話題の"50倍ズーム"を検証「HUAWEI P30 Pro」実写レポート(デジカメWatch)2019年04月19日 00時00分00秒

ケルネル田圃(駒場野公園:東京都目黒区):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/200秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

デジカメWatchにスマホのカメラのレビューが載る時代になった。
話題の"50倍ズーム"を検証「HUAWEI P30 Pro」実写レポート(デジカメWatch)参照。

「スマホの姿でやってきた、究極の大衆カメラ」のサブタイトルが示すように、もはや大衆にとっての「カメラ」はスマホなのだろう。カメラ・レンズ趣味としては寂しい限りだ。

と、いいつつ私もこのところ少しずつ新しいカメラやレンズを買わなくなってきている。どうしても欲しいカメラやレンズがないというのもあるが、買えない値段のそれらが増えてきているというのもある。高くても頑張って買おう、いつかは…というものがなくなってきている(私にとって)。

さて、デジカメWatchの記事の方に戻ると、画質や「絵作り」の傾向は以下のようらしい。

SNS用途に最適な絵作り

スマートフォンのカメラの醍醐味は、やはりSNSへの即時アップロードや、メッセージアプリでのリアルタイム送信だろう。P30 Proの絵作りは、そうした"撮って出し"で非常に実用的なものになっていると感じた。

画像のシャープさは、スマートフォンのモニターや、SNSのタイムラインに表示された時に、最も好ましく見えるよう調整されていると感じる。意地悪に等倍表示すると細部のディテールが決して緻密ではないケースもあるのだが、現実的な鑑賞サイズに縮小していくと、見事にシャープな画像になってくる。マニア的な評価さえしなければ万人が納得できそうな画質で、まさに大衆目線のカメラと言える。

絵作りの傾向としては、フルオート(「写真」モード)で撮影すると、シャドーを少し持ち上げたような、ストレート現像とHDR風の中間ぐらいの絵になる。近年の海外作品ではよく見る絵作りだが、こうした絵作りの好みは時代や地域でも異なるため、単純に良し悪しの判断はできない。

ファーウェイPシリーズは「カメラ経験の少ない私でも、こんなに綺麗に撮れた!」という喜びで人気を得ている端末だそうだが、確かにそうしたツボを心得ていると思う。

「意地悪に等倍表示すると細部のディテールが決して緻密ではないケースもあるのだが、現実的な鑑賞サイズに縮小していくと、見事にシャープな画像になってくる。マニア的な評価さえしなければ万人が納得できそうな画質で、まさに大衆目線のカメラと言える。」というところが、まさに今のスマホの傾向なのだろう。

実はHaniwa家にも最近HUAWEI P20 LITE(au版https://www.au.com/mobile/product/smartphone/hwv32/)を買った者がおり、HUAWEI P20 LITEの画質傾向もそんな感じだった。等倍で見ると油絵のような感じなのだが。鑑賞サイズで見るとちゃんとした画質に見える。だからHUAWEI P20 LITEで撮った写真はトリミングには向かない。でも、日常を写すにはこれで十分なんだろうな。

HUAWEI P20 LITE(au版)で家人が撮った写真を見て、私が不満に思った点は、「ボケ過ぎ」だ。サブカメラ(インカメラ)(約1,600万画素)で3人や4人が並んで手を伸ばして自撮りすると、手前の誰かにピントが合っていると、ずれてその少し後ろにいる人の顔が少しぼけている(頭1個の厚み分しかずれていない感じなのに)。こんな小さな撮像素子で、近接とはいえなんで2、30cmの差でぼけるんだろう。なんらかの画像処理が入っていると思われる(サブカメラはデュアルカメラではない)。

HUAWEI P30 Proの方に話を戻すと、「50倍ハイブリッドズーム」ということで、35mm判27mm相当から1,343mm相当まで撮れるらしい。1343mmですよ、奥さん!

スマホのカメラの弱点は望遠撮影だと思っていたが、27mm~1343mm相当までカバーするとなると、これは単体カメラで太刀打ちするのは難しい。運動会もスマホでばっちりの日も近いだろう。

ひとつカメラ的な解説を加えると、P30 Proで本体の厚さを増やさず望遠カメラのレンズを搭載する仕組みとしては、プリズムで光路を折り曲げるペリスコープ(潜望鏡)構造が取り入れられている。ベテランの方々なら、ミノルタの「ディマージュX」や各種防水機のように、レンズ鏡筒の繰り出しがないコンパクトデジカメを思い出すだろう。つまりペリスコープ構造とは「屈曲光学系」のことだ。

https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1177/819/html/60.jpg.htmlの画像を見ると、光路を曲げた後に撮像素子のサイズの割にかなり距離を取った鏡筒部分があって、レンズも5枚ほど見える。これは小さいサイズだが、かなり本格的な光学系ではないか。うーん。

