さらば!MFニッコールレンズ(日本カメラ)、「哲朗の部屋」(CAPA)2020年10月23日 00時00分00秒

(写真)手前:日本カメラ2020年11月号、奥:CAPA2020年11月号。レンズは左手前が、Ai Nikkor 50mm F1.2、左奥がNikkor S・C Auto 50mm F1.4(Ai改造)、右がAi Nikkor 45mm F2.8Pだ。この付近の焦点距離はほかにAi AF Nikkor 50mm F1.4Dも持っている。そんなに持っててどうすんだ。

今日はSONY α7Cの発売日らしく、カメラ関連のニュースがα7C一色になっている。α7C、コンパクトでそれでいて35mmフルサイズで性能の妥協も少なくて値段も結構勉強しているような…。これはNikon 1使ってた人にはそそるカメラかもしれないね。Nikon 1よりもFマウントレンズに優しいし。

さて、表題の件だが、今月のカメラ雑誌を2誌買った。もちろん、赤城耕一大先生に敬意を表してだ。記事にするのが遅くてすまん。

まず、日本カメラ2020年11月号の、

Ai-S Nikkorレンズ(Fマウント)がついに販売終了へ
さらば!MFニッコールレンズ
●赤城耕一/飯田 鉄/後藤哲朗

だ。これは上の写真のようにモノクロで204~210ページに掲載されている特集だ。このなかで飯田鉄氏と後藤哲郎氏が、Nikkor S・C Auto 50mm F1.4を挙げている。私も Nikkor S・C Auto 50mm F1.4(Ai改)は持っていて、上の写真の左上のレンズがそうだ。同時代のHS-1も一緒になって売られていた。
NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改) ゲット! ― 2008年07月14日
NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改)の作例 ― 2008年07月25日

また、NIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改) で撮ってみたいな。最近撮影サボりすぎ。

赤城耕一氏は、「おもひでのMFニッコールレンズ」としてMicro-Nikkor P Auto 55mm F3.5、Ai Nikkor 18mm F4、Nikkor S Auto 55mm F1.2、Ai Nikkor 35mm F2S、Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sを挙げている。

飯田鉄氏は、「おもひでのMFニッコールレンズ」としてNikkor O 21mm F4、Nikkor T 105mm F4mm、Micro-Nikkor P 55mm F3.5(Ai改造)、PC-Nikkor 35mm F2.8<NEW>、Nikkor S・C Auto 50mm F1.4を挙げている。

後藤哲郎氏は、「おもひでのMFニッコールレンズ」としてNikkor N Auto 24mm F2.8、Nikkor S・C Auto 50mm F1.4を挙げている。

他方、CAPA2020年11月号では、

後藤哲朗のカメラ談義「哲朗の部屋」第6回 ゲスト : 写真家・カメラライター 赤城耕一さん

が、掲載されているので買った。CAPAを買うのは20年ぶりぐらいだ(笑)。久々に買って誌面を見てみたが、まあ中坊臭いなぁ、と(笑)。しかし、なぜか小澤忠恭氏撮影の森尾由美のグラビア(1983年9月撮影)が7ページもカラーで載っている。いったい読者層はどこにあるのかわからん(笑)。森尾由美は1983年頃よりももう数年後の垢抜けたときの方が好きだな(←誰もそんなこと聞いてない)。1984~5年頃の写真を掲載して欲しい(←誰もそんなこと聞いてない)。

何の話だったか忘れるところだった。MFニッコールの話だ。後藤哲朗のカメラ談義「哲朗の部屋」という連載があるのは知らなかった。もう第6回ということなので、図書館でバックナンバーをみてみたい。ついでに森尾由美の写真集がないか探してみよう(←誰もそんな話聞きたくない)。

後藤哲郎氏と赤城耕一氏の対談は、CAPA2020年11月号の118~121ページにカラーで載っている。

ということで気になったら本屋さんで見てくだされ。
【追記】そうそう、日本カメラの裏表紙というか表4の広告がLeicaなのでちょっとびっくりした。ここはニコンかキヤノンかソニーが広告出すところだった。Leicaってなかなかしぶとい会社だよなぁ。一番最後まで残るカメラ会社かもしれない。【追記ここまで】


