Cマウント8mm F3.8魚眼レンズとGfotoのチップ付きNikon1用マウントアダプターを購入2019年11月20日 00時00分00秒

中国製Cマウント魚眼レンズ8mm F3.8
C-mount lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip Gfoto

以前、中国製Cマウント魚眼レンズ8mm F3.8が気になる ― 2019年08月26日で書いていたレンズとマウントアダプターをポチってしまった。反省はしていない。

この中国製Cマウント魚眼レンズ8mm F3.8はいろんな業者が扱っているのだが、固定式の花形フードが上下2か所だけの旧型と上下以外にさらに左右に少し短いフードが固定でついている新型の2種類があるようだ。間違えないように新型の方をAliExpressで探した。

この場合使うボディはNikon 1 V1なので、Cマウント‐ニコン1マウントのアダプター付属のものを買うべきなのだが、Nikon1用アダプター付属のものは値段が高かったりあまり評価数のない業者が多い。

マウントアダプターはタンポポチップ内蔵のものをebayで別途買う予定なので、AliExpressで買う魚眼レンズの方はマウントアダプターの種類にこだわらず評価数の多いところで買うことにした。結局買ったのは以下のもの。
8 ミリメートル F3.8 + プレゼントのスーツマイクロフォーサーズマウントカメラ魚眼 C マウント広角魚眼レンズ焦点距離魚眼レンズ(AliExpress)

昨日購入(US $57.19送料無料-AliExpress初回登録サービスでUS $3割引きで結局US $54.19)して、現在のステータスは、発送が開始されて追跡番号が発行されてはいるがまだ「荷物の発送の準備完了しました」という状態だ。

さて、もうひとつのタンポポチップ付きロシア製Cマウント‐Nikon1マウントアダプターはeBayで購入した(US $52.00、日本への送料US $8.99で合計US $60.99)。購入したのは以下のもの。
C-mount lenses to Nikon 1 adapter with AF/EXP chip Gfoto

タンポポチップ付きロシア製Cマウント‐Nikon1マウントアダプターの方は、昨日購入してeBayの自動応答のメールは来ているがまだ販売業者のGfotoからは返事が来ていない状態だ。

Gfotoという業者から買うのは2回目だ。一度目はタンポポチップ付きのニコンFマウント-ニコン1マウントアダプターを買った。
eBayでロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター購入(追記あり) ― 2015年07月08日

ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプターは、オートフォーカスは効かないが、ニコンFマウントの非CPUレンズをNikon 1ボディにつけたときに絞り優先AEやフォーカスエイドが使えるようになるのだ。主にボケが欲しいときに50mm F1.2や50mm F1.4レンズをNikon 1 V1につけてたまに使っている。

今回購入のものもおそらく同じCPUチップがついていて、CマウントのレンズをNikon 1に付けたときに絞り優先AEとフォーカスエイドが効くようになるものだ。Nikon 1はマウントアダプターFT1経由でCPUレンズでないとフォーカスエイドは効かない。絞り優先AEについてはFT1経由でのみ非CPUレンズでも可能だ(Nikon 1 V1とFT1の組み合わせの場合)。
マウントアダプター FT1 主な仕様

ニコンFマウントレンズの場合はFT1とロシア製タンポポチップ付きマウントアダプターの違いは、非CPUレンズでフォーカスエイドができる(ロシア製)かできない(FT1)の違いがある。また、AF-S、AF-Pレンズでオートフォーカスができる(FT1)かどのレンズでもAFできない(ロシア製)の違いがある。AF-Sレンズを2本しか持っておらずほとんどがマニュアルフォーカス(MF)かボディ内レンズモーターのAFレンズの私の場合にはFT1ではなく、ロシア製タンポポチップ付きニコンFマウント‐Nikon1マウントアダプターの方が使い勝手がよいのだ。AF-SやAF-Pレンズがほとんどの人は素直にFT1買った方がよいだろう。

ところが、FT1に装着できないレンズの場合はそうはいかない。Cマウントレンズは多くのレンズが1インチサイズの撮像素子のイメージサークルをカバーしているようだが、フランジバックがニコンFマウントよりも短いから、ニコンFマウント経由でNikon1に装着することは無理だ。Cマウントを直接Nikon1マウントに変換するアダプターが必要になる。

Cマウントレンズにはニコン用のCPUチップなんて付いているはずもないから、Nikon 1ではフォーカスエイドもできないし、絞り優先AEも使えないし、マニュアル露出するにしてもボディ内蔵の露出計も働かない。いわゆるニコンの嫌がらせ仕様ですな。

それで、ロシア製タンポポチップ付きマウントアダプターの出番となる。このCPUチップ付きCマウント‐Nikon1マウントアダプターを使うと、Cマウントレンズで絞り優先AEとマニュアル露出時のカメラ内蔵露出計とフォーカスエイドが使えるようになる。

8mm F3.8という魚眼レンズだと被写界深度も深いしEVFでピントを見るのはつらいはずだ。それをフォーカスエイドで補おうという魂胆だ。AEが効くというのもスナップには便利なはずだ。届くのが楽しみ。今回の散財は合計US $115.18だ。

中国製Cマウント魚眼レンズ8mm F3.8は13~20日ぐらいで届くとある。ロシア製タンポポチップ付きCマウント-Nikon1マウントアダプターはどのくらいで着くかはわからない。年内に使い始められればいいなぐらいに思っている。前回のタンポポチップ付きニコンFマウント‐Nikon1マウントアダプターは注文してから9日でベラルーシから届いた。
ロシア製CPUチップ付きNikon 1- Nikon Fマウントアダプター到着 ― 2015年07月16日

【追記:2019年11月21日】
GFOTOのロシアの公式ページ

【追記:2019年11月29日】
Gfotoのチップ付きNikon1用マウントアダプターがなかなか発送されない ― 2019年11月29日

【関連追記:2019年12月2日】
Gfotoのチップ付きCマウント-Nikon1マウントアダプターやっと発送 ― 2019年12月02日

【関連追記:2019年12月4日】
ロシア製Gfotoのチップ付きCマウント-Nikon1マウントアダプターはミンスクに ― 2019年12月03日

【関連追記:2019年12月9日】
中国製8mm F3.8魚眼レンズが届いたが… ― 2019年12月09日
【関連追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索