AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR、AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED新発売2017年06月06日 00時00分00秒

国立科学博物館筑波実験植物園(茨城県つくば市):Nikon F3、Ai Nikkor 28mm F2.8S(AI Nikkor 28mm f/2.8S)、F8AE、L37C、Kodak PORTRA400、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED、ICEありROCなしGEMなし

2017年05月31日にニコンが3本のレンズを発表した。

ニッコールレンズ「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」発表
ニッコールレンズ「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」発表
ニッコールレンズ「AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED」発表の3本だ。

広角好きとしてはうれしい。

しかし、AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRは、「AF-P」レンズなので、使えるボディが限られている。AF-Pレンズとの組み合わせについてによると、

・デジタル一眼レフカメラのD4シリーズ、D3シリーズ、D2シリーズ、D1シリーズ、D800シリーズ、D700、D610、D600、D300シリーズ、D200、D100、D90、D80、D70シリーズ、D60、D50、D40X、D40、D7000、D5100、D5000、D3200、D3100、D3000、およびフィルム一眼レフカメラでは使用できません。
・このレンズをD5500、D5300※、D3300※でお使いの場合は、カメラのファームウェアを最新版にバージョンアップしてください。
・D5、D810シリーズ、Df、D750、D7200、D7100、D5200、FT1を装着したNikon 1シリーズに装着してお使いの場合、ピント合わせを行った後にカメラの半押しタイマーがオフになると、再び半押しタイマーがオンになったときにピント位置が変わります。撮影時に再度ピント合わせを行ってください。マニュアルフォーカスでピント合わせからシャッターをきるまでに時間がかかる場合は、カメラの半押しタイマーを長めに設定しておくことをおすすめします。

とある。フラッグシップのD4シリーズでさえ対象外である。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRが本当によいレンズであるならば、D3300の中古を買ってAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR専用ボディにしてもいいと考える。ただ、D3300はAF-S、AF-P、AF-Iレンズ以外ではオートフォーカスが効かない上にファインダーはプアなので、AF-S、AF-P、AF-Iレンズ以外のレンズをマニュアルフォーカスで使うのは得策ではない。フィルム時代からのレンズが多い自分の場合だと、本当にAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR専用ボディになってしまう。

また、AF-Pレンズは、対応ボディで以外ではマニュアルピント合わせさえ不可能な仕様のようだ。

・カメラの電源がOFFのときやカメラの半押しタイマーがオフになったときは、フォーカスリングを回してもピント合わせはできません。また、ズームリングを回すとピントずれが生じます。ピント合わせをするときは、カメラの電源をONにするか、シャッターボタンを半押しして半押しタイマーをオンにしてから行ってください。

とすると、本当に完全に対応ボディでしか使えないレンズということになる。同じニコンのボディでも、非対応ボディだと装着してもピント合わせさえできない仕様ということだ。もちろんレンズ単体でのピント合わせもできない。そこまでしてほんの少し前のボディも排除したいのかと思う。ニコンのレンズは、機能制限の多い下級機で使うよりもマウントアダプターで他社のボディで使った方がAEが効いたりして使いやすい場合があるという逆転現象がある。その逆転現象を封じるために、そこまで制限掛けるのかとも思った。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRは、安価なのが救いだ。安いのでまだ許される。今後、値段の高いレンズにまでAF-Pレンズが増えてきたら要注意だろう。というか、ニコンは、最初は安いレンズやボディだけ制限が入っていて、「安いんだから仕方ない」と言っているうちにいつのまにかその仕様が拡大していくということを繰り返しているので、安心はできない。

そして、なによりも一番嫌なのが、こういう複雑な組み合わせを一言で言い表す方法がないことである。たとえば、何シリーズ以降なら可とかいった括りで説明できないぐらい複雑になっているのが嫌だ。以前から言っているが、私は知り合いにニコンのDSLRを勧めない。下級機のレンズキットを買って、あとで別のレンズを使いたいと思っても事実上使えないことが多いからだ。そんな悲しい思いをさせたくないからニコンは勧めない。こんな複雑な組み合わせ覚えろとかいきなり値段の高いカメラを買えというのは酷だ。それでも付いてくる奴はマニアだから勝手に沼に落ちるがよい(泣)。

