タイヤの皮むきを兼ねて千葉の鉄道終点探索(その2)2020年03月09日 00時00分00秒

【画像1】ナビRM-XR550XLのGPS軌跡を「カシミール3D」で国土地理院地図に表示したところ

タイヤの皮むきを兼ねて千葉の鉄道終点探索 ― 2020年03月06日のつづき。さて、上総中野駅まで来たら、ここはいすみ鉄道の終点である大原駅まで行くべきだろう。

バイク用ナビRWC RM-XR550XLに大原駅と入れると18kmほどだという。ここまで来たら大原まで行かねばなるまい。そのときにナビの経路を確認しなかったのだが。てっきりいすみ鉄道沿いの国道465号沿いに行くのかと思っていた。

【画像2】国道465号黒原交差点(Googleストリートビュー)

ところがいすみ鉄道総元駅を過ぎた黒原交差点で国道465号から逸れてV字に曲がれという。【画像2】参照。曲がって夷隅川を渡るときれいな赤いガーター橋が見える。いすみ鉄道の鉄橋だろう。列車が来る時間がわかっていればここで写真を撮りたいと思ったが、出かけたのが午後からでもあり、止まらずに先へ急ぐことにした。次に来たときはここで写真を撮りたいな。ちょっとバイクを停めるところがなさそうだが。

しばらく行くと三叉交差点という変わった角度の交差点に着いた。こっちの方が直進で道なりっぽいのだが、左からカーブしてきている方が本線で国道297号だった。しばらく国道297号を行くと佐野交差点で左折。県道82号を行く。すぐに市野郷交差点を左折(直進が県道174号で左折が県道82号のまま)。

あのー、どんどん山深くなっていくんですけど…。ナビを信じて行くしかない。荒木根ダム湖の裾を渡って行く。荒木根ダムは夷隅川の塩分濃度対策のためのダムらしい。「夷隅川は、渇水時期に河床や水田中に湧噴出する「かん水」(塩分を含む地下水)により塩分濃度が増大し、夷隅川にかんがい用水の水源を依存している中下流の地域に多大な被害を与えていた。そこで、夷隅川の支流である大野川に荒木根ダムを築造して雨水を貯留し、渇水時にはこれを放流して塩分濃度を下げることを計画。ダムの機能が珍しい。(荒木根ダム [千葉県](あらきね)(ダム便覧:(一財)日本ダム協会)より)」

【画像3】千葉県道176号・国道465号山田交差点(Googleストリートビュー)

交差点不明のところで県道82号から県道176号へ右折する。トンネルを抜けてT字路に突き当たり県道176号線は左折。すぐに山田五区交差点を右折。県道176号線を道なりに行って山田交差点を左折してすぐに右折。ここの信号がよく分からなかった。左折したら正面の信号が赤なのだが停止線がなく反対車線の車が停止して止まっているのでおそらく二つの反対向きのT字路全体で一つの交差点だと解釈してすぐにそのまま右折した。交通量多くないからいいけど、まごつくよなぁ。【画像3】参照。

右折したらそれは国道465号線らしい。いすみ鉄道の踏切を渡る。ちなみに地元の車は踏切で一時停止しない人が多い。どうせ列車は来ないと思ってるんだろう。たまにしか列車が来ない線路の方が怖いと自分は思っているので意外な感じだ。このあたりで取り締まりをしたらすごいたくさん違反切符が切れるんだろうなと思ったが、よく考えたらこのあたりの踏切の周囲には隠れるところがないので、遠くから丸見えだ。だからみんな一時停止しないのか。あとは国道465線に沿っていけば大原駅までもうすぐだ。

【画像4】国道465号深堀バイパス分岐(Googleストリートビュー2019年5月)

最後に迷ったのが、国道465線の深堀バイパスのところ(ここがバイパスの分岐なのは帰宅してから知った)。【画像4】国道465号深堀バイパス分岐(Googleストリートビュー2019年5月)参照。ナビはまっすぐ行けというか何も指示がないのだが、標識(青看板)に右矢印で大原駅とある。一瞬迷ったが、標識に従って右折した。しかし、ナビは何も言わない。しばらく走っても「リルートします」と言わない。おかしいなと思いつつ走っていくと、またいすみ鉄道の踏切を渡って、「大原駅入口」という交差点に到達(その少し手前で「目的地付近です。ルート案内を終了します。」とナビは突き放す(泣))。しかし、どっちが大原駅なのかの表示はない。地元の人にとっては当たり前なんだろうが私にはわからない。交差点を通り過ぎて左に寄って周囲を見渡すと、交差点を左折すべきだったようだ。Uターンして右折して大原駅正面に到達した。

【画像5】国道465号深堀バイパス分岐(Googleストリートビュー2014年5月)

帰宅後に地図とGoogleマップで調べると、この深堀バイパスは最近できたらしい。そして交差点を変形させて、深堀バイパスの方が道なりで、旧道方向は直進だったのを右折になるようにしたようだ。【画像5】国道465号深堀バイパス分岐(Googleストリートビュー2014年5月)参照。自分のナビのRM-XR550XLは地図はゼンリンの2016年春版で2015年10月〆データ&2016年4月までの主要道路情報収録なので、そのあと2019年5月までのあいだに深堀バイパスが開通したのだろう。

【画像6】大原駅タクシー乗り場付近(Googleストリートビュー)

