Nikon D300テスト撮影結果2011年10月09日 00時00分00秒

池袋:Nikon D300、Ai Nikkor 20mm F2.8S、L37c、絞り優先AE、F5.6、1/400sec、ISO200、-0.3EV、ピクチャーコントロール:スタンダード

皆様、コメントのお返事ができずにすみません。少しずつお返事して参ります。m(_ _)m

さて、中古で買ったNikon D300。初期不良は10日以内なので、テスト撮影してきた。被写体は某アマチュアスポーツの練習風景。ただし、作例はそれではなく屋外スナップ。

AF(オートフォーカス)は、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>との組み合わせで屋外日中だと、Nikon F100と比べて遅さを感じることはあまりなかった。むしろ、DXフォーマットで1.5倍になっているので、F100にKenko デジタルテレプラス PRO300 1.4x DGXとAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>を付けたときに比べたらまったく問題なく撮れるので、ボディ内AFモーターがやや非力なのは私の撮影対象では大丈夫だった。

問題はMF(マニュアルフォーカス)で、ピントの山が見えにくいのは何度も書いた。ただ、よく見るとピントの山があるように見えるときもあるので、DK-21MかオリンパスのME-1を付けると、ちゃんとピントがみえるようになるのかな、とも思う。さらに問題はAi Nikkor 20mm F2.8Sの場合のフォーカスエイドだ。このレンズの場合だけジャストピントよりも遠くに合焦マークが点く。フォーカスエイドに従うと撮影結果は後ピンになる。よく見ると条件によってはスクリーン上で山が見えるのでそれに従うとジャストピントになる。AFがずれているのかもとも思ったが、AFレンズではジャスピントなので、AFセンサーがずれているのではなさそうだし、スクリーン上で丁寧にピントを合わせられればやはりジャストピントなので、故障ではなさそうだ。F-501やF100のフォーカスエイドでピントを外したことはないのでこれは困った現象だ。一度ニコンに持っていくか。

露出はDタイプレンズで3Dマルチパターン測光なのだが、私もD300の露出はややオーバー気味のような印象を受けた。露出補正で-0.3を常用にした。ノーマルではスポーツシーンで選手の顔が良く見える露出だが、ユニフォームの白い部分やグラウンドが明るすぎる感じだ。

色味はまだよく分からない。赤の多い被写体を撮りたかったが、オレンジ色だったので傾向は分かりにくい。ただ、D50を借りて撮ったときのような、フィルムよりはやや鮮やかだけれどもこれでいいじゃんみたいな感動はない絵作りだ。まあ無難なのが実は一番大変な絵作りなのかもしれないが。

以上、簡単な報告でござった。


池袋:Nikon D300、Ai Nikkor 20mm F2.8S、L37c、絞り優先AE、F5.6、1/400sec、ISO200、-0.3EV、ピクチャーコントロール:スタンダード

Nikon D300ゲット!2011年10月06日 00時00分00秒

Nikon D300 and Nikon F100

昨日は更新もできなくてすまんかった。コメントのお返事も遅れてすみませんでした。

さて、いきなりNikon D300ゲットの報告だ。忙しいといいながら、いや忙しいからこそ買ってしまったD300。初めてのデジタル一眼レフになる。おい、買うならFXだったんじゃないのか、とのお叱りの声が聞こえてきそうだが、これは某アマチュアスポーツ撮る用に買った。レンズは買っていない。「Nikon F100 + Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW> + Kenko デジタルテレプラス PRO300 1.4x DGX」の置き換えで、Nikon D300 + Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>で撮るつもり。当面は、Ai AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>付けっぱなしになるだろう。所有のレンズで一番広角なのがAi Nikkor 20mm F2.8Sなのだが、それをつけても30mm相当の画角だ。写ルンですとほぼ同じ画角。28mmに少し足りない。

