書きを引用すると以下のようである。

コダック プロフェッショナル ウルトラ カラー フィルム
「カラープレシジョン技術」により優れた肌色再現を保ちながら、高彩度な発色を得られるのが特長です。
また「アドバンスドT-粒子」の採用により細やかな粒状性を実現し、なめらかで美しい肌色が得られます。
◆コダック プロフェッショナル ウルトラカラー 400UC
目に飛び込む鮮やかな色再現を可能にするフィルム。曇天下や光源の少ない場所での、ビビッドな被写体の撮影に最適。
◆コダック プロフェッショナル ウルトラカラー 100UC
ウルトラカラー400UCと同様の特長を持ち、更に粒状性が優れたフィルム。高倍率の引き伸ばしや高解像度でスキャニングしデジタル処理を行うのに最適。

【関連】
コダック、EPHフィルムなど生産終了(2006年10月31日)

コメント

_ たくと。 ― 2006年11月02日 12時31分43秒

このフィルムを使ってみたんですが、あまりよくなかったです。
そんなわけで、フジの400のプロフェッショナルなんとかってのを使うようになりました。ちょっと高いですが・・・

_ Haniwa ― 2006年11月02日 15時56分41秒

がーん(>_<)

よ、よくなかったですか…。
富士のPRO400はいいですね。私が買う富士のネガは100のリアラとNewPRO400だけです。たしかに高いので、手持ちのコニカミノルタフィルムが無くなったあとの常用ネガを探さないといけないですねぇ。

_ 上り急行うおの ― 2006年11月02日 22時05分57秒

>生産終了ではない方の135サイズ
135は大丈夫だったのですね。
よく読んでいなかったようです(^^;

ウルトラカラー400
ハイディフィニション
マックスビューティー400を
ペンタックスのコンパクトカメラで撮影し、
ヨドバシのコダック純正でL版プリントにしたところ、
3本のフィルムの差がわかりませんでした(^^;
私の目が単に節穴なのかもしれませんが(汗)

>100のリアラとNewPRO400
>常用ネガ
値上げ後の価格は常用価格としては高いですよね。
絶版にならないだけでも有り難いともいえますが。

_ Haniwa ― 2006年11月03日 22時35分06秒

上り急行うおの様、コメントありがとうございます。

わたしも自分で書いてて、最初ウルトラカラー全廃かと思っていました(笑)。

えっ、この3種、違いがあまりないと…(^ ^;
うひゃー5本も買っちゃったんですが、期限までに使いきれるか心配になってきました(笑)。まあとにかく1本は使ってみないと(笑)。

そうなんですよ、常用ネガ、コニカミノルタが爆安だっただけに困るんですよねぇ。REALA ACE 100やNew PRO 400が値段に見合ったいいフィルムだというのは異論ないんですが…。たしかにこの2本は絶版にしないで欲しいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)