大原駅のロータリーのところはバイクを停めるところが見つからなかった。停められそうな場所だと思ったら駅前交番の駐車スペースだった(笑)。しかたないのでタクシー乗り場の横の島のようになった歩道上【追記:2020年3月10日】歩道だと思っていたが、自分が撮った写真やGoogleストリートビューをみると、タクシー駐車帯や交番前の道路上にもこのタイルの部分があり、これは歩道ではなく車道の一部のようだ。なんでこういう分かりにくいことするかなぁ。おそらく市道で地元自治体の仕業仕事だと思う。【追記ここまで】に停めたがこれはバイクから離れると放置車両として切符を切られてしまう。だから大原駅ではあまり探索できなかった。【画像6】大原駅タクシー乗り場付近(Googleストリートビュー)参照。

【画像7】大原駅前無料駐車場(Googleストリートビュー)
【画像8】大原駅前一時停車場(Googleストリートビュー)

帰宅してからGoogleストリートビューでみると、そのバイクを停めた島の先の方に無料駐車場と一時停車用スペースがあるようだった。【画像7】大原駅前無料駐車場(Googleストリートビュー)、【画像8】大原駅前一時停車場(Googleストリートビュー)参照。しかし、駅前側からは一方通行逆行になるために何の案内もない(下手に案内すると間違って一方通行を逆行するからだと思う)。手前の道から裏道に入ってその無料駐車場と一時停車場スペースに行けばいいようだ。次に行ったときにはそうしよう。駅前に地図付き看板でも用意してこっちへ回れとやればいいのに。あんまり観光客とかよそものが来ることを想定してなさそうな感じだ。

長くなったのでつづく。今回はGoogleストリートビュー頼みの画像だったなぁ。バイク用のドライブレコーダー買おうかしら(←新たな物欲)。

RWCバイク用ナビRM-XR550XLにWnn Keyboard Labをインストール2020年03月08日 00時00分01秒

【写真1】RWCバイク用ナビRM-XR550XL android 4.4.2 のGoogle日本語入力画面(QWERTYキーボード)

先日房総半島の上総中野駅にバイクで行った話をした。
タイヤの皮むきを兼ねて千葉の鉄道終点探索 ― 2020年03月06日

その際にRWCバイク用ナビRM-XR550XLをいつものように使ったのだが、行き先を入力するのに手間取った。

自分のRWCバイク用ナビRM-XR550XLは液晶保護シートを貼り換えているせいか、タップした場所とタップされたと認識される位置がずれているのだ。タップしたつもりの位置の上に3mmぐらいずれた場所がタップされたことになる。またandroid 4.4.2ではタップ位置の修正はできないのだ。

アイコンなどが大きければそんなに問題はないのだが、画面の下の方にある小さなアイコンなどはうまくタップできないし、アイコン同士が密集していると誤タップが頻発する。

それで一番困るのがGoogle日本語入力のQWERTYキーボードを使った入力である。写真のようになぜかキーが小さくて押しにくい。上総中野と入力しようとしてkazusanakanoといれたつもりが、kasusqnakanoとかになって「かすsqなかの」になる。【写真1】

【写真2】RWCバイク用ナビRM-XR550XL android 4.4.2 のGoogle日本語入力画面(QWERTYキーボード)

バックスペースで戻るとその上の-を押したことになって「かす---」とかになる。これで10分ぐらい時間を食ってしまった。携帯用のタッチペン(スタイラス)を使ってもこんな感じなのである。【写真2】

それでキーボードスタイルを変えたいと思ってもGoogle日本語入力でQWERTYキーボードを選ぶとこれしかない(最初から入っていたこのバージョンの場合)。

一方スマホのHUAWEI P20 liteではGoogle日本語入力ではなく、プリインストールされていたiWnnという入力方法に変更して使っている。iWnnはGooglePlayにはアップされていないが(端末製造会社にオムロンが販売しているものだと推測する)、同じオムロンのWnn Keyboard Labはアップされているので、HUAWEI P20 liteにインストールしてapkファイルを取り出してRWCバイク用ナビRM-XR550XLにコピーしてインストールしてみた(RM-XR550XLはWiFiでネットにはつながるがGooglePlayは使えないので)。

【写真3】RWCバイク用ナビRM-XR550XL android 4.4.2 にWnn Keyboard Labをインストール後の入力画面(QWERTYキーボード)

相変わらず3mmほどタップ位置はずれているのだが、Wnn Keyboard Labだと誤入力がない。それはなぜかというと、キーが一列ごとに半分ずつずれているからだ。半分ずつずれている方が見やすいし誤タップしにくい。【写真3】こんな当たり前のことがGoogle日本語入力にはできていないのだ。それにGoogle日本語入力だとキーボード部分の大きさも小さくてなぜか上方に大きな入力エリアが広がっている。Wnn Keyboard Labはナビの検索窓のままでその下に大きなキーボードがはっきりと出ている。使いやすい。もっとはやくにWnn Keyboard Labに入れ替えればよかった。

【写真4】RWCバイク用ナビRM-XR550XL android 4.4.2 にWnn Keyboard Labをインストール後の入力画面(テンキーボード:フリック入力)

Wnn Keyboard Labだとフリック入力でも誤入力がなさそうなので、テンキータイプのフリック入力にしてみた。地名や施設名で英字を入力することは少ないのでこちらの方が早く入力できる。【写真4】