買った第一印象は、「ミラー小さい」「ファインダーが井戸の底を覗くようだ」「意外とコンパクトで持った感じはNikon F100と似ているな」だった。

まだ20枚ぐらいしか撮っていないのだが、D300のボディ内AFモーターって、F100よりも非力なモーターのようだ。ボディ内AFモーター用のAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>を付けると、明らかにF100の方がAFが速い。ただし、F100は最後に微調整のようにググとAFが動くことがあるのだが、D300の方は1回でばしっとAFが止まる。でもやっぱりF100の方がAFが速い。DXのフラッグシップじゃなかったのか。なんか納得がいかないなぁ。ニコンはAF-Sレンズ買わそうとしているだろう(笑)。絞り環ないレンズは買わないよ。

あと、ファインダー。これピント見難いよ。像も小さいしなによりもピントが合っているように見える範囲が広い。ここだ!というのが1点じゃなくて「なんかこのあたりです」みたいな感じだ。フォーカスエイドがないとピントの山が分かりにくい。DK-21M買うとよく見えるようになるんだろうか。ファインダー倍率が0.94倍というのだが、これ35mmフィルムカメラの画角に揃えると、0.94/1.5 = 0.6266…って0.63倍かよ。ペンタミラーのフィルム廉価機並みやん。

とりあえず設定をリセットしてデフォルトで使ってみる。変更点は、イメージセンサークリーニングを起動時にするに設定、記録画像をJPEGのLのFINEにぐらいだ。あとはAi AF Zoom-Nikkor ED 80-200mm F2.8D <NEW>使用時に親指AFに変更するぐらい。親指AFことAF-ONボタンのみでAFする設定だが、F100の場合は最後に設定した項目がカスタムボタンですぐに出るのでの「カスタムの4番」と覚えておけばすぐに親指AFするしないの設定変更ができたのだが、D300では設定の少し深い階層にあるので面倒だ。どこかのボタンに割り当てればいいのかもしれないが、FnボタンにはMFレンズの情報を割り当ててある。このMFレンズの情報も9本しか入れられないのが不満だ。いつのまにかレンズが増殖してMFレンズが10本以上ある。

買うときに何台かの中から選んだのだが、最初にこれにしようかと思った個体が、最終決断でマウントの内爪の角のメッキが剥がれているのに気づいた。これはレンズ交換をかなりしている証拠だ。やめにして、マウント内爪の減っていない個体にした。うちに帰ってからF100のマウントと比べたら、F100の方が少し摩耗していた。しかし、店にあったD300で買って帰った個体以外はうちのF100よりも内爪が摩耗していた。店頭で総撮影枚数が確認できない以上、こういう所で判断するしかない。

家に帰ってJpegAnalyzer Plusというフリーソフトで、D300で撮った画像のExifを見てみたら、総ショット数は25000ぐらいだった。あと著作権情報のところに前の所有者の名前が入ったままになっていた(笑)。ちゃんと設定を消してから売りましょう。

D300、F100使っていた人はすんなり使えるような気がする。この週末にいきなり実戦投入してくる予定。もちろん予備にF100とフィルムは持って行く。

D300投入で、スポーツ写真をスキャンする時間が省けて、以前のようなフィルム写真撮る時間が取れるようにしたい。ヨコハマビオゴンモノクロ計画も続きを実行したい。

そうそう、D300買うに当たってHaniwa家族会議でD300買ってもFX機購入とは別よとの言質はとってある(笑)。これはスポーツ撮りだから1.5倍になるDXなんだよ、と。だからF100と同じストラップにしたり、機種名にパーマセル貼ったり、背面液晶を隠したりする必要もない(笑)。

Carl Zeiss UVフィルター・円偏光フィルターに新サイズ追加2011年09月06日 00時00分00秒

T* UV und POL Filter von Carl Zeiss /T* UV and POL filters from Carl Zeiss

独Carl Zeiss ブランドで出していたUVフィルターと円偏光フィルターに、新サイズが追加されるようだ。
New UV and POL Filters from Carl Zeiss

OBERKOCHEN/Germany, 05.09.2011.

Starting September 2011, Carl Zeiss will be offering four new diameters for UV and POL filters (circular): 52 mm, 55 mm, 62 mm and 77 mm. With these new sizes, the company is expanding its range of filters, which until now have only been available in diameters 58 mm, 67 mm, 72 mm and 82 mm. Additional diameter sizes will follow in January 2012: 43 mm and 46 mm as UV filters and 95 mm as a UV and POL filter. This will complete Carl Zeiss’ UV and POL filter program for the most common lens diameters.

