「休憩処 たむら」(千葉県市原市月崎)2018年03月02日 00時00分00秒

【写真上】休憩処たむら・ミックスピザL:Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、24mm(35mm版36mm相当)、F8、1/800秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、51点AF-AUTO 、高感度ノイズ低減:標準

最近千葉県市原市の山の方へちょくちょく行っているのだが、困るのが食事をするところである。道路沿いにファミレスとかないのである。コンビニはたまにあるが、どこかに座って食べたい。
ちなみに圏央道木更津東IC近くの「道の駅木更津」にも食べるところがあるのだが、この道の駅はいつ行っても激混みで、その軽食コーナーも食事メニューがすぐに売り切れてしまうようだ。道の駅のお土産売場も、レジは空いているのだが、品定めをする客がいっぱいで品物を選べない状態なので、とっとと帰りたくなってしまう。この地域のコンビニにお土産コーナー作ったら売れるかもしれない。というかそうしてくれ。

それで、月崎周辺で何回か前を通って気になっていた店に入ってみた。千葉県道32号線と千葉県道172号線の分岐のところに「ピザ」の幟がはためいている。久留里の方から行くと、右に県道32号線大多喜・養老渓谷、左に県道172号線月崎の青標識のある場所である。

何回か素通りしたのは、ピザ焼窯で焼きたてのピザは食べたいが、どうみても普通の農家の前庭みたいなのでなんか入りにくかったのだ(笑)。世界入りにくいピザ屋。

それでGoogleマップで月崎周辺を色々と調べていたら、そのピザが食べられるお店は「休憩処たむら」という名前で10件も口コミが付いていることに気づいた。全体に評判はよい。休憩処 たむら(Googleマップ)参照。

農家の入口っぽいスロープを上がると、木製のテーブルや椅子とアンブレラがたくさん並んでいた。テーブルや椅子は手作りっぽい。お店のオジサンに声を掛けると「外しかないんですがいいですか」と言う。冬なので外でしか食べられないのを一応確認しているようだ。バイクで行っていたから防寒対策はバッチリしているので「いいですよ」と、ミックスピザのLサイズを注文した。2人で食べるのならMサイズの方が…と言われたのだが、お腹が空いていたのでLサイズにした(1500円)。そうしたらものすごく大きなミックスピザが出てきて、忠告を聞けばよかったと思った(笑)。味は美味しい。生地がぱりっとしていてよかった。完食。

【写真下】休憩処たむら・ピザ焼窯:Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、24mm(35mm版36mm相当)、F5.6、1/125秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、51点AF-AUTO 、高感度ノイズ低減:標準

ピザは、外にあるピザ焼窯で焼いている(屋根はある。【写真下】参照)。小一時間滞在したのだが、寒い時期のせいか、お店で食べる人よりも電話で注文して車で受取りに来る人の方が多い感じだった。まあこんな寒い時期に上着脱いで外でピザ食べる奴はオートバイ乗りか自転車乗りぐらいしかいないだろう。

もうちょっとピザ屋さんっぽい名前にするとか、ピザ屋さんっぽい看板を出すとかすればいいのにとは思うが、あんまりたくさんお客さんが来ても捌ききれないのかもしれない(おじさん一人で切り盛りしていた)。

ということで、また月崎周辺に行ったら寄ってみることにする。次はシーフードピザ頼むか。

もらったチラシによると、

休憩処たむら
営業時間:10:30~19:00
定休日:火・水

とのこと(2018年2月現在)。


【写真上】休憩処たむら・ミックスピザL:Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、24mm(35mm版36mm相当)、F8、1/800秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、51点AF-AUTO 、高感度ノイズ低減:標準

【写真下】休憩処たむら・ピザ焼窯:Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、24mm(35mm版36mm相当)、F5.6、1/125秒、手持ち撮影、絞り優先AE、ISO-AUTO(ISO 200)、AWB、ピクチャーコントロール:ポートレート、マルチパターン測光、51点AF-AUTO 、高感度ノイズ低減:標準

