リコーGR再始動の第一歩「GR meet」が開催(デジカメWatch)2018年05月03日 00時00分00秒

聖橋から秋葉原方向を望む:Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/500秒、、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、マルチAF

リコーGRシリーズのファンミーティング「GR meet」が4月21日に開催され、そのレポートがデジカメWatchに掲載されている。
リコーGR再始動の第一歩「GR meet」が開催 ファン100人とメーカー担当者が確かめ合った"GR愛"(デジカメWatch)

リコーGRシリーズは、28mmの広角単焦点レンズを基本に採用しつづけてきたコンパクトカメラで、銀塩時代から"高級コンパクト"と呼ばれるカテゴリーを代表する存在。1996年の「GR1」に始まり、2005年からは「GR DIGITAL」としてデジタルカメラでGRシリーズを展開してきた。現行機種は2015年7月に発売されたAPS-Cセンサー搭載機の「GR II」だ。

(中略)

しかしここ3年間のGRシリーズは、率直に言って元気が感じられなかった。GR IIは筆者を含むGRファンがカウンターカルチャー的に心酔していたであろう「不必要な新機種投入はしない」というポリシーには若干物足りなさを感じるレベルで、約10年続いた「GR BLOG」もGR IIの発売と同時期に終了。なんだか、一時代が終わったような寂しさを感じていた。

全く同感である。どうしてGR IIを発売するやいなや10年続いたGRブログをやめるのか、まったく意味が分からなかった。

多くのGRユーザーが期待した「GR III」の発表はなかったようだが、ここへきて急にこのようなイベントを開いたり、GR専用サイトを作ったり(GR official | リコー公式コミュニティサイト)、GRブログを再開したり(BLOGの一覧 | GR official | リコー公式コミュニティサイト)しているので、GRの何らかの後継機種を出すつもりになったことは確かなのだろう。ついでにいうと、GRブログで「えみっふぃー」さんが「えみ」さんに改名していたのはちょっと残念だった(笑)。ずっと「えみっふぃー」で通して欲しい。

GRの後継機種がなかなか出なかった理由は、ユーザーなりに推測すると、ひとつは単焦点レンズのコンパクトカメラが一般ウケしない、もう一つは価格が高いのでやはり一般ウケしない、機能的にはかなりの程度に達しているので新機能を盛り込むのが難しい、などが考えられる。

単焦点レンズ云々については、スマホのカメラがデジタルズームはあるにしても基本は単焦点だから、一般人に少しは浸透するんじゃないかな。デジタルズームならぬトリミングするにしても、スマホのデジタル画像よりははるかにトリミング耐性のある画像をGRは生成する。クロップ機能で35mm相当と47mm相当にも簡単にできるし。

値段の問題は仕方ないですな。ポケットに入る大きさでAPS-Cサイズのセンサーを持つデジタルカメラは唯一無二なので、ある程度の価格は仕方がない。ただ、8万円ぐらいまでに抑えないとさらに売れなくなる可能性はある。

新機能については、35mmフルサイズにすべきとか、防塵防滴化とか色々言われているようだ。

単焦点レンズがついていて、レンズ交換式ではないので、センサーサイズは35mnmフルサイズに拘る必要もないと思う。むしろ、ポケットに入るというのがGRの最大の魅力なんだから、それが実現する範囲内でセンサーサイズを決めればよい。結論的にはAPS-Cのままでよいのではないかと思う。ポケットに入るままに35mmフルサイズ化が技術的に可能なのであれば、そうした方が高感度の画質はあがるから、そうする道もあるだろう。そういう技術的な問題と価格の問題の折り合いの付くところで決めて欲しい。

防塵防滴に関しては、個人的にはそこまでは求めない。GRは埃が入るということをときどき匿名掲示板で見かけるが、私はGRを胸ポケットに入れて持ち歩いていて、埃が入って困ったことはない。あまり絞らないから気が付いていないだけかもしれないが、F8ぐらいで使っても気にならないので実用上の問題はないと思っている。GR DIGITAL初代の時も同じように胸ポケットに入れていて埃が問題になったことはなかった。

それよりは2万円ぐらいの価格の防水ケースを別売してくれた方がありがたい。水深10mぐらいに耐えられる性能なら十分だ。

GRとGR IIの大きな違いは、Wi-Fi機能の追加だった。このWi-Fi機能はあまり評判がよくない。どちらかというとソフトウェアがよくないらしい。Wi-Fi機能はあってもよいから、ユーザーの意見をよく聞いてソフトウェアを改良して欲しい。FlashAirがあるから要らないという意見もあるが、この手の外部製品はいつなくなるか分からないので、Wi-Fi機能を内蔵する意味はあると思う。

個人的にGR IIIに一番期待したいのは、EVFである。EVFを現在のボディサイズのままに内蔵してくれたら完璧だと思う。いつも文句を言っているが、背面液晶モニターでは日中屋外で細かい構図が見えない。技術的、コスト的に厳しいとは思うが、ファインダー内蔵は期待したい。

いずれにしても、リコーが経営困難ななかでGRに力を入れ始めたのは喜ばしいことだ。GRの代わりのカメラはGRしかない。


聖橋から秋葉原方向を望む:Ricoh GR、18.3mm(35mm版28mm相当)、F5.6、1/500秒、、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、マルチAF

この作例で赤い線の入った電車は東京メトロ丸ノ内線なのだが、電車の前面(顔)に線路間に立っている信号機が掛かってしまっている。日中屋外に背面液晶で撮ると、こういうことがしょっちゅうある。ファインダーで撮ると、そういうところはシャッターを切るときに見えるのでほとんど起らない。だから内蔵EVFがあったらなぁと思っている。GRのシャッタータイムラグは小さい。GRだからといっていつもさっと取り出してさっと撮るとは限らないのだ。なお、フィルムカメラのGR1シリーズには採光式フレームファインダーがあった。

右側の黄色いJR総武線各駅停車が停まっているのはお茶の水駅だ。下の川は神田川。先に見える鉄橋はJR総武線各駅停車の鉄橋でその先が秋葉原駅だ。お茶ノ水駅の手前側の線路はJR中央線の線路で、神田川に沿いつつ総武線緩行線の下をくぐって神田駅、東京駅に至る。

赤い電車は、東京メトロ(正式名称「東京地下鉄株式会社」、旧「帝都高速度交通営団)」の丸ノ内線である。神田川を渡った先に「御茶ノ水」駅がある。JRと東京メトロで駅の場所が違うし表記も違う。ここは丸ノ内線にいくつかある地上走行部分の一つ。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索