AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR、AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED新発売2017年06月06日 00時00分00秒

国立科学博物館筑波実験植物園(茨城県つくば市):Nikon F3、Ai Nikkor 28mm F2.8S(AI Nikkor 28mm f/2.8S)、F8AE、L37C、Kodak PORTRA400、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED、ICEありROCなしGEMなし

2017年05月31日にニコンが3本のレンズを発表した。

ニッコールレンズ「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」発表
ニッコールレンズ「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」発表
ニッコールレンズ「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」発表の3本だ。

広角好きとしてはうれしい。

しかし、AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRは、「AF-P」レンズなので、使えるボディが限られている。AF-Pレンズとの組み合わせについてによると、

・デジタル一眼レフカメラのD4シリーズ、D3シリーズ、D2シリーズ、D1シリーズ、D800シリーズ、D700、D610、D600、D300シリーズ、D200、D100、D90、D80、D70シリーズ、D60、D50、D40X、D40、D7000、D5100、D5000、D3200、D3100、D3000、およびフィルム一眼レフカメラでは使用できません。
・このレンズをD5500、D5300※、D3300※でお使いの場合は、カメラのファームウェアを最新版にバージョンアップしてください。
・D5、D810シリーズ、Df、D750、D7200、D7100、D5200、FT1を装着したNikon 1シリーズに装着してお使いの場合、ピント合わせを行った後にカメラの半押しタイマーがオフになると、再び半押しタイマーがオンになったときにピント位置が変わります。撮影時に再度ピント合わせを行ってください。マニュアルフォーカスでピント合わせからシャッターをきるまでに時間がかかる場合は、カメラの半押しタイマーを長めに設定しておくことをおすすめします。

とある。フラッグシップのD4シリーズでさえ対象外である。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRが本当によいレンズであるならば、D3300の中古を買ってAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR専用ボディにしてもいいと考える。ただ、D3300はAF-S、AF-P、AF-Iレンズ以外ではオートフォーカスが効かない上にファインダーはプアなので、AF-S、AF-P、AF-Iレンズ以外のレンズをマニュアルフォーカスで使うのは得策ではない。フィルム時代からのレンズが多い自分の場合だと、本当にAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR専用ボディになってしまう。

また、AF-Pレンズは、対応ボディで以外ではマニュアルピント合わせさえ不可能な仕様のようだ。

・カメラの電源がOFFのときやカメラの半押しタイマーがオフになったときは、フォーカスリングを回してもピント合わせはできません。また、ズームリングを回すとピントずれが生じます。ピント合わせをするときは、カメラの電源をONにするか、シャッターボタンを半押しして半押しタイマーをオンにしてから行ってください。

とすると、本当に完全に対応ボディでしか使えないレンズということになる。同じニコンのボディでも、非対応ボディだと装着してもピント合わせさえできない仕様ということだ。もちろんレンズ単体でのピント合わせもできない。そこまでしてほんの少し前のボディも排除したいのかと思う。ニコンのレンズは、機能制限の多い下級機で使うよりもマウントアダプターで他社のボディで使った方がAEが効いたりして使いやすい場合があるという逆転現象がある。その逆転現象を封じるために、そこまで制限掛けるのかとも思った。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRは、安価なのが救いだ。安いのでまだ許される。今後、値段の高いレンズにまでAF-Pレンズが増えてきたら要注意だろう。というか、ニコンは、最初は安いレンズやボディだけ制限が入っていて、「安いんだから仕方ない」と言っているうちにいつのまにかその仕様が拡大していくということを繰り返しているので、安心はできない。

そして、なによりも一番嫌なのが、こういう複雑な組み合わせを一言で言い表す方法がないことである。たとえば、何シリーズ以降なら可とかいった括りで説明できないぐらい複雑になっているのが嫌だ。以前から言っているが、私は知り合いにニコンのDSLRを勧めない。下級機のレンズキットを買って、あとで別のレンズを使いたいと思っても事実上使えないことが多いからだ。そんな悲しい思いをさせたくないからニコンは勧めない。こんな複雑な組み合わせ覚えろとかいきなり値段の高いカメラを買えというのは酷だ。それでも付いてくる奴はマニアだから勝手に沼に落ちるがよい(泣)。