いままで、58 mm,、67 mm,、72 mm 、82 mm径しかなかったものが、この9月に52 mm、55 mm、62 mm、77 mm径が追加され、来年1月には43 mmと46 mm径のUVフィルターと95 mm径UVフィルターと円偏光フィルターが発売されるようだ。

52mm径だと多くのNikkorレンズに使えるし、62mm径も同様だ。また京セラCONTAX G用のレンズに46mm径や55mm径が使える。日本国内での値段がいくらぐらいになるのか分からないが、UVフィルターの選択肢が増えたのはうれしい。

“The premium Carl Zeiss T* UV and POL filters meet only the highest quality standards,” said Michael Schiehlen, Director of Sales for the Camera Lens Division of Carl Zeiss AG. “The filter threads and optics glasses are adjusted to the lenses from Carl Zeiss, but they are also compatible with lenses from other manufacturers.” The T* coating used on Carl Zeiss lenses is also used on its filters. The T* anti-reflective coating minimizes flare on glass-air surfaces and improves light transmission. Carl Zeiss T* UV and POL filters can be easily changed and used in combination with lens shades. Furthermore, they feature a compact design and front thread. Commercially available lens caps can be used with the filters.

おお、T*コーティング信仰いいねぇ(笑)。

あと、コシナ・ツァイスのZFシリーズやコシナ・フォクトレンダーSLシリーズレンズなどは、バヨネット式のシェード(フード)の内径が小さいので、Kenkoのフィルターはいいのだが、他社のフィルターだとフィルターを外してからでないとシェード(フード)が外せないということがある。このCarl Zeiss フィルターはその辺がクリアされていることを祈る。

せっかく43mmや46mmという小径もあるんだったら、シルバー枠も用意してくれたらありがたいな。ZMレンズのシルバーもあるんだから。

【注意】
冒頭のフィルター写真は、ツァイスサイトからダウンロードした大きな画像がそのままリンクされていますので、クリックすると1.2MB(4,200 x 2,200 ピクセル)の大きな画像がでます。環境によっては、開くとパケット代が嵩んだり、メモリ不足になったりするかもしれません。ご注意ください。

久々に写ルンですを買った2011年08月08日 00時00分01秒

富士フイルム写るんですシンプルエース、ディズニー・スティッチ版とサンリオ・キティちゃん版

「僕にとって写ルンですは、最後の頼みの綱。最強ですね。」(写真家・石川直樹氏) ― 2011年08月02日の記事がきっかけでアクセスが急増し、昨日はこのブログ開以来初のアサブロアクセスランキング2位にさせて頂いた。ありがとうございます。

それで、こんど関西に行くのでその時に使おうと写ルンですを久々に買った。それ以前はレンズ付きフィルムはDNPのTORIKKIRIが300円だったので使っていた。DNPの前はコニカの「撮りっきりコニカ」を使っていた。

割高だと思いつつもなんだかんだと結構レンズ付きフィルムは買っていたなぁ。

いまの写ルンですはストラップホールが付いてしまったので昔のラピタ特製クラシックカメラカバーが使えないのが残念なところだが、そんなカバーをいまも持っている人はほとんどいないから、ストラップホールがある方がいいと思う。

写真は写るんですシンプルエース(フラッシュ付き135-27、ISO400)のディズニー・スティッチ版とサンリオ・キティちゃん版だ。中身は同じなのにデザインが違うだけでスティッチの方は540円、キティちゃんの方は500円と40円も違いがある。ディスニーの版権は高いのだろうか。

