永瀬正敏氏のニコンF3(朝日新聞be)2019年03月27日 00時00分00秒

2019年3月24日(日)付け 朝日新聞東京本社版別刷り特集「be」永瀬正敏氏

長期放置ですまんです。ちゃんと生きています。戴いたコメントのお返事は少しずつして参ります。m(_ _)m

2019年3月24日(日)付けの朝日新聞東京本社版別刷り特集「be」に永瀬正敏さんが載っていた。肩書きが「俳優・写真家」になっていた。

俳優ではなく、写真家としての永瀬正敏さんと「築地場外市場」を歩いた。

隣接の築地市場は昨年10月、83年の歴史に幕を閉じた。この日は新たな東京都中央卸売市場、豊洲市場の休市日。休業してい各鮮魚店などもあり、買い物客は少なめだ。車から降り、フィルムカメラ時代の名機「ニコンF3」にモノクロフィルムを装填した。
「工事中の建物が目立ちますね」。

がんと闘う元戦場カメラマンを演じた映画「毎日かあさん」(小林聖太郎 監督、2011年)で実際に使用した思い出のカメラのファインダーをのぞ き、シャッターを切る。注目したのは、往来に立つ人だけでなく、さびつ いた鉄材や溝のカバー、古びた路地裏などだった。「ただきれいなものじゃなく、長い年月を経て歴史が刻まれたものに惹かれる。潜在的に『忘れちゃいけない』と感じるのかな」。

昨秋、入江泰吉記念奈良市写真美術館で写真展を催した。その際に人物のポートレートを撮り下ろした。「僕が撮りたいと思う人に若い人があまりいなかった。年配の方のシワやシミがすごく美しいと思う」と振り返る。

いいですなぁ。フィルム。それもニコンF3にモノクロフィルム。

さらによいのが、朝日新聞の撮った永瀬正敏氏のポートレート。スクエアのモノクロで、余黒もある。ハッセルブラッドかなにかで撮ったのだろうか。永瀬氏にピントのあったところはキリッとしていて、奥の方はきれいにボケている。いいなぁ。「取材・文 笹木菜々子 写真・伊ケ崎忍」とある。

このところ忙しくてフィルムで撮る機会がない。このあいだ出かけようと思ったら「ところによって雷雨」とか予報が出ていたので出かけなかったら全然降らなかった。次の機会にはニコンF3を持ち出して撮りたい。そう思わせるよい記事であった。

【関連】
映画は思いを集めた銀河系 永瀬正敏さんインタビュー(1)(2019年3月6日)
写真家を演じると、自分では撮れない写真が撮れる 永瀬正敏さんインタビュー(2)(2019年3月15日)
理想は「思い」を撮ること 永瀬正敏さんインタビュー(3)(2019年3月22日)

【追記】
永瀬正敏氏といえば、「私立探偵 濱マイク」シリーズがもういちど観たくなった。林海象監督の映画3部作もそうだが、よみうりテレビ製作のテレビドラマ版全12回ももう一度みたい。再放送してくれないかなぁ。【追記ここまで】

【さらに追記】
自分の書いた過去記事によると、アサヒカメラ2009年3月号に「あの有名人のお宝カメラ 永瀬正敏さん/ペンタックス67II」という記事が載っていたようだ(アサヒカメラ2009年3月号予告から ― 2009年02月16日参照)。最近、Googleの検索で自分の過去記事があまり引っかからなくなって困る。【さらに追記ここまで】


全然話は変わるが、この間年度末ということで集合写真を撮ったのだが、天井に埋め込んであるダウンライトって、写真の敵ですな。撮るときは気にならなかったのだが、撮った写真を後で見たら、ダウンライトが当たっている人と当たっていない人がまだらになっているので、顔の明るさが整わない。RAWでも撮っていたが、覆い焼きツールでも使わないとどうしようもないですな。念のためフラッシュを発光させたものがなんとか使える感じだが、ああいうときは「ダウンライト消してください」と注文すべきなんだろうな。

コメント

_ ノラ猫軍将軍山本ミケ六 ― 2019年03月29日 15時52分45秒

>それもニコンF3にモノクロフィルム。
>ニコンF3を持ち出して撮りたい。そう思わせるよい記事であった。

ハニワニワで猫写真でも撮影しなさい(命令)、
でもなぜか今は我々は忙しいので…。

>天井に埋め込んであるダウンライトって、写真の敵ですな。
>念のためフラッシュを発光させたものがなんとか使える感じだが

平均的に光があたらないですからねぇ、
まあ係の人にOFFか弱めるか出来ないか聞いてみるほうが良いですね、
フロア全体的に照明オンオフの配線だとダメでしょうけど、めったにそういう事にはなってないので…。