(写真)手前:日本カメラ2020年11月号、奥:CAPA2020年11月号。レンズは左手前が、Ai Nikkor 50mm F1.2、左奥がNikkor S・C Auto 50mm F1.4(Ai改造)、右がAi Nikkor 45mm F2.8Pだ。この付近の焦点距離はほかにAi AF Nikkor 50mm F1.4Dも持っている。そんなに持っててどうすんだ。

コメント

_ めがねのパイロット ― 2020年10月23日 21時33分49秒

 Haniwa様

 コメント一番ゲット(←意味不明)。

 給料日前のちょっとマジな金欠で本屋にも行けず、まだ手に取っていないです・・・
 ぶっちゃけ、コロナで本屋に行く機会も、手軽に本を手に取る気持ちも減っていまして・・・
 でも、これ買いに行かなきゃ!

 Nikkor S・C Auto 50mm F1.4(Ai改)は私も持っています。
 本当はCのない方を探していたのですが、巡り合わせですね。
 もちろん、フードもです。
 Nikon F2アイレベル(シルバー)につけて遊んでいます。

 私の思い出MFニッコールは・・・

 よさこい撮影でよく使ったAi ED 180mm F2.8sとお祭りでよく使ったAi 20mm F2.8sですね。

_ タロウカジャ ― 2020年10月23日 23時07分40秒

Aiニッコール、ニッコールDレンズがニコンの製品一覧からきれいに無くなりました。なんかさっぱりしましたね。
次は、デジタル一眼レフが整理されるのですかね。
ライカが何回か親会社が変わってもレンズは依然としてマニュアルレンズでボディーは日本の電気屋さんが協力して工芸品として燦然と輝いています。ただ50年前と違って戦場カメラマンや街を撮影するカメラマンの胸にはぶら下がっているのを見るのは稀です。
今でもライカのレンズは何かが違うというライカ教の皆様方が多くおられるのが凄いですね。ひょっとすると光学的な雑味を残してあるのかもしれません。日本のデジタル用レンズは極めて雑味の無い均等なものが多いのと対照的だと思います。
私達はAiニッコールでデジタル撮影を楽しみましょう。マウントが同じなのでほとんどのニコンのデジタル一眼レフに装填できます。さらにミラーレスカメラになるとメーカーを越えて撮影することが可能です。
これはかなりいい時代になったようです。SONYのカメラに浮気してもそのボディーを捨てれば、またニコンに帰ってこれます。
手持ちレンズが故障しても、Aiマニュアルレンズは街の中古カメラ店に行けばまだまだ豊富にあります。

_ みっち ― 2020年10月24日 08時44分55秒

いよいよ、整理、整理、の大号令ですかぁ。(歎)
かって、アップルはマイクロソフトWindowsに破れて大きく業績が低迷し、Copland OSの失敗で、これはいよいよアカンかなと思ったとき、救世主(ジョブズです−笑)が現れましたねぇ。それで彼が出してきたのは、なんと音楽プレーヤーiPodと音楽のネット配信事業でした。これを起爆剤に大化けするわけですけど、全く分かっていなかったみっちは、この時ますますアカンと思いました。(爆)まぁ、一般人の考えなんて、そんなものであります。おかげで、かって愛用したPowerbook 170に相当するMacBook Pro 15インチを今使えるわけです。
さて、ニコンにも救世主が必要なようですなぁ。その方はどこにおられるのか。
このまま衰退すれば、歴史の本に「ニコンの失敗は、伝統の継承というものを、Fマウントの座金寸法を墨守すること、と取り違えたことにある」と書かれそうです。

_ ノラ猫軍将軍山本ミケ六 ― 2020年10月24日 14時32分47秒

Fマウントも数年でこういう風に消えていくんでしょうね、
どこかの会社が引き継がないかなぁ…。

>Leicaってなかなかしぶとい会社だよなぁ。

Leicaは残るんでしょうね、高級時計みたいな感じのも残ってますし。

>「哲朗の部屋」という連載があるのは知らなかった。

自分は知ってました、色々と活動されていて何よりです、昔を忘れさせたいという圧力(あるのかは知らんけど)に負けずに活動をしてほしい。

>久々に買って誌面を見てみたが、まあ中坊臭いなぁ、と(笑)。

小学生のHaniwa氏にはまだ早い…。

_ タロウカジャ ― 2020年10月25日 16時15分22秒

Aiニッコールマニュアルレンズで撮影するのは、槓桿式ライフルで射撃するのに通じます。旧帝国陸軍の小銃射撃で引き金を引く際の心掛けは、「暗夜に霜が落ちるがごとし。」と教えられたそうです。
もっとも今のアサルトライフルにも手振れ補正は付いていませんが、秒間コマ数を競うデジタルカメラの世界です。