ああ、時間がないのでEレンズについてはまた今度。


写真は記事とは関係ない。
国立科学博物館筑波実験植物園(茨城県つくば市):Nikon F3、Ai Nikkor 28mm F2.8S(AI Nikkor 28mm f/2.8S)、F8AE、L37C、Kodak PORTRA400、Nikon SUPER COOLSCAN 5000ED、ICEありROCなしGEMなし

少しマゼンタっぽいようで、こういう緑の多い被写体には向いていないような気がするが、あえて色調はいじらないようにした。というかいじりだしたら訳分からなくなるので。PORTRA400の雰囲気がよくでているということで。

以前も書いたが、Ai Nikkor 28mm F2.8S(AI Nikkor 28mm f/2.8S)は、寄れるのでこういう植物園ではこれ1本で満足してしまうなぁ。この光学系でAFレンズが出ないのはなにか構造上の支障があるのだろうか。以前は光学系の違うレンズがあるのはよいことだと思っていたが、デジタルになって光学系の違いよりもカメラとの相性やカメラの方の仕様で画像がなんとでもなってしまうので、どうでもよくなってしまった。

最近はカメラ側で歪曲収差の補正もしてしまうからどうでもよくなったが、このAi Nikkor 28mm F2.8S(AI Nikkor 28mm f/2.8S)は、一眼レフ用の広角レンズのなかでもかなり歪曲収差の小さいよいレンズだ。

FlashAir SD-UWAシリーズ<W-04> をRicoh GRで使う(追記あり)2017年06月23日 00時00分00秒

無線LAN搭載 FlashAir SDHC/SDXCメモリカード (SD-UWAシリーズ<W-04>)

コメントのお返事ができていなくてすみません。もう少しお待ちください。m(_ _)m

【Eyefi連動機能搭載の第4世代FlashAir】
無線LAN転送機能付きSDHCカード、東芝FlashAir SD-UWAシリーズ<W-04>の32GBを買ってみた。2017年6月17日に発売になったばかりのものだ。

【android 4.4.4(FlashAirアプリ3.2.1)とRicoh GR(FlashAir W-04)の場合】
androidの7インチタブレットNexus7(2012)kitkat 4.4.4にFlashAirバージョン3.2.1をインストールした。

Ricoh GR側のEyefi連動メニューは【追記:2017年6月28日】現れないなぜか現れるようになった【追記ここまで】が(W-04はEyefi連動機能搭載がウリ)、android FlashAir側からすべての操作はできた。【追記:2017年6月28日】Ricoh GR側のEyefi連動メニューは、再生モードの時にのみ「セットアップ」メニューの一番下に現れる。撮影モードの時にはEyefi連動メニューは出ない。ややこしやややこしや。これでWi-Fi電波をON/OFFにできるようになる。ただし、設定後は一回カメラの電源を入れ直す必要がある。【追記ここまで】【追記:2017年6月30日】再生モードの時のみEyefi連動メニューが出ると思ったのだが、必ずしもそうではないようだ。再生モードでメニューにEyefi連動メニューが現れていないときに、撮影モードに切り替えたらEyefi連動メニューが出てきた。要するに最初にメニュー出した時点でEyefi連動メニューは現れず、再生ボタンを押してモードを切り替えるとメニューにEyefi連動メニューが現れるようだ。これはGRの説明書にEyefi連動メニューについての説明がないし、FlashAir側の説明もないので、よく分からないところだ。まあちゃんと使えているのでよしとする。【追記ここまで】

【Windows7 Pro SP1 64bit(FlashAir 設定ソフトウェアV4.0.0)とRicoh GR(FlashAir W-04)の場合】
Panasonic Let'snote SX2 Windows 7 Professional SP1 64bitにFlashAir_tool_v400.zipから解凍したインストールファイルを実行して、「FlashAir 設定ソフトウェア」をインストールしたが、Windows側のFlashAir 設定ソフトウェアからRicoh GRのFlashAirを見つけることができず、一切先に進まない。

パナソニックのレッツノートは、無線関係をパナソニック独自の「ネットセレクター3」というアプリで管理しているので、「FlashAir 設定ソフトウェア」が無線LANを利用できないのではないかと思った。Windows標準の無線LAN管理にしたら使えるのではないかと思うが、まだやっていないというかネットセレクター3からWindows標準の無線LAN管理に変更する仕方が分からない。あとで調べてやってみる。

まあ、レッツノートはSDカードスロットがあるので、無線LANで画像転送できなくても困らないのだが。

【まとめ】
とりあえず、無線LAN搭載 FlashAir SDHC/SDXCメモリカード(SD-UWAシリーズ<W-04>)動作確認機器一覧にRicoh GRはないが、少なくともandroid 4.4.4では使えることが分かった。