これで出先でも地名が入力しやすくなる。いままではあんまり入力がしにくいので、地点名や施設名では検索せず、地図で行きたい場所を示してそこへ行くという設定の仕方をしたりしていたのだ。地点名検索や施設名検索もRWCバイク用ナビRM-XR550XLはあまり優秀ではないのだが、さすがに上総中野と入れて上総中野駅が出てこないことはないので。でも「かすsqなかの」とか「かすsqんqの」では検索できなかったのだ(泣)。Wnn Keyboard Labのお蔭で快適になった。

ちなみにWnn Keyboard LabのWnnはウーンヌと読むらしい。難しいな。
【追記】Wnnは、「Watashino Namaeha Nakanodesu」と入力して正しく「私の名前は中野です」と一括変換できるような連文節変換を実現することを目指して開発されたことから、その文字列の頭文字を取ってWnnという名前が付けられたそうだ。『私の名前は中野です』 を一発で変換して欲しいと主張・・・・・・・参照。奇しくも(くしくも)、上総中野と開発者の中野さんが同じであった。これも何かの縁なのだろう。Wnn恐るべし。【追記ここまで】

【さらに追記】RM-XR550XLはスクリーンショットを撮る方法がないようで、仕方なくGRで撮ったが近距離の像面湾曲で端がボケ気味。P20liteで撮った方がよかったか。これからもRM-XR550XLの記事を書くようならスナップショットを撮れるアプリを入れようかな。【さらに追記ここまで】

タイヤの皮むきを兼ねて千葉の鉄道終点探索2020年03月06日 00時00分00秒

【写真1】上総中野駅(小湊鉄道・いすみ鉄道):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/250秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB

バイクの整備は進んだのだが(クーラント交換・前後タイヤ交換)、冬の太平洋側なのに雨の日が多かったり新型コロナウィルスなどなどがあって全然バイクで出かけていなかった。

それで、タイヤの皮むきを兼ねて千葉方面に東京湾アクアラインを使って行ってきた。以前JR久留里線の上総亀山駅の終点は見てきたことがある。
バイクツーリングのお供のカメラ ― 2016年12月20日

まず、行先は上総中野駅だ。上総中野駅は小湊鉄道の終点であり、いすみ鉄道の終点でもある。いったいどんなところなんだろう。

じゃーん!【写真1】上総中野駅(小湊鉄道・いすみ鉄道):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/250秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB

無人駅でした(笑)。両方の鉄道の終点なのに駅員も委託もない。自販機があって大きな駅前広場があるだけ。会社の名前の入った車が何台かエンジン掛けっぱなしで止まっていて、私が写真撮りだしたら何台か急に発進して行った。サボっているところを写真にとられてSNSに流されたら困るからだろう(笑)。そんなの撮りませんよ。竹を割ったみたいな建物は公衆便所。車で来てここで用を足す人は多いようだった。

【写真2】上総中野駅(小湊鉄道側ホームからいすみ鉄道側ホームを見る):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/125秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWBなど、Microsoft Research Image Composite Editor(Microsoft ICE)でパノラマ合成したものをリサイズ

駅舎を通って駅舎側のホームから線路を見てみる。駅舎側のホームは、市原市の五井から上総中野まできている小湊鉄道のホームだ。入って左側に小湊鉄道の終点が見える。
【写真2】上総中野駅(小湊鉄道側ホームからいすみ鉄道側ホームを見る):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/125秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWBなど、Microsoft Research Image Composite Editor(Microsoft ICE)でパノラマ合成したものをリサイズ【追記】駅舎のところの合成が変ですな。壁のところで段が付いたみたいになっている。【追記ここまで】

小湊鉄道は千葉県安房郡小湊町(現鴨川市)を目指していたので小湊鉄道というらしい。小湊町は日蓮上人の出生地として有名だ。

【写真3】上総中野駅(いすみ鉄道側ホームから小湊鉄道五井方向を見る):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/250秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB

構内踏切(遮断機なし警報器もなしっぽい)を渡っていすみ鉄道側のホームへ。
【写真3】上総中野駅(いすみ鉄道側ホームから小湊鉄道五井方向を見る):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/250秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB

直通運転はしていないが、いすみ鉄道側の駅名標には隣の駅が小湊鉄道の養老渓谷駅だと書いてある。奥の方にいすみ鉄道の終点が見える。

左の草に隠れている線路は、実はいすみ鉄道と小湊鉄道とが直接つながっている側線だ。普段は使っていないらしいが、2011年5月にいすみ鉄道の保線用モーターカーが小湊鐵道に譲渡された際にこの側線を経由して小湊鉄道五井機関区まで回送されたようだ。
【関連追記:2020年3月7日】
5月19日 AM11 上総中野で何かがある!(えちごトキめき鉄道社長(いすみ鉄道前社長) 鳥塚亮の地域を元気にするブログ 2011.05.15)
イベント in 上総中野(えちごトキめき鉄道社長(いすみ鉄道前社長) 鳥塚亮の地域を元気にするブログ 2011.05.19)
【関連追記ここまで】

ということで、2006年12月に久留里線の上総亀山駅と今回の上総中野駅とで、房総の終点3か所を見たことになる。

ちなみに久留里線(木更津-上総亀山)は上総亀山からこの上総中野までつなぐ予定だったそうだ。木更津から大原までつなげるつもりで木原線だったらしい。

ところが、木更津の隣の五井から小湊鉄道が上総中野まで延伸したので、上総亀山から上総中野までつなげる必要がなくなったので、久留里線は上総亀山で終わってしまっているようだ。上総中野でつながってたら面白かったろうが、赤字がさらにすごいことになったろうな。木原線はかなり赤字に悩んでいてJRを経て第三セクターのいすみ鉄道になってからもずっと赤字に悩んでいたそうだから。