_ ノーネームしたん ― 2020年10月27日 22時19分35秒

Haniwaさん、家の中に光ケーブルを引き入れる工事は無事に済みましたよ、
後は外で電柱から光ケーブルをつなげるだけ…………、
ダークなファイバーが有ればそれで終わるんですが…有るのか?。
あとFon光も安いので数年後そっちに移行も考えるという報告を…。

_ Haniwa ― 2020年10月28日 09時55分26秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ めがねのパイロット様
>コメント一番ゲット(←意味不明)。

おめでとうございます!\(^o^)/
Nikkor S・C Auto 50mm F1.4(Ai改)の前玉を拭いた後のキムワイプ1枚を進呈致します(違)。

>ぶっちゃけ、コロナで本屋に行く機会も、手軽に本を手に取る気持ちも減っていまして・・・
>でも、これ買いに行かなきゃ!

なかなか実店舗に行くのが億劫になりますね。
通販も悪くないですが、送料の問題もありますし、たかだか雑誌1冊になんか環境負荷掛けて申し訳なくなりますし。
記事自体はそんなに長くないですが、これは!と思う記事があれば紙の雑誌は買うようにしています。応援の気持ちです。寝る前に読んだりするのはやっぱり紙の本や雑誌の方がいいように思います。

>Nikkor S・C Auto 50mm F1.4(Ai改)は私も持っています。
>本当はCのない方を探していたのですが、巡り合わせですね。
>もちろん、フードもです。
>Nikon F2アイレベル(シルバー)につけて遊んでいます。

わたしも巡り合わせです。Ai改造済みでフードも付いていて安かったので買ってしまいました。50mm3本目です。まだまだです(笑)。

色再現も現代風で、開放付近も古いものよりも二線ボケなどが出にくいように収差の補正が改良されているように思います。60cmまでしか寄れないのが弱点でしょうかねぇ。

>私の思い出MFニッコールは・・・

>よさこい撮影でよく使ったAi ED 180mm F2.8sとお祭りでよく使ったAi 20mm F2.8sですね。

Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sはよいですね。最近中古での出物を見かけなくなりましたが、憧れのレンズの一つですね。AFの方よりも人気がありましたね。

Ai Nikkor 20mm F2.8Sは私も愛用しています。一眼レフ用の20mmとしては小さいのがよいです。黴びさせて全部のガラスを最新レンズに交換してしまったのも思い出です(泣)。

_ Haniwa ― 2020年10月28日 10時07分35秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ タロウカジャ様
>Aiニッコール、ニッコールDレンズがニコンの製品一覧からきれいに無くなりました。なんかさっぱりしましたね。
>次は、デジタル一眼レフが整理されるのですかね。

だんだんと新製品が出なくなってフェードアウトでしょうね。
DSLRの新製品が出なくなったらそれがサインでしょうね。
Nikon 1も新製品が出なくなってから販売終了まで数年ありましたから。

しかし、DSLRのフラッグシップ辺りはまだスポーツ撮影界の需要があるかもしれませんね。ミラーレスカメラでの1秒あたりの連写数は増やせても、AFの追従や食いつき具合がスポーツに向いていなければプロはすぐには移行できませんから。

>ライカが何回か親会社が変わってもレンズは依然としてマニュアルレンズでボディーは日本の電気屋さんが協力して工芸品として燦然と輝いています。ただ50年前と違って戦場カメラマンや街を撮影するカメラマンの胸にはぶら下がっているのを見るのは稀です。
>今でもライカのレンズは何かが違うというライカ教の皆様方が多くおられるのが凄いですね。ひょっとすると光学的な雑味を残してあるのかもしれません。日本のデジタル用レンズは極めて雑味の無い均等なものが多いのと対照的だと思います。

ライカのレンズはコストが掛かっていますからね。大衆向けに作っていないので、「何かが違う」ことができるんだと思います。他社のカメラレンズも随分高くなってしまいましたが…。逆にどうせ何十万も出すんならライカに行くかという気にさせているのかもしれませんね。日本のレンズが無味乾燥な測定器用レンズみたいになっていって、値段も高くなっていくと、ライカのようなレンズがかえって脚光を浴びるかもしれません。

