Ricoh GR作例22015年10月16日 00時00分00秒

品川(京浜急行電鉄新600形):Ricoh GR、18.3mm(28mm相当)、F2.8開放AE、1/200秒、ISO100、画像設定スタンダード、NDフィルターOFF、AWB、中央1点「スポット」AF、マルチパターン測光、露出補正なし

前回は画像設定をいじった作例だったので、今回は画像設定「スタンダード」のままの作例。京浜急行のぽってり艶々の赤の塗装がうまく表現されているか、日の当たるところと陰の部分の描写など。作例の画像サイズが小さいのでよく分からないかもしれないが…。

品川(京浜急行電鉄新600形):Ricoh GR、18.3mm(28mm相当)、F2.8開放AE、1/200秒、ISO100、画像設定スタンダード、NDフィルターOFF、AWB、中央1点「スポット」AF、マルチパターン測光、露出補正なし

AFはマルチだと思ったようにピントが来ないことがあるので、中央1点の「スポットAF」にした。それよりもAFターゲットの小さい「ピンポイントAF」というのもあるのだが、スポットが一番合焦が速いような気がするのでこれにしている。GR DIGITALの時は撮像素子が小さかったので被写界深度が深く、マルチAFにしてもそんなにピントを外すことはなかったのだが、APS-CサイズのGRだと被写界深度が浅いので、比較的近距離で明らかに違うものにピントが来ていることが目立つ。それでスポットAFにした。

作例はJPEG撮って出しで、リサイズのみ。個人的にはもう少しコントラストは低い方が好みだが、しばらく「スタンダード」で撮って傾向を掴みたい。

「普通 京急蒲田行き」って以前はなかったような。そんなことどうでもいいか(笑)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索