Firefox 52.0.1(32bit)で読み込みが遅いので64bit版にした2017年03月21日 00時00分00秒

石廊崎・売店跡:Ricoh GR、ワイコンGW-3使用、13.7mm(21mm相当)、F5.6、1/250秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

ブラウザのFirefox(Windows用32bit版)がアップデートしてバージョン52.0.1になったのだが、どうにも読み込みが遅いので、64bit版にしたら快適になった。環境はWindows 7 Professional SP1 64bit。

以前はFirefoxも64bit版を入れていたのだが、32bit版と動作は変わらないのにメモリーが倍近く消費するので、あるときから32bit版にしていた。当時はFirefox 64bit版は完成度が低く限りなくベータ版に近いといわれていた。

今回Firefox 64bit版にしてもメモリーの消費が32bit版とほとんど変わらないか、64bit版の方がやや少ないぐらいの感じであったので、Firefox 64bit版52.0.1に完全に移行した。

Firefox 32bit版を64bit版にするには、https://www.mozilla.org/ja/firefox/all/?q=Japaneseから、64bit版をダウンロードしてインストールする。これで32bit版のブックマークやアドオンの設定などがまるまる引き継がれていた。

そのうえで、コントロールパネルの「プログラムと機能」から x86 が含まれる Mozilla Firefox の項目をアンインストールすると、32bit版のFirefoxがアンインストールされる。

なぜ32bit版のFirefoxバージョン52.0.1で読み込みが遅くなったのかは分からないが、その前のバージョン52.0では普通に使えていた。

Firefox 64bit版52.0.1はメモリー使用量も以前と同じかやや少なめで、サクサクと動くので、この機会に64bitにできてよかった。

【追記:2017年3月22日】
Firefoxセキュリティアドバイザリ Firefox 52.0.1 で修正済み

Firefox 52.0.1 で修正済み
MFSA 2017-08 createImageBitmap() における整数オーバーフロー
【追記ここまで】

【自分用メモ:2017年3月23日】 about:configで"network.http.spdy.enabled.http2"を"false"にしてみた。(Firefox Windows用64bit 52.0.1)
【自分用メモここまで】

【自分用メモ:2017年3月31日】
[Go Faster] Intent to implement & ship: disable network predictor prefetch
network.predictor.enable-prefetchをfalseに。
【自分用メモここまで】

【追記:2017年3月25日】
Adobe Flash Player 25.0.0.127とFirefox 52.0.1(64bit)の組み合わせでFlash部分が真っ白になったり真っ黒になったりすることがあるので、ベータ版の53.0b6にした。
Firefox 52.0.1(64bit)からベータ版53.0b6にしてみた ― 2017年03月25日
【追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。
石廊崎・売店跡:Ricoh GR、ワイコンGW-3使用、13.7mm(21mm相当)、F5.6、1/250秒、プログラムAE、ISO-AUTO(ISO 100)、AWB、画像設定:スタンダード、スポットAF

SDカードを入れ忘れて、内蔵メモリーで撮ったうちの1枚。ジャングルパークの入口脇にあった売店も閉店していて寂しい感じ。売店も再整備する計画と聞いている。がんばれ石廊崎!

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索