>私達はAiニッコールでデジタル撮影を楽しみましょう。マウントが同じなのでほとんどのニコンのデジタル一眼レフに装填できます。さらにミラーレスカメラになるとメーカーを越えて撮影することが可能です。
>これはかなりいい時代になったようです。SONYのカメラに浮気してもそのボディーを捨てれば、またニコンに帰ってこれます。
>手持ちレンズが故障しても、Aiマニュアルレンズは街の中古カメラ店に行けばまだまだ豊富にあります。

私もいい時代になったと思います。ミラーがない分フランジバックの制約などを気にしなくても済むようになってきていますね。絞り環ないレンズでも他社のボディーで互換性を保てるようなマウントアダプターも各社から出ていて、もう天国だと思いますよ。ニコンのレンズをニコンのボディであれができないこれができないとか悩んでいるのに、他社のボディで他社のマウントアダプターでさくっと撮れてしまうんですから。

_ Haniwa ― 2020年10月28日 10時27分33秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ みっち様
>かって、アップルはマイクロソフトWindowsに破れて大きく業績が低迷し、Copland OSの失敗で、これはいよいよアカンかなと思ったとき、救世主(ジョブズです?笑)が現れましたねぇ。それで彼が出してきたのは、なんと音楽プレーヤーiPodと音楽のネット配信事業でした。これを起爆剤に大化けするわけですけど、全く分かっていなかったみっちは、この時ますますアカンと思いました。(爆)まぁ、一般人の考えなんて、そんなものであります。おかげで、かって愛用したPowerbook 170に相当するMacBook Pro 15インチを今使えるわけです。
>さて、ニコンにも救世主が必要なようですなぁ。その方はどこにおられるのか。

ゼネラル後藤氏でしょう。CAPAでお写真を拝見しましたら、なにかいかりや長介氏に似てきたような…。現状のニコンに対して「だめだこりゃ」と言ってもらいたいですね。

アップルはいいですよねぇ。私は縁がないようで。かつてWindows7にNikonScanの対応が遅れていたときにMacを買おうと思ってお店に行きましたら、Macは前OS入りの新製品は売ってないと言われました(Macも前バージョンでないとNikonScanの動作が確認できていませんでした)。中古でMac買おうかと思いましたが、中古のくせにやけに高い。それ以来アップルには縁がないです。iPhoneも高いですし(0円時代にはスマホに移行するつもりはありませんでした。回線契約が高いので)。

話は少しずれますが、auがキャリアメールの設定情報をユーザーに公開していないのに、iPhoneにだけはあっさり公開するというのもアップルのお蔭なんだと思いますね。他のメーカー製ユーザーには公開しないのに。そのお蔭で私はファーウェイのスマホでezwebのメールのやりとりができるようになったのです。アップル様々です。こういうキャリアの嫌がらせにみんな怒らないのかなぁと思いますね。よそのキャリアに移行後も元のキャリアメールが使えるようになるのならば、ドコモに行こうかとも思いますね。NTTにはさんざん嫌な思い出があったので携帯電話は「移動通信」にして今日に至るのですが、ドコモに比べてauは嫌がらせが多すぎます(テザリングが完全無料ではないなど)。そういえばKDDIの前身のKDDも随分電話料金ボッてましたよねぇ。

>このまま衰退すれば、歴史の本に「ニコンの失敗は、伝統の継承というものを、Fマウントの座金寸法を墨守すること、と取り違えたことにある」と書かれそうです。

座金原理主義ですね。もっとも、この座金も途中で少し寸法が変わっていたように思います。Nikon F3のころかF4のころか忘れましたが、爪の位置が少し違っています。材質は真鍮にメッキのものとステンレスのものがありますね(ボディ側)。そういえば何かのノベルティグッズにこのFマウントの座金を木製の台にはめ込んだものがありましたね。あれはご本尊ですね。「座金寸法は墨守したけれどもレンズとボディの互換性は保たれなかった」とも書かれそうですね。

_ Haniwa ― 2020年10月28日 10時38分58秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ ノラ猫軍将軍山本ミケ六閣下
>Fマウントも数年でこういう風に消えていくんでしょうね、
>どこかの会社が引き継がないかなぁ…。