上総中野駅は、1928年(昭和3年)5月16日に小湊鉄道の駅として開業。1934年(昭和9年)8月26日に鉄道省(国鉄)木原線が開業。1987年(昭和62年)4月1日 に国鉄分割民営化により、JR東日本木原線の駅となる。1988年(昭和63年)3月24日にJR木原線がいすみ鉄道いすみ線になる。同時に無人駅となり小湊鐵道線がスタフ閉塞になる。

あっ、バイクのタイヤ?皮むきは真ん中だけヒゲが取れました(泣)。高速道路使ったので両端は剥けてない(泣)。ジャダーやシミーなどもなく、冷却水漏れなどもなかった。新品でタイヤの直径が大きくなったので燃費は32~33km/Lぐらいだった(減ったタイヤだと34km/L以上いきそうな感触だった)。

つづく(つもり)。

【関連追記:2020年3月9日】
RWCバイク用ナビRM-XR550XLにWnn Keyboard Labをインストール ― 2020年03月08日
タイヤの皮むきを兼ねて千葉の鉄道終点探索(その2) ― 2020年03月09日

Origami Payサービス終了2020年03月02日 00時00分00秒

20200228萩生田文部科学大臣会見

無能な独裁者による怠惰と怠惰の結果による支持率低下に驚いた思い付きで無責任な「政策」発表に振り回されているみなさんお元気ですか(泣)。「悪夢のような安倍政権」はいつ終わるのでしょう。いや、終わらせなければなりません。安倍一派の言う「悪夢のような民主党政権時代」の菅首相の毎日の動静と安倍首相の動静を比べてみるとよい。どちらが悪夢なのか。趣味のブログの冒頭でこんなことを書かなければならないぐらい、現政権はこの1か月何もしてこなかった。忖度することばかりに集中している(させられている)官僚は専門性をなにも活かせなかった。
【追記】安倍総理、一斉休校を今すぐ止めて「台湾方式」に切り替えてください(ハフポスト)【追記ここまで】

【さらに追記】

【さらに追記ここまで】

さて、本題に入りたい。以前キャッシュレス消費者還元事業でOrigami Payを使ってみた ― 2019年10月31日で、Origami Payがチャージ不要で即値引きされるのでよいと書いた。そのOrigami Payが2020年4月28日(火)22:00にほとんどの機能を停止し、6月30日(火)22:00 にOrigamiアプリ全機能を停止するそうだ。
【お知らせ】 Origami Payサービス終了に関するご案内

Origami Payは使えるところが限られているので、自分もローソンで数回使ったぐらいだったが、ローソンで買うときにはその場で値引きされた決済になっているので便利でお得であった。チャージ不要というのも残高を気にせずに使えてよかった。

しかし、私が遅れて気に入ったものは死亡フラグが立つという法則通り、Origami Payはサービス終了となってしまった(泣)。残念だ。

そうか、私がいまから安倍政権支持者になればいいのかっ。

おあとがよろしいようで…。

Windows10のRuntime Broker(フォト)が大暴走2020年02月27日 00時00分00秒

Windows10「フォト」の「アプリの設定」画面

荒野の故障ブログへようこそ(泣)。

昨日の朝、Windows10のデスクトップPCを立ち上げて、しばらく放置した後に検索しようとしたら、カーソルが動かない。Ctrl+Alt+Delを押しても反応がない。HDDアクセスランプがほとんど点きっぱなしになっている。

タスクマネージャが起動できないくらい重いので、しかたなく電源ボタン長押しで強制終了した。

もういちど起動するとタスクマネージャは起動できるが、しばらく放置すると重たくなる。見ると、Runtime Broker(RuntimeBroker.exe)がCPUの25%ぐらい使っていて電源の使用は「高」になっている。とりあえずRuntimeBroker.exeを強制停止した。

帰宅して誰も触っていないデスクトップPCを見てみると、画面がスリープになっていてマウスを動かしてもすぐに復帰しない。HDDアクセスランプがずっと点いている。

しかたなくまた電源ボタンで強制終了。

再起動後に検索すると、RuntimeBroker.exeは「フォト」というアプリが画像を検索してインデックスを付けているから動いているらしい。フォトを起動して設定から「ソース」のコレクション対象フォルダを削除するが、一覧から消えないものがある。

具体的には、自宅のデスクトップPCは「ピクチャ」を起動ドライブ(Cドライブ:SSD 500GB)には置かず、データドライブ(Dドライブ:HDD 8TB)の方に置いている。「フォト」のコレクション対象フォルダであるDドライブのピクチャが「削除」をしても一覧から消えないのだ。一度消えたことがあったが、OSを再起動したらまたコレクション対象に復活していた。

一昨日まではこんなことがなかったし、一昨日から昨日の朝にかけて何も新しくインストールもしていない。

思い当たることとしては、2月14日にMicrosoft UpdateでKB4524244をインストールしたことだ。このKB4524244は不具合が確認されたとして2月16日にMicrosoftが取り下げている。特に不具合がなかったのでKB4524244をインストールしたままにしていた。
Security update for Windows 10, version 1607, 1703, 1709, 1803, 1809, 1903, 1909, Windows Server 2016 and Windows Server 2019: February 11, 2020