ここに書きますが
>Googleストリートビューで見たら、なかなかフォトジェニックな建物なので、バイクで行ってみたい気がしてきました。大正時代から建物そのままっぽいですね。

明治っぽいレンガの倉庫を撮影後に昭和の自販機だらけの「中古タイヤ市場 相模原店」でうどん・そばの自販機で食べてる所を自撮り撮影、
平成代表でHaniwa家で猫糞掃除のHaniwa氏を撮影、
そして某首相絡みの漢字が入った新年号を、官邸で撮影していて逮捕の写真を明治・大正・昭和・平成の記念に………

_ ノラ猫軍将軍山本ミケ六 ― 2019年04月01日 15時32分44秒

Haniwa氏のみ新元号は「猫糞」に決定です。

_ めがねのパイロット ― 2019年04月02日 20時58分14秒

 Haniwa様

 F3にモノクロ・・・ドキュメンタリーの王道ですね。

 最近、会社で知り合いがF3HPを奥さんの会社の廃棄でもらった人がいて、羨ましい限りです。
 マイクロ55mm F2.8は相当使い込まれていたようです。
 本人も「28mm買い足して、55mm F3.5に80mm F2つけてF3で撮りたい」と切望していました(本人はペンタLXユーザー)。

 かくいう私も、安くなる話があるなら、と身構えましたが・・・残念でした。

 う~ん、手元に置いておきたいFひとケタ・・・やっぱりF2かな。
 F3もとてもいいのですが、やはりMF機の「寿命」を考えると、そこに落ち着きますね。

 今年からデジタル本格化ですが、機会を見てF6も使っていきたいです。

_ May・ジェイ ― 2019年04月04日 21時57分34秒

こんばんは。

とあるカメラサイトでこんな記事を見つけました。

ttps://global.canon/ja/news/2019/20190327.html?fbclid=IwAR1pbKKRYTOt5TRxorDIzutTPCygVpinA8EnMrN0s2G9Y6_gW7NO-U7A_6Y

キャノンと言うメーカーなんですが、すっかり存在を忘れていました。(笑)
もう、雲の上のメーカーになってひさしいですから。(笑)
ニコンばかり見ていたら、いつの間にかニコンを追い抜いてたんですね。(笑) 
ニコンから目をはずしたら、目の前には『壁』がありました。
キャノンと言うなの『壁』です。(笑)

ただ、気になるのが自社調べ、と言う事。
どうせなら、世界規模の調査会社に調べて貰いたかったですね。
もしかしたら、ニコンが世界一になっていたかもしれません!(笑)

笑うしかありません。(笑)

その昔、こんな記事を見る度に『頑張れニコン!』と思ってましたが、今となってはそんな気力は失せました。
だって、ユーザーの期待を裏切る事をするなんて、前代未聞ですからね。(新製品発表後発売中止事件)

ですから、中古世界で楽しみます。

_ Haniwa ― 2019年04月10日 10時24分01秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ ノラ猫軍将軍山本ミケ六閣下

>ハニワニワで猫写真でも撮影しなさい(命令)、
>でもなぜか今は我々は忙しいので…。

F3AFで忙しいノラ猫軍を追尾したいですねぇ。
最近F3AFも2本のAFレンズもあまり見かけなくなりましたが。

>平均的に光があたらないですからねぇ、
>まあ係の人にOFFか弱めるか出来ないか聞いてみるほうが良いですね、
>フロア全体的に照明オンオフの配線だとダメでしょうけど、めったにそういう事にはなってないので…。

自分が写真の主導権持っているのなら間違いなく消してくれと言ったのですが、単なる参加者の一人だったもので…。
それにダウンライト消したら、スマホで撮っているほかの人が暗くて写らないかもしれませんし。
次にダウンライトの下で写真撮る機会があったら、消したときと点けたときの写真を撮らせてくれと直訴します。

>明治っぽいレンガの倉庫を撮影後に昭和の自販機だらけの「中古タイヤ市場 相模原店」でうどん・そばの自販機で食べてる所を自撮り撮影、
>平成代表でHaniwa家で猫糞掃除のHaniwa氏を撮影、
>そして某首相絡みの漢字が入った新年号を、官邸で撮影していて逮捕の写真を明治・大正・昭和・平成の記念に………