知的財産権の縛りはどうなっているんですかねぇ。
そういう縛りがなければ、どこかが出してくるかもしれませんね。
ただ、フランジバックが長いのでそこら辺がネックですね。

>Leicaは残るんでしょうね、高級時計みたいな感じのも残ってますし。

残りますよねぇ。他社のカメラレンズの値段が高くなってきているので、それだったらライカ買うかとなってきそうな気がします。特にカメラが富裕層のものへと回帰していくのならばなおさらライカの吸引力が強くなっていくような気がします。

>>「哲朗の部屋」という連載があるのは知らなかった。

>自分は知ってました、色々と活動されていて何よりです、昔を忘れさせたいという圧力(あるのかは知らんけど)に負けずに活動をしてほしい。

ニコンに「だめだこりゃ」と言って欲しいです(違)。
「哲朗の部屋」っていう文字を黙読するとなぜか、ルールル、ルルル、ルールル♪という音楽が頭の中に流れるのでなんだろうと思っていましたら、これは「徹子の部屋」のもじりなんですね。すぐに気づきませんでした(笑)。潜在意識怖い。

>>久々に買って誌面を見てみたが、まあ中坊臭いなぁ、と(笑)。

>小学生のHaniwa氏にはまだ早い…。

小学生未満です(キリッ

中高生のカメラ小僧向けかと思っていましたが、森尾由美のグラビアからするとどうも「かつてのカメラ小僧」向けのようで(泣)。

_ Haniwa ― 2020年10月28日 10時54分30秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ タロウカジャ様
>Aiニッコールマニュアルレンズで撮影するのは、槓桿式ライフルで射撃するのに通じます。旧帝国陸軍の小銃射撃で引き金を引く際の心掛けは、「暗夜に霜が落ちるがごとし。」と教えられたそうです。

>もっとも今のアサルトライフルにも手振れ補正は付いていませんが、秒間コマ数を競うデジタルカメラの世界です。

岩合さんのように飛ぶ鳥の瞳にピントを合わせ続けたいですね。

そういえばレリーズで思い出しましたが、Nikon F3にソフトシャッターレリーズAR-9をつけて使っていたことがあるのですが、AR-9をつけるとシャッターボタンが真っ直ぐに降りないことがあって、そのせいでシャッターの切れるタイミングがずれることがありました。それ以来AR-9は使っていません。電気スイッチのF3特有かもしれません。電気スイッチのシャッターボタンで上部にレリーズ用の穴のあるニコンのカメラを他に持っていないので他の機種ではどうなのか分かりませんが、ゆっくりと半押しして切ったときに限ってすぐに切れないことがあって困りました。AR-9なしだとレリーズボタン全体を指の腹で押すのでそういう現象は起きないようです。AR-9をつけると高さが高くなって斜めにボタンが押されるときがありそうなると通電するタイミングが変わるみたいでした。

_ Haniwa ― 2020年10月28日 11時06分15秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ ノーネームしたん様
>Haniwaさん、家の中に光ケーブルを引き入れる工事は無事に済みましたよ、
>後は外で電柱から光ケーブルをつなげるだけ…………、

おめでとうございます!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

朝日ネットの光回線を調べましたらどうもフレッツ光のようです。
auとコラボのものも朝日ネットのものはフレッツのようです。
フレッツは遅いという評判なので、朝日ネットの光にするのは駄目ですね。
朝日ネットは他の回線との組み合わせも用意して欲しい。

auならauスマホと光の割引にできて、朝日ネットは月300円でメールとブログのみの会員というので維持できそうです。

ただ、auのスマホをこのまま続けるのかはちょっと考えものです。一番の理由は、うちにある唯一のスマホ回線がテザリングするのに月500円掛かるからです。ドコモだと無料なのに。500円払っても使えるデータ容量が増えるわけではなく、自分の現行のデータ容量の範囲でテザリングするのに500円取られるのです。これほかのauユーザーの方は不満ないのかなぁ。月500円払うぐらいならテザリング制限のないほかの契約に変えるかと調べましたらこれが複雑でよく分からない上に制度がしょっちゅう変わります。こまった業界ですね。

NURO光よさそうですね。0SIMの件がなければNUROに好印象だったのですが…。

Fon光もよさそうですね。もっと光ファイバーの競争が起きませんかねぇ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索