KB4524244をアンインストールしてOSを再起動した。しばらく様子見しよう。

自宅の他のPCではKB4524244はどうなのか確認してみた。2台のPanasonic Let's note SX2(1台は新品で買ってWindows7 ProfessionalからアップデートしたWindows10 Pro、もう1台は中古で買ってWindows10 Home MRR版)とも2月13日のアップデートが最後でKB4524244はインストールしてなかった。2台とも不具合も出ていない。

昨晩はPCの電源を落とさず、今朝もう一度デスクトップPCのマウスを動かしたが、すぐには画面スリープから復帰せず、またマウスも動きが遅い。タスクマネージャを起動させようとCtrl+Alt+Del押してもなかなかタスクマネージャが起動しない。Firefoxは応答なしになっている。ずいぶん時間が経ってから起動したタスクマネージャでみたら、Runtime Brokerが14%ぐらいCPUを使用していて、メモリはなんと5000MB(5GB)を超えている。

とりあえずRuntime Brokerを強制終了するとPCはなんとかなるが、しばらくするとまたフォトがRuntime Brokerを使って画像ファイルを検索し始める。

そもそもWindows10から導入されたストアアプリの「フォト」は使っておらず、Windows7から引き継いだ「Windowsフォトビューアー」を使っている。「フォト」をアンインストールすることにした。しかし、コントロールパネルの「プログラムと機能」には「フォト」がない。ストアアプリは、そのアプリのショートカットにアンインストールなどの機能があるらしい。

「スタート」→「フォト」→(右クリック) → 「その他」→「アプリの設定」にアンインストールがあるが、グレーアウトしていてアンインストールできない。とりあえず「リセット」をした。

そうしたら、相変わらずコレクションの対象にDドライブのピクチャがあるが、Runtime Brokerがほんの少しの時間動いて数%のCPUと数十MBのメモリを使用したのちに勝手に終了していった。めでたしめでたし。

しかし、「フォト」って迷惑なソフトだなぁ。Windows7からアップグレードしたPCだと「Windowsフォトビューアー」が使えるが、Windows10を新規にインストールすると「Windowsフォトビューアー」がない。レッツノートSX2のうちWindows7からアップグレードした方には「Windowsフォトビューアー」があり、規定のプログラムを「フォト」から「Windowsフォトビューアー」に変えた。

他方、中古で買ったレッツノートSX2の方は、中古販売業者が再生中古パソコン用正規 Windows ライセンスのWindows10 Home(MRR版)をインストールしている。こっちの方には「Windowsフォトビューアー」がない。Windows7 Professionalが入ったままの中古PCを買った方がよかったなぁ。HomeではなくてWindows10 Proにアップグレードできるし、「Windowsフォトビューアー」が使えるから。これはちょっと失敗したな。

ベルボンマルチアングルユニットV4-unitが気になる2020年02月26日 00時00分00秒

RedBullイベント(JR桜木町駅前):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.0、1/160秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、Silkypix developer studio 6でRAWから現像、WB(晴天日陰)

荒野の物欲ブログへようこそ(違)。

以前からマクロ撮影用のスライダー(フォーカシングレール)が欲しいと思っていたのだが、安価な数千円のスリックのフォーカシングレールは製造中止になり、今売っているスリックのフォーカシングレールは以前のものと構造が変わったようには見えないのに1万5千円ぐらいする。また、ニコンのフォーカシングステージPG-2もとっくに製造販売終了になっている。

それでなにかのネット記事をみていたときにベルボンのマルチアングルユニットV4-unitというものがちらっと出ていた。マルチアングルユニットV4-unitは、フォーカシングレールやマクロスライダーとちょっと構造が違って三脚用のブームのようなコンセプトなのだが、ギヤで前後に進む構造はフォーカシングレールの代わりになりそうだ。というかフォーカシングレールよりも融通が利きそうな感じ。値段もヨドバシで税込8,420円だ。Kenkoの2WAYフォーカシングレールが税込13,470円もするのを考えると、ベルボンV4-unitは安くてよいかもしれない。

こういうマクロスライダーが欲しいときというのは、ほとんどが自宅で物撮りかハニワニワで何かを撮りたいときなので、ベルボンのマルチアングルユニットV4-unitの全長(エレベーター含む):545mmというのは気にならない。

ちょっとバイク整備関係にお金を掛けてしまったのですぐには買わないが、いずれ買うかも。というかケンコーのマクロスライダーが安かった時に買っておけばよかった。2WAYでなくてもいいんだよ、微妙にカメラを前後できれば。いつまでもあると思うなカメラ製品。


RedBullイベント(JR桜木町駅前):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.0、1/160秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、Silkypix developer studio 6でRAWから現像、WB(晴天日陰)。

これも2週間ぐらい前の写真。全く人がいないように見えるが、画面外のすぐ左側に人だかりができていてコンパニオンのおねえさんもそこにいた。なんで人だかりができているのか分からなかった。何か配っていたのかもね。

0 SIM 終了で2020年2月使用開始の人は登録事務手数料・SIMカード準備料を返金することに(重要な追記あり)2020年02月18日 15時00分00秒

2月に入って申し込んだばかりの 0 SIM が2020年8月末でサービス終了する話はした。
0 SIMが2020年8月31日でサービス終了を発表 ― 2020年02月18日
0 SIM nuroモバイルは手数料目当ての事業なのか? ― 2020年02月08日 17時29分42秒参照