ああ、時間がないのでEレンズについてはまた今度。


写真は記事とは関係ない。
国立科学博物館筑波実験植物園(茨城県つくば市):Nikon F3、Ai Nikkor 28mm F2.8S(AI Nikkor 28mm f/2.8S)、F8AE、L37C、Kodak PORTRA400、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED、ICEありROCなしGEMなし

少しマゼンタっぽいようで、こういう緑の多い被写体には向いていないような気がするが、あえて色調はいじらないようにした。というかいじりだしたら訳分からなくなるので。PORTRA400の雰囲気がよくでているということで。

以前も書いたが、Ai Nikkor 28mm F2.8S(AI Nikkor 28mm f/2.8S)は、寄れるのでこういう植物園ではこれ1本で満足してしまうなぁ。この光学系でAFレンズが出ないのはなにか構造上の支障があるのだろうか。以前は光学系の違うレンズがあるのはよいことだと思っていたが、デジタルになって光学系の違いよりもカメラとの相性やカメラの方の仕様で画像がなんとでもなってしまうので、どうでもよくなってしまった。

最近はカメラ側で歪曲収差の補正もしてしまうからどうでもよくなったが、このAi Nikkor 28mm F2.8S(AI Nikkor 28mm f/2.8S)は、一眼レフ用の広角レンズのなかでもかなり歪曲収差の小さいよいレンズだ。

コメント

_ ノーネームしたん ― 2017年06月06日 16時19分14秒

>こういう複雑な組み合わせを一言で言い表す方法がないことである。

もう仕組み知ってても説明しにくいですよねぇ、
信じてGタイプに変えたF6の人たちががっくりとしてますし…、
「不変のFマウントから不便のFマウントに」
とメーカーがキャンペーンをして周知徹底すればいいんでしょうけどね、

わざわざこんな仕組み入れてバカなんじゃないの?と、
もうあえて大きなカメラ買う人たちは周りの使ってる人にいろいろ聞いたりする人が多いから、
実際使ってて悪評出ると新たなユーザーもう入ってこないでしょうよ、
まあ新たにミラーレスにチャレンジとからしいので、
それでユーザーにいろいろと促す計画なのかもしれませんけどね、

でもよっぽどファンでない限り普通先行してる他の会社のを選ぶでしょうよ、
なんでわざわざユーザー切り捨てる会社のを選ぶ必要あるんかな?と。

旦那が新しいカメラ買って嫁が古いカメラ使って…とか、
ふつうよくあるでしょ?とか聞いてみたいですよ、
今後も新システムでこんな不便な事されるかもよー、
お前たち不安だろさあ買え!。

マリーアントワネット「同じシステムの新しいレンズが使いたければ新しいカメラを買えばいいんじゃないかしら?。」
それがマリー切腹前の辞世の句であった…。


>国立科学博物館筑波実験植物園

天〇寺実験動物園で産まれたHaniwaさんがこのような施設に立ち入ると捕獲される可能性が…

_ いつもとおりすがり ― 2017年06月06日 17時23分01秒

Haniwa様、皆様

上記のコメントの方と同じで、複雑すぎるのが問題で、それが楽しめなければ、ただの「骨折り損」かと。

例えるなら、NHKの「ブラタモリ」という番組で、タモリと女性アナが街を散策する時に、専門知識を有する現地案内人も登場し、史跡をみて昔の生活を想像し、趣きのある解説やおしゃべりで番組を盛り上げるわけですが、あれくらいの好奇心や集中力と、時間や労力に余裕/ゆとりが無ければ、今日の「超」複雑化(必ずしも「進化」ではない)したデジタルカメラ及びデジタル写真は、ものにならないでしょう。

第三者の目からすれば、「そんなにクソ面倒な作業の何が面白いの?」という次元です、すでに。(もっとも、「歴史」が繋がっていて、今日に活かされていれば、利用者/消費者らの気持ちも高まるでしょうけれど、「寸断」されたものばかりをみせられても、気が滅入るだけかと)

_ Haniwa ― 2017年06月07日 08時56分36秒

■ ノーネームしたん様
>「不変のFマウントから不便のFマウントに」

よいキャッチフレーズですね(泣)。

Gタイプのときも最初はAF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6Gみたいな安価なキットレンズだけだったんですよね。

