iPhone7で撮った写真はニコンのViewNX-iとCapture NX-Dで表示できない(追記あり)2018年02月13日 00時00分00秒

月崎トンネル:Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、10mm、F3.5開放、1/30秒、手持ち撮影、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 400)、Capture NX-D 1.4.6で現像、AWB、ピクチャーコントロール:最新のピクチャーコントロール 風景、マルチパターン測光、51点AF-AUTO 、高感度ノイズ低減:標準

Twitterでもつぶやいておいたのだが、iPhone7で撮った写真をニコンのViewNX-i ver 1.2.10 64bitとCapture NX-D ver 1.4.6で表示しようとすると、一瞬画像が表示された後は真っ黒にしか表示されない。サムネイルも同様。Windows7 Professional SP1 64bit。【追記:22:50】ViewNX-i ver 1.2.11 64bit がリリースされていたのでインストールしたが、やはりiPhone7で撮った画像は一瞬表示された後に真っ黒になる。なお、Capture NX-D はバージョン1.4.6のままでアップデートはない。【追記ここまで】

これをViewNX 2 ver 2.10.3やWindowsフォトビューアーやGIMP2.8.22などで開くと普通に表示される。ただ、GIMP2.8の場合は、

画像 'xxxxxxxxxx.jpg' には次のカラープロファイルが埋め込まれています。

Display P3

この画像のプロファイルを RGB 作業用スペース(sRGB built-in)に変換しますか?

というダイアローグが出る。それで、iPhone7で撮影した画像にはDisplay P3というカラープロファイルが埋め込まれていることが分かった。GIMP偉いぞ。

GIMP2.8.22でiPhone7で撮影したDisplay P3というカラープロファイルを持つ画像を開いたときに出るメッセージ

このDisplay P3というカラープロファイルはApple独自のもので最近採用されたもののようだ。対応していないカラープロファイルをしれっと変換して表示する多くのソフトもよくないが、対応していないともなんともメッセージを出さずに真っ黒画像に表示してしまうViewNX-iとCapture NX-Dはかなり駄目駄目じゃないか。表示しないんならせめてGIMPのようになにかメッセージを出すべきだ。

なお、GIMP2.8で変換して保存した後はViewNX-iとCapture NX-Dでも画像は表示されるようになる。ほかの画像処理ソフトでもカラープロファイルをsRGBとかAdobe RGBのようなViewNX-iとCapture NX-Dが対応しているカラープロファイルに変換して保存すれば、ViewNX-iとCapture NX-Dでも画像は真っ黒にならずに表示される。

別にアップルの独自路線に付き合う必要はないと思うが、ViewNX-iとCapture NX-DでもGIMP2.8のようにメッセージを出して変換して表示して欲しいな。ちなみにViewNX 2からViewNX-iに乗り換えたのは、一つのフォルダに何千枚もの画像があると、ViewNX 2では表示に時間が掛かるようになったから。それ以外は別にViewNX 2で不満はないのだが。

【追記】この記事を書くにあたって、最新版であることをViewNX-iとCapture NX-Dそれぞれの「ソフトウェアのアップデート」で確認したが、アップデートは表示されなかったのでこの記事を書いたが、いまさっき「窓の杜」で「ViewNX-i」v1.2.11 (18/02/09)と「ViewNX-i & Capture NX-D」v1.18.010 (18/02/09)がリリースされていることを知った。アップデート情報 パッケージ・ドライバー関連 2月13日(窓の杜)参照。Nikon Message Centerってアップデートちゃんと知らせてくれない駄目ソフトなのか?今晩最新版にしてiPhone7の画像がどう表示されるかみてみる。【追記ここまで】【追記:22:50】冒頭に記したとおり、ViewNX-i v1.2.11でもiPhone7で撮った画像は表示されないのは同じだった。【追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。
月崎トンネル:Nikon D300S、AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED、Nikon NCフィルター、HB-23フード、10mm、F3.5開放、1/30秒、手持ち撮影、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 400)、Capture NX-D 1.4.6で現像、AWB、ピクチャーコントロール:最新のピクチャーコントロール 風景、マルチパターン測光、51点AF-AUTO 、高感度ノイズ低減:標準

月崎トンネルを通り過ぎて振り返ったところ。林道の行き止まり側から撮った月崎トンネルのポータル。

D300やD300Sの画像ってそれ以前やそれ以後の機種の画像に比べてあんまり人気のない写りだったりするのだが、Capture NX-Dで最新のピクチャーコントロールを使うと簡単にぱりっとした感じにできるのね。ピクチャーコントロールのポートレートもD300やD300Sのものよりも最新のピクチャーコントロールの方がやや彩度が高くコントラストも高い。状況に応じて使い分けできるとよいですな。ただ、スポーツ撮影の時はRAW(またはRAW + Jpeg)での撮影はちょっとやりたくないなぁ。ファイル量が膨大になって後で困る。RAWとJPEG同時撮影してからあとで必要なRAWだけ残すという手もあるが、取捨選択も面倒くさい。RAW撮影はこういうたまにしか撮らないといった時に限る。

【関連追記:2018年2月15日】
AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G EDの広角端像面湾曲 ― 2018年02月15日

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索