ニコンの小型軽量なAPS-Cミラーレスカメラ「Z 50」登場で思うこと2019年10月16日 00時00分00秒

丸善池袋店(東京都豊島区):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/50秒、ISO160、プログラムAE、AWB

ニコンのミラーレスカメラZシリーズについてはこれが初めての記事ではないかと思う。最初に出たZ7が連写性能がちょっと想定よりも低かったのと、レンズラインナップが揃っていない上に、純正マウントアダプターでAF出来るレンズが限定的なので興味の対象外になっていた。

今回Z7、Z6につづくZ50が発表されたのでちょっと記事を見てみた。
ニコンから小型軽量なAPS-Cミラーレスカメラ「Z 50」登場 上級者のサブカメラとしても 写真家が速報(実写あり)(2019年10月10日デジカメWatch)

APS-Cサイズを出すことについては、カメラサイズが小さくなったり、コストダウンで手に入れやすくなるのなら、それはそれでよいことだと思う。ただ、ZサイズでAPS-C機も出すのだとすると、エントリー機は今後ニコンFマウントのDSLRでは出なくなるのかなぁとも思う。

一番の問題だと思ったのは、Z50はボディ内手ぶれ補正が搭載されておらず、レンズの方に手ぶれ補正機構VRが搭載されているということである。Z7、Z6はボディ内手ぶれ補正があったので、Zシリーズ用のレンズにはVRは搭載されていなかった。ということは、35mmフルサイズ用のZシリーズ用レンズをZ50で使うときには手ぶれ補正は使えないということだ。これはZ50はサブに使えるといっても、レンズの共用は特に望遠レンズなどで難しいということになる。

まあコストダウンしたい気持ちは分かるが、またまたシステムを複雑にしてしまうことになるなぁ。レンズは嵌るが機能制限がありますよというニコンのシステムは懲り懲りだ。今後出るZ50以外のAPS-Cミラーレス機もボディ内手ぶれ補正がないのなら、Zシリーズの35mmフルサイズとAPS-Cはマウントは同じでも、コンセプト的には全く別のラインという位置づけになるのだろうか。


写真は記事とは関係ない。
丸善池袋店(東京都豊島区):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/50秒、ISO160、プログラムAE、AWB

こういう人工物で色鮮やかなものはスマホのP20 liteの得意とするところのようだ。

この丸善は書籍は置いていなくて文具とカフェと絵本・キャラクターグッズ・知育玩具・鉄道グッズ・ボードゲームを売っている店になる。


当初ここに書いていた、ViewNX-i Ver.1.3.3 64bitでP20 liteの位置情報が読み込まれない件についてはNikon ViewNX-i Ver.1.3.3 64bitでHUAWEI P20 liteの位置情報が読み込まれない ― 2019年10月16日に独立させました。

Nikon ViewNX-i Ver.1.3.3 64bitでHUAWEI P20 liteの位置情報が読み込まれない2019年10月16日 00時00分01秒

JR東日本E235系電車(山手線品川駅にて):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/20秒、ISO500、プログラムAE、AWB

ニコンのViewNX-iでHUAWEI P20 liteの位置情報入り画像が地図で位置表示されなくなったことに気づいた。Ver.1.3.3(64bit)になってからだ。その前のVer.1.3.2(64bit)では地図に位置が表示されていた。Exifreadなどのジオタグも読めるソフトで読むと、P20 liteのジオタグはちゃんと書かれている。ViewNX-iのブラウザーで「ファイル/撮影情報」の位置情報の欄はP20 liteで撮った画像だけ空欄になっている。

表示される画像のジオタグと表示されないP20 liteの画像のジオタグの違いは、表示される画像にはTOKYO測地系換算緯度 : [DMS]とTOKYO測地系換算経度 : [DMS]があって、表示されない画像にはそれらがない場合がある。しかし、P20 liteの画像でもGeoSetterでGPSロガーのログとマッチングさせたものにはTOKYO測地系換算緯度経度情報があるのに、ViewNX-i Ver.1.3.3では位置が地図に表示されないし、サムネイルに位置情報があるというマークも表示されない。

要するにExifreadなどの他のソフトで見ても同じようにジオタグがあるのに、P20 lite撮影画像だけViewNX-i(Ver.1.3.3 64bit)で位置情報が読み込まれない。なんなんだろう。ニコンのソフトウェアはこういう訳の分からない挙動が多い。なお、GeoSetterなどのソフトではP20 liteのジオタグはちゃんと読み込まれている。

使いにくいのでVer.1.3.2に戻そうかとも思う。

この記事は当初ニコンの小型軽量なAPS-Cミラーレスカメラ「Z 50」登場で思うこと ― 2019年10月16日の後ろに書いていたが、内容が別なので、別記事に独立させました。


JR東日本E235系電車(山手線品川駅にて):Huawei P20 lite(ANE-LX2J)、3.81mm(35mm版26mm相当)、F2.2開放、1/20秒、ISO500、プログラムAE、AWB

このアップされた画像はExifを削除しているのでこの画像を見ても分からないが、元画像にはスマホで撮影したときの位置情報が入っている。しかし、Nikon ViewNX-i Ver.13.3 64bitではP20 lite撮影のジオタグ付き元画像の位置情報が読み込まれず、位置情報がない扱いになってしまう。

神奈川県・山北町・陸自駒門駐屯地の給水車問題は統制違反2019年10月16日 00時00分02秒

神奈川県山北町が陸上自衛隊駒門駐屯地に直接派遣要請をして到着した陸自の給水車が給水できずに帰ったことについて、神奈川県が批判されているようだ。
陸自の給水車支援がムダに 「ルールが違う」という神奈川県対応に疑問噴出

上記の記事は比較的冷静で客観的な方なのでリンクした。他の記事では山北町長にしか取材していないが、上記の記事では山北町と神奈川県と陸上自衛隊駒門駐屯地にコメントを求めて、前2者が回答している。

まず、自衛隊に派遣要請する仕組みを確認しておこう。
災害派遣の仕組みDisaster relief operation(陸上自衛隊)

災害派遣の仕組みDisaster relief operation(陸上自衛隊)

この図によると、いずれの場合でも防衛大臣または防衛大臣の指名する者の派遣命令で災害派遣活動に入ることになる。

今回の場合、山北町長は神奈川県知事に派遣要請をしたり、防衛大臣に通報するよりも前に知己の陸上自衛隊駒門駐屯地に直接連絡を取った。そして陸上自衛隊駒門駐屯地は大臣の命令もないままに現地に赴いた。

そして、陸上自衛隊駒門駐屯地が給水することなく帰ったのは、自衛隊側の判断であるということである。

山北町によると、台風による被災が予想されたことから、町のエリアを担当する約20キロ離れた陸上自衛隊駒門駐屯地(静岡県御殿場市)と断続的に情報交換していた。断水が発生した可能性が高いことを伝えると、陸自側は事前の準備を開始。13日午前6時前には出発準備が整ったことや、必要があれば県に災害派遣要請を求めるよう町に伝えた。これを受けて、町は電話やFAXで県に派遣要請を求めた。
駒門駐屯地では支援活動を急ぐため夜を徹して早めの準備をしていたが、結果的に到着時点では派遣要請は出ていなかった。手続き上、要請が出ないと支援活動を始められないため、陸自側の判断で13日午前8時過ぎには撤収したという。

これは、自衛隊の一駐屯地が大臣の命令を受けずに勝手に災害派遣行動したことを自衛隊上層部に咎められて帰隊したのではないのか。だとすれば組織的には重大な統制違反である。軍(に準じた組織)が、指揮命令系統を無視して懇意の部外者の要請に応じて勝手に部隊を動かして、軍(に準じた組織)のリソースを手続きを経ないで処分しようとしていたわけである。さらに大臣を抜きに勝手に行動しているわけだから文民統制違反でもある。組織内部的にも憲法上も重大な違反行為なのである。だから、この件について陸自駒門駐屯地の広報担当者はノーコメントなのだろう。マスコミは防衛省や防衛大臣の側にもコメントを求めるべきであった。

陸自駒門駐屯地の広報担当者は、給水車3台が活動できないまま撤収した事実関係は認めたが、「この件に関してはコメントを差し控えたい」している。

自衛隊の災害派遣については、文民統制(シビリアンコントロール)を守る観点や、市区町村でバラバラに求めて混乱するのを避けるため、都道府県知事が要請することになっている。現場の独断専行を許さないためにも、このルールは徹底されている。

阪神・淡路大震災などこれまでの災害でも、要請に時間がかかり初動が遅れたとの批判があった。近年では、自衛隊は正式な要請を待たずに準備を整え、都道府県もすみやかに要請するよう、改善が進んでいた。それだけに今回の神奈川県の対応には、ネット上などでも疑問が噴出している。

最後の段落は今回の場合と違って、事前に通常ルートの連絡(市町村長→都道府県知事→大臣)は取ってあって、手続きが済む前にもういつでも実施できるように準備していることを指しているのであって、今回のように、県知事や大臣に無断で自衛隊の一部門に勝手に話を付けてそれに自衛隊の一部門が勝手に応じているのとは違う話なのである。準備も大臣側からの指示があって準備している場合の話なのである。今回の場合、大臣に話が行く前に既に駐屯地が動いて現地に行ってしまっている。

自衛隊関係者や政治家やマスコミの方は、この重大な統制違反をきちんと追及して処分していただきたい。重要な問題である。こんなことがまかり通れば、一司令官と仲良くしている地域だけが優先的に自衛隊の支援を受けられることになってしまい、行政の公平性や自衛隊の文民統制も崩壊してしまう無法地帯、無政府状態になってしまう。

【追記:2019年10月20日】
防衛省・自衛隊(災害対策)の公式Twitterの表明があったようなので、引用しておきます。山北町長の言い分と矛盾するが、「うまく収めた」形になっている…。

防衛省・自衛隊(災害対策)@ModJapan_saigai

13日、神奈川県山北町から部隊に、給水支援要請の可能性が伝えられました。町役場到着後、県が対応するため支援は不要との説明を町から受け、部隊は帰投しました。なお、水を捨てた、陸自第1師団長が引き上げを指示したとの事実はありません。自治体と密に連携して災害対応を継続していきます。

8:25 PM - Oct 17, 2019

Twitterの時間表示は端末に依存するらしく、正確な時間が分かりにくくなっている(時間の後にUTCとか書けばいいのに)。使用場所を日本に設定したアカウントでログインすると20:25の表示になるので、それがこのツイートの日本時間なのだろう。さらにTwitterの引用表示の日時にポインタをあわせると「投稿時刻: 2019年10月17日 11:25:58 (UTC)」と出るのでJSTの20:25に投稿されたもので間違いないと思う。
【追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索