キヤノン、EOS唯一のフィルム一眼レフカメラ「EOS-1v」を販売終了(デジカメWatch)2018年05月31日 00時00分00秒

 写真は記事とは関係ない。ラグビーワールドカップ2019告知(横浜市西区):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F3.2、1/50秒、、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、マルチAF

キヤノン、EOS唯一のフィルム一眼レフカメラ「EOS-1v」を販売終了 修理対応は2025年10月31日まで(デジカメWatch)なのだそうだ。

フィルム一眼レフカメラ「EOS-1v」販売終了と修理対応期間延長に関するお知らせ(キヤノン)をみると不思議なことが書いてある。

また、本商品をご使用いただくお客さまへのサービス・サポート向上を目的として、弊社修理サービス規約の修理対応期間後も、2025年10月31日まで修理対応を行います。

※ 弊社修理サービス規約の修理対応期間(2020年10月31日)以降は、部品の在庫状況により修理をお断りする場合がございます。

キヤノンの修理サービス規約の修理対応期間だと2020年10月31日までなのだが、修理サービス規約の修理対応期間後も、2025年10月31日まで修理対応を行うと。

キヤノンってカメラの販売終了後2年しか修理対応してくれないんだっけ?と調べてみたら、公益社団法人 日本写真家協会(JAPAN PROFESSIONAL PHOTOGRAPHERS SOCIETY)デジタル機材の修理対応期間を探る(出版広報委員会委員・関 行宏 氏)という記事によると、キヤノンは製造終了後から原則として7年間なのだそうだ。日本写真家協会のサイトって、どうしてテキストをコピペできないようにしているんだろう?そんなのソースからコピーすれば意味ないのに。上から透明の画像を被せるのが好きなのか?そのくせPDFはテキストをコピーし放題だぞ。

とすると、修理サービス規約の修理対応期間だと2020年10月31日までということは、その7年前の2013年10月にはEOS-1vの製造は終了していたということになる。この5年間は在庫を売っていただけだったのか。

たしか、京セラがカメラ事業から撤退するときにもそんなことがあった記憶がある。CONTAX G1とG2は併売されていたのだが、実はG1はとっくに製造が終了していて、カメラ事業撤退するときに急に短い修理対応期間が提示されたことがあった。実際には修理対応期間をかなりすぎても部品がある限り対応してくれたのでよかったのだが。
CONTAX G1を京セラに修理に出した ― 2010年08月27日
CONTAX G1がシャッターレリーズボタン修理から戻ってきた ― 2010年09月06日参照。

今回のキヤノンの修理対応延長は、製造終了後7年だったものを、販売終了7年後にしてくれたということになる。販売終了が製造終了後5年経ってからという通常とはかなり違う状況だったからだろう。常識的な対応でよいですな。

ニコンは、フィルムカメラとしてF6とFM10がラインナップされているが、これももう製造していなくて在庫のみの可能性はあるなぁ。FM10で使えないレンズが増えているのは仕方ないにしても、電気カメラのF6でも使えないレンズがどんどん増えてきているのはどうしたものか。ここらへんがキヤノンEOSと違うところだなぁ。まあ、ニコンのレンズ買うなら、絞り環付いたもの、特にMFレンズに限るということだな。【期間限定】MF旧製品メンテナンスサービスを見ると、第二弾は2018年 9月3日(月)~2018年12月28日(金)に受け付けるようだ。


写真は記事とは関係ない。ラグビーワールドカップ2019告知(横浜市西区):Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F3.2、1/50秒、、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、マルチAF

フィルムの作例でなくてすまん。2019年9月20日に開幕するラグビーワールドカップ2019日本大会を告知する垂れ幕。ガラス越しに撮影。

コメント

_ いつもとおりすがり ― 2018年05月31日 13時25分52秒

Haniwa様

以前に紹介したかもしれませんが、京セラコンタックスの修理は、ここ:

リペアサービス諏訪
ttp://www.repairservice-suwa.com/ripeasabisu_zou_fang/toppupeji.html

高級コンパクトカメラも対象のはず。

_ タロウカジャ ― 2018年05月31日 17時32分27秒

露出メーター以外は、機械式のカメラを限定で良いから発売してくれないかな、電気カメラは電気部品の劣化あるいは故障になるとその時点で部品が無ければ廃棄処分となります。メーカーさんも5年間程度で買い替えして頂くとよいと言っております。今更F6を買われる方がおられるのか、残すならFM2かFM3aだったんでしょう。いよいよ中古の使い回しでどこまで撮影できるかですね。

_ kgr2007 ― 2018年05月31日 17時51分19秒

こんにちは。
私最近まで知らなかったんですが、現行のEOS-1Dx MarkⅡってフォーカシングスクリーンが交換式なんですね。フルサイズ廉価モデルの6Dも昨年Ⅱ型になりましたが、同じように1つ前の初代が交換式でした。

ニコンは確かD3から固定式になりましたから、それから考えるとキヤノンは結構カタギというか、意外と真面目なんだなぁと(笑)。

ミラーの背後にAFセンサーがある以上、あまりスクリーンに拘っても大きな成果は得られないと思います。が、それでも光学ファインダーの可能性を追求する姿勢は、キヤノンのやり方が一番真っ当に思え始めた今日この頃です。

_ みっち ― 2018年05月31日 17時59分29秒

おーっ、昔、みっちが写真趣味を再開したときに、EOS-1Nを買ったことを思い出しました。1995年くらいだったかなぁ。ニコンはまだF4でした。
そのとき、超音波モーターをレンズ内に搭載したキヤノン・システムを見て、これは凄いなぁと。(笑)
で、それを持って、スポーツ写真を撮りに行ったとき、皆さんバッテリーグリップ付きのでっかいカメラでバリバリ連写していたのに、驚愕。(笑)あの頃はフィルム代って、幾らくらい使ってたんでしょうか。

>ガラス越しに撮影...

こういう写真を見ると、あれっPLフィルターはコンデジには付けられるのかなぁ、とか気になります。粘着テープや磁石で付けるんだっけ...何だか面倒くさいなぁ...まあ、いいかって感じです。そうなると、スマホでも充分か、とこうなります。(汗)

_ May・ジェイ ― 2018年05月31日 20時58分10秒

こんばんは。

 フィルムが復活しかけているのに残念ですね。

フィルム派は中古に行け、と言う事でしょうか。

_ めがねのパイロット ― 2018年05月31日 21時42分37秒

 Haniwa様、みなさま

 別のサイトでは
「2010年に生産は終了しており、在庫分の出荷を続けていた。」
 とありました。
 それだけ長期在庫を持つのも、ある程度覚悟のいることですね。

 Nikon F6もだいぶ前からニコンダイレクトでは「在庫なし」ですから、もう生産はとっくの昔に終わっていて。
 頼みの綱は、あるのかどうかわかりませんが、店頭在庫のみでしょうね。

 FM3Aを残したい気持ちもあったと思いますが、いかんせん基本回路が1980年代初頭、部品供給の面から供給断念は、Nikon F3やペンタックスLX同様の問題でしたから。
 回路を一新すると、たぶんあの価格では供給できなかったかと思います。
 素人考えですが。

 むしろ、キヤノンが「下げた」ラインナップを見て、ニコンも「じゃ、ウチもそろそろいいかな」なんて思ってるんじゃないかと(笑)

 思えば、なぜニコンは100周年にMFレンズを出さなかったのか。
 そこが質実剛健から離れてしまったニコンの製品思想なのかと、ふと思います。

_ WANI ― 2018年06月02日 13時40分38秒

御無沙汰してます。

F6は今年は生産するのかしないのか?と話題になってどこからともなく今年も生産しますよと流れてきて、あ~良かったなんて話もあった様ですがどうなんでしょうね。
まぁ、ニコンは会社の生き残りに必死な段階でしょうからもう不採算な物を期待出来ないですよね・・・(-_-;。

ニコンのレンズ買うならニコンの保守サポートは期待しないで修理専門店を見つけておくって事で・・・(:p)。

_ ノーネームしたん ― 2018年06月02日 15時47分33秒

>この5年間は在庫を売っていただけだったのか

精緻な電子部品と機械部分の城ですからねぇ、
在庫の品質管理も気を使ってたんでしょうし…よく持たせた方ですよ、
そして某社一桁機の6番目のボディがいつまで……、
そして某社を信じてフィルム撮影をGタイプと新しいボディに頼ってた人が、AFの新レンズ使えないのでデジタル系との共存に苦労するのもいつか来た道…、
修理も考えればMFボディと絞り環有レンズが正解でした、
アダプターで使いまわせるし…、
願わくばニコンの出すミラーレスがMFレンズが使いやすければ……。

…………いろいろと強化したニューFM10とかレンズとかでないかなぁ…と(泣)。

_ Haniwa ― 2018年06月04日 12時38分31秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ いつもとおりすがり様
ありがとうございます。

諏訪にあるということは、OBの方がされているんでしょうね。
京セラのカメラは修理が心配ですが、ここがあれば安心ですね。

■ タロウカジャ様
>露出メーター以外は、機械式のカメラを限定で良いから発売してくれないかな、
>電気カメラは電気部品の劣化あるいは故障になるとその時点で部品が無ければ廃棄処分となります。

キヤノンがFM10の兄弟機種をコシナに発注してくれたらありそうですね。EF-M2とかEF-10とか。

>今更F6を買われる方がおられるのか、残すならFM2かFM3aだったんでしょう。

AF機とMF機を残したかったんでしょうね。FM3AはRoHS指令に対応していなかったとかで短命になってしまったと聞いたことがあります。

■ kgr2007様
>私最近まで知らなかったんですが、現行のEOS-1Dx MarkⅡってフォーカシングスクリーンが交換式なんですね。
>フルサイズ廉価モデルの6Dも昨年Ⅱ型になりましたが、同じように1つ前の初代が交換式でした。

なんかキヤノンってやっぱり多くのプロの方が使うだけのことはあるんですよねぇ。
キヤノンユーザーのプロからしたら、「なんでニコンなんか使うの?」という感じかもしれません(泣)。

>ミラーの背後にAFセンサーがある以上、あまりスクリーンに拘っても大きな成果は得られないと思います。
>が、それでも光学ファインダーの可能性を追求する姿勢は、キヤノンのやり方が一番真っ当に思え始めた今日この頃です。

最初にスカスカ素通しのファインダースクリーンに踏み切ったのはキヤノンだったような気がします。
スカスカ素通しだけに、別売のもう少しピントの山の見えるスクリーンが必要なんだという見方もできるような…。

ペンタックスなどは、APS-Cでもちゃんとピントの山の見えるスクリーンにしていましたから、他社もやってやれないことはないんだと思うんですが。

_ Haniwa ― 2018年06月04日 13時22分02秒

皆様、お返事が遅れてすみません。m(_ _)m

■ みっち様
>そのとき、超音波モーターをレンズ内に搭載したキヤノン・システムを見て、これは凄いなぁと。(笑)
>で、それを持って、スポーツ写真を撮りに行ったとき、皆さんバッテリーグリップ付きのでっかいカメラでバリバリ連写していたのに、驚愕。(笑)
>あの頃はフィルム代って、幾らくらい使ってたんでしょうか。

プロの方は、フィルム代と現像代は実費でクライアントに請求できたんじゃないでしょうか。
アマチュアで無尽蔵にフィルム使っていた方は大富豪なんでしょう(笑)。

でも、何十万もするデジタル一眼レフを数年で買い換えたりするのだと、フィルムを莫大に消費するのとあまりかわらないような気もします(笑)。

>こういう写真を見ると、あれっPLフィルターはコンデジには付けられるのかなぁ、とか気になります。

GR DIGITALやGRシリーズだと、ワイコンなどを付けるためのアダプターにフィルターを付けることができます。
雨の日はそうやってフィルター付けて撮影していました。最近は雨だったらワイコンを付けてしまいます。
リコーのワイコンのコーティングは雨粒弾く感じなので。

>そうなると、スマホでも充分か、とこうなります。(汗)

一般的にはそうなりますね。

■ May・ジェイ様
>フィルム派は中古に行け、と言う事でしょうか。

そういうことでしょうね。メンテナンスを切って意地悪しないだけマシかなぁと思っています。

■ めがねのパイロット様
> 別のサイトでは
>「2010年に生産は終了しており、在庫分の出荷を続けていた。」
>とありました。

情報ありがとうございます。

>それだけ長期在庫を持つのも、ある程度覚悟のいることですね。

そうですね。在庫にも税金掛かりますからね。

>Nikon F6もだいぶ前からニコンダイレクトでは「在庫なし」ですから、もう生産はとっくの昔に終わっていて。

その可能性は高そうですね。

>FM3Aを残したい気持ちもあったと思いますが、いかんせん基本回路が1980年代初頭、部品供給の面から供給断念は、Nikon F3やペンタックスLX同様の問題でしたから。
>回路を一新すると、たぶんあの価格では供給できなかったかと思います。

だからRohs指令に対応していなかったんでしょうかねぇ。

>むしろ、キヤノンが「下げた」ラインナップを見て、ニコンも「じゃ、ウチもそろそろいいかな」なんて思ってるんじゃないかと(笑)

Pentax LXが終了したら、ほどなくNikon F3も終了しましたから、その可能性も高そうですね。

>思えば、なぜニコンは100周年にMFレンズを出さなかったのか。
>そこが質実剛健から離れてしまったニコンの製品思想なのかと、ふと思います。

私もそう思います。しかし、現行品にMFレンズがあるので、そこは許してあげてもいいような…。

■ WANI様
こちらこそご無沙汰しております。
Twitterは、やめてしまったので。

>F6は今年は生産するのかしないのか?と話題になってどこからともなく今年も生産しますよと流れてきて、あ~良かったなんて話もあった様ですがどうなんでしょうね。

どうなんでしょうね。それこそ「工作員」の仕事なのかも(笑)。

>ニコンのレンズ買うならニコンの保守サポートは期待しないで修理専門店を見つけておくって事で・・・(:p)。

修理専門店でも敬遠しがちな製品は避けて買うべしということでしょうね。

■ ノーネームしたん様
>精緻な電子部品と機械部分の城ですからねぇ、
>在庫の品質管理も気を使ってたんでしょうし…よく持たせた方ですよ、

保管するのも結構大変なんでしょうね。スレート葺きの酷暑酷寒の倉庫とかじゃ駄目そうですし。

>そして某社を信じてフィルム撮影をGタイプと新しいボディに頼ってた人が、AFの新レンズ使えないのでデジタル系との共存に苦労するのもいつか来た道…、

結局、ニコンって何使ってもいずれは互換性がなくなるんですよ。マウントの基本形状のみがほとんど変わっていないというだけの「不変」のニコンFマウント。

>修理も考えればMFボディと絞り環有レンズが正解でした、

ですね。AF-Sでないと、AFの利くテレコンがないのがずっと不満でした。
ボディ内モーターでAFの利くテレコンさえあれば、Ai-SとAF-Dだけ買い続けるんですが…。

>…………いろいろと強化したニューFM10とかレンズとかでないかなぁ…と(泣)。

いろいろと雰囲気を強化したDf2と銀リングだけ付けたNewレンズが出るんじゃないでしょうか(泣)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索