SLIK SBH-320 自由雲台2020年08月22日 00時00分00秒

SLIK SBH-320 自由雲台

お暑うございます。そして週末になると雨が…。

今日は自由雲台SLIK SBH-320の話だ。ベルボンマクロスライダーを中古で買った ― 2020年08月11日と同時に買ったものですぐに記事にしようと思っていて今日になってしまった。

ベルボンマクロスライダーと同じフジヤカメラ用品館で中古で購入した。値段はたしか4400円。

自由雲台はこのぐらいの中型のものを持ってなかったので、スリックの一脚「ザ・プロポッド」の上に付けたり、月などを撮るときにマンフロットの三脚055Cの上に付ける雲台として欲しかったのだ。

マンフロットの055Cには普段ハスキーの3Dヘッドを使っていて、これはこれでよいのだが、天体を撮るときにハンドルが当たって上の方に向けにくいので逆向けにカメラを付けたりしていた。これが結構面倒くさい。それで自由雲台が欲しかったのだ。

自由雲台SLIK SBH-320はシルバーだが、現行品としては黒色のSBH-320 BK Nというものがあるようだ。しかし、ケンコー・SLIKのサイトは製品名のところをどうして画像にしてしまうのだろう。

それで、SLIK SBH-320をマンフロット055C三脚の上に付けるときは太ネジ(U3/8)なのでそのままで良いのだが、SLIKのザ・プロポッドの上に付けるときは細ネジ(U1/4)なのでそのままではつかない。SBH-320 BK Nのサイトを見ると「U1/4、U3/8両対応」とあるんだが。どうやって両対応しているのか調べたら、部品表に書いてあった。『11mmダブルネジアダプター』 JAN 4906752 20158というものがあるようだ。中古だから11mmダブルネジアダプターがついていなかったのだ。

SLIKのSLIK 11mmダブルネジアダプターはヨドバシドットコムで購入。税込み452円だった。11mmダブルネジアダプターは取付け取り外しし易いようにコインで回せるように溝が切ってあってよい。上下のどちらにも溝が切ってあり、SBH-320に取付け取り外しするときは底の方の溝が、11mmダブルネジアダプターが三脚などの方に残ってしまって取り外すときには上の方の溝にコインを当てて回せる。よくできている。問題は取り外したときにどこかに行ってしまいそうなことだ。収納ポケットみたいなのが雲台底部とかにあったらなぁ。強度的に無理かな。外したときは財布のコイン入れに入れておくことにしよう。

ということで、日食でも月食でもいつでも来い!えっ?日食は日本では当分ないって?
日食一覧(国立天文台)
月食一覧(国立天文台)

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索