リコーGR III、2019年3月15日発売2019年03月03日 00時00分00秒

紀泰山銘(726年、唐玄宗筆、東京国立博物館特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆」、東京国立博物館蔵):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F2.8開放、1/40秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 1100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

リコーGRシリーズの最新機「GR III」が3月15日に発売になるようだ。
リコー、「GR III」を3月下旬に発売。税込12万円台前半(デジカメWatch)
CP+2019】3月15日発売の「RICOH GR III」が大人気(デジカメWatch)

イメージセンサーは、APS-Cサイズ相当の有効約2,424万画素CMOS。感度はISO 100〜102400。像面位相差検出に対応したハイブリッドAF、センサーシフト式の手ブレ補正機構「SR」、超音波振動によるセンサークリーニング機能を新たに備えた。

静止画の14bit RAW記録に対応する。動画記録は最大1,920×1,080/60fps(H.264)。

手ブレ補正機構は3軸(ヨー、ピッチ、回転ぶれ)。効果はシャッタースピード4段分。

ローパスフィルターレス構造のイメージセンサーを手ブレ補正機構の仕組みで微小に動かして、ローパスフィルター同様のモアレ低減効果を得る「ローパスセレクター」機能を搭載。

レンズは35mm判換算28mm相当となる「GR LENS18.3mm F2.8」。4群6枚(非球面2枚を含む)の新規光学系を採用し、薄型化した。高いシャープネスは歴代のGRレンズを凌ぐという。

最短撮影距離(レンズ前)は通常時約10cm、マクロモード時約6cm。絞りは9枚羽根の虹彩絞りで、シャッタースピード2段分相当のNDフィルターも内蔵している。
リコー、「GR III」を3月下旬に発売。税込12万円台前半(デジカメWatch)

カメラ全体のサイズがGR Digitalシリーズに準じた小ささに戻ったのはよかったと思う。手ぶれ補正もないよりはあった方が絶対にいい。

GR IIIの手ぶれ補正は、「アストロトレーサー」という「『星の動きに合わせてカメラのイメージセンサーを動かす』ことで、星が止まっているような写真を撮影できる機能」が使えるのだろうか。これはペンタックスならではの技術なので、リコーがペンタックスを買収して以降GRシリーズを展開する上では是非取り入れて欲しいものであった。
天体撮影から考える Why PENTAX?(リコーイメージング)

あと、非常に残念なのが、内蔵フラッシュの廃止だ。GRやGR IIでは「使っている人が少なかった」とリコーは言っているが、前にも書いたとおり、GRの内蔵フラッシュは使っていないのではなく「使えない」のだ。

逆光だったり画面の一部に強い光が当たっているので強制発光で光を均質化しようと思っても、GRの内蔵フラッシュは定常光のハイライト部分に引っ張られてあまり発光してくれないのだ。

たとえば、バイク雑誌GARRRR(ガルル)休刊「ステ・フェス」 ― 2019年02月23日のGARRR編集部の方々の写真、右の二人に日光が当たって飛びそうだったのでもう1枚フラッシュ強制発光したのだが、ほとんど光ってなかった。もちろんマニュアル発光でフル発光とか1/2発光とかも可能なのだが、他の人もいて被写体を独占できない状態でそのような設定をするのは難しい。自動露出である程度までちゃんと写って欲しい。しかし、GRはそれができないのだ。GR Digitalではちゃんとできていたのに。

要するにGRは、測光が悪いのだと思う。内蔵フラッシュを発光させるのに定常光に引っ張られているのがおかしい。ニコンのSB-30を外部自動調光した方がちゃんと写る。SB-30を持っていって使えばよかったと思った。

ということで、GR IIIは値段も高いし、内蔵フラッシュもないし、あまりそそらないなぁ。えっ、どうせ内蔵フラッシュがあっても使えないんだから、外部フラッシュ使う前提でGR III買えって?うーん…。

【追記:2019年3月4日】
書き忘れていたのだが、戴いたコメントでファインダーも必要なことを思い出させてもらった。以前からずっと言っているが、背面の液晶モニターしかないと、屋外で撮りにくい。ファインダーを内蔵して欲しい。
【追記ここまで】


紀泰山銘(726年、唐玄宗筆、東京国立博物館特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆」、東京国立博物館蔵):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F2.8開放、1/40秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 1100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

ここは撮影可能だった(トーハクの所蔵だから撮影可能なのだろう)。非常に巨大な碑文。山東省泰安市の泰山頂上の大観峰に刻した摩崖だそうだ。

ISO1100でも破綻していない。いまでは当たり前かもしれないが、GR Digital初代だとISO400でもこれよりもざらざらだった(泣)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索