ソニー、Suica対応のスマートウォッチ「wena3」を11月27日に発売2020年10月05日 00時00分00秒

そば・天丼セット(JR秋葉原駅構内「新田毎(しんたごと)」):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.3秒、ISO250、プログラムAE、AWB

荒野の駅ナカ蕎麦屋ブログへようこそ(違)。なかなか更新できずすまんです。ソニー、Suica対応のスマートウォッチ「wena3」を11月27日に発売(ケータイWatch)なのだそうだ。

自分は、おサイフケータイにも対応していないし、NFCも内蔵されていないHUAWEI P20liteを使っているので、このスマートウォッチを使うとモバイルSuicaが使えるんじゃないかと期待した。しかも安いモデルだと2万4000円前後からあるという。

しかし、この記事ではSuicaについてあまり書かれていないので調べてみると、Suica がソニーの新型スマートウォッチ「wena 3」で ご利用いただけるようになります(JR東日本 PDF) には、
JRE POINT によるチャージ ×
定期券の購入 × バス定期券も不可
Suica グリーン券の購入 ×
ネット決済 ×
エクスプレス予約 × 東海道・山陽新幹線のサービス
など、かなり制限が多い。

だったら、おサイフケータイに対応しているPixel4a買った方がよい。

特に、Suica グリーン券の購入とエクスプレス予約ができないのは痛いかなぁ。

あと地味にいやーな感じがするのは、ついにSuica対応、ソニー新スマートウォッチwena 3発表(Engadget 日本版)に書いてある以下の注意書き。

また、Suicaを除くキャッシュレス決済(楽天Edy・ID・QUICPayなど)を利用する際には、初期設定時にiOS端末が必要です。

楽天Edy・ID・QUICPayなど今は使っていないけど、これはないんじゃない。一気に買う気なくした。本当に最初からおサイフケータイに対応したスマホと別のスマートウォッチ買った方がよい。残念だ。

将来的には、DSDV(2つのSIMが装着できて同時待ち受け可能)の機種を買おうと思っていたのだが、そういう機種はほとんどが中国のメーカー製なので、アメリカ政府の中国製通信機器弾圧によって、このさきどうなるかわからなくなってしまった。最悪、いまの3Gケータイが使えなくなったら(「au VoLTE」非対応機種のご利用終了のお知らせ)、4G(au VoLTE対応)の軽くて小さな通話用ケータイ(au)とIIJmioのSIMを入れたおサイフケータイ対応のスマホの2台持ちにしようかと思っている(いまはCasio G'zOne TYPE-XとHUAWEI P20liteの2台持ち)。1台で済ませられるかなぁと思ったのに、トランプの野郎め。


写真は記事とは関係ない。
そば・天丼セット(JR秋葉原駅構内「新田毎(しんたごと)」):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/33.3秒、ISO250、プログラムAE、AWB

これもたしか490円(税込)だったと思う。Suicaは使えるがJREポイントは貯まるか不明と前回(「ビデオカメラ市場」はどこへ行くのか ソニー、キヤノン退場で新製品なきまま消え去る?(ITmedia) ― 2020年09月26日)書いたが、JREポイントは貯まっていなかったので、対象外のようだ。JR系列の駅ナカ店舗でないとJREポイントは付かないのだろう。まあ490円でこれだけついて、さらにポイント還元して、JRに場所代とか払ってたら利益が上がらなくなってしまうと思う。

ちなみに、関西人なのでそばよりもうどん(特にきつねうどん)の方が好きだが、関西風だと掲示されていない限り関東ではそばの方を頼むようにしている。最近は少なくなったが、真っ黒の汁のかつての関東風うどんが出てきたらどうしようもないからだ。 ちなみに京浜急行品川駅の中の立ち食いうどん屋さんには「当店は関西風だしです」という張り紙がしてあった。そこでは安心してきつねうどんが食べられる。「新田毎(しんたごと)」のうどんは今度食べている人の汁の色を見てチャレンジしてみたいと思う。でも周囲の人もそば頼む人が多いんだよね。立ち食い蕎麦屋だもの。荒野の蕎麦屋ブログは続く…わけではない。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索