サムヤンレンズ “ぜんぶ撮る”その2(天文ガイド2019年3月号)2019年03月01日 00時00分00秒

東京国立博物館特別展「<a href="https://ganshinkei.jp/">顔真卿―王羲之を超えた名筆</a>」:Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F4、1/1000秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

もう3月なんですね。このあいだ頑張って更新したと思ったらもう1週間も経っていた(泣)。 さて、以前サムヤンレンズ “ぜんぶ撮る”(天文ガイド) ― 2019年01月08日で紹介したサムヤンレンズインプレの連載では、フィッシュアイレンズのインプレを期待していた。それが2月6日発売の天文ガイド2019年3月号で取りあげられていた。記事を書こうと思って1ヶ月経ってしまった(泣)。

天文ガイド2019年3月号の「サムヤンレンズ”ぜんぶ撮る”4」では、以下のレンズが取りあげられていた。

それぞれのインプレは天文ガイド2019年3月号を見て戴きたいのだが、期待の魚眼レンズは、「等距離射影方式で期待したがテスト個体には問題が…」とある(56ページ)。テストした個体はピントが無限遠に届かず、光学系に不良が認められるとのこと。私が気になっているSAMYANG 8mm F3.5 UMC FISH-EYE CS II も巷の評判では無限遠が出ない個体が多いとのことだ。サムヤンの魚眼はやめたほうがいいのかもしれない。APS-Cで使うのなら、AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G EDを買った方がよさそう。

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G EDを買うのをずっと躊躇しているのは、以前から何回も書いているが、AF-SではなくAFであることと、フードが固定式で、35mmフルサイズで撮ったときにそのフード分がケラレてしまうからだ。ニコンのAPS-Cボディは、下位機種がAF-Sでないとオートフォーカス(AF)が効かない仕様なのに、初期に発売されたAF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G EDは、レンズ内モーターではなくボディ内モーター駆動なのだ。ボディ内モーターのない機種ではAFできない。かといって下位機種のファインダーで魚眼レンズのような被写界深度の深いレンズのピント合わせをマニュアルフォーカスで行うのは非常に辛いものがある。ニコンはこういうところが駄目なのだ。だから私は周囲にニコンを勧めない。やっていることが場当たり的でユーザーに優しくない。

AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDの発売で、AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G EDがAF-S化されてリニューアルされる可能性はほとんどなくなった。AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDは、また別の制限があってアレなのだが(AF-SのEタイプレンズとの組み合わせについて参照)。

と、いいつつ最近はなんだか忙しくてなかなか写真が撮れない。新しいレンズなんか買ったら家族が口をきいてくれなくなるかもしれない(泣)。そういえばバイク雑誌GARRRR(ガルル)休刊「ステ・フェス」 ― 2019年02月23日でも、「車で来てしまいましたぁ。バイクで出かけると家族に『どこ行くんだ?』って言われるから車でしれっと近所行くフリして来ました。」と言っている人がいた。私はバイクで出かけられるだけマシなのかもしれない。当日はお昼には戻らなければいけなかったので、ツアラテックの店内はまったく見ずに帰ってしまった。ツアラテックの店の人は「ガルルの読者は冷たい」と思ったかもしれない。すまん。今度通りかかることがあればゆっくりと店内を見ていきたい。スコットオイラーという、バイクのチェーンへの自動給油装置に興味がある。


写真は記事とは関係ない。
東京国立博物館特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆」:Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F4、1/1000秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

顔真卿(がんしんけい)展に行きたかったのに気づいたら最終日になっていた。朝早く開館前にトーハクに行ったが既に長蛇の列。中華史上屈指の名書とされる「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」(台北の国立故宮博物院所蔵)を見るのに内部でさらに60分待ちだった(泣)。

コメント

_ めがねのパイロット ― 2019年03月01日 21時20分12秒

 Haniwa様

 週末はCP+ですね、行きませんが(爆)

>巷の評判では無限遠が出ない個体が多いとのことだ。

 中華・韓国メーカーの一番厄介なところですよね(泣)
 私もこういった組立不良が気になって、LAOWAとか面白そうなレンズがあるのですが手が出せません。

 中一光学のスピードマスター50mm F0.95Ⅲも気になりますが・・・
 これならコシナ・フォクトレンダーの50mm F1.2の方が安心安全かなぁ


 知り合いがD300でAF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED使っていましたが、絶賛していました。
 この辺りは、もうある程度ボディとの相性?は割り切る方が、いいのかとも思います。
 私もそう割り切ってAF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED買いました。


 テックアートからソニーE⇒ニコンZのAFアダプターが発表されましたね。
 2mm厚でやってのけるバイタリティに感服ですが、Zマウントの解析はそこまで難しくないのかな? とも。
 母艦機としてのポジションを固めて行けるか、気になりますね。

 廉価版Zの登場も、関係者から発言が出ましたから楽しみです。
 でも、買うならZ6でしょうけれど。

_ Haniwa ― 2019年03月03日 08時25分54秒

めがねのパイロット様
おはようございます。
今日の関東地方は、昨日の予報よりも雨の降り出しが早いようです(泣)。

>週末はCP+ですね、行きませんが(爆)

同じくです(爆)。
雪の降っている中CP+に行ったこともありますが、そこまでして行きたいという情熱は無くなりました(泣)。

>中華・韓国メーカーの一番厄介なところですよね(泣)
>私もこういった組立不良が気になって、LAOWAとか面白そうなレンズがあるのですが手が出せません。

SAMYANG 8mm F3.5 UMC FISH-EYE CS IIの場合はネジ緩めて無限遠に合わせ直せばいいらしいですが、天文ガイドに記載のSAMYANG 12mm F2.8 ED AS NCS FISH-EYEは、片ボケのような症状もあるようで、それはピントリングと光学系の調節じゃ直らないですよね。

と言いますか、無限遠ずれてるのってそれぐらいちゃんと合わせて出荷しろよなぁと思いますよね。まあTokinaの某12-24mm IIも同じような感じでしたが…。
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2012/07/09/6505465

>中一光学のスピードマスター50mm F0.95Ⅲも気になりますが・・・
>これならコシナ・フォクトレンダーの50mm F1.2の方が安心安全かなぁ

ちゃんと確実に撮るのであればコシナでしょうね。遊びで買うとかブログのネタにするのなら中一光学でしょうね(笑)。

>知り合いがD300でAF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED使っていましたが、絶賛していました。
>この辺りは、もうある程度ボディとの相性?は割り切る方が、いいのかとも思います。
>私もそう割り切ってAF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED買いました。

そうですね、てAF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDがもう少し安ければ買うのですが…。AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED絶賛ですか。悪い話を聞かないレンズですよね。
ttp://photo.yodobashi.com/nikon/lens/fisheye8-15_f35-45eed/
なんて見てみたら、清水の舞台から飛び降りる気持ちで8-15mmに行ってしまいそうです(笑)。

>テックアートからソニーE⇒ニコンZのAFアダプターが発表されましたね。
>2mm厚でやってのけるバイタリティに感服ですが、Zマウントの解析はそこまで難しくないのかな? とも。
>母艦機としてのポジションを固めて行けるか、気になりますね。

すごいですね。ニコンは地味にサードパーティ排除していますからね。次のファームアップで「あれっ?使えない」ということにならないかちょっと心配ではあります。

>廉価版Zの登場も、関係者から発言が出ましたから楽しみです。
>でも、買うならZ6でしょうけれど。

そうですね。私もZ6路線が好みです。
割り切れる値段なら廉価機もアリかもしれません。

ニコンは体力的に展開が厳しいかもしれませんが、AF Nikkor初期のように怒濤のレンズ展開をして欲しいなぁと思いますね。

_ めがねのパイロット ― 2019年03月04日 21時42分32秒

 Haniwa様

 見るだけ・触っても買えない試作品より、買えるかもしれない店頭展示品の方が意義がありそうです(笑)

 片ボケはどこかにスペーサー噛ませて調整するしかないと思うので、難しそうですね。

 コシナ・フォクトレンダーで75mmでビンテージラインが試作でありましたね。
 どれもありませんが、35/50/75と揃えば、趣ある機材が揃いそうです(じゃくて撮れ・笑)。

 フォクトレンダーの50mmはF1.5とF1.2のどちらかは欲しいなと感じていますが、75mmとの兼ね合いを考えるとF1.5なのか・・・悩ましいです。

 電気関係の仕様は、確かに後追いで制約掛けられる危険性が高いですよね。
 そういったところは鷹揚に対応してもらいたいものです。
 シェアを奪う目的なら、味方につけるべきはなんなのかは、よく考えるべきと思います。

 FTZアダプター試しました。
 店頭展示でAF-S 60mm F2.8G付でした。
 作動はスムーズでした。
 Zレンズと比べても、そこまで差を感じることはなかったです(ただし静物に対しての使用感)。
 とりあえず、純正アダプターへの不安感はだいぶ消えた感じですね。
 店内なので、歩き回る客で動体AFの性能確認はしづらいです(汗

_ ノーネームしたん ― 2019年03月05日 15時34分42秒

>光学系に不良が認められるとのこと

施工不良なのかな?、某壁ドンで有名なマンションみたいな感じでしょうか。

>と、いいつつ最近はなんだか忙しくてなかなか写真が撮れない。新しいレンズなんか買ったら家族が口をきいてくれなくなるかもしれない(泣)。

口をきいてくれないだけなら…離婚ですがたを見かけることもなくなるんです………、
そしたら実家とかで暮らして楽しそうな元家族の写真をこっそりと撮影で…………

_ Haniwa ― 2019年03月06日 17時48分36秒

■ めがねのパイロット様
>見るだけ・触っても買えない試作品より、買えるかもしれない店頭展示品の方が意義がありそうです(笑)

そうなんです。業界人でもない一般消費者がどうして試作品並べたところにお金出して(あるいは個人情報差し出して)行かなければならないのか、と思います。といいつつ私も行ったことはあるんですが(笑)。お祭りは終わったんだと私は思っています。記録するのに必要だからカメラ買ってるんで、記録するのに適切でなくなったら縁の切れ目です。いまはそう思っています。

>片ボケはどこかにスペーサー噛ませて調整するしかないと思うので、難しそうですね。

スペーサーで解決するようなものだったらいいのですが、像が点にならない原因は多々ありますから、これは手を出しちゃいけない商品なのかもしれませんね。ブログのネタと割り切れる人用です(笑)。

>コシナ・フォクトレンダーで75mmでビンテージラインが試作でありましたね。
>どれもありませんが、35/50/75と揃えば、趣ある機材が揃いそうです(じゃくて撮れ・笑)。

コシナはいつも欲しくなる製品ですよねぇ。ただ、ペンタックス用を切り捨てた頃から、なんか機を見るに敏という感じで、対象のマウントがどんどん変わっていきますね。その辺りがちょっと残念な気がします。

>フォクトレンダーの50mmはF1.5とF1.2のどちらかは欲しいなと感じていますが、75mmとの兼ね合いを考えるとF1.5なのか・・・悩ましいです。

あまり大きくないのでF1.2の方がよいのでは…と煽っておきます(笑)。

>電気関係の仕様は、確かに後追いで制約掛けられる危険性が高いですよね。
>そういったところは鷹揚に対応してもらいたいものです。
>シェアを奪う目的なら、味方につけるべきはなんなのかは、よく考えるべきと思います。

私もそう思います。ニコンユーザーって結構高い値段の機種でも買ってくれる人が多かったので、下位機種に制限掛けても文句は出にくい構造があったと思います。しかし、日本経済の傾き方や人口減少など、あるいは国際的に見ても単体カメラの需要の趨勢など、変な制限掛けて自社のユーザーを虐めて先があるのか、と思いますね。

>FTZアダプター試しました。

>とりあえず、純正アダプターへの不安感はだいぶ消えた感じですね。

情報ありがとうございます。「Kenkoテレプラス状況」ではない様子でよかったです(笑)。
スポーツで追従できればいいのですが、はてさて。

■ ノーネームしたん様
>施工不良なのかな?、某壁ドンで有名なマンションみたいな感じでしょうか。

星像の作例で、像が甘く、中心部はドーナツ状にボケ、四隅はひし形にボケているとのことです(天文ガイド2019年3月号57ページ)。中心はちゃんとしているけど四隅がアレというありがちな不良を凌駕していますね(泣)。

>そしたら実家とかで暮らして楽しそうな元家族の写真をこっそりと撮影で…………

超望遠レンズを買う理由ができた!(泣)

_ めがねのパイロット ― 2019年03月10日 18時04分14秒

 Haniwa様

 記録性という点では、スマホカメラでもかなり用が済むことが多くなりましたね。
 今までのデジカメブームが異常でこれでもとの市場規模に戻る、という意見もありますが撤退メーカーも出てくる可能性も高いですから、トータルで戻るというよりも「さらに縮む」というのが正しいのでしょう。
 結局、ブームも退職世代の懐具合にるものが大きいと思います。
 ネットニュースでもたびたび出る、若年世代の貯蓄率の低さを見ても明らかなように、もうそんなカメラをポンポン買える人は減る一方です。

 片ボケ
 最後のマウント部の平面性だけなら、ですね。
 鏡筒内や押さえ環の加工不良であれば、もうダメですね。
 しかも、ありえそうなものなので余計に厄介・・・
 ネタにするなら、1万円以下が望ましいレベルです(いやホント)。

 FTZの動体追尾は、気になりますね。
 雑誌でスポーツ関係のレビューもありましたが、やはり使ってみないと実際の感触がわからないのは難しいですね。

_ Haniwa ― 2019年03月12日 13時37分12秒

めがねのパイロット様
>記録性という点では、スマホカメラでもかなり用が済むことが多くなりましたね。

御意に。鑑賞環境がスマホであればスマホで撮影というのは一貫していますし。
日本はPCの所有率が先進国のなかでもかなり低い方なので、より一層スマホ依存ですよね。
スマホで撮った画像をPCのモニターで鑑賞すると、低解像でトリミングもできないことが分かりますが、スマホで撮ってスマホで鑑賞ならなんの問題もないですものね。
問題は望遠撮影ぐらいでしょうか。

>今までのデジカメブームが異常でこれでもとの市場規模に戻る、という意見もありますが撤退メーカーも出てくる可能性も高いですから、トータルで戻るというよりも「さらに縮む」というのが正しいのでしょう。

私もそう思います。カメラというのはスマホとは違う可能性のあるツールであったはずですし、スマホとは違う楽しさがあったはずなんです。それをどんどんそぎ落としていったのですから、だったらスマホで十分ということになります。

>結局、ブームも退職世代の懐具合にるものが大きいと思います。
>ネットニュースでもたびたび出る、若年世代の貯蓄率の低さを見ても明らかなように、もうそんなカメラをポンポン買える人は減る一方です。

ずいぶん以前から年金世代の高額カメラということが言われていましたから、その人たちがいなくなったら、買う世代はいなくなりますね。もう10年以上もここで嘆いていますが(笑)、値段が高くて寿命が短くていろいろと制限の多いデジタルカメラを追うのはしんどいです。楽しくありません。他の人は黙って去っているんだと思いますよ。周囲を見ても大きなカメラどころか、ミラーレスでさえ使っている人は減っていると思います。色んな身近な式典や行事・発表会・スポーツなどの場で子育て世代などでは。

>片ボケ
>最後のマウント部の平面性だけなら、ですね。
>鏡筒内や押さえ環の加工不良であれば、もうダメですね。
>しかも、ありえそうなものなので余計に厄介・・・
>ネタにするなら、1万円以下が望ましいレベルです(いやホント)。

値段からするとちょっと品質がアレ過ぎる感じですね。
仰るように1万円以下ならいろいろ試して綺麗に写るようになったらラッキー、みたいな商品として扱えますが、この値段ならちゃんとチェックして出荷して欲しいですね。

>FTZの動体追尾は、気になりますね。
>雑誌でスポーツ関係のレビューもありましたが、やはり使ってみないと実際の感触がわからないのは難しいですね。

雑誌は購読料ではなく広告料で持っているところがあるので、本当のことは分からないかもしれませんね。仰るように使ってみないとなんとも。デジカメは1歩進んで2歩下がる面がありますから厄介ですね。

今日は天気もよいのになんだか希望のないコメントになっていまいました。すみません。

_ めがねのパイロット ― 2019年03月12日 22時26分25秒

 Haniwa様

 返事の内容はお気にせず~
 私も、デジタルカメラとの付き合い方は難しいと感じています。

 価格にせよ耐久性・陳腐化は、早くて激しいとも。

 知り合いの家族が買うのは、大抵エントリークラスです。
 普通の家庭なら、Wズームキットの10万がやっとなんです。
 共働きでも(もちろん家のローンとかあって)。

 私も結婚して子どもがいたら、今頃カメラレンズはボディと標準レンズに収束していたりして(汗
 というか、そもそもこんなに買えてないのは確実です。

 でも、やはり「スマホではない」カメラで撮りたい・撮ってもらいたい、という欲求はある程度あるのだと思います。
 写真教室に来る人でも、そういう人はいますし、撮って感動したのがきっかけで来た、という人も。
 そういうユーザーを確保し続けて行けるか、草の根運動さながらだと思います。

 雑誌の記事なんて、売らんかな、ですから仕方ないと思います(笑)
 だからこそ、店頭の展示機に意義があるのだとも(笑)

 ほんと田舎だと、エントリーがせいぜいでミドルがあればいい方ですね、展示は。
 カタログもなんか新しいの来ない(泣)

_ Haniwa ― 2019年03月17日 10時46分23秒

めがねのパイロット様

お返事が遅れてすみません。

今日は午後から大気の状態が不安定と言われて出かけるのをやめてしまいました。
雨男なんで、ほかは降らなかったのに自分のいるところだけ雷雨とか結構あります(泣)。

>知り合いの家族が買うのは、大抵エントリークラスです。
>普通の家庭なら、Wズームキットの10万がやっとなんです。
>共働きでも(もちろん家のローンとかあって)。

私もそう思います。私の周囲でもそんな感じです。
この件とは直接関係ないですが、Ricoh THETAの画質がイマイチなので購入を見送っていたら、画質の善くなった新型は10万円コースでした。うーん。10万円なら要らないなぁ。これ、売れるんでしょうか。私と違ってみんなお金持ちなのかなぁ。

私のかつての同級生でいまでもなんらかの音信のある人だと、結婚していない人は多いですし、結婚していても子どもがいない、いても一人っ子というパターンが多いです(多くても2人)。同級生以外だとお子さんのいらっしゃる家庭で3人以上いらっしゃる家庭もたまに見かけます。ここも二極化なのかもしれません。

>でも、やはり「スマホではない」カメラで撮りたい・撮ってもらいたい、という欲求はある程度あるのだと思います。
>写真教室に来る人でも、そういう人はいますし、撮って感動したのがきっかけで来た、という人も。
>そういうユーザーを確保し続けて行けるか、草の根運動さながらだと思います。

スマホだとシャッターチャンスの問題やAFや望遠撮影の難しさなどがありますし、画像を少し拡大すればデジカメとの画質の差は誰でも分かりますからね。単体のカメラで撮りたい・撮られたいという需要は必ずあると思います。わたしももうデジカメ界隈には辟易しながらカメラ使っているのはそういう理由です。

そういう人たちの期待を裏切らないで、買える価格帯のものをなんとか供給してもらいたいものです。
安い製品だと利幅がないからとか言っていると、市場は急速に縮小して、誰も見向きもしない分野になっていくでしょうね。

>雑誌の記事なんて、売らんかな、ですから仕方ないと思います(笑)
>だからこそ、店頭の展示機に意義があるのだとも(笑)

御意に。実際に手にとって使ってみますと、AFの速さとか、連写の引っかかりとか息継ぎのようなものも分かりますし。

>ほんと田舎だと、エントリーがせいぜいでミドルがあればいい方ですね、展示は。
>カタログもなんか新しいの来ない(泣)

カタログぐらいは置いて欲しいですね。値段の高い機種は実際には本当に数が出ていないのでしょうね。宝くじと同じで、非常にたくさんのお客さんがいてはじめて高級機を買う人が出るというような割合なのかもしれませんね。

なんとかカメラ界隈がワクワクするような感じになりませんかねぇ。

_ いつもとおりすがり ― 2019年03月18日 16時46分08秒

Haniwa様、めがねのパイロット様

>Ricoh THETAの画質がイマイチなので購入を見送っていたら、画質の善くなった新型は10万円コース

デジカメ技術革新は、もうすでに日本勢主導の時代ではないようですね:

180度3D動画撮影に対応した「Insta360 EVO」
360度動画撮影で最大5.7K記録が可能に
2019年3月14日
ttps://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1174307.html

Foldable Camera?! 180 + 360 IN ONE! Insta360 Evo Unboxing
ttps://www.youtube.com/watch?v=HHAHhge9hOk

5万円台で、この高画質・高機能なので、勝ち目は無いかと。スマホとの連動もスムーズ。(以前、カシオが類似の試作機を出したまま、事業撤退した理由も分かるような気が)

_ めがねのパイロット ― 2019年03月21日 10時45分58秒

 Haniwa様、いつもとおりすがり様

 価格的な面でいえば、日本はもう太刀打ちできないですよね。
 しかも、そのうえ性能面で上回られたら・・・

 スマホの2画面化(折り畳み)もそうですが、技術誇示と高機能と価格のバランスが悪いです。
 そこまで突き詰めると、もうニッチでしかないですし・・・
 20~30万のスマホって、ジョークにしか思えないです(笑)

 何年か前に、お祭りで行き会った介護関係の仕事をしている人(もちろん独身)
「なんでみんな一眼レフなんか買えるお金あるのかなぁ」
 とぼやいていたのが記憶にあります。
 私そのとき、Nikon F6でしたが・・・

 各カメラメーカーの社員だって、そんなにカメラ買う人少ないでしょうから。
 しかも、社販だって昔ほど価格面で魅力もない。
 給料の高い人が売っているんだから、切り詰めて下限に挑戦する量販店に勝ち目無いですし(笑)

 エントリーだってカメラですから、そこの下支えというか、満足感って大切ですよね。
 写真教室に来ている人は、大抵エントリーです。
 それでも、撮る楽しさは感じてカメラを持っていますから。

 同級生や社内近辺みても、子どもいない夫婦もチラホラですね。
 私も、30半ば過ぎてこれから結婚して子供欲しいか、って結構微妙です。
 これは経済というか年齢的な面も含めてですが(笑)

 でも、こうやってあと10年カメラ・レンズにしがみついていけば、むしろニッチな技能保持者として生き残れるのか?(笑)

_ タロウカジャ ― 2019年03月24日 00時09分15秒

キャノン、ニコン、オリンパスそしてフジ各社のカメラの売れ行きと近未来予想を見ていると写真そのもののあり方が問われているように思います。何を使い何をどう表現するのか。ニコンの後藤氏に対するインタビュー記事を読んでいるとスマホのカメラの研究をもっとしていかないと意気込むとなっています。何やらこの辺りに求めるものがあるかもしれません。

_ いつもとおりすがり ― 2019年03月25日 23時15分57秒

Haniwa様、皆様

平成最後の日 使い切りカメラで
03月25日 14時08分
ttps://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190325/0027324.html

抜粋ここから:

新元号発表まであと1週間。
平成から次の時代にかわる日が刻一刻と近づいています。
こうした中、平成最後の日となる来月30日の様子を写真に収めようというイベントが始まっています。
そこで使われるのは平成のヒット商品使い切りカメラ。
平成生まれのクリエーターたちが企画しました。
イベントの名前は「平成が終わルンです」。

抜粋ここまで

_ いつもとおりすがり ― 2019年03月26日 15時41分40秒

Haniwa様、皆様

4K動画の本体内記録に対応、可動式液晶モニター搭載で世界最小・最軽量※1
プレミアムコンパクトカメラ『RX0 II』発売
1.0型イメージセンサー搭載、高画質技術と防水性・堅牢性を兼ね備え、撮影場面を選ばず自由な映像表現を実現
※1:1.0型イメージセンサーおよび可動式モニター搭載のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。2019年3月26日広報発表時点。ソニー調べ。
ttps://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201903/19-0326/

_ Haniwa ― 2019年03月27日 15時23分43秒

■ いつもとおりすがり様
お返事が遅れてすみません。

Insta360 EVO、よいですね。THETAに比べると筐体が野暮ったいですが、値段と写りがまず大事ですからね。THETAの10万円はないなぁと思いますよ。

Insta360 EVO、検討してみます。情報ありがとうございます。

■ めがねのパイロット様
お返事が遅れてすみません。

>価格的な面でいえば、日本はもう太刀打ちできないですよね。
>しかも、そのうえ性能面で上回られたら・・・

かつての日本製品が価格と性能で欧米の瀬品を凌駕していったのですが、こんどは凌駕される側ですよねぇ。

>20~30万のスマホって、ジョークにしか思えないです(笑)

しかし、中国製のスマホは10万円超になってきていますよねぇ。
一般の人はスマホに10万は出してもカメラには10万は…。
売り方買い方も違いますしねぇ。

>何年か前に、お祭りで行き会った介護関係の仕事をしている人(もちろん独身)
>「なんでみんな一眼レフなんか買えるお金あるのかなぁ」

業種による年収の格差が大きいと思います。
介護は日本の高齢社会・超高齢社会を考えますと、このような待遇のままでよいのかとも思いますね。介護の総額を抑えたいから賃金を抑えたいというのはあまりにも無策すぎます。
本当は民主党政権の時にそういうのを国民全体で議論して長い目で日本をどうしていくのかを検討すべきときだったんですよね(どこの政党が政権を担うにせよ)。そういうきっかけになる時期だったのに…。

>エントリーだってカメラですから、そこの下支えというか、満足感って大切ですよね。
>写真教室に来ている人は、大抵エントリーです。
>それでも、撮る楽しさは感じてカメラを持っていますから。

そうですよね。エントリー機種は私も興味あります。
押せば撮れるし拘ろうと思えば拘った設定もできますし、明らかにスマホよりは画質はよいですし。

>同級生や社内近辺みても、子どもいない夫婦もチラホラですね。
>私も、30半ば過ぎてこれから結婚して子供欲しいか、って結構微妙です。
>これは経済というか年齢的な面も含めてですが(笑)

いやいやまだまだですよ。私の同級生で40歳ギリギリで初産の女性がいました。
ライフスタイルは人それぞれなので、結婚したり子ども持ったりしなければいけないわけではないですが。したいのにできない人がでないような社会にしていきたいですね。

>でも、こうやってあと10年カメラ・レンズにしがみついていけば、むしろニッチな技能保持者として生き残れるのか?(笑)

フィルムを装填できるだけで伝統技能保持者に(笑)。

_ いつもとおりすがり ― 2019年03月28日 11時55分21秒

Haniwa様、めがねのパイロット様

ソニーの新しいRX0ですが、動画レビューをみると、白飛びや黒潰れ、ローリングシャッターなどが目立ち、画質は余り良いとは言えないようです。(例えば、DJI Osmo Pocketの方が画像処理も含めて驚きがあるというか、ソニーのは悪い意味で、従来のコンデジっぽさが残った印象)

なので、「価格は999ユーロ」「2,000万画素の16mm相当カメラ、4,000万画素の27mm相当カメラ、800万画素の135mm相当カメラという焦点距離が異なる3つのレンズ」搭載の以下のハイエンドのスマホに喰われる運命かも:

ファーウェイ、"ライカ・クアッドカメラ"搭載の「P30 Pro」海外発表
1/1.7型4,000万画素RYYB配列センサー採用 望遠対応で"月も撮れる"
ttps://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1176654.html

>エントリーだってカメラですから、そこの下支えというか、満足感って大切

おそらく、若い世代にとってのフィルムカメラも、そのあたりの「需要」と少し被っているのだと思います。従来の写真というかたちでいいなら、センサーかフィルムかは、「好み」の範囲。各々の時間やお金の使い方次第かと。

>ニッチな技能保持者として生き残れるのか

フィルム現像や暗室プリントなら、まだしばらくは大丈夫でしょう。(熟練の高齢の技術者がいなくなり、若手の出番だと考えれば)

_ いつもとおりすがり ― 2019年04月05日 15時38分15秒

Haniwa様、皆様

そのインスタ映えは高画質?、それとも好画質?
山田 祥平
2019年4月5日 06:00
ttps://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/config/1178422.html

抜粋ここから:

たぶん、撮って出しでインスタ映えするのはスマートフォンの撮影画像だろう。SnapBridge誕生のきっかけとなったSNSにカメラ専用機で撮影した美しい画像を投稿したいという発想は、「カメラ専用機のほうがスマートフォンのカメラよりいい絵が撮れる」という前提によるものだが、この前提にちょっとした変化が起こりつつあるように思う。すなわち、大衆は「高画質」より「好画質」をワンストップで得ることを望んでいるということでもある。

 カメラとスマートフォンが、その通信を意識することなくシームレスにつながる時代は、ついに平成の時代にはかなわなかった。それでもSnapBridgeのチャレンジは続いている。

 もし、カメラメーカーとして、スマートフォンより、カメラ専用機の優位性を信じているのなら、転送後の画像をスマートフォン側の処理系を使って最高にインスタ映えするようにレタッチを施すなどの方法論も考えてよさそうだ。単に画像を転送するだけではなく、転送後の利用形態も視野に入れたブリッジとなるのも、SnapBridgeがめざすべき方向ではないだろうか。

抜粋ここまで

_ Haniwa ― 2019年04月10日 09時55分49秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ タロウカジャ様
>ニコンの後藤氏に対するインタビュー記事を読んでいるとスマホのカメラの研究をもっとしていかないと意気込むとなっています。
>何やらこの辺りに求めるものがあるかもしれません。

スマホのズーミング、案外ちゃんとズームアップできるんですよね。
連写20コマ/秒なんてスマホじゃ普通ですし。
どのあたりを研究するのか少し楽しみではありますね。

最近あちこちでCOOLPIX P900らしきカメラを持っている人をよく見かけます。
ああいう超望遠をコンパクトにかつ安価にという需要はあるんでしょうね。
そういう意味でもNikon 1が終了したのは本当に残念だと思います。
超望遠や超高速度撮影といったものを安価にコンパクトに実現できていたのに。

NHKの「スローな武士にしてくれ」を見て、Nikon 1の10-100mmをやっぱり修理してニコワン稼働率上げようかと思いました。

■ いつもとおりすがり様
>そこで使われるのは平成のヒット商品使い切りカメラ。
>平成生まれのクリエーターたちが企画しました。
>イベントの名前は「平成が終わルンです」。

いいですね。しかし、「使い切りカメラ」は駄目でしょう(笑)。
ちゃんと「レンズ付きフィルム」と言わなければ。

だったら「消費者金融」を「サラ金」とか、「うまみ調味料」を「化学調味料」とか言うべきですね。

>4K動画の本体内記録に対応、可動式液晶モニター搭載で世界最小・最軽量※1
>プレミアムコンパクトカメラ『RX0 II』発売
>1.0型イメージセンサー搭載、高画質技術と防水性・堅牢性を兼ね備え、撮影場面を選ばず自由な映像表現を実現

情報ありがとうございます。
1インチセンサーですか。ああやっぱりNikon 1をちゃんと継続すべきだったんじゃないですかぁ(泣)。

>ソニーの新しいRX0ですが、動画レビューをみると、白飛びや黒潰れ、ローリングシャッターなどが目立ち、画質は余り良いとは言えないようです。

そこはやはりニコンには技術があるんですよ。

>なので、「価格は999ユーロ」「2,000万画素の16mm相当カメラ、4,000万画素の27mm相当カメラ、800万画素の135mm相当カメラという
>焦点距離が異なる3つのレンズ」搭載の以下のハイエンドのスマホに喰われる運命かも:

それはもう時間の問題でしょうね。
ただ、ハイエンドスマホは高いですね。まあハイエンドですから当たり前なんでしょうが。

個人的には、ファーウェイのカメラ性能のよいスマホは、au版がないことが多いのが不満です。
auしっかりしろよ(泣)。

>おそらく、若い世代にとってのフィルムカメラも、そのあたりの「需要」と少し被っているのだと思います。
>従来の写真というかたちでいいなら、センサーかフィルムかは、「好み」の範囲。各々の時間やお金の使い方次第かと。

フィルムカメラは、かつての高級機もかなり安く買えるのが大きいかもしれません。
バシャバシャ撮らなければ、ランニングコストもそれほどでもないですし。
バシャバシャ撮るときはスマホ、ここぞという作品的なものはフィルムと、使い分けているのかもしれませんね。

>大衆は「高画質」より「好画質」をワンストップで得ることを望んでいるということでもある。

>もし、カメラメーカーとして、スマートフォンより、カメラ専用機の優位性を信じているのなら、転送後の画像をスマートフォン側の処理系を使って最高にインスタ映えするようにレタッチを施すなどの方法論も考えてよさそうだ。単に画像を転送するだけではなく、転送後の利用形態も視野に入れたブリッジとなるのも、SnapBridgeがめざすべき方向ではないだろうか。

スマホの、塗り絵から少しリアルにしたような画像(プリクラ風?)にしろというのでしょうかねぇ。
見慣れると、スマホの加工された画像の方が自然に見えてくるのかもしれませんね。

_ いつもとおりすがり ― 2019年04月10日 14時24分52秒

Haniwa様

>見慣れると、スマホの加工された画像の方が自然に見えてくる

コンデジの「発展」を振り返ると、例えば、キャノンのG9XとかPowershot SX620HSであれば、サイズ等ではスマホと互角に戦えるであろう機種なのに、プロセッサー性能が低いからか、画像処理もおろそかなまま。カメラメーカーはデカくて重くてバカ高い上位機種は守るが、下位への新たな研究・開発の投資をしないので、進化の速いスマホやアクションカメラとの差が開く一方。

ハードではなく、ソフトの問題が大き過ぎる。

_ Haniwa ― 2019年04月11日 13時25分41秒

いつもとおりすがり様

>サイズ等ではスマホと互角に戦えるであろう機種なのに、プロセッサー性能が低いからか、
>画像処理もおろそかなまま。

どうしてでしょうね。プロセッサーをケチっているのか、そもそも画像処理をカメラ側で完結させるつもりがないのか、何でしょうね。

>カメラメーカーはデカくて重くてバカ高い上位機種は守るが、下位への新たな研究・開発の投資をしないので、
>進化の速いスマホやアクションカメラとの差が開く一方。

上位機種が売れなくなったら困るということでしょうかねぇ。
そういうことをやっていると誰も見向きもしなくなりますよねぇ。

自動車メーカーは、ライトユーザーの方ばかりを見ていると存在意義がなくなるとして、
マニュアルミッションのスポーツカーこそ力を入れるべきというところもありますね。
国内で売れてるのは軽自動車ばかりのようですが…。


カメラはどうなんでしょう。

>ハードではなく、ソフトの問題が大き過ぎる。

まさにそこなんでしょうね。

_ タロウカジャ ― 2019年04月13日 11時59分02秒

平成最後の買い物というわけではないですが、Aiニッコール24mmF2..8sを購入しました。
AFニッコール24mmF1.8Gを持っているのにと自問しながら。
最近28mmF2.8Sが廃番になったこと。24mmF2.8sの実勢価格が急激に下がったこと。それに絞り環が付いていること。Dレンズより格好が良いこと。そして、ひっとすると新品で買える最後の機会になるかもしれない。等と自分を納得させました。
FM2に装填して撮影とフィルムを見ると富士の廉価版ネガのX-TRAが発売終了になっています。なかなかフィルム撮影に精進するのも大変です。

_ Haniwa ― 2019年04月16日 15時44分02秒

タロウカジャ様
>平成最後の買い物というわけではないですが、Aiニッコール24mmF2..8sを購入しました。

おめでとうございます!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

新品でご購入なんですね。素晴らしい。近距離補正方式採用で、どの撮影距離でもばっちりですね。金属の感触がよいですよねぇ。

>富士の廉価版ネガのX-TRAが発売終了になっています。

2017年10月6日に告知が出ていますね。
ttp://ffis.fujifilm.co.jp/information/articlein_0072.html
富士のカラーネガは、SUPERIA Venus 800、SUPERIA PREMIUM 400、FUJICOLOR 100の3種類だけになっていますね。
まだ選べるだけマシなんでしょうかねぇ。
私もフィルム使おうと思っていますが、なかなか進みません。DSLRも持っていくと駄目ですね。フィルムカメラとGRのみで割り切らないと。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索