”写ルンです”30thアニバーサリーキット購入2016年04月15日 00時00分00秒

”写ルンです”30thアニバーサリーキット

レンズ付きフィルム”写ルンです”の発売30周年ということで「”写ルンです”30thアニバーサリーキット」が2016年4月8日から数量限定で発売されている。

ヨドバシドットコムに在庫があったので、1個購入した。お一人様2個までと書いてあったので2個買おうとも思ったが、より多くの人が楽しんだ方が良いと思い、1個だけ買った。

内容は、”写ルンです”30thアニバーサリーキット(富士フイルム)に詳しい。

1.シンプルエース(1本)
2.着せ替えカバー(1個)
3.ストラップ(1個)
4.小冊子(1冊)

「写ルンです」は1986年7月1日発売開始らしい。自分が初めて「写ルンです」を買ったのは、たしか1988年末あたりだと思う。1987年にISO400の「写ルンですHi」が発売されていて、その「写ルンですHi」が最初に買った「写ルンです」だと記憶する。

小冊子の中身は、「着せ替えカバーの取り付け方」と「フラッシュを使う時を知っとこう」(「知っておこう」じゃないところがアレですな)と歴代「写ルンです」の外観写真をランダムに並べたクイズ(古い順から並べてみよう)。

そういえば、その後オフロードバイクに乗って林道を走り回っていたときも、「写ルンです」は大活躍した。最初、コンパクトフィルムカメラを持っていた友人に撮影を依存していたのだが、ウエストバッグに大事に入れていたにもかかわらず、林道走行の振動で壊れてしまった。それで、「写ルンです」を導入。これは暑くても寒くてもシャッターが切れるし、ガレた林道の走行でも壊れなかった。今思うと、林道の写真をもっと撮影しておけばよかったなぁ。走り回るのがメインで、なかなか撮影する気にならなかった。

さらに思い出したが、ツーリング仲間に写ルンですを渡して撮ってもらうと、ファインダーが素通しなので(初期のものはプラスチックレンズもない本当の素通しファインダーだった)、「なんだよ、これ、穴空いてるだけなのか」とか言われた(笑)。それだと覗き方でかなり違って見えるので、その後2枚のプラスチックレンズで真ん中に○印のついたものに改善された。これは両方の○が重なって見えると中央から覗いていることになるというものであった。

写ルンです特設サイトの写ルンです 30thアニバーサリー:楽しみ方には、「画像データにすれば、楽しさどんどん広がる。」とあって、「フジカラーCD」を勧めている。フジカラーCDは、田中長徳氏のブログで画質がアレだったものが、他社のノーリツ鋼機のスキャンに変わったら劇的に画質が向上したという記憶があるのだが、改善しただろうか(CD書き込みサービス、ノーリツと富士 ― 2010年04月30日参照)。

コメント

_ ノーネームしたん ― 2016年04月17日 14時15分41秒

「うつるんです(アホが)」は乱暴に扱ってもたぶん大丈夫な強さとか気軽さが良いですよね、
防水の写ルンですとかああいうので海に行っても気楽です、
たとえ防水であってもスマホをうっかり落としたのを踏んでしまうとかありえますし。

_ いつもとおりすがり ― 2016年04月20日 17時04分44秒

Haniwa様、皆様

災害が起こるたび考えるのですが、やはり、大切にとっておくための写真はネガで撮影、ネガスキャンもして、プリントはアナログとデジタル両方で。そしてデジタルファイルを安全な場所に分散。それくらいでないと安心できません。

で、今回の地震でセンサー生産すらできなくなるようでは、自転車操業のデジカメ開発販売競争は止めるべきです。この経済モデルは、少なくとも、これだけ災害多発の日本国内には適していないと結論づける必要があるでしょう。いつまでもこんなことやっていたら、投資家も逃げます。

_ タロウカジャ ― 2016年05月17日 10時22分04秒

固定焦点、フィルムのラチチュードに任せる。明るさが足りない時はストロボを発光させる。勿論逆光にも有効。
写真をとるにはこの程度で足りるということなんですね。
ハイスペックのデジタルカメラを使用していてとかく忘れてしまいがちです。
時に、フィルムカメラに広角レンズをセットしてほぼ固定焦点、露出も時々表示をチェックしてシャッタースピードを直すぐらい。撮影に専念できます。

_ いつもとおりすがり ― 2016年05月17日 13時44分53秒

皆様

この手の「レンズカメラ」は今でも下手な防水デジカメより写りがいいと思います。真夏の晴天下の海辺で撮ったものでハズレはないです、自身の体験から言えば。ずいぶん前のことですが、一時、オリンパスのミューIIと併用し、浜辺ではオリンパス、遊泳中にはレンズカメラをと使い分けていましたが、どちらもフィルムはコダックで、好みの色でした。

