天文ガイド2019年4月号2019年03月12日 00時00分00秒

JR東日本E531系電車(JR上野駅):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F4.0、1/250秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

天文の知識や興味も薄いのに、サムヤンレンズの天体撮影テストが連載されているという理由でこのところ『月刊天文ガイド』(誠文堂新光社刊)を買っている。
サムヤンレンズ “ぜんぶ撮る”(天文ガイド) ― 2019年01月08日参照
サムヤンレンズ “ぜんぶ撮る”その2(天文ガイド2019年3月号) ― 2019年03月01日参照

そして、3月5日発売の天文ガイド2019年4月号も買ってみた。

そしたら、なんと、サムヤンレンズの連載がないやん(ちょっと韻を踏んでいます)。

T.G.FACTORY CLASSICとして「シグマArtライン単焦点レンズ 最新の2本をテストする」として、
SIGMA 28mm F1.4 DG HSM
SIGMA 40mm F1.4 DG HSM
のシグマレンズ2本のテストになってるやん。

いや、シグマレンズはよいのだけれども、絞り環がないんだよねぇ。サムヤンの何がいいって、安いのと絞り環があるところなんだよねぇ。

SIGMA 28mm F1.4 DG HSMの方は、以下のように書かれている。

これまでテストした28mm F1.4の中では、ツァイスのOtus 28mm F1.4(税別629,9000円、重さ1,340g)とニコンのAF-Sニッコール28mm F1.4E ED(税別247,000円、重さ645g)が特に優秀でしたので、これらとの比較は興味あるところでしょう。F1.4~2.4では、とくにコマの少なさではシグマが優れています。価格差を考えると”快挙”といえます。ニッコールは絞り開放付近で輝星に青いハロが生じるのが弱点です。F2.8~4.0まで絞るとどのレンズも最高水準の画質が得られて差は感じられなくなりますが、敷いて優劣をつけると、微光星の写りの鮮鋭さが若干Otusが優れています。この、絞ったときの僅差の要因は、光学系の透過率やフレアー率、鏡胴設計なども含めて、研究する価値があると思います。

月刊天文ガイド2019年4月号56ページ

SIGMA 28mm F1.4 DG HSMは、税別160,000円で、重さ865gなので、かなりお得感があるかもしれない。絞り環があったら頑張って買いたいところだ。つまらんのぅ。

SIGMA 40mm F1.4 DG HSMの方は、紙面を見てくだされ。「”星野撮影スペシャル”とよびたいほど高性能」とある。こちらも税別160,000円で、重さの方はなんと1.2kgもあるそうだ。フィルター径82mmの40mmレンズってすごいなぁ。


写真は記事とは関係ない。
JR東日本E531系電車(JR上野駅):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F4.0、1/250秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

交直流両用電車のパンタグラフ付近はそそりますなぁ。常磐線は、取手駅と藤代駅の間にデッドセクションがあり、以南は直流電化で以北は交流電化されている。そのためこういう交直流両用の電車が用意されている。常磐線の北側が交流電化されているのは、沿線に気象庁地磁気観測所があるからだそうだ。
Q18.電車や自動車・建物は地磁気観測に影響を与えますか?(地磁気観測所)

電車を走らせる電流は、パンタグラフ、モーターを経由してレールに流れます。レールに流れた電流の一部は地面に漏洩し、かなり遠いところまで広がります。周辺に広がった電流が磁気を作り、地磁気観測に影響を与えます。電流には交流と直流があり、漏洩電流の広がりは直流の方が大きくなります。直流方式で運行される電車では、地磁気観測への影響が35km程度にまで及びます。地磁気観測所のある茨城県にはJR常磐線が走っていますが、地磁気観測への影響を避けるために、ある区間(取手と藤代の間)で電化方式を直流から交流に切り替えています。以前は、切り替えのためにこの区間で車内照明が消えていたので、利用者にもよく知られていました。新たな鉄道路線として、つくばエクスプレスが2005年に開業しました。この電車も、東京寄りの方は直流で走りますが、ある区間(守谷とみらい平の間)から北(観測所に近い方)は、地磁気観測への影響の小さい交流で運行しています。

他方で同じく地磁気の観測を行っている千葉県君津市の国土地理院鹿野山測地観測所の近くのJR内房線は、「通電区間を数km単位に細分化させ、それぞれの区間に1変電所を設置した上で絶縁する方式」で地磁気観測に影響が出ないようにしているそうだ。気象庁地磁気観測所(Wikipedia)

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索