検索しましたら、2002年に自分が書いた記事が上位に(笑)。
ttp://www.asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/essays/essay2.html

>わざわざこんな仕組み入れてバカなんじゃないの?と、

そう思いますね。究極のexclusiveなレンズですよ。
まあ1 NIKKORレンズだって単体だと何もできないレンズだから一緒だと思っているのかもしれません。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRがよいレンズならばとD3300かD3400買うとします。すると自分の手持ちだと18-55mm VRしか使えるレンズがないので、不便だからとAF-Sの55-200mmとか55-300mm買うことになります。結局キヤノンで新しいカメラとレンズ揃えるのと同じですね。 EOS Kiss買って何本かレンズ揃えるのとかわらないです。だったら、こんなうざいシステム捨ててキヤノンに移行しようかとも思いますね。NikkorのMFレンズはキヤノンでも使えますし。こういうことがずっと繰り返されるんですよ、ニコンは。

>でもよっぽどファンでない限り普通先行してる他の会社のを選ぶでしょうよ、
>なんでわざわざユーザー切り捨てる会社のを選ぶ必要あるんかな?と。

そうですよね。ニコンはカメラ関係の広告量が多いしプロのユーザーが多いので、あまり酷評されませんが、これはもう一般人の買うシステムじゃないと思いますね。

>旦那が新しいカメラ買って嫁が古いカメラ使って…とか、
>ふつうよくあるでしょ?とか聞いてみたいですよ、
>今後も新システムでこんな不便な事されるかもよー、
>お前たち不安だろさあ買え!。

御意に。ずっと不安ですし、結局値段の高いものを買うはめになりますよね。
高い物買っても、切り捨てられるんですけどね。D4シリーズとか。

ニコンのDXレンズってFXカメラでもクロップで使えますから、高画素時代になってFXボディにDXレンズという使い方ができるようになりました。でもD610ってAF-Pレンズ使えないんですよね。私はD600、D610っていいカメラだと思っています。Nikon EM的なカメラだと思います。なんか、工夫して安くよい写真を撮る手段を周到に消して回っているような気がします。

>マリーアントワネット「同じシステムの新しいレンズが使いたければ新しいカメラを買えばいいんじゃないかしら?。」
>それがマリー切腹前の辞世の句であった…。

介錯仕りますっ!(泣)

>天〇寺実験動物園で産まれたHaniwaさんがこのような施設に立ち入ると捕獲される可能性が…

自由に荒廃じゃなかった交配させて実験してるんですよ(何を?)。

ちなみに国立科学博物館の研究部門は、上野じゃなくて筑波にあるんですよ。奥の方に研究部門がほんの少しだけ見られるようになっているところがあります。

_ Haniwa ― 2017年06月07日 09時08分41秒

■ いつもとおりすがり様
>上記のコメントの方と同じで、複雑すぎるのが問題で、それが楽しめなければ、ただの「骨折り損」かと。

そうですね。楽しめる人は楽しんでほしいと思います。

>例えるなら、NHKの「ブラタモリ」という番組で、タモリと女性アナが街を散策する時に、専門知識を有する現地案内人も登場し、史跡をみて昔の生活を想像し、趣きのある解説やおしゃべりで番組を盛り上げるわけですが、あれくらいの好奇心や集中力と、時間や労力に余裕/ゆとりが無ければ、今日の「超」複雑化(必ずしも「進化」ではない)したデジタルカメラ及びデジタル写真は、ものにならないでしょう。

御意に。

既に多くの人が、まともに取り組んだらデジタルの方が圧倒的に金も時間も掛かる、と断言していますね。

>第三者の目からすれば、「そんなにクソ面倒な作業の何が面白いの?」という次元です、すでに。

まさに仰るとおりです。これ、ほかのメーカーのユーザーからしたら「そんなに虐められてまでどうしてニコンのカメラなんか使うの?」
というレベルですよね。何かが狂っているとしか思えません。

>(もっとも、「歴史」が繋がっていて、今日に活かされていれば、利用者/消費者らの気持ちも高まるでしょうけれど、「寸断」されたものばかりをみせられても、気が滅入るだけかと)

