アウトライダー再始動&GO RIDE創刊2019年04月10日 00時00分00秒

筑波大学 追越・平砂宿舎脇の桜並木(茨城県つくば市):Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、24mm(35mm版36mm相当)、F9、1/250秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、オートエリアAFモード 、高感度ノイズ低減:標準

久々の更新だが、バイクネタですまん。2018年8月発売号で休刊の宣言をしていたバイク雑誌「アウトライダー」が再始動らしい。
『アウトライダー』が再始動を宣言! 東京モーターサイクルショー2019で特製クリアファイルが手に入ります!
アウトライダー(Out Rider)誌が不定期刊行に ― 2018年08月30日参照。

新しい元号の始まる今年、
不定期刊行の第一号を発行する予定です。

なのだ、そうだ。これは頼もしいなぁ。「アウトライダー」は、編集部がバイクブロスとは別会社だったようで、そのお蔭で昔の名前でそのまま復活できるようだ。うれしいな。

さらに、2019年3月号で休刊となったバイク雑誌ガルル(GARRRR)も、後継誌が出るようだ。
https://twitter.com/mototouring/status/1107939480030175234
バイク雑誌GARRRR(ガルル)休刊「ステ・フェス」 ― 2019年02月23日参照。

さぁ!お待ちかねBIGニュース! 5月7日より、MOTOツーリング臨時増刊号として、新しい雑誌(季刊)が創刊されます! しかも、オフロード専門雑誌! 内容充実!パワー抜群!ファン垂涎の内容で堂々発進! ん?ロゴデザインとか何となく見た事あるかも??そう。そういう事なんです(笑)!お楽しみに!

ガルル(GARRRR)誌は編集部がバイクブロスだったので、同じ名前は使えないのだが、どうやらガルルの編集部員がごっそり「GO RIDE」に移籍したようなのだ。これは楽しみだ。しかも5月7日発売と、もう1ヶ月ないやん。うれしい。期待しているぞ。

ということで、愛読していた2誌が立て続けに休刊になってちょっと凹んでいたのだが、それがすぐに復活すると聞いて、私もちょっと元気になった。


写真は記事とは関係ない。
筑波大学 追越・平砂宿舎脇の桜並木(茨城県つくば市):Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、24mm(35mm版36mm相当)、F9、1/250秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、オートエリアAFモード 、高感度ノイズ低減:標準

先週の時点でこの近くの筑波実験植物園(つくば植物園)の桜は満開までもう一息であったが、この場所は満開であった。

ただ、ニコンおまかせ定期メンテナンスにAF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDを出してみた ― 2018年11月28日で前ピンを調整してもらったはずのAF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDがどうもまた前ピンっぽい。

D300Sで中央1点AFだとそうでもないが、オートエリアAFモードで撮ると、10mmで絞っているのに後ろの方の被写体がボケていたりする。カメラのAFが悪いのかなぁ。オートエリアAFモードってこのレンズでしか使わないので、カメラの不良かどうか分からない。確実に撮りたかったら、中央1点AFでフォーカスロックして撮った方がよさそうだ。

F3にAi Nikkor 20mm F2.8Sも持っていったのだが、D300Sと同時に使うのが辛いので、10枚ぐらいしか撮れなかった(泣)。F3使うなら、デジタルはGRだけとかにしないと、嵩張って仕方がない。

ちなみに、この桜並木の北端にあたる筑波大学の野球場口に、「嘉納治五郎 金栗四三 特別展」という看板があったのだが、そこから2km近くあるようで、徒歩では行く気にならないので、またの機会に見に行くことにした。嘉納治五郎・金栗四三 特別展(国立大学法人 筑波大学)によると、2019年1月22日~12月25日までやっているらしい。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索