防水デジカメもせめて一インチ前提でシンプルな機能に限定すれば、それなりに魅力はあるとは思うのですが。

_ いつもとおりすがり ― 2016年05月18日 13時05分05秒

皆様

「レンズカメラ」から少し話がそれますが、スナップ写真は本来、その用途や使い方、保管方法などもっとシンプルだったはずです。しかし、デジタルになってから常に「セキュリティ」が問題になり、どんどん発展していく中で、問題も増え続け、大きくなるばかりのような:

<アイクラウド侵入>芸能人私的写真のぞき見…容疑者逮捕
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00000025-mai-soci

_ タロウカジャ ― 2016年05月18日 15時47分41秒

道具が高性能になって、いつのまにかスペックを追いかけてしまい。壊れてもいないのに陳腐化を理由に買い替え(買い増し)をしてしまいます。撮った写真もプリントで残せばいいのにハードディスクに膨大な量を保管しており、システム変更の際は大変です。そんなにいらないですよね。保管場所から溢れるカメラとレンズを横目にD500やD7200のカタログで検討している。楽しくも悲しい光景ですな。

_ とんかつ ― 2016年05月19日 17時10分43秒

Haniwa 様 皆様

四五年前から、もっと前からヒマラヤに写ルンですを持っていく人。
押せば寒さ風、電源に関係なくシャッターが切れる。しかも写っている。もう少し前にプリクラが流行って、若くて美しいお嬢さん達の必需品に近かった。

今でもコンビニの定番から落ちない。凄い。

_ Haniwa ― 2016年05月31日 16時24分28秒

お返事が遅れてすみません。
■ ノーネームしたん様
>乱暴に扱ってもたぶん大丈夫な強さとか気軽さが良いですよね、

そうなんですよ。大昔に林道ツーリングに持って行ったときにそのシンプルさに気づきました。シンプルイズベストなんですよね。

■ いつもとおりすがり様
>災害が起こるたび考えるのですが、やはり、大切にとっておくための写真はネガで撮影、ネガスキャンもして、プリントはアナログとデジタル両方で。そしてデジタルファイルを安全な場所に分散。それくらいでないと安心できません。

そうなんですよね。でもクラウドとかその事業そのものの存続の方が短かったりして危ないような気がします。

長く持つ媒体にコピーして各地の親戚中に送りつけるとかがいいような気がします。

>で、今回の地震でセンサー生産すらできなくなるようでは、自転車操業のデジカメ開発販売競争は止めるべきです。この経済モデルは、少なくとも、これだけ災害多発の日本国内には適していないと結論づける必要があるでしょう。いつまでもこんなことやっていたら、投資家も逃げます。

日本に向いていたとしてもいずれ新興国に抜かれて廃れると思います。

常に最新の製品を追う一方で、日常使う製品は安かろう悪かろうになっていっていると思います。最新でなくてもいいから、値段が少し張ってもある程度長く使えるような製品を作って欲しいです。デジカメはフィルムカメラとは別に棲み分けできたのに、カメラメーカーがデジカメに移行させようとやっきになった時期に道を誤ったと思っています。京セラが撤退しコニカミノルタが撤退した頃がターニングポイントかなぁと思っています。

■ タロウカジャ様
>固定焦点、フィルムのラチチュードに任せる。明るさが足りない時はストロボを発光させる。勿論逆光にも有効。
>写真をとるにはこの程度で足りるということなんですね。

写ルンですはネガフィルム使用なので、露出不足だとやっぱり画質が悪くなりますが、ピーカンで露出オーバー気味のものは結構いけると思います。

タイムラグも小さいですし、究極のスナッパーですよね。

そういう意味では、コニカミノルタの「撮りっきりコニカMiNi WaiWai ワイド」がなくなってしまったのは非常に残念です。17mm F11 2群2枚のレトロフォーカス型レンズでした。富士はこういうのやらないですよねぇ。

_ Haniwa ― 2016年05月31日 16時24分55秒

■ いつもとおりすがり様
>この手の「レンズカメラ」は今でも下手な防水デジカメより写りがいいと思います。真夏の晴天下の海辺で撮ったものでハズレはないです、自身の体験から言えば。

晴れていればかなりきれいに写りますよね。私はネガは少し露出オーバー気味の方が好みなので。

防水デジカメは写りがアレなものが多いので、よくよく吟味しないといけないのが残念なところですね。うちのあまり撮らないうちにお亡くなりになったCOOLPIX S30もかなり残念画質でした。

>デジタルになってから常に「セキュリティ」が問題になり、どんどん発展していく中で、問題も増え続け、大きくなるばかりのような:

クラウドって侵入の危険もあるのですが、それ以前にDVD-ROMの寿命よりも前にサービスが終わってしまうような気がして安心できません。安価に無制限に保存できるわけでもないですし。いま、メインの保存媒体がHDDなんですが、HDDに入る容量のデータのバックアップがHDDぐらいしかないのが悩みです。

■ タロウカジャ様

>道具が高性能になって、いつのまにかスペックを追いかけてしまい。壊れてもいないのに陳腐化を理由に買い替え(買い増し)をしてしまいます。撮った写真もプリントで残せばいいのにハードディスクに膨大な量を保管しており、システム変更の際は大変です。

御意に。プリントで残すには自分は写真多すぎです(泣)。でも最近フエルアルバムにプリントを貼る決意をしてヨドバシに買いに行ったのですが、あんまり種類ないんですね。自分としてはフエルアルバムのように上からシールで抑えるのではなく、もっと以前のアルバムのように台紙に写真ボンドとか三角コーナーで写真を止めるようなのがいいかなと思ったんですが、ヨドバシで見つかりませんでした。店員さんも「最近はそういうタイプは見ないですね」と。

■ とんかつ様
酷寒の地ではいまでもデジカメは動かないですからね。

以前このブログでも石川直樹氏の記事を紹介したことがありました。

「僕にとって写ルンですは、最後の頼みの綱。最強ですね。」(写真家・石川直樹氏) ― 2011年08月02日
ttp://haniwa.asablo.jp/blog/2011/08/02/6006710

5年前ですが、いまでもそうなんでしょうかね。

>今でもコンビニの定番から落ちない。凄い。

そう言われればそうですね。どこのコンビニでもぶら下がってますね。
すごいことです。

昔ISO800やISO1600のネガカラーが単体発売される前に「写ルンです」にだけ先に搭載されていたときがありました。ダークバッグでそこから未使用の超高感度フィルムをとりだして使うのが流行りました。

今後、出先でフィルムが切れたら「写ルンです」を買ってフィルムをとりだして使うことがあるかもしれません。注意点は、写ルンですは未撮影だとパトローネからフィルムが全部引き出されていることです。そのまま分解すると感光します。あとフラッシュ用のコンデンサで感電しないこと、でしょうか。できれば写ルンですはそのまま使いたいですが。

_ いつもとおりすがり ― 2016年05月31日 20時49分25秒

Haniwa様

>防水デジカメは写りがアレなものが多いので、よくよく吟味しないといけないのが残念なところ

デジカメ全般に言えることですが、家電になった時点でガジェットと化し、「見た目はカメラでも中身はカメラ以下」という代物がどんどん市場に出てきた経緯があるわけです。受光面が「豆粒センサー」だなんて、その最たる理由であり、原因です。

ですので、目的が「写真」なら、レンズカメラであれ、れっきとした「カメラ」を選ぶ必要がありますね。「カメラ風ガジェット」や「カメラ付き携帯電話」等ではなくて。供給過多なので、消費者が混乱している、混乱させられているのです。

_ Haniwa ― 2016年06月06日 09時14分36秒

いつもとおりすがり様
>デジカメ全般に言えることですが、家電になった時点でガジェットと化し、「見た目はカメラでも中身はカメラ以下」という代物がどんどん市場に出てきた経緯があるわけです。受光面が「豆粒センサー」だなんて、その最たる理由であり、原因です。

コンパクトデジカメは、スマホ内蔵カメラと画質の面で差異化しにくくなり存在価値が危ういですよね。他方で一眼レフは、よいものはものすごく高いです。随分以前から言われていますが、そんなに高画素にしなくてもいいから、格段にきれいに写るものを作って欲しいんですけれどもねぇ。

iPhoneのカメラなんか、等倍にしたらぐずぐずなのに、スマホやタブレットで見る限り破綻していないんですよ(色もきれい)。あれじゃあ高いお金出して嵩張るカメラなんか誰も買わないと思います。アップルは商売上手。

>ですので、目的が「写真」なら、レンズカメラであれ、れっきとした「カメラ」を選ぶ必要がありますね。

その「写真」を消費者がどこまで求めているのかなんですよね。私はその画素数なりに細部まで写っていないと困ると思っていますが、そう思う人って少ないのかもしれません。そのあたりは、デジカメメーカーが画質をきちんとアピールできない後ろめたさがあるんでしょうね。だって単体カメラであるCOOLPIX S30よりもガラケーのG'zOne TYPE-Xのカメラの方が(等倍でも)きれいに写っているんですもの。

_ いつもとおりすがり ― 2016年06月06日 15時04分09秒

Haniwa様

>iPhoneのカメラなんか、等倍にしたらぐずぐずなのに、スマホやタブレットで見る限り破綻していない

>私はその画素数なりに細部まで写っていないと困ると思っていますが、そう思う人って少ないのかも

再生機器とセットで、ということですよね。その条件がそろわない限り、リスクがあるというか、不安。プリント時も同じ。いざ紙に出力してみた場合、どうなのか、です。

自分はM43が出始めた頃から、メーカーサンプルを自宅でインクジェットプリントしてみて、あまり納得いかなかった記憶があるので、センサーが小さければ小さいほど、液晶画面表示前提で語られる「キレイ」や「シャープ」など、本当にあてにならないと思っています。(そもそもそれらの価値基準が自分とは違う。)

ですので、おっしゃるように、利用者の用途次第かと。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索