コメント

_ WANI ― 2018年03月03日 11時53分13秒

繰り返し行く場所では宿泊、食事、買い物と定番にする所を見つける様にしているのですが、次に行く時に楽しみの1つに出来るお店が見つかると楽しいですよね。
しかし、私の場合そうしたお店がコンビニや喫茶店で数年後には閉店の憂き目に・・・顔見知りにもなったのにうまく行かないもんです(w。

_ ノラ猫軍将軍山本ミケ六 ― 2018年03月03日 15時34分15秒

>どこかに座って食べたい

「お白洲」のような砂利敷の所にむしろを敷いた所に正座です、
猫奉行所はいつでもHaniwa氏の引っ立てられるのを待っているぞ!。

>どうみても普通の農家の前庭みたいなので

普通の民家風の店なのか普通の民家を店に改装なのかによって入りやすさにずいぶん違いが…、
Haniwa家も猫喫茶の幟をたてておきます。

_ みっち ― 2018年03月04日 12時55分41秒

>どこかに座って食べたい...

最近イートインというのか、店の中で座って食べられるコンビニがありますよね。
ただし、感じよく使えるところは少ないなぁ。なんか貧乏くさい所が多いです。うちの近所ですと、ファミマのイートインが比較的いけてるかと。

ピザ写真:おーっ、とっても家庭的な感じのピザですね。あっ、ピザは、なんたって、Lサイズが絶対お得だと思います。(笑)

焼窯写真:う~ん、なんとなくフレアっぽいのは、ピザを焼く煙でも漂っているからなのか。(爆)

_ Haniwa ― 2018年03月05日 13時24分42秒

■ WANI様
行きつけのお店があると楽しみですよね。

>私の場合そうしたお店がコンビニや喫茶店で数年後には閉店の憂き目に・・・顔見知りにもなったのにうまく行かないもんです(w。

アベノミクスで好景気・売り手市場らしいんですが、周囲では中小のお店がどんどんなくなっていっていますね。なんだかなぁと思いますね。本当に豊かなのかなぁと思いますね。

■ ノラ猫軍将軍山本ミケ六閣下

>「お白洲」のような砂利敷の所にむしろを敷いた所に正座です、
>猫奉行所はいつでもHaniwa氏の引っ立てられるのを待っているぞ!。

太秦東映映画村のお白州なら…。

>普通の民家風の店なのか普通の民家を店に改装なのかによって入りやすさにずいぶん違いが…、

普通の民家風の店でもなく、普通の民家を店に改装でもないんです。
普通の民家(たぶんオーナーがそこに住んでいる)の前庭がお店になっているんです。
塀も塀の上から見える民家も農家そのものなので、なんか入りにくいんです(笑)。
ttps://www.google.co.jp/maps/@35.2997266,140.1344696,3a,75y,291.11h,94.98t/data=!3m6!1e1!3m4!1szHdb_sKc9EB9fYiDt5u5dg!2e0!7i13312!8i6656?dcr=0
↑外観これですよ。これはお店始める前のストリートビューだと思いますが、これに幟が立っているだけなんですから(笑)。

>Haniwa家も猫喫茶の幟をたてておきます。

や、やめてください。猫がいる喫茶店なのか、猫のための喫茶店なのか、両方が集まってきたらどうするんですか(泣)。

■ みっち様
私もコンビニのイートインは利用しませんね。それだったらコンビニで買ってどこか景色のよいところに移動して食べますね。

>あっ、ピザは、なんたって、Lサイズが絶対お得だと思います。(笑)

お得でしたが、お腹がいっぱいになりすぎて帰りに眠気が…。おいしかったので、お土産にMサイズまで買って帰りました(笑)。

>焼窯写真:う~ん、なんとなくフレアっぽいのは、ピザを焼く煙でも漂っているからなのか。(爆)

さすがですね。お気づきになりましたか。付記しようか迷ったのですが、これはピザ焼窯の煙なんですよ。24mm側はこういうフレアっぽい描写になりがちですが、この場合は煙です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索