相模原の自販機は行ってみたいと思っているのですが、まだ行けていません。
相模原は、大昔に国道16号の大渋滞の記憶があって、余り行きたい気にならないのです。
国道16号の上か下に有料道路作ってくれないですかねぇ。
圏央道使う手もありますが、あれ、なんか簡易規格のようで、なんだか渋滞するんですよ。料金高いのに。

猫糞掃除は、2019年に入ってからまだありません。超音波発生器がいい仕事しています。
ハニワ戦線異状なし!

>Haniwa氏のみ新元号は「猫糞」に決定です。

猫糞は画数多すぎですねぇ。野良とかどうでしょう(笑)。

■ めがねのパイロット様
>F3にモノクロ・・・ドキュメンタリーの王道ですね。

フィルムはTRI-Xだったりするんでしょうかねぇ。

>最近、会社で知り合いがF3HPを奥さんの会社の廃棄でもらった人がいて、羨ましい限りです。
>マイクロ55mm F2.8は相当使い込まれていたようです。
>本人も「28mm買い足して、55mm F3.5に80mm F2つけてF3で撮りたい」と切望していました(本人はペンタLXユーザー)。

それは本当にうらやましいお話ですね。
マイクロ55mm F2.8もいいですねぇ。

ペンタックスLXユーザーというのがまたよいです。LXとF3はほぼ同期で、長期販売で競った仲ですし。
よいですねぇ。

>う~ん、手元に置いておきたいFひとケタ・・・やっぱりF2かな。
>F3もとてもいいのですが、やはりMF機の「寿命」を考えると、そこに落ち着きますね。

修理の可能性を考えますと、機械式、そのなかでも使い勝手からF2でしょうね。

>今年からデジタル本格化ですが、機会を見てF6も使っていきたいです。

これはどちらもうらやましいです。

■ May・ジェイ様
>キャノンと言うメーカーなんですが、すっかり存在を忘れていました。(笑)

私も御手洗氏の目の黒いうちはキヤノンは検討しないことにしています(笑)。

>ただ、気になるのが自社調べ、と言う事。
>どうせなら、世界規模の調査会社に調べて貰いたかったですね。
>もしかしたら、ニコンが世界一になっていたかもしれません!(笑)

キヤノンはKISSシリーズの売上げがものすごいので、おそらく世界一だと思います。
アマチュアのDSLRニコン率は大昔よりも高くはなっているとは思いますが、キヤノンユーザーは多いですよ。
レンズも、ニコンはあれに使えないこれに使えないとかありますが、キヤノンは基本的にEOS以降では制約は少ないです。
親戚にもらったお古レンズに新しめのボディから始めるとか可能です。

>その昔、こんな記事を見る度に『頑張れニコン!』と思ってましたが、今となってはそんな気力は失せました。
>だって、ユーザーの期待を裏切る事をするなんて、前代未聞ですからね。(新製品発表後発売中止事件)

>ですから、中古世界で楽しみます。

御意に。あれはそそるスペックでしたからねぇ。
私も広角機が欲しくなっていましたし、それの1 NIKKOR版を期待していました。

ニコンは分かりにくい互換性をなんとかしないと周囲にお勧めできないです。
えっ?Zシリーズではばっさり切ったでしょうって?…(泣)

_ May・ジェイ ― 2019年04月10日 18時37分51秒

こんばんは。

>ニコンは分かりにくい互換性をなんとかしないと周囲にお勧めできないです。
えっ?Zシリーズではばっさり切ったでしょうって?…(泣)

その昔、FE2と言うカメラがありました。
カタログのキャッチフレーズは『シンプルニコン』。
今のニコンの開発陣❓ 経営陣❓ に煎じて飲ませてやりたい言葉ですね。(笑) もう、笑うしかない・・・。

_ Haniwa ― 2019年04月11日 13時29分24秒

May・ジェイ様
>その昔、FE2と言うカメラがありました。
>カタログのキャッチフレーズは『シンプルニコン』。
>今のニコンの開発陣? 経営陣? に煎じて飲ませてやりたい言葉ですね。(笑) もう、笑うしかない・・・。

シンプルニコン、D3500をどうぞ!(違)
使えるレンズが限定されていてシンプルです!(泣)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索