それで、0 SIM 開始には登録事務手数料の3,300円(税込)とSIMカード準備料440円(税込)の合計3,740円も掛かっているのにあと6か月で終了というのはあまりにも理不尽だと思った。

それで、「サービス提供終了に関するお問い合わせ 0 SIM終了専用ダイヤル」に電話して、登録事務手数料の3,300円(税込)とSIMカード準備料440円(税込)の合計3,740円を返金してほしいと言ってみた。検討して折り返し電話するというので、返事を待った。

小一時間ほどで電話があり、以下のようなことになった(私が聞き取ってまとめたもの)。

・2020年2月1日から17日の間に「使用開始」の人については、登録事務手数料の3,300円(税込)とSIMカード準備料440円(税込)の合計3,740円を返す。※【2020年2月19日重要な追記あり】

・クレジットカードの請求をこれから止められるかはわからないので、いったん3月に請求してから返金になるか、3月に、登録事務手数料とSIMカード準備料とを請求しない処理になるかは現時点では確答できない。※【2020年2月19日重要な追記あり】

・2020年2月1日から17日の間に「使用開始」の人は、(登録事務手数料とSIMカード準備料を払っていなくても)8月末のサービス終了までそのまま使用してもよい(いますぐ退会もできる)。移行手続きをしないと8月末で自動的に退会処理になる。※【2020年2月19日重要な追記あり】

・以上の件をホームページに載せるのかは検討したい(←私がホームページ上で公表してほしいと言ったことに対して)。

ということだった。なお、データ専用プランの話である。ほかのプランの話は利害関係がないのでしていない。

※【2020年2月19日重要な追記あり】
2020年2月19日夕方に再びnuroから連絡があり、昨日の手数料無料について条件を付加するということだ。条件は以下の通り(私の気聞き取り)。

・2020年2月1日から17日の間に「使用開始」の人について登録事務手数料の3,300円(税込)とSIMカード準備料440円(税込)の合計3,740円を免除するのには、2月中に退会する人のみという条件を付加した。2月使用開始であっても3月以降も利用する人の登録事務手数料とSIMカード準備料は徴収する。

・上記の2月に使用開始で2月中に退会の人にはクレジットカードの請求をしない処理になる(3月以降も使用する場合はクレジットカードに請求が行く)。

・いますぐに退会手続きをしても2月末までは使えるので、2月使用開始で登録事務手数料とSIMカード準備料を免除希望の人はできるだけ早く退会手続きをした方がよい(徒過すると免除にならない)。

ということだ。

思うに2月使用開始の人に登録事務手数料とSIMカード準備料を免除するとか、免除する場合には2月中で退会してもらうといったことは、今回の0 SIMサービス終了発表時に検討しておくべきことだ。また免除の回答もやけに早かったが、その場合に私が質問したら免除になっても8月まで使えると言ったのはnuro側であった。私が8月まで使えるようにしろと言ったのではなく、いつまでに退会すればよいのか今ここで退会の受付をしてくれるのかを聞いたら、退会処理はwebの受付のみで慌てなくても8月までお使いいただけますと向こうから言ったのだ。随分太っ腹だなぁと思っていたのだ。要するにこの会社は何かを決定するのに十分な検討をしないでささっと行動に移してしまう会社なんだろう。昨日一旦合意した内容をしれっと電話で修正してくるのだから。私は紳士だから(笑)、ゴネたりせず「わかりました」と言ったが。ユーザーの方、ユーザーになろうという方は、こういう会社だということを念頭において契約等した方がよいと思う。
【重要な追記ここまで】

去年の12月や今年の1月に使用開始の人は、交渉してみてくだされ。私は2月以降開始なので「半年遡れ」とか主張できなかった。なお、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社側は通話内容を録音している。暴言吐いたりしないように。あくまでも淡々と理路整然と主張してくだされ。なお、この交渉が決裂した場合、私は国民生活センターに持ち込むつもりだったので、これらの条件(私と同じとは限らない)で折り合えなかった人は、国民生活センター(または各自治体の消費者相談センター)に相談するのもよいと思う。

【追記:2020年2月22日】
Twitterでこの記事を流しておいたのだが、引用ツイートで以下のようなものがあった。

交渉する方はできるだけ通話内容は録音し、納得がいかない場合は国民生活センターに相談することをお勧めする。私ももし課金されたら国民生活センターに相談するつもりである(通話はすべて録音してあるし、何番の電話番号から掛かってきたかの記録もある)。なんかややこしい会社に関わってしまったのかなぁ。 【追記ここまで】

ということで、一応解決した。来月のクレジットカード決済はきちんと確認しておこう。

もっとはやくに連絡があったのだが、一応市場の閉まる15時まで記事の公開を控えておいた。

【追記:2020年2月20日】
昨晩0SIMの退会手続きをした。3つのPDFの長い規約を読まされてそれを了解したというのを2回も確認された。規約は退会手続きに関係ない部分まで全部あるものだった。読みなれない人だと退会手続きを最後まで行うのを躊躇するかもしれない。退会しても2月末まではSIMは使えるとのことだが、使わないつもり。クレジットカードの明細はよく確認しよう。

