AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDの広角端像面湾曲2018年02月15日 00時00分00秒

Nikon VIEWNX-i Ver 1.2.11 64bitでフォーカスポイントを表示させたスクリーンショット 月崎トンネル:Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、10mm、F3.5開放、1/30秒、手持ち撮影、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 400)、Capture NX-D 1.4.6で現像、AWB、ピクチャーコントロール:最新のピクチャーコントロール 風景、マルチパターン測光、51点AF-AUTO 、高感度ノイズ低減:標準

前回のiPhone7で撮った写真はニコンのViewNX-iとCapture NX-Dで表示できない(追記あり) ― 2018年02月13日の作例でお気づきの方も多いと思うが、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDは、広角端の10mm(35mm版15mm相当)で像面湾曲がある。サラダボウルをカメラの前に出したような感じの像面湾曲だ。中央が一番遠くでピントが合い、端っこに行くに従って合焦面が近づいてくる感じ。

前回の作例はオートフォーカスで51点を利用した、オートエリアAFモードで撮っている。ViewNX-i Ver 1.2.11 64bitでフォーカスポイントを表示させるとこのようになる。トンネルポータル面でピントが合っている状態。そしてプログラムAE(Pモード)にしていたにも関わらずF3.5の開放。

そのため写真左上の方の木がトンネルポータルよりも後ろにあり、かつ像面はそのあたりではかなり手前に倒れているので、ピントが外れて流れたように写っている。

この場合、もう少し絞って、かつピント位置をもう少し奥側に動かす必要があった。そうすれば左上の部分もなんとかピントが来るか像の流れが目立たないぐらいに留めて、かつ右側手前もピントが来るようにできたはずだ。

こういうときに高感度に強い新しいカメラの方が有利だ。この写真の場合、1/30秒 F3.5開放でISO400というやや薄暗い状況なので、絞るともっと高感度にするか三脚立ててスローシャッターを切るかする必要がある。バイクで行くときに三脚持って行くのは面倒なので、手持ちで撮るとすれば高感度にするしかない。

というわけで、もう少しAF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDを使いこなさないといけないですなぁ。

今回のこの記事を書くにあたって、写真家・大高隆氏のツイートが大変参考になった。
https://twitter.com/dannna_o/status/963060921496055811
https://twitter.com/dannna_o/status/963267930749218816


Nikon ViewNX-i Ver 1.2.11 64bitでフォーカスポイントを表示させたスクリーンショット月崎トンネル:Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、10mm、F3.5開放、1/30秒、手持ち撮影、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 400)、Capture NX-D 1.4.6で現像、AWB、ピクチャーコントロール:最新のピクチャーコントロール 風景、マルチパターン測光、51点AF-AUTO 、高感度ノイズ低減:標準

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索