ニコンがニコンミュージアムをつくって、いま「創立100周年記念企画展 第2回『カメラ試作機~開発者たちの思い』」なんてやっているのも、寸断されている現実から目を逸らさせて歴史が繋がっていることにしたいんだろうなと思っています。

_ いつもとおりすがり ― 2017年06月07日 14時15分51秒

Haniwa様

>まともに取り組んだらデジタルの方が圧倒的に金も時間も掛かる、と断言

時代は、IoTなので、「維持」を考えたら、今後、もっとクソ面倒になるでしょう。だからこそ、逆に、個人の「負担」を減らすために、カメラくらい、もっと自由で独立したものであってほしい。(毎度のファームアップなどとは、無縁の)

>「そんなに虐められてまでどうしてニコンのカメラなんか使うの?」というレベル

最初の段階では、「餌まき」であることには変わりないと思うのですが、新たな消費者/購買者を「囲い込み」で「獲得」できたら、従来のように気を利かせて(?)過去の膨大な「資産」に誘導するのではなく、より厳しい条件を課し、「また新しいのを買え」と迫っているだけですね。

「互換性を断つ」というのは、ある意味、アップルのような企業の真似をしているつもりなのかもしれませんが、中途半端に消費者らを怒らせているだけでしょう。

>『カメラ試作機~開発者たちの思い』」なんてやっているのも、寸断されている現実から目を逸らさせて歴史が繋がっていることにしたいんだろう

デジタル時代では、商品の試作機を渡してお金を少し払えば、「フリー」の写真家や記者らが綿密なレビュー「広告」記事や動画を自作し、配信し続けてくれるので、企業の側は、あぐらをかいていられるのだと思います。「物語」は、どんどん膨らむ。

_ タロウカジャ ― 2017年06月08日 18時18分19秒

AF-Pレンズは、立ち遅れているライブビュー撮影を改善するために下位の機種にキットレンズでまず登場させたようです。D4クラスを使う方は購入しないだろうと想定しているのでしょう。
以前も述べましたように、ニコンの開発能力と営業サイドの要求が相変わらずよくないのでしょう。ニコン1Vシリーズの迷走をDシリーズでもやってほしくないですね。
D5500は、旧製品ですが、GPS内蔵のD5300は、AF-Pレンズをキットにして現行製品で販売しています。気持ちの悪い販売戦略です。D7500が、D7200の後継機でないことも同様です。ニコン本体は、売る物が無くて大変な状態の様ですから愛好者の意見など取り入れる余裕がないのでしょう。所詮道具ですし、賞味期限の極めて短いものですから、必要なものを適当にピックアップしてお付き合いしましょう。レンズもDX16-85mm、DX40mm、FX70-300mmで本当は十分なのですが、なぜか増殖します。

_ めがねのパイロット ― 2017年06月08日 21時47分49秒

 Haniwa様、皆さま

 週末は知り合いの管楽コンサートで、市民ホールを駆け回りました。
 こういうクラシック系の音楽だと、一眼レフのシャツター音が気になるのは、自分だけですかね・・・

 AF-Pレンズ、なんか今思うとGタイプがかわいく感じられるのは、印象操作でしょうか?(笑)

 そこまで過去を切り捨てて、何を手に入れようとしているのか?
 よく分からないですね。

 本当に、勧めにくいメーカーです。
 それでもなお自分が使い続けるのは、過去がまだあるからですね。
 そこからの未来がないとしても、今のままでもまだ続けられる機材であるからこそ。

 どこで目が覚めるのか?
 本当にしっかりして欲しいですね。

_ ノーネームしたん ― 2017年06月09日 17時09分54秒

某所でニコンが富士に救済されるという噂が…、
まあそんなことないとは思いますが(たぶん)、
しかし富士もいろいろと厄介なことになっていて……、
各社の販売数とかもいろいろとあって混沌としてきましたね、
これはもう笑えないなぁ。

いっそフィルムの販売促進として、買収後は絞り環ありのレンズしか作らないという風に…

_ タロウカジャ ― 2017年06月18日 03時19分09秒

ニコン100周年記念ミニチュアカメラ ニコンF を予約しました。撮影機能がないのが残念ですが不満はありません。ただし、ニコンのカメラの総てが飾っておくだけにならないように念じております。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索