”写ルンです”30thアニバーサリーキット購入2016年04月15日 00時00分00秒

”写ルンです”30thアニバーサリーキット

レンズ付きフィルム”写ルンです”の発売30周年ということで「”写ルンです”30thアニバーサリーキット」が2016年4月8日から数量限定で発売されている。

ヨドバシドットコムに在庫があったので、1個購入した。お一人様2個までと書いてあったので2個買おうとも思ったが、より多くの人が楽しんだ方が良いと思い、1個だけ買った。

内容は、”写ルンです”30thアニバーサリーキット(富士フイルム)に詳しい。

1.シンプルエース(1本)
2.着せ替えカバー(1個)
3.ストラップ(1個)
4.小冊子(1冊)

「写ルンです」は1986年7月1日発売開始らしい。自分が初めて「写ルンです」を買ったのは、たしか1988年末あたりだと思う。1987年にISO400の「写ルンですHi」が発売されていて、その「写ルンですHi」が最初に買った「写ルンです」だと記憶する。

小冊子の中身は、「着せ替えカバーの取り付け方」と「フラッシュを使う時を知っとこう」(「知っておこう」じゃないところがアレですな)と歴代「写ルンです」の外観写真をランダムに並べたクイズ(古い順から並べてみよう)。

そういえば、その後オフロードバイクに乗って林道を走り回っていたときも、「写ルンです」は大活躍した。最初、コンパクトフィルムカメラを持っていた友人に撮影を依存していたのだが、ウエストバッグに大事に入れていたにもかかわらず、林道走行の振動で壊れてしまった。それで、「写ルンです」を導入。これは暑くても寒くてもシャッターが切れるし、ガレた林道の走行でも壊れなかった。今思うと、林道の写真をもっと撮影しておけばよかったなぁ。走り回るのがメインで、なかなか撮影する気にならなかった。

さらに思い出したが、ツーリング仲間に写ルンですを渡して撮ってもらうと、ファインダーが素通しなので(初期のものはプラスチックレンズもない本当の素通しファインダーだった)、「なんだよ、これ、穴空いてるだけなのか」とか言われた(笑)。それだと覗き方でかなり違って見えるので、その後2枚のプラスチックレンズで真ん中に○印のついたものに改善された。これは両方の○が重なって見えると中央から覗いていることになるというものであった。

写ルンです特設サイトの写ルンです 30thアニバーサリー:楽しみ方には、「画像データにすれば、楽しさどんどん広がる。」とあって、「フジカラーCD」を勧めている。フジカラーCDは、田中長徳氏のブログで画質がアレだったものが、他社のノーリツ鋼機のスキャンに変わったら劇的に画質が向上したという記憶があるのだが、改善しただろうか(CD書き込みサービス、ノーリツと富士 ― 2010年04月30日参照)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索