そうそうキティちゃんネタなんだから、ぱにー様カテゴリに追加して召喚しなければ(笑)。

【関連】
「写ルンです」20周年、まだまだ頑張れ! ― 2006年06月15日
フジカラー「写ルンです 1600 Hi・Speed Flash 15枚撮」新発売 ― 2006年07月26日
究極のメカニカルカメラ、レンズ付きフィルムをラピタ特製クラシックカメラカバーで使う ― 2006年08月30日
富士フイルム「写ルンです」サイトリニューアル ― 2007年10月17日
DNP Torikkiri Do Shot はコストダウンし過ぎ ― 2008年03月06日
DNP撮りっきり(レンズ付きフィルム)がいつの間にか値上げ(追記あり) ― 2008年08月29日
『TSUBURAYA × Kodak コラボレーション 「ウルトラ・デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』いよいよ今週末発売 ― 2009年12月09日
『鬼太郎 × Kodak コラボレーション 「鬼太郎デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』新発売 ― 2010年08月09日
『鬼太郎 × Kodak コラボレーション 「鬼太郎デザイン」シリーズ・レンズ付フィルム』はオフィシャルショップで買えとな ― 2010年08月19日
「僕にとって写ルンですは、最後の頼みの綱。最強ですね。」(写真家・石川直樹氏) ― 2011年08月02日
アクセス急増 ― 2011年08月07日

(・(ェ)・)ぱにー様専用スレッドその22011年04月13日 00時00分00秒

奈良東大寺大仏:Casio G'zOne TYPE-X、4.6mm、1/15.7sec、F2.8、ISO不明

コメントが50までしか書けないので新スレッド立てましたでござる。
前スレッド
(・(ェ)・)ぱにー様専用スレッド ― 2010年09月27日

ピカチュウ写真が見あたらなかったので、ありがたい奈良東大寺の大仏さん写真で(G'zOne TYPE-Xで撮影)。

過去スレッド
ぱにー様、ゴン太様専用スレッドその4 ― 2008年10月28日
ぱにー様、ゴン太様専用スレッドその3 ― 2008年10月10日
ぱにー様、ゴン太様専用スレッドその2 ― 2008年09月19日
ぱにー様、ゴン太様専用スレッド ― 2008年09月16日

(・(ェ)・)ぱにー様専用スレッド2010年09月27日 00時00分00秒

ピカチュー新幹線:GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/111sec、ISO64、プログラムAE、-0.3EV

立てましたぞ。http://haniwa.asablo.jp/blog/2010/04/15/5018654#c5367845

思う存分暴れてください(笑)。アサブロの仕様でコメント数の上限は50なので大事に使うように。


写真は、NEX連結:GR DIGITAL、28mm相当、F3.5、」1/870sec、ISO64、プログラムAE

【追記:2010年9月28日】
ぱにー様のクレームご要望により、写真を差し替えた。
ピカチュー新幹線:GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/111sec、ISO64、プログラムAE、-0.3EV

旅行中2010年08月20日 00時00分00秒

ピカチュー新幹線:GR DIGITAL

更新が遅れてすまぬ。戴いたコメントのお返事もできず申し訳ない。お返事はもう少しお待ちください。


ピカチュー新幹線:GR DIGITAL

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

「FUJIFILM 3D プリントシステム」 サンリオピューロランドに導入決定2010年04月15日 00時00分00秒

江ノ電江ノ島駅待合室:GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/48sec、ISO64、プログラムAE、-0.3EV

ぱにー様召喚記事である(笑)。富士フイルムが、高画質3Dプリントがその場でできる「FUJIFILM 3D プリントシステム」を、4月24日からサンリオピューロランド(東京都多摩市)に導入するそうだ。
高画質3Dプリントサービスをその場で提供可能にする「FUJIFILM 3D プリントシステム」 サンリオピューロランドに導入決定 4月24日より稼動開始

うーん、3Dにする意味のある被写体なんだろうか。キティちゃんのイラストってものすごく平面的なような(笑)。

ここはキティラーのコメントを待つしかありませんな。

サンリオピューロランドって行ったことがないのだが、ちゃんとフィルムや写ルンですの自動販売機とかあるのだろうか。


江ノ電江ノ島駅待合室:GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/48sec、ISO64、プログラムAE、-0.3EV

うう、貴重な303号電車の運転台が江ノ電キティちゃんグッズで…。

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

富士純正処理のアナログプリントが今月いっぱいで終了2010年03月11日 00時00分01秒

国鉄8620形蒸気機関車(8630、梅小路蒸気機関車館):Nikon F100、Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF、F8、1/250sec、Kodak PORTRA400NC、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED、Digital ICEあり、VMware Player下のWindows 2000 SP4・Nikon Scan 4.0.2

L判や2L判に限り継続していた、当地の(ってどこだ-笑)ヨドバシカメラ経由の「富士フイルム純正処理」でアナログプリントが今月いっぱいで終了とのこと。「コダック純正処理」のアナログプリントはまだ継続とのこと。

個人的な感想を言わせてもらえば、富士純正処理のアナログプリントはよくここまで持ったな、という感じだ。値段はデジタルプリントと同じだが、処理日数が1日余分に掛かる(コダックはデジタルプリントもアナログプリントも処理日数は同じ)上に、プリントがよくなかった。もう色は目茶苦茶で、「だからデジタルの補正にしないからこうなるんだよ」と言わんばかりの「懲罰的プリント」とも言うべきものであった(苦笑)。PRO 400Hで「色調不良」と言われて戻ってきて以来、富士フイルムのフィルムでさえコダック純正処理に出すようになっていたのだ。富士の代表的な「New PRO 400」や「リアラエース100」でさえもコダックに出すようになっていた(そしてだんだんと富士のネガカラー自体を使わなくなってきた)。
富士フイルム PRO 400Hフィルム試写してみたが… ― 2009年02月05日

じゃ、富士のデジタルプリントに出すかと言うと、これがもっとひどい。もうフィルムからのプリントとは思えない彩度と色調で、焼き増しをあげた人からも「Haniwaさんはたしかフィルムで撮られてましたよね?これほんとにフィルム?」なんて言われる始末。当地の富士純正デジタルプリントにはもう絶対に出さない。「塗り絵プリント」。あれだったら家にあるEPSON PX-G930でプリントした方が100倍マシ。これも、いい加減デジタルカメラに移行しろという「懲罰的プリント」なのだろうか…。

ということで、当地のヨドバシ経由富士純正処理はリバーサルのみ利用することとなった。そのE-6現像なのだが、実はこれもコダックの方が安いんだよねぇ。センシアやアスティアもコダックのE-6処理に出そうかなぁ。富士フイルムを応援したい気持ちはあるけれども、まともなプリントを出せないようなラボは応援できない。さようなら、富士純正ネガカラープリント。ますます塗り絵量産に励んでおくれ(鬱)。


写真は記事とは関係ないようなあるような。
国鉄8620形蒸気機関車(8630、梅小路蒸気機関車館):Nikon F100、Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF、F8、1/250sec、Kodak PORTRA400NC、Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED、Digital ICEあり、VMware Player下のWindows 2000 SP4・Nikon Scan 4.0.2

1914年(大正3年)製造の8630機関車。梅小路に行くとかなりの確率で8630がSLスチーム号を牽いている。あとはC622。

富士フイルムの話題なのにコダックのフィルムの作例ですまん。最近PRO400とか本当に使わなくなってしまったのだ。以前は勝負フィルムとして使っていたのに。PORTRA400NCばかり使ってきたが、北海道で初めてPORTRA400VC使ってみて400VCの方がいいような気がしてきている。この件についてはまた別記事で。

コメントをどうぞ(だみー)

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できますなぁんてね(笑)。こ れ は ダ ミ ー の コ メ ン ト 欄 で す 。 本 物 の コ メ ン ト 欄 は 右 下 の 「 コ メ ン ト 」 を ク リ ッ ク し て 一 番 下 に あ り ま す 。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

Kodak エクター100にシートサイズ登場2010年02月19日 00時00分01秒

コダック プロフェッショナル エクター100 カラーネガフィルム:Kodak Ektar 100

コメントのお返事もできていないのに記事追加ですみません。m(_ _)m

コダックのEktar 100ネガカラーフィルムにシートサイズの4×5と8×10が登場とのこと。
世界最高の粒状性を誇るカラーネガフィルム エクター100にシートサイズ登場(コダック株式会社・加賀ハイテック株式会社)

エクター100フィルム シートサイズの発売は、フィルムユーザーの方に、高品質なフィルムを継続して提供していくことを約束するイーストマン・コダック社の姿勢を表すものです。

おお、そこまで言いますか。信じていいんだね、コダックさん。

あと、ケイジェイイメージングさんに「エクター現像」の強制やめるように言ってもらえませんかねぇ。それとも、シートフィルムでも「エクター現像」強制するんですかねぇ…。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索