0 SIMが2020年8月31日でサービス終了を発表2020年02月18日 00時00分00秒

メジロ:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.3秒、ISO200、プログラムAE、AWB トリミング

今月に入って申し込んだばかりなのに、0 SIMサービスが2020年8月31日でサービス終了になると昨日発表があった。ノラ猫大本営様情報ありがとうございます
サービス終了のお知らせ 0 SIM | nuroモバイル
0 SIM nuroモバイルは手数料目当ての事業なのか? ― 2020年02月08日 17時29分42秒参照

前記事であまりに回線速度が遅いのでこれは手数料で儲けるビジネスではないのかと疑ったのだが、そう思われてnuroやソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社のイメージが悪くなるのを避けたかったのか。

前記事以降にスピードテストをしたら0.3Mbpsぐらいにはなったので、それぐらいの速さであればNHKのニュースサイトも動画を除いてなんとか表示される。いまのところ使ったデータ量の大半がスピードテストという情けない使い方だ。

さて、今回の0 SIMサービス終了の発表があまりにも突然で急なので、このあとどうしようか迷っている。8月末まで使っても3400円の元は取れない。かといって、200MBまでで300円のnuroモバイル最安契約は割高だし200MBだとすぐになくなってしまう。300円出すならばauのテザリングに申し込んだ方がマシだ。

この件については「サービス提供終了に関するお問い合わせ 0 SIM終了専用ダイヤル」というのがあるのでそこへ電話して交渉中だ。交渉内容は双方ともに録音している。録音内容は公表しないが、事の顛末は公表したい。


メジロ:Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.3秒、ISO200、プログラムAE、AWB トリミング

0 SIMのSIMが届く日の朝、ハニワニワでメジロが死んでいた。まだ死後硬直はしていないようだったが、死んでいた。埋葬しようかとも思ったが、鳥インフルエンザなどもあるから、密封して燃えるゴミに出した。合掌

おそらく今回の0 SIMのことを暗示していたんだと思いたい。あるいは飛ぶ鳥を落とす勢いのHaniwaを暗示しているのか(違)。

【関連追記:2020年2月18日】
0 SIM 終了で2020年2月使用開始の人は登録事務手数料・SIMカード準備料を返金することに ― 2020年02月18日 15時00分00秒

CP+2020開催中止2020年02月14日 13時57分29秒

カメラと写真映像のワールドプレミアショー CP+2020(2020年2月27日(木)・28日(金)・29日(土)・3月1日(日)開催予定)の開催中止が決定されたそうだ。
CP+2020
CP+(シーピープラス)2020 開催中止の決定について(PDF)

各位
2020 年 2 月 14 日
一般社団法人カメラ映像機器工業会

CP+(シーピープラス )2020 開催中止の決定について

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA :代表理事会長 真栄田雅也)は、新型コロナウイルスへの有効な治療薬や対処法の先行きが見通せない中、来場者および出展関係者の健康や安全面などを第一に考えました結果、2月27日から4日間、パシフィコ横浜で開催を予定していた CP+ 2020 の中止を決定いたしました。

CP+は最新のカメラとその関連機材を来場者の方々が実際に手に取って、その操作感などを確かめていただけることが最大の特徴であるコンシューマー向けのショーです。その際、 約7万人の不特定多数の来場者の方々に感染するリスクを排除しきれない可能性があります。当工業会としては、このようなリスクを避けることが重要と判断し、誠 に遺憾ではありますが、開催を中止すること としました 。

皆様のご理解をいただきます様、何卒よろしくお願いいたします 。

一般社団法人カメラ映像機器工業会
Camera & Imaging Products Association

(所在地略)

新型コロナウィルスは、先月末の時点で日本国内で感染経路の追えない感染者が出ている状況なので(遡るとそうなる)、これは仕方ないだろう。


戴いたコメントのお返事はお待ちください。m(_ _)m

0 SIM nuroモバイルは手数料目当ての事業なのか?2020年02月08日 17時29分42秒

0 SIM nuroモバイルのSIMをAterm MR04LNに入れて2.4GHzのWi-Fi接続で自宅で測定した回線速度。ダウンロード0.04Mbps、アップロード4.40Mbps

去年Let's note CF-SX2をWindows10にするにあたり、SSDに換装したらものすごく快適になったので、中古でもう1台CF-SX2を購入した話はした。それで、そのCF-SX2は自宅などで使う分にはよいのだが、外に出た時に回線がないので、以前使っていたWi-FiルーターのMR04LNにnuroモバイルの「0 SIM」 というサービスを使って外で使おうと目論んだ。

このnuroモバイルの「0 SIM」 というサービスは、月に499MBまでなら料金が0円で済むというものだ。バイク関係のブログなどでもナビ代わりに使う古いスマホに「0 SIM」 を入れて使うと、週末のツーリングに使うぐらいなら499MB以下に収まるという話は結構見かけた。

その「0 SIM」が届いた。SIMはドコモのものらしいがマルチSIMではなかった。申込時に選んだnanoSIMサイズにしかカットできないものだった。IIJmioの場合、去年の8月に申し込んだものはすでにマルチSIMになっていた。

MicroSIMのMR04LNにはまたまた仕方なくSIMアダプターで使うことになる(泣)。WiFiルーターAterm MR04LNからSIMアダプターが出てこない ― 2020年02月03日参照。

