サムヤンレンズ “ぜんぶ撮る”その2(天文ガイド2019年3月号)2019年03月01日 00時00分00秒

東京国立博物館特別展「<a href="https://ganshinkei.jp/">顔真卿―王羲之を超えた名筆</a>」:Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F4、1/1000秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

もう3月なんですね。このあいだ頑張って更新したと思ったらもう1週間も経っていた(泣)。 さて、以前サムヤンレンズ “ぜんぶ撮る”(天文ガイド) ― 2019年01月08日で紹介したサムヤンレンズインプレの連載では、フィッシュアイレンズのインプレを期待していた。それが2月6日発売の天文ガイド2019年3月号で取りあげられていた。記事を書こうと思って1ヶ月経ってしまった(泣)。

天文ガイド2019年3月号の「サムヤンレンズ”ぜんぶ撮る”4」では、以下のレンズが取りあげられていた。

それぞれのインプレは天文ガイド2019年3月号を見て戴きたいのだが、期待の魚眼レンズは、「等距離射影方式で期待したがテスト個体には問題が…」とある(56ページ)。テストした個体はピントが無限遠に届かず、光学系に不良が認められるとのこと。私が気になっているSAMYANG 8mm F3.5 UMC FISH-EYE CS II も巷の評判では無限遠が出ない個体が多いとのことだ。サムヤンの魚眼はやめたほうがいいのかもしれない。APS-Cで使うのなら、AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G EDを買った方がよさそう。

AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G EDを買うのをずっと躊躇しているのは、以前から何回も書いているが、AF-SではなくAFであることと、フードが固定式で、35mmフルサイズで撮ったときにそのフード分がケラレてしまうからだ。ニコンのAPS-Cボディは、下位機種がAF-Sでないとオートフォーカス(AF)が効かない仕様なのに、初期に発売されたAF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G EDは、レンズ内モーターではなくボディ内モーター駆動なのだ。ボディ内モーターのない機種ではAFできない。かといって下位機種のファインダーで魚眼レンズのような被写界深度の深いレンズのピント合わせをマニュアルフォーカスで行うのは非常に辛いものがある。ニコンはこういうところが駄目なのだ。だから私は周囲にニコンを勧めない。やっていることが場当たり的でユーザーに優しくない。

AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDの発売で、AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G EDがAF-S化されてリニューアルされる可能性はほとんどなくなった。AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E EDは、また別の制限があってアレなのだが(AF-SのEタイプレンズとの組み合わせについて参照)。

と、いいつつ最近はなんだか忙しくてなかなか写真が撮れない。新しいレンズなんか買ったら家族が口をきいてくれなくなるかもしれない(泣)。そういえばバイク雑誌GARRRR(ガルル)休刊「ステ・フェス」 ― 2019年02月23日でも、「車で来てしまいましたぁ。バイクで出かけると家族に『どこ行くんだ?』って言われるから車でしれっと近所行くフリして来ました。」と言っている人がいた。私はバイクで出かけられるだけマシなのかもしれない。当日はお昼には戻らなければいけなかったので、ツアラテックの店内はまったく見ずに帰ってしまった。ツアラテックの店の人は「ガルルの読者は冷たい」と思ったかもしれない。すまん。今度通りかかることがあればゆっくりと店内を見ていきたい。スコットオイラーという、バイクのチェーンへの自動給油装置に興味がある。


写真は記事とは関係ない。
東京国立博物館特別展「顔真卿―王羲之を超えた名筆」:Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F4、1/1000秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

顔真卿(がんしんけい)展に行きたかったのに気づいたら最終日になっていた。朝早く開館前にトーハクに行ったが既に長蛇の列。中華史上屈指の名書とされる「祭姪文稿(さいてつぶんこう)」(台北の国立故宮博物院所蔵)を見るのに内部でさらに60分待ちだった(泣)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索