リコーGRで使えなかったら、動作確認機器一覧に載っているNikon 1 V1で使うつもりだったが、GRで使えてよかった。

ひきつづきWindowsとFlashAir W-04とが接続できない原因を探っていきたい。

【追記:2017年6月24日】
なんと、Windows用の「FlashAir 設定ソフトウェア」は、PCのカードスロットにFlashAirを挿入して設定するもののようだ。だったら、FlashAir 設定ソフトウェア起動したときに「SDカードスロットにFlashAirを挿入してください」とメッセージが出るべきだろ。挿入したらFlashAir 設定ソフトウェアが起動して設定メニューが出てくるようになったが、すでにandroidの方でFlashAirの設定は済ませているので意味がなかった。オレはWindowsのPCとカメラに入ったままのFlashAirとを接続したいのだが、それはどうすればいいのか分からない。なんじゃこれ。ちなみに対応機器に列挙されているNikon 1 V1にFlashAirを挿入してもレッツノートとFlashAirの間の無線接続はできなかった。ネットセレクターにFlashAirのSSIDとパスワードを設定して接続はできるが、SDカードの中身は見えないし、ネットワークにFlashAirは現れない。なんじゃこれ。【追記ここまで】

【さらに追記:2017年6月24日】
やっとわかった。ネットセレクター3でSSIDとパスワードを入れてFlashAirに接続して、ブラウザでhttp://flashair/にアクセスするとSDカードの中身が見えるワイヤレスデータ転送機能のブラウザでの使い方参照。ただし、うちの環境ではFlashAirに接続したら「自動的にhttp://flashair/のページにジャンプ」はしない。ということで、Windowsではスマホやタブレットのように何かのアプリケーションで転送される訳じゃないようだ。サードパーティの自動転送できるWindowsアプリケーションもあるようだが、全部転送したりするような使い方はしないので(それだったらSDカードスロットに入れて転送する)、このブラウザでSDカード内が見えて転送できる方法で十分だ。http://flashair/をブックマークしておけばいい。というかそういう根幹に関わることは紙の説明書に書いておけよ。【さらに追記ここまで】

【さらにさらに追記:2017年6月24日】
ということで、androidでもWindowsでもRicoh GRでFlashAir SD-UWAシリーズ<W-04>は使えた。GRに備わっていたEyefi連動機能【追記:2017年6月28日】が使えないのメニューは現れるが自動転送か個別転送か1個1個かを選べるメニューが出るだけ【追記ここまで】だ。これは、FlashAir側の無線機能のON/OFF機能で、FlashAirのSDカード内にある特別な画像にプロテクトを掛けるか掛けないかで代用できるので、GRでの実用上の問題はない。というかEyefiとFlashAirって元々別のものだったので、Eyefi連動機能が使えなくてもなんの問題もない。【さらにさらに追記ここまで】【追記:2017年6月25日】リコーGRにFlashAir入れてWiFiがONになっているときは、背面の液晶モニターに小さくWiFiの扇形マークが出ていることを確認した。【追記ここまで】

ちなみに FlashAir SD-UWA(W-04)の中の紙の説明書は、アプリをインストールしてあとはアプリに従ってくれとしか書かれていない(ほかはごたごたと一般的な注意書きばかり)。アプリをインストールしても、カメラの中のFlashAirと無線接続できないとPCのカードスロットにFlashAirを挿入していないとアプリは先へ進まずなにもできない(Windows用のアプリの場合ヘルプも参照できないし、カードを挿入してくださいとも出ない)。こんなんでいいのか。

【追記】 androidに画像を転送できたとしても、そのままだと画像サイズが大きいのと、Exifを削除したくて、Adobe Photoshop Expressという無料アプリを入れてみた。色を色々いじくるメニューはあるのに、リサイズとか「web用に保存」とかなさそうだった。せっかくリコー様がこれがいいという色を出してくれているのに、変な色にする機能しかないとはけしからん。

【追記:2017年6月28日】
Adobe Photoshop Expressはしばらくしたら、androidの通知領域に画像修正の続きをしませんかといって、勝手に起動するお行儀の悪いソフトウェアだったのでアンインストールした。代わりにPhoto Editorという無料のアプリを入れた。こちらの方がリサイズとExif情報消し機能があって、お行儀もよいソフトウェアなので良い。【追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索