さて、この「0 SIM」が届いて設定してつないでみると、まずNHKのニュースサイトがいつまで経っても表示されない。5分ぐらいしたらよれよれと表示され始める。表示され始めても全部は一気に表示されない。ところどころぽつぽつと表示されていく。ブラウザの読み込みは終わっているようなのだが、表示は一気には進まない。まるでメモリの足りないWindowsMEでリッチなサイトにアクセスしたときみたいな感じだ(懐)。

それで、このHaniwaブログを表示してみると、そこそこすんなりと表示される。あるいは気象庁の天気予報ページもすぐに表示される。要するにテキスト主体で画像もあんまり大きくなければ普通に表示できるが、ある程度以上に画像が多いとか大きいとかだと全然表示されないということだ。

スピードテストは性に合わないのだが、テストすることにした。ググったらGoogleのスピードテストがあったので、それを使ってみた。

最初に測定された値は、ダウンロード0.04Mbps、アップロード4.40Mbpsだった。0.04Mbpsってマジか。こんなに遅い回線は見たことがない。0 SIMは遅い、遅いと聞いていたが、こんなの実用に耐えないじゃないか。

設定をPAPやCHAPに変えたりIPv4/6にしてみたりしたが、あんまり変わらない。なんどかやってやっとダウンロード0.1Mbps台になることが分かった。測定中に0.3とか0.4Mbpsが表示されることはあっても最終的には0.1xMbpsだ。あんまり測定しまくるとそれだけでデータ量を使い切ってしまうので、この辺でやめた。MR04LNとの接続は2.4MHzのWi-Fiだ。

他方、常用しているIIJmioの方は、ダウンロード1.45Mbps、アップロード12.0Mbpsなどで、ダウンロードはだいたい1.xxMbpsぐらいだった。約10倍ぐらいダウンロード速度が違う。IIJmioの方は3GBまでで990円/月だ。測定はHUAWEI P20 liteにSIMを入れたまま2.4MHzのWi-Fiテザリングで同じPC(レッツノートCF-SX2、Intel Core i5-3320M vProプロセッサー、メモリ8GB、SSD 500GB、Windows10 Pro 64bit、Firefox 72.0.2)で測定した。場所も自宅のリビングの真ん中あたりでほぼ同じ条件だ。

いくら499MBまでは無料とはいっても0 SIMのこの回線速度では実用に耐えない。ここでやっぱりIIJmioのSIMを1枚増やそうかなどと考えると、IIJmioの思う壺ではなく、nuroの思う壺ではないかと思った。この0 SIM0 SIMの申し込みには、登録事務手数料3,000円とSIMカード準備料 400円の合計3,400円掛かっているのだ。申し込んですぐにやめると、これがnuroすなわちソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の儲けになってしまう。日本中のクレジットカード保持者が一回は0 SIMを申し込むまで続く商法なんじゃないかと思った。

ちなみにこの0 SIMを使う羽目になる家人にこのことを話すと、ノートPCで作成した文書をスマホに移してからメール送信するのが面倒だっただけなので(auの格安スマホプランなのでテザリングが別料金になっているため)、メールが直接ノートPCから送れれば十分だよとのこと。いやそれだったら、ノートPCとスマホをUSBケーブルでつなぐとかWi-Fiでファイル転送するなどしてスマホから送ればいいんじゃないかと思う。

auのテザリングといい、0 SIMといい、これって日本の様々な発展を妨げていると思うぞ。いっそのことドコモに移ってしまおうか。

話を元に戻すと、この0 SIMってラジコ聴くのもきついんじゃないのかなぁ。スマホをナビ代わりにしている人はちゃんと地図が表示されているのだろうか。それとも郊外に行くともっと回線速度があがるんだろうか。いずれにしても街中でノートPCの回線として使うのにはきつい回線だと思う。「手数料詐欺」とまでは言わないが、手数料とうっかり499MB超過した人から儲けるビジネスモデルなんだろうと思った。ちなみにMR04LNにはデータ量の上限設定ができるようになっているので、設定した期限に設定したデータ量まで使うと、警告したり回線接続をやめたりできる。多少の誤差があるかもと思ってAterm MR04LNでは480MBで通信を止める設定にしている。【追記】あと、Windows10の方でもWiFiのプロパティのところから「従量制課金接続」の設定が可能なので、二重に設定している。そのPCでしか使わないのならWindows10の「従量制課金接続」設定でもよいが、ほかにもつなぐのであればWi-Fiルーターで上限を設定した方が安全だろう。【追記ここまで】

【さらに追記】
なお、0 SIMの申込に際してクレジットカードの番号は必要だったが、本人確認書類は必要なかった。しかも、SIMが届くときにはヤマト運輸ではあったが封筒に「投函」とあり、ポストに投函されていた。このSIMはいろんなことに悪用できる隙があるんじゃないかなぁ。【さらに追記ここまで】

【関連追記:2020年2月18日】
0 SIMが2020年8月31日でサービス終了を発表 ― 2020年02月18日

【関連追記:2020年2月18日】
0 SIM 終了で2020年2月使用開始の人は登録事務手数料・SIMカード準備料を返金することに ― 2020年02月18日 15時00分00秒
突然のサービス終了発表と交渉の末事務手数料は徴収されないことにはなったが、記事執筆時点で実用性の低い回線速度などからそういう疑問をもったことはたしかなので、記事タイトルはこのままにさせていただく。2月使用開始の人に対して登録事務手数料・SIMカード準備料を取らないという判断をしてくださったソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社には感謝している。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索