HUAWEI P30 Proっていくらするんだろう?(←ヤバイ)

HUAWEI P30/P30 Proの新機能・スペック・価格・発売日まとめによると、

HUAWEI P30 Proの価格
6GB+128GB: 999ユーロ - 約12.5万円
8GB+256GB: 約13.7万円
8GB+512GB: 約15.6万円

あうあう(@_@;、一番安いのでも12万5千円かぁ。

SIMフリー版のHUAWEI P20 LITEがせいぜいかなぁ。IIJmioのSIM入れて。auのスマホ料金は高い(泣)。


写真は記事とは関係ない。
ケルネル田圃(駒場野公園:東京都目黒区):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/200秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

京王井の頭線の車中からも見える田圃。このあたり(今の線路の両側)は井の頭線ができる前から東京帝国大学農学部だったらしい。線路の南側は色々変遷を経て東京教育大学農学部だったようだ。その名残の田圃らしい。

コメント

_ みっち ― 2019年04月20日 09時04分15秒

かってオーディオ趣味というのがあり、一世を風靡したもんですが、今どきはスマホにちょいと凝ったイヤホンを使って音楽を聴くのが主流のようです。それで、そこそこ良い音します。音楽自体は廃れることもなく、クラシックの音楽会も盛況です。
カメラ・写真趣味も同じ感じがします。かって一眼レフがもてはやされた理由は、パララックスがない、望遠撮影やマクロが簡単にできる、といったところが主だったと思います。最近のスマホは確実にこの条件を満たしてますね。特に望遠域の進歩は驚きです。まぁ、画質はパッキパキですけど(笑)、これだってみんなが飽きてくれば、ソフト路線にすぐ切り替えるでしょう。
ということで、さほど心配はいらないのでは。
みっちのα7RIIIは、ファームがVer3.0にアップし、動物の瞳AF対応になりました。これは凄いです。ただ問題は、人物と動物の瞳対応が切り替えなので、例えばHaniwa氏の御尊顔撮影となると、どちらに設定して良いか悩みます。(笑)あるいは、ご婦人の撮影で、「おかしいなぁ、ピントが合わない、動物対応の方に切り替えてみるか」なんてやってると、殺されるかもしれません。(爆)

_ ノーネームしたん ― 2019年04月21日 15時55分14秒

>買えない値段のそれらが増えてきているというのもある。高くても頑張って買おう、いつかは…

ほんとにねぇ…、
車とかも良い車とかは幅広の車ばかりになり出かけた先の駐車場でダメとい事で…、
ベンツとかも1.8m以上の幅の車ばかりで不便なのでフベンツですよ、
都会の立体駐車場で幅広の車に対応とかの便利な場所から埋まります、
それも数が多い小型車でドンドン埋まるのです、
ちょっと離れた小型車のみOKの立駐は幅広の車アウトですからね、
ディラーの人はその地域なら駐車場ありますよーとか言うのですけどね、
後から幅が狭い車用の立体駐車場を1.9m位に対応しろとか普通無理ですので作り直すしか…、

そしてデジタルカメラの場合は画質とか基本性能に頭打ち感がある上に、雨後の筍の様に「フルサイズ」と…、
当然値段も高い、大きさも大きいので{普通の人層}は付いてこ、ずそこに媚びた操作系で売り込んでた所は……、
まあ{普通の人層}の人はHUAWEI P30 Proをお勧めで良いですし、
35mm判27mm~1,343mmまででなくてももっと倍率低くても良いでしょうし、
35mm判で24mm~600mm位でもっとお安いバージョン出ましたよとかならもっと大歓迎でしょう、
もう今後マニアが望むような状況は……。

>ケルネル田圃

あゝハニワニワは広いなぁ!(笑)、
今年は気候がアレでちょっとなぁ…、
まあ気候関係なくそんな時間が…

_ タロウカジャ ― 2019年04月21日 17時45分05秒

スマホ本体と通話料の分離が法律で決まりそうです。
スマホ本体は10万円ぐらいになるでしょう。
街の電話屋さんは負担感を少なくするためまた工夫をするでしょう。
デジカメはミラーレスが主流となりつつありますが、果たしてどこまで売れるかですね。ニコンは着々と新製品を準備しているようですがお客さんがどこまでついてくるかですね。
コンパクト中心のカシオが脱落しそうです。
ペンタックスはどうですか。
これからは業界内で淘汰と統合があるかもしれません。
カメラが電気製品となると中国、韓国が弱い日本メーカーとリストラされた技術者でそれなりの製品を開発する可能性があります。中国製、韓国製のスマホは十分実用化しています。趣味の世界としては面白くないですが大きな渦に巻き込まれるでしょう。
余談ですが先日東京に行った際にニコマートFTNを買いました。Ai24mmを買うとカメラまで付いてきてしまいました。すでに十分な機材が在るにもかかわらずです。

_ いつもとおりすがり ― 2019年04月24日 17時13分10秒

Haniwa様、皆様

有料記事ですが、見出しが:

【前編】たまごっち、デジカメ、スーパードライ…時代を彩ったモノたちの栄枯盛衰を訪ねて 「平成ヒット考」前編
4/22(月) 12:00配信
ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190422-00000001-qbizs-bus_all

_ いつもとおりすがり ― 2019年04月25日 01時14分21秒

追記

「1200万画素のメインカメラ」「Androidを搭載し、3.3インチの小さな画面」なので、コンデジとスマホの掛け合わせみたいなものかも:

「Palm Phone」ミニレビュー(編集部大泉)
独自のアプリ一覧画面と「ジェスチャーパッド」機能で操作性をカバー
大泉 勝彦
2019年4月24日 12:00
ttps://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/review/1181865.html

_ タロウカジャ ― 2019年04月29日 21時22分21秒

写真は沢山撮られるけれどデジタルカメラは売れない。
一眼レフからミラーレス一眼への移行などというレベルではないようです。
市場が縮むと商品の選択肢が狭まります。
自分が何を撮り何をしたいかがはっきりしていないと、かなりしんどい時代が来そうです。
もっとも手元にある機材だけでも当分の間行けそうです。
これがメーカーが苦しんでいる理由ですかもしれません。

_ いつもとおりすがり ― 2019年05月02日 18時01分56秒

2019年5月1日
あぶなく忘れるところだった平成を思い出す
1996年のデジカメには平成初期の景色が写る
ttps://dailyportalz.jp/kiji/photo_like_early_heisei

_ いつもとおりすがり ― 2019年05月02日 18時03分54秒

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「平成」デジカメ栄枯盛衰史 (1/3)
2019年05月01日 07時00分
ttps://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/01/news005.html

_ めがねのパイロット ― 2019年05月12日 20時53分10秒

 Haniwa様

 SNSへ最適化、まさにトレンドがそうですね。
 プリントなんて眼中になしです。
 私のFacebook友達見ても、スマホ以外の撮影手段で写真をアップしているのは、かなりの写真好きだけです。

 使っているソニーのエクスペリアも、まぁ似たよう画質です。
 柔らかさなんてないですし、蛍光灯程度のルームライトでは細部メタメタでガッカリしました。

 ただ、画質を求めていないユーザーにはこれで十分なんですよね。
 そこがマーケティングの上手さなんだと思います。
 その一方、画質だけが写真でもないですし、難しいです。

 スマホの写真は昔の「写ルンです」と同じような立ち位置だと思うと、住み分けも然りかな、と。

_ Haniwa ― 2019年05月15日 09時49分25秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ みっち様
>かってオーディオ趣味というのがあり、一世を風靡したもんですが、今どきはスマホにちょいと凝ったイヤホンを使って音楽を聴くのが主流のようです。それで、そこそこ良い音します。音楽自体は廃れることもなく、クラシックの音楽会も盛況です。
カメラ・写真趣味も同じ感じがします。

御意に。音楽を聴くという趣味は廃れなくても装置は変遷する、カメラ写真趣味も同じ、と。

>かって一眼レフがもてはやされた理由は、パララックスがない、望遠撮影やマクロが簡単にできる、といったところが主だったと思います。最近のスマホは確実にこの条件を満たしてますね。特に望遠域の進歩は驚きです。まぁ、画質はパッキパキですけど(笑)、これだってみんなが飽きてくれば、ソフト路線にすぐ切り替えるでしょう。
ということで、さほど心配はいらないのでは。

わたしも、一眼レフのファインダーで見たまま撮れるというところに魅力を感じていました。レンズ交換も魅力でした。スマホは仰るように一眼レフを使う意義を失わせていますね。画質は、味覚がこなれると薄味になっていくのと同じで、そのうちソフト路線になっていくでしょうね。あと何年かかるか分かりませんが。

そういう意味では、いまのスマホではまだ十分でない点を小型で実現していたNikon 1は、いまこそ必要なシステムだと思うんですけどねぇ。大きいカメラ・レンズでないと利益が出ないからZシステムに行きたいんでしょうけど。

>みっちのα7RIIIは、ファームがVer3.0にアップし、動物の瞳AF対応になりました。これは凄いです。ただ問題は、人物と動物の瞳対応が切り替えなので、例えばHaniwa氏の御尊顔撮影となると、どちらに設定して良いか悩みます。(笑)あるいは、ご婦人の撮影で、「おかしいなぁ、ピントが合わない、動物対応の方に切り替えてみるか」なんてやってると、殺されるかもしれません。(爆)

SONYは確実に正常進化していますね。人物と動物の瞳対応が切り替えはそのうち自動になると思いますよ。で、自動でどちらになっているかで血みどろの結末が…(笑)。自動になったらおそらくどっちを選択中か表示されない仕様になるんでしょうね(笑)。マニュアル設定にしたら分かってしまうので、マニュアル設定もなくすんでしょう。AF-SとAF-Cの自動切り替えでAF-Aしかないオートフォーカスのように。

_ Haniwa ― 2019年05月15日 09時59分37秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ ノーネームしたん様
>ほんとにねぇ…、
>車とかも良い車とかは幅広の車ばかりになり出かけた先の駐車場でダメとい事で…、
>ベンツとかも1.8m以上の幅の車ばかりで不便なのでフベンツですよ、
>都会の立体駐車場で幅広の車に対応とかの便利な場所から埋まります、
>それも数が多い小型車でドンドン埋まるのです、
>ちょっと離れた小型車のみOKの立駐は幅広の車アウトですからね、

税金が同じで自分ちの駐車場で困らなければ幅広車はよいですよね。
小型車なのに幅広のところに駐めるのは、車庫入れに自信がないとか、あまり狭いと隣の車のドア開閉で凹まされたり凹ましたりの危険性があるからでしょうね。

>そしてデジタルカメラの場合は画質とか基本性能に頭打ち感がある上に、雨後の筍の様に「フルサイズ」と…、
>当然値段も高い、大きさも大きいので{普通の人層}は付いてこ、ずそこに媚びた操作系で売り込んでた所は……

そうなんですよねぇ。たしかにZシリーズの写りは良いとは思いますが、一般人の金銭感覚では価格の上昇と性能の上昇が見合っていないと判断されると思うんですよねぇ。

>まあ{普通の人層}の人はHUAWEI P30 Proをお勧めで良いですし、
>35mm判27mm~1,343mmまででなくてももっと倍率低くても良いでしょうし、
>35mm判で24mm~600mm位でもっとお安いバージョン出ましたよとかならもっと大歓迎でしょう、
>もう今後マニアが望むような状況は……。

HUAWEI P30 Proは結構なお値段しますから、望遠に拘らなければもっと下の機種でもいいんだと思います。P20 LITEはお得ですよねぇ。SIMフリー版買って、ZaurusやNexus7の代わりにするかもしれません。

>あゝハニワニワは広いなぁ!(笑)、
>今年は気候がアレでちょっとなぁ…、
>まあ気候関係なくそんな時間が…

これがハニワニワなら超音波発生器何台買わないといけないんだ(違)。

_ Haniwa ― 2019年05月15日 11時05分00秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ タロウカジャ様
>スマホ本体と通話料の分離が法律で決まりそうです。
>スマホ本体は10万円ぐらいになるでしょう。
>街の電話屋さんは負担感を少なくするためまた工夫をするでしょう。

実は家人のHUAWEI P20 LITE(au版)は、本体1円のものなんです(2年縛り)。
しかし、よく考えてみると、HUAWEI P20 LITEのSIM[フリー版を2万円弱で買って、IIJmioの通話SIM(1728円/月)買った方が安かったことに気づきました。
キャリアのスマホ料金は毎月の料金が5千円~コースなので。
通話なんてほとんどしませんし、メールやSNSで連絡は付きますし、あとは便利なアプリの利用ぐらいです。IIJmioで十分だったなぁ、と。

auのキャリアメールを使っているHaniwa家ガラケー勢はどうするのか、今後の問題です。

>デジカメはミラーレスが主流となりつつありますが、果たしてどこまで売れるかですね。>ニコンは着々と新製品を準備しているようですがお客さんがどこまでついてくるかですね。
>コンパクト中心のカシオが脱落しそうです。
>ペンタックスはどうですか。
>これからは業界内で淘汰と統合があるかもしれません。

カシオはデジカメから撤退です(泣)。
ttps://casio.jp/dc/end/
スポーツ撮影でカシオのデジカメは結構見かけました。高速連写がウリだったので。

ペンタックス・リコーはどうでしょうね。ペンタックスは一眼レフで明るくてピントの山の見易いファインダーを廉価機でも実現していたのですが、ミラーレス時代には不要な技術ですしねぇ。リコーはTHETAがずっと気になっているのですが、画質がほとんど向上していないのに新製品の価格がどんどん上がっているので、ずっと買い損ねています。

>カメラが電気製品となると中国、韓国が弱い日本メーカーとリストラされた技術者でそれなりの製品を開発する可能性があります。中国製、韓国製のスマホは十分実用化しています。趣味の世界としては面白くないですが大きな渦に巻き込まれるでしょう。

そうなんですよねぇ。日本企業が放出した技術者をきちんと確保しているんですよねぇ。
HUAWEIのカメラはもう十分な画質に達していると思いますよ。

>余談ですが先日東京に行った際にニコマートFTNを買いました。Ai24mmを買うとカメラまで付いてきてしまいました。すでに十分な機材が在るにもかかわらずです。

おめでとうございます!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

ニコマートFTnは丈夫ですよねぇ。
Ai 24mmは近距離補正機構もあっていいですね。
どちらも長く使える逸品ですね。

_ Haniwa ― 2019年05月30日 09時52分15秒

皆様、お返事が大変遅れてすみません。m(_ _)m

■ いつもとおりすがり様
カシオQV-10、懐かしいですね。使ったことはありませんが、一世を風靡しましたね。
当時のデジカメはそのサイトのような画像でしたから私はちょっと買う気にはならなかったですね。
写ルンですの方がもっと広角で遙かに高画質でした。

PhotoCDも懐かしいですね。私はEPSONのフィルムスキャナFS-1300WINSを先輩からもらったので、PhotoCDには興味が向きませんでしたが、もう少し安くてスキャン結果がよかったらずいぶん評価も違うのになぁと思いました。ピクセルは大きいのになんであんなにカラーノイズが出ているのか、色々と言いたいことはあります(笑)。

今のデジカメがフィルムカメラの形を引き摺っているのに対して、初期のデジカメはユニークなデザインでしたね。COOLPIXのスイバルは嫌いじゃないです。うちにもCOOLPIX 2500があります。ときどき充電して時計を合わせています。でも電池がもう駄目っぽい。

>キヤノンの「D2000」は200万円コースだったのに対し、D1は65万円と道楽の人なら手を出せる値段だったのだ。

>ここで手を出した人は多いはず(わたしも予約して発売初日にゲットした)。

いいなぁ(笑)。

カメラの出荷台数のピークが2008~2010年というのは、もう10年前からカメラが終わり始めていたんだなぁとあらためて認識しました。リーマンショックなどの経済的な影響や東日本大震災も影響しているでしょうが、スマホの台頭が一番の理由なんでしょうね。

スマホといえばファーウェイのカメラ部分はかなりよくてリーズナブルなので、トランプ政権の攻撃はかなり残念だと思いますね。

■ めがねのパイロット様
>プリントなんて眼中になしです。
>私のFacebook友達見ても、スマホ以外の撮影手段で写真をアップしているのは、かなりの写真好きだけです。

そうですね。ここまでスマホでちゃんと写るようになったら、重たくて嵩張る上にすぐに拡散できない単体カメラは、それらを上回るメリットがない限り使う人は限られるでしょうね。

>使っているソニーのエクスペリアも、まぁ似たよう画質です。
>柔らかさなんてないですし、蛍光灯程度のルームライトでは細部メタメタでガッカリしました。

スマホで鑑賞する分には十分な画質なんですが、PCなどで鑑賞するともう細部はぐだぐだでとてもトリミングして使えるようなものではないですね。フィルムだとかなり安物のカメラ・レンズでもスキャンすると細部はちゃんと解像していたものですが、スマホ写真はそういう用途には使えませんね。

以前、かなり遠い親戚の家の前で記念写真撮ったのですが、あとで住所とか当主以外の家族の名前とか分からなくて(近い親戚に聞きましたが皆うろ覚え)、撮った写真に小さく写っていた表札から読み取ったことがありました(35mmフィルムとCOOLSCAN偉い!)。現状のスマホカメラだとちょっと無理ですね。まあ、今だと住所はGoogleストリートビューでなんとかなりそうですが。

>ただ、画質を求めていないユーザーにはこれで十分なんですよね。
>そこがマーケティングの上手さなんだと思います。
>その一方、画質だけが写真でもないですし、難しいです。

御意に。

>スマホの写真は昔の「写ルンです」と同じような立ち位置だと思うと、住み分けも然りかな、と。

そうですね。写ルンですの需要が激減というのも寂しい限りですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索