富士フイルム黒白フィルムおよび黒白印画紙ともに全種類販売終了2018年04月06日 15時17分00秒

Neopan 100 ACROSの2000年頃のカタログ表紙

かねてから販売店には通知があったという、富士フイルムの黒白フィルムおよび黒白印画紙ともに全種類販売終了の一般向け公表があった。
黒白フィルムおよび黒白印画紙 販売終了のご案内(2018年4月6日 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)

1. 対象製品および出荷終了時期の見込み
(1) 黒白フィルム

サイズ 製品名称 出荷終了時期の見込み

135

ネオパン 100 ACROS 36枚撮 単品

2018年10月

ネオパン 100 ACROS 36枚撮 3本パック

120

ネオパン 100 ACROS 12枚撮 5本パック

(2) 黒白印画紙

製品名称 サイズ 出荷終了時期の見込み

フジブロWP
FM2号

四切(25.4X30.5cm)

2019年10月

六切(20.3X25.4cm)

カビネ(12X16.5cm)

大カビネ(13X18cm)

フジブロWP
KM2号

四切(25.4X30.5cm)

2019年10月

六切(20.3X25.4cm)

カビネ(12X16.5cm)

大カビネ(13X18cm)

フジブロWP
KM3号

四切(25.4X30.5cm)

2018年10月

六切(20.3X25.4cm)

2020年3月

カビネ(12X16.5cm)

大カビネ(13X18cm)

フジブロWP
KM4号

四切(25.4X30.5cm)

2019年3月

六切(20.3X25.4cm)

カビネ(12X16.5cm)

大カビネ(13X18cm)

※出荷終了時期は、販売状況により前後することがございます。

2.今後の推奨品
黒白フィルムおよび黒白印画紙ともに、全種類販売終了となりますので、ご使用推奨品はございません。

なんと、富士フイルムではモノクロフィルムの方が先に終わってしまった。リバーサルフィルムの方が先になくなると予想する人が多かったのに。

モノクロフィルムは海外製のものがまだ種類も多いからかなぁ。

ネオパンアクロス100は、かつてカタログの作例のおねえさんがきれいでよかったなぁ。あとでカタログ探してみよう。

【追記:2018年4月8日】
2000年頃のネオパン100ACROSのカタログを発掘したので画像を追加した。表紙のおねえさんは、カメラ雑誌の表4広告にも大きく出ていたように記憶している。広告の方が写真が大きかったなぁ。ACROSで画像検索すると階調豊富なよい写真作品がたくさんアップされている。このフィルムがなくなるのは惜しい。なくなる前に買ってみたい。自分はネガはISO400が基本なんだけれども。
【追記ここまで】

【追記:2019年6月10日】
なんと、ACROS II を2019年秋に新発売だそうだ。
こんな時代に、富士フイルムが黒白フィルム「ネオパン 100 ACROS II」を今秋新発売! ― 2019年06月10日
【追記ここまで】


コメントのお返事はお待